「請求棄却」とは?

関連ニュース

押収の8500万円盗難事件 地裁「広島県警には賠償責任なし。これから見つかる可能性もあるし」 - 04月24日(火)21:29  news

押収現金の署内盗難、県警に賠償責任なし 広島地裁 詐欺事件被告の請求棄却 広島県警広島中央署の金庫に保管されていた特殊詐欺事件の証拠品の現金8572万円が 盗まれてなくなったため、被害者への弁償ができなくなったとして、詐欺事件の被告の男が 県に約9400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、広島地裁(小西洋裁判長)は24日、 請求を棄却した。 提訴したのは、生前贈与をかたる虚偽のメールを送って手数料名目で現金を詐取したとして、 詐欺罪で起訴され公判中の中山和明被告(35)。 訴状によると、県警が昨年2月...
»続きを読む
カテゴリー:

高須院長の請求棄却=「CM陳腐」名誉毀損せず-東京地裁 - 04月23日(月)17:25 

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が国会発言でCMを中傷され、名誉を傷つけられたとして、民進党などに1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。河合芳光裁判長は「発言は原告の社会的評価を低下させるものではなく、名誉毀損(きそん)に当たらない」と述べ、高須院長側の請求を棄却した。同院長側は控訴する方針。 判決によると、2017年5月、当時民進党に所属していた大西健介衆院議員(希望)が「医療分野では原則広告が禁止で、非常に陳腐なCMが多い。皆さんご存じの『イエスまるまる』とクリニック名を連呼するだけのCMがよく見られる」と発言した。 河合裁判長は、発言は高須クリニックのCMを指すと指摘したが、「CM一般に向けられた発言で、原告の医療機関に評価を加えたものではない」と判断した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【悲報】新潟県知事の米山隆一さん、辞職しても許されない 大阪の松井知事「訴訟は継続する」 - 04月17日(火)19:16  news

【新潟知事女性問題】 米山隆一氏辞職でも訴訟継続 大阪府の松井一郎知事「白黒つけたい」  日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事は17日、ツイッターの投稿で名誉を損なわれたとして新潟県の米山隆一知事に 550万円の損害賠償を求めた訴訟について、女性問題で米山氏が辞職した場合も継続する考えを明らかにした。 「公人の時の責任は明確にしたい。白黒つけたい」と府庁で記者団に述べた。  米山氏は近く辞職するかどうかを表明する見通し。松井氏は「政治家なので出処進退は自身で判断すべきだ」とも話した。  訴...
»続きを読む
カテゴリー:

夫婦別姓「選べる社会に」=訴訟で原告、国は争う-東京地裁 - 04月16日(月)11:42 

 結婚後もそれぞれの姓を名乗ることができる「選択的夫婦別姓」を認めない戸籍法の不備で精神的苦痛を受けたとして、ソフトウエア会社「サイボウズ」(東京)の青野慶久社長(46)ら4人が国に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、東京地裁(中吉徹郎裁判長)であった。 仕事で旧姓を使用する青野社長は意見陳述で、「契約のたびに旧姓で署名できるか検討が必要で、経済的な損失が発生している。戸籍法に規定を加えるだけで、別姓を選べる社会はすぐに実現できる」と主張。国側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。 訴状などによると、民法が夫婦同姓を定めており、戸籍法は外国人と結婚した場合には、例外的に同姓か別姓かを選択できると規定している。日本人夫婦の96%は妻が姓を変更しているという。 【時事通信社】
カテゴリー:

詐欺被告の請求棄却=押収品の現金盗難-広島地裁 - 04月24日(火)20:35 

 広島県警広島中央署で金庫に保管されていた詐欺事件の押収品の現金約8500万円が盗まれた事件をめぐり、詐欺罪で起訴された中山和明被告(35)が、「自分の金が不注意で盗まれた」として、県に損害賠償を求めた訴訟の判決で、広島地裁(小西洋裁判長)は24日、請求を棄却した。 小西裁判長は、現金について、県警が捜査中で今後発見される可能性があると指摘。「還付請求権が侵害された」とする中山被告側の主張を退けた。 県警は昨年5月9日、同署内の金庫で保管していた現金約8572万円が盗まれたと発表。窃盗容疑で捜査を続けているが、解決に至っていない。 【時事通信社】
カテゴリー:

前美濃加茂市長訴訟:贈賄の会社社長側が賠償請求争う姿勢 - 04月19日(木)11:53 

 事前収賄などの罪に問われ有罪判決が確定した岐阜県美濃加茂市の藤井浩人前市長(33)が、贈賄罪で有罪が確定した会社社長の虚偽証言で損害を受けたとして、この社長と社長の弁護士に計約1億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が19日、東京地裁で開かれ、社長側は請求棄却を求めた。
カテゴリー:

過労自殺 7000万円賠償命じる 労災は不支給が確定 大阪地裁 - 04月17日(火)05:01 

行政と民事で判断割れる   調理師として働いていた労働者の自殺は過労が原因として、遺族が㈲黒門小雀弥(大阪市中央区)と同社の経営者を訴えた裁判で、大阪地方裁判所(北川清裁判長)は安全配慮義務違反を認め、約7000万円の損害賠償を命じた。遺族は労災請求もしていた。管轄の大阪西労働基準監督署は不支給を決定、その後の行政訴訟でも同地裁(内藤裕之裁判長)により請求棄却されている。行政訴訟と民事訴訟で判断が……[続きを読む]
カテゴリー:

【大阪地裁】「凍結受精卵を同意なく使い出産」 男性が元妻らを提訴 別居中の妻が同意書を偽造 - 04月05日(木)12:49  newsplus

 別居中だった妻が凍結保存されていた受精卵を無断で使って出産したとして、東京都の40代男性が、元妻と受精卵移植を手がけたクリニック(東京都渋谷区)などに2千万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。被告側は5日の第1回口頭弁論で、男性の請求棄却を求めた。  訴状などによると、元妻は関係が悪化して夫と別居中の2015年4月、クリニックで凍結保存されていた受精卵を、夫に無断で移植。16年1月に女児を出産した。その後、夫婦は離婚した。男性側は、移植の同意書を元妻が偽造したと主張。さらにクリニッ...
»続きを読む
カテゴリー:

「請求棄却」の画像

もっと見る

「請求棄却」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる