「調査団」とは?

関連ニュース

シリア化学兵器調査団、日本の延長案にロシアが拒否権 国連安保理 - 11月18日(土)11:45 

【11月18日 AFP】国連安全保障理事会は17日、今年4月にシリアで起きたとされる化学兵器攻撃に関する国連主導の調査の期間を延長する決議案の採決を行ったが、ロシアの拒否権行使によって否決された。≫続きを読む
カテゴリー:

シリア化学兵器調査団、延長できず ロシアが拒否権行使 - 11月17日(金)10:23 

 国連安全保障理事会は16日、シリアのアサド政権にサリン使用の責任があると指摘する報告書を作成した国連と化学兵器禁止機関(OPCW)の合同調査チームについて、活動期間を延長する決議案を採決したが、ロシ…
カテゴリー:

【ゲーム】 「きららファンタジア」は12月上旬頃に配信予定。「キルミーベイベー」の参戦,スペシャルムービー公開など最新情報をお届け - 11月15日(水)17:44  moeplus

2017/11/15 14:00 編集部:Chihiro  2017年11月14日,芳文社,アニプレックス,ドリコムは,スマートフォン向け新作アプリ「きららファンタジア」(iOS / Android)で生放送を実施し,アプリの配信時期が12月上旬頃になると発表した。なお,事前登録者数は70万人を突破したとのこと。  番組では,このほかにも新たな情報として,「キルミーベイベー」の参戦が明らかにされた。同作品は,カヅホ氏が「まんがタイムきららキャラット」で連載中の4コマ漫画になる。アニプレックスの公式YouTubeチャンネルでは,参戦を告知するCM(15秒...
»続きを読む
カテゴリー:

【バードストライク】北方4島の風力発電施設建設計画、貴重な野鳥の衝突死に懸念 - 11月04日(土)14:28  newsplus

 札幌市の北海道大で3日、北方4島の専門家交流報告会が開かれ、共同経済活動で早期実現するとされた風力発電施設建設について、国の天然記念物オジロワシなどの貴重な野鳥が風車に衝突死する「バードストライク」を懸念する声があがった。  猛禽もうきん類を調査研究している東京農業大の白木彩子准教授が、「野鳥が飛ぶルートと風力発電の立地場所が重なる。生息環境が悪化することが考えられる」と指摘した。  羅臼町の湊屋稔町長も以前、別の会議で、北方4島の風力発電が知床の世界自然遺産に与える影響に懸念を示している...
»続きを読む
カテゴリー:

【捕鯨】「平成29年度北西太平洋鯨類科学調査(太平洋側沿岸域調査)」が終了しました 水産庁 - 11月02日(木)18:49  newsplus

「新北西太平洋鯨類科学調査計画(NEWREP-NP)」に基づき、太平洋側沿岸域で実施していた調査が、10月31日(火曜日)に終了しました。 1.調査の目的 本調査は、日本沿岸域におけるミンククジラのより精緻な捕獲枠算出を目的として、実施しているものです。 なお、NEWREP-NP(計画期間:2017年から2028年まで)では、沿岸域調査として、太平洋沿岸域と網走沿岸域でミンククジラの捕獲調査を実施することとしており、年齢情報等の生物学的情報の収集、胃内容物の餌生物種の同定・内容物量の測定等を行なっています。 本調査は、国際捕...
»続きを読む
カテゴリー:

シリア調査団任期延長できず=日本提案、ロシアが拒否権-安保理 - 11月18日(土)09:51 

 【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は17日、シリアでの化学兵器使用疑惑を調べる国連と化学兵器禁止機関(OPCW)の合同調査チームの任期を30日間暫定的に延長する日本提案の決議案を採決したが、ロシアの拒否権行使で否決された。12カ国が賛成、ロシアとボリビアが反対、中国は棄権した。シリア内戦をめぐるロシアの拒否権行使は11回目。安保理は今後、任期延長に向け調整を続ける。 合同調査チームは10月、シリア北西部イドリブ県で4月、アサド政権が化学兵器を使用したと認定する報告書を安保理に提出した。ただ、シリアやロシアは政権による使用を否定。ロシアは同チームが現地調査を行っていないことなどを批判し、調査態勢の改善を求めていた。 安保理は10月24日と11月16日に任期を1年間延長する米作成の決議案を採決したが、いずれもロシアが拒否権を行使し、否決された。16日の否決を受け、日本は任期延長に向けた交渉期間を確保するため、今回の決議案を配布。17日も非公開協議を開き調整したが、ロシアは難色を示していた。 【時事通信社】
カテゴリー:

シリア調査団任期延長できず=ロシアが拒否権-国連安保理 - 11月17日(金)05:51 

 【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は16日、シリアでの化学兵器使用疑惑を調べる国連と化学兵器禁止機関(OPCW)の合同調査チームの任期を1年間延長する米作成の決議案を採決したが、ロシアの拒否権行使で否決された。中国は棄権した。合同調査チームは16日で任期切れとなる。 【時事通信社】
カテゴリー:

【北方領土ツアー】「旅券・ビザなし」で交渉中、 来夏目標 日本旅行業協会 - 11月09日(木)22:34  newsplus

日本旅行業協会(JATA)は11月9日の定例会見で、JATA事務局1名と会員会社の6名が参加した、10月26日から31日までの「北方調査団現地視察」について報告した。調査団の派遣は6月に続いて2回目。参加したJATA海外旅行推進部担当副部長の飯田祐二氏は、今回も国後島、択捉島、色丹島の3島を訪問し、現地の関係者とパッケージツアーの造成に向けた意見交換をおこなったことを説明し、「日露政府の交渉次第だが、旅行業界としては来年6月から9月のベストシーズンの商品化をめざしたい」と意欲を示した。交渉については「パスポート無し、ビザ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシア「日本よ、北方領土で火山観光や温泉ツアーやらない?」 共同経済活動で提案 - 11月03日(金)16:03  news

 【ウラジオストク共同】北方領土で日ロが実現を目指す共同経済活動で、ロシア側が国後島の火山観光や、択捉島の温泉ツアー、 カニやウニの養殖などを事業案として日本側に示したことが3日、分かった。10月下旬に訪れた日本の調査団に現場を案内して提案した。 だが、道路やホテルなど基本的なインフラの整備や、日本の進出を警戒する地元企業との調整など、実現に向けた課題も明確になった。  10月27日、国後島の調査に共同通信ウラジオストク支局のロシア人助手が同行した。南部の泊にある火山、泊山のふもとから 未舗装の山...
»続きを読む
カテゴリー:

【画像】 国立科学博で「古代アンデス文明展」開催中! キャッチコピー「#アンデスってなんです?」 - 10月22日(日)18:48  news

約1万5000年にわたる歴史を総覧! - 国立科学博物館「古代アンデス文明展」開幕 2017年10月21日より、国立科学博物館(以下、科博)において「古代アンデス文明展」が開幕する。 これまで、科博でアンデス文明に関する展覧会は5回催されてきたが、「インカ帝国展」、「ナスカ展」など、 個別の文化を取り上げてきた。 今回の展覧会はこれまでと異なり、アンデス世界を通史で総覧できる構成が最大の特徴。また、国内では ほとんど紹介されてなかったボリビアのティワナク文化など、知名度の高いインカ帝国に先行する文化の 詳...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「調査団」の画像

もっと見る

「調査団」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる