「誤字脱字」とは?

関連ニュース

できる大人のマナー。飲み会後のお礼メール作法 - 04月22日(日)10:10 

社内の飲み会、社外の方との会食……。社会人になると仕事関係の飲み会は多くなります。そんな飲み会後のお礼メールは、社会人としてのマナーのひとつ。あなたも気のきいた1通のメールで、ワンランク上の好印象を残してみませんか? 飲み会後のお礼メール作法について、マナー講師の松本繁美さんに解説してもらいます。 ■飲み会後のお礼メールの重要性 ◇お礼メールの重要性1:お礼は人間関係の基本 飲み会でご馳走になった場合はもちろんのこと、割り勘であっても、お礼はすべきです。誘ってもらったことについて、時間を割いてもらったことに対して、感謝すべきだからです。プライベートな友だち同士で飲み会をしても「楽しかったね!」「おいしかったね!」など、終わったあとにメールのやりとりをしますね。それと同じことです。人間関係の基本だと心得ましょう。(松本 :「  ~よね。」という言葉遣いはこのましくありません。) ◇お礼メールの重要性2:お酒の失敗もメールでフォロー 飲み会ではお酒の力も手伝って、開放的な気分になります。そんなときにどんな態度で、どんな話をするのかが、飲み会の目的でもあるわけです。つい本音トークをしたり、不満をぶちまけたり……。それらをシラフになったときに、お礼のメールでリカバリーやフォローをするのが、社会人としての腕の見せどころでもあります。 ◇お礼メールの重要性3:次に繋げるためのツール...more
カテゴリー:

おかんのインスタは意味不明!進化する「おかんメール」に爆笑 - 04月17日(火)08:52 

 “インスタ映え”という言葉が定着し、“いいね!”が多くつきそうなスポットや食べ物などをプロモーション戦略として推し出す企業や店、観光地も増えてきた。もはやInstagramは若者たちにとって欠かせないSNSのひとつだが、その波は意外なところまで波及しようとしている。それは、“おかん”だ。 ◆異次元の“インスタ映え”! 時代と共に「おかんグラム」が誕生  平成29年に総務省から発表された資料「平成28年通信利用動向調査の結果」によると、スマートフォンを保有する個人の割合は56.8%となり、平成27年の53.1%から上昇。インターネットを利用する際の機器は、スマートフォンが全体的に上昇傾向にあり、特に50代においては大きく伸びているそうだ。  利用目的として、メールの送受信やSNSが割合を占めていることは言うまでもない。とはいえ、スマートフォンの操作に慣れない世代。家族や友人とコミュニケーションをとるべく挑戦するのだが、ときには抱腹絶倒な謎メールを送りつけてくることもある。  たとえば、「明日は早起きじゃなくてよい日だったよ」と連絡したところ…… 「おかさなくてよいのですね」  これは「起さなくてよいのですね」の間違い。越えてはいけない一線だ。 「どこいきたい? スシローにします」  あなたの食べたいものはすべてお見通し。決めているので...more
カテゴリー:

【保育園】もしかしてはずれ先生?知っていれば不安にならない「保育士の実情とホンネ」 - 04月14日(土)10:30 

子どもを園に迎えに行って帰宅後、ワクワク感いっぱいでカバンから連絡帳を取り出しました。 【保育園】賢いママと“モンペ”の分かれ目とは?園に不満があるときのベストな対処法 しかし読んでみると、「給食後に大便をしました」とか、「元気でした」など一行だけで、「保育者がどう感じたか」が一切書かれていない、ただの事実日記でした。 そんな担任の先生だと、「この先生はちゃんとわが子を見てくれているのかしら?」と不安になりませんか。 果たして、この先生はきめ細かく対応してくれない“はずれ先生”なのでしょうか? 長年、幼稚園、保育園の現場を見てきた『「はずれ先生」にあたったとき読む本』の著者の立石美津子がお話しします。 保護者が担任と接するのは子どもの送迎時の数分だったり、連絡帳に書いてある文章だったり…これらの部分だけで、保護者はあれこれ想像を膨らませて先生について評価をします。 親が保育の現場に入って保育者の様子を見ることはできないのですから、ある意味、仕方のないことなのかもしれませんね。 連絡帳の文章が短い?長い? 保育園や幼稚園には、保護者とのコミュニケーションツールとして連絡帳があります。 保育園の場合、厚労省で出している保育所保育指針解説書には 保育所に入所している子どもの保護者に対する支援は、子どもの保育との密接な関連の中で、子どもの送迎時の対応、相談や助言、連絡...more
カテゴリー:

ディープ・ラーニングを使った「誤字脱字を指摘する機能」を搭載しました | 文賢 ヘルプサイト - 04月18日(水)14:34 

ディープ・ラーニングを使った「誤字脱字を指摘する機能」を搭載しました | 文賢 ヘルプサイトこのたび、「類語・言い換え」表現の追加およびUI(ユーザーインターフェイス)の一部アップデートを行いました。いつも文賢をご利用いただき、誠にありがとうございます。 このたび、ディープ・ラーニングを使った「誤字脱字を指摘する機能」を搭載しました。 ※以下、「校閲支援」画面にある「誤字脱字チェック」をオンにすることで機能します。 新しく追加された「誤字・脱字チェック」は、 2017年12月12日のプレ...
カテゴリー:

ライター視点で思う、「相手に思いを伝えるとき」に大切にすべきこと。 - 04月16日(月)22:17 

私たちライターという職業は、自分の思いを言葉にして不特定多数の人に伝えることを生業としています。その思考性はプライベートにも反映され、恋人とのラインのやりとり一つとっても、「自分の考えがきちんと伝わるか」を結構気にしながら返信をしています。その時の頭の中身を表に出すことはそうないわけですが、もしかしたらこれはライターじゃない人に共有しても役に立つのではないか、恋に悩み、LINEに悩む人にとっても使える情報になるのではないかと思い、筆をとって見ることにしました。もし、あなたが「自分の言いたいことがあまり人に伝わらない」と悩んでいるのであれば、何かしらのヒントになれば嬉しいです。視点その1、発信の前に相手の思考を先に予想する私が文章を書くときは、それを読んでいる読者の頭の中がどうなっているのか、予想しながら書くようにしています。例えば「この流れでこの言葉が出ると、ここに疑問を抱くのではないだろうか?」ということが予想されると、次の文章でその疑問に対しての回答になるような文章を書く、といった具合いです。この記事を書いている時、は私はパソコンに向かっていますが、このパソコンの先に、スマホの画面に表示されたこのテキストを読んでいる人がいる、ということを常にイメージするようにしています。これはラインをするときにも応用しています。相手が今どんな状況にいて(例えば仕事中か家の中によっても変わるでし...more
カテゴリー:

30歳「発達障害」を妻に初めて話した彼の安堵 2人の子どもへ「遺伝したならしょうがない」 - 04月02日(月)23:11  news

https://toyokeizai.net/articles/-/212295 みんなはできているのになぜ自分は仕事ができないか 西岡さんは子どもの頃、忘れ物が多かったり、話をまとめるのが苦手で友達からは「何と言っているのかわからない」と言われたりするこ ともあった。しかし、発達障害の症状で本格的に困り始めたのは、介護福祉士として就職してからだった。 この連載の一覧はこちら 「身体介護は特に問題ないのですが、書類仕事がとにかく苦手なんです。行事の起案や研修の報告書などの提出期限を守れなかったり、提 出できたとしても記入漏れや誤...
»続きを読む
カテゴリー:

「誤字脱字」の画像

もっと見る

「誤字脱字」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる