「語源」とは?

関連ニュース

サボタージュの本質を知る - 04月22日(日)18:00 

R.M.ガルフォードほかによる『アンチ・サボタージュ・マニュアル 職場防衛篇: 組織を破壊から守る9の戦術 』(北大路書房)は、サボタージュについて書かれている本です。 そもそもサボるの語源は? サボタージュとは、サボるの語源となった言葉で、従業員が仕事をしない状態といいます。これは組織においては常に至上命題であるといえるでしょう。決まった給料の中で働いているわけですから、労働者は当然ながら仕事の効率をできるだけ下げて、給料を獲得しようとします。これはある意味では仕方のないことですが、場合によっては組織運営に大きなダメージをもたらします。その場は小さなことでも、のちのち大きなダメージにつながることもあります。 パターンごとに分析 本書ではサボタージュをパターンごとに分析して解説されています。どのようなものがあるのかといえば、従順によるサボタージュがあります。これは、例えば仕事を言われたことしかやらないといったものが該当するでしょう。さらには演説によるサボタージュがあります。仕事の哲学を語っているようで無駄話にすぎないといったものですね。これは仕事が終わったあとの、飲み会なども該当するかもしれません。さらには無関係なサボタージュ、無意味で冗長な会議によるサボタージュ、論争をはじめとするトラブルによって引き起こされるサボタージュなど、ビジネスシーンにおいてサボタージュはあらゆる場面...more
カテゴリー:

90歳(卒寿)を迎えた『キリンレモン』。昭和3年からずっと透明であり続けてきた元祖自然派ドリンクの歴史を知り、90年目の最新リニューアル版を飲む! - 04月19日(木)09:00 

1928年(昭和3年)に人工甘味料不使用・人工着色料不使用・無色透明の瓶という3つのこだわりとともに世間に登場したのが元祖自然派清涼飲料水『キリンレモン』。しかし卒寿を迎えてもなおリニューアルするという。歴史とともに今回のリニューアルに至る理由を探りたい。 ■日本の清涼飲料水のあけぼの〜ラムネからキリンレモン誕生まで〜 1853年に黒船来航、ペリーが運んできたのが縁日などで見かける「ラムネ」(語源はレモネードから)。これをもとにレモン水として日本でもラムネが登場し、明治19年(1886年)に大ブームとなる。そのきっかけは東京だけでも10万人が死亡した空前のコレラの大流行。”コレラに炭酸が効く”との風説からラムネ人気が大爆発することとなった。 生みの親の本城杢三氏。そのレシピはトップシークレット扱いだったとか そんな世相を受け、昭和2年(1927年)に清涼飲料水開発のためキリンビールにスカウトされたのが本庄杢三氏。彼こそがキリンレモンの生みの親。独自レシピを作り出し、1928年(昭和3年)にキリンレモンは市場デビューを果たす。 これが初代キリンレモン! 90年前の1928年(昭和3年)と言ってもピンとこなくて当然。どのくらい昔かというと、その年は日本で初めて万人が参加できる第1回普通選挙(第16回衆議院議員総選挙)が行われた年で、ミッキーマウスが初めてお披露目...more
カテゴリー:

カンヌ最高賞の「ザ・スクエア」キュレーター、精神科医、美術家はどう見た? - 04月16日(月)16:00 

 第70回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したリューベン・オストルンド監督作「ザ・スクエア 思いやりの聖域」の公開を記念したトークイベントが4月15日、東京・代官山 蔦屋書店であり、東京国立近代美術館研究員の保坂健二朗氏、精神科医の名越康文氏、美術家・ドラァグクイーンのヴィヴィアン佐藤氏が作品を語った。 ・【動画】「ザ・スクエア 思いやりの聖域」予告  映画は、敏腕キュレーターとして現代美術界で成功を収めた男性がさまざまなトラブルに見舞われる様子をエレガントかつ痛烈な笑いを込めて描き、他者への無関心や欺瞞、階層間の断絶といった現代社会の問題を浮き彫りにする。  保坂氏は、主人公と同業者としての視点で、日本と外国の美術館との違いを挙げながらも「キュレーターの立場は全世界変わらない」といい、「アーティストやコレクターとも付き合い、みんなに気を遣う一方で勘違いも生まれて、その勘違いがこの物語のきっかけになっていると思う。そのあたりは身につまされる思いで見た」と感想を述べる。  そして、劇中での作品やキュレーターの仕事についての質問に対し、「アートは非常に曖昧な概念で、わからなかったら『アートだね』と言っておけば済むようなこともある。そういうものを展示しているのが現代美術館で、そういう作品を世界中から集めて構成するのがキュレーターの仕事。実は、キュレーターという語源をさ...more
カテゴリー:

[雑学]ついつい出ちゃう言葉「どっこいしょ」の意味って知ってる? - 04月12日(木)15:30 

素朴な疑問に答えるNHK新番組『チコちゃんに叱られる!』が、4月13日の初回放送に先駆け、4月7日に直前スペシャルを放送。日本人が昔から日常で使う「どっこいしょ」の意味が明かされた。 立ち上がるときなどに、つい発してしまう「どっこいしょ」という言葉。草津節などでも「どっこいしょ~ どっこいしょ♪」と歌われるなど日本に根付いている言葉だが、日常会話では使うことのない、この呪文のような言葉の意味をみなさんご存知だろうか。 番組オリジナルキャラクター・チコちゃんの説明によると、「どっこいしょ」とは、「人間の五感を研ぎ澄まし、邪念や迷いを捨てて心が清らかになること」。 やや意味が分かりづらいので、富士山曹洞宗宝林寺の千葉公慈住職が詳しく説明。 千葉住職によると、「どっこいしょ」とは、修験者が山を登るときに唱えていた言葉から来ているという。昭和4年に撮影された富士山を登る修験者の映像を見てみると、「ろっこんしょうじょう」と唱えている場面が現れた。 諸説あるが、この「ろっこんしょうじょう(六根清浄)」が「どっこいしょ」の語源という説があり、六根とは、「見る・聞く・嗅ぐ・味わう・触れる・思う」の6つの感覚のこと。この6つをキレイに清める言葉が六根清浄だ。 修験者は、六根清浄と唱え、「五感と心を研ぎ澄ませ、修行に集中し力を発揮できますように」と祈るのだそうだ。実は、富士山の登山口などで売っている登...more
カテゴリー:

【音楽】ゲス極・川谷、“アンチ煽り用画像”公開 アンチ以外にも不快感与える - 04月11日(水)20:04  mnewsplus

ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音がインスタグラムに投稿した“アンチ煽り用”画像が話題となっている。  芸能人や著名人の不倫を表す“ゲス不倫”の語源となった川谷の不倫騒動。騒動を機にアンチファンが急増し、SNSが炎上することもしばしば。 川谷も炎上やアンチコメントをまったく意に介す様子もなく、むしろ煽るような言動を繰り返していたこともあった。  そんな川谷だが、9日に自身のインスタグラムを更新し、「アンチ煽る用にとっといたイラっとする画像」として、髪を頭の上で結び、頬を膨らませて目を...
»続きを読む
カテゴリー:

フランス発。「断面が見えない」が語源のケーキ、ガトーインビジブル - 04月19日(木)21:45 

断面に萌える=「萌え断」がトレンドになって久しいですが、生地と材料が一緒になって「断面がよく見えない」という語源のフランス発祥「ガトーインビジブル」というケーキが話題になっています。断面が見えないケーキ「ガトーインビジブル」ガトーインビジブルはりんごを使ったケーキが多くあります。 卵、砂糖、薄力粉を混ぜ、牛乳とバターを加え、スライスしたりんごも入れてなじませます。パウンドケーキの型にさきほどのりんごをきれいに並べ、生地を流し、オーブンで焼いたら完成。りんごをきれいに並べることで断面もきれいになるのがポイントです。 Rina Kato(洋菓子教室Sucreries)さん(@rinakato_sucreries)がシェアした投稿 - 2018年 4月月3日午後7時54分PDT もちろんりんご以外の材料でもOK。 りんごだとデザートケーキになりますが、野菜を入れればヘルシーなケーキに様変わり。彩り豊かな材料を加えれば断面もより美しくなります。 野菜たっぷりガトーインビジブルのレシピ ako's kitchenさん(@ako_kitchen)がシェアした投稿 - 2018年 4月月11日午後5時10分PDT とても断面がきれいなガトーインビジブルを投稿されていたako’s kichenさんに、野菜たっぷりバージョンの作り方を教えていただきました。 <材料> 生地 卵2こ ...more
カテゴリー:

【藤原和博×西野亮廣の未来講座④】情報編集力で思考するとは - 04月17日(火)09:31 

1時間目「情報編集力で思考する」 藤原和博 藤原:今日もちょっと前半は僕が君たちの脳をかきほぐすというか、前に言ったように情報処理力で、パターン認識脳だといいアイデアが出てこないので、これを情報編集力側に持っていきます。 “ジグソーパズル型学力からレゴ型学力へ”という言い方もするんだけど、この情報編集力側に頭を持っていくと、すごく頭が柔らかくなって、いろんな企画が出やすい、そして企画が通りやすくなる。その練習をしてもらいたい。葬式の話から練習しましょうか。 葬式には多分、学生服を着ていったり、喪服に近いもの、黒に近いものを着させられたと思うんだよね、小さい頃。大人もみんな喪服を着ていたと思います。 “喪服は黒”というのが常識なんだけど、なんでなのか。喪服はなんで黒いのか? もし、たとえば小学校3年生ぐらいの子が、君たちに問いかけてきたら、なんと答えるか。 そこで答えられないとかっこ悪いじゃん?じゃあなんで喪服は黒いのか、ブレストしてみましょう。 【ブレスト後】藤原:喪服のルーツを考えてもらいたいと思います。 実は、日本の喪服というのは明治に入るまでは黒じゃなかった。白だったの。 君たちも潜在的に知っていると思う。 時代劇で見る切腹のシーンで、黒いのを着ている人いないでしょ。 みんな白だよね、喪服も含めて正装は白だったんですね。ところが諸外国から来る、たとえば大...more
カテゴリー:

− 室蘭のまち全体を被写体として全面開放する、恒例の写真愛好家イベント − 24時間滞在型フォトコンテスト『撮りフェス in 室蘭』 第三回目の今年は、イルカやクジラも被写体になる“夏”の開催! - 04月16日(月)10:00 

[一般社団法人室蘭観光協会] [画像1: https://prtimes.jp/i/20074/6/resize/d20074-6-805475-6.jpg ]  室蘭は、その名の語源の通り(室蘭はアイヌ語で”小さな・下り路”という意味)、小さいながらも起伏に富んだエリアで、そこ...
カテゴリー:

VW新ゴルフGTI、人に寄り添って走る「7代目」【試乗記】 - CAR and DRIVER 注目カー・ファイル - 04月12日(木)05:00 

ゴルフGTIは1976年の発売直後から、スペシャルなクルマだった。スポーツハッチ、ホットハッチの語源は、ゴルフGTIにある。1st・GTIの誕生から42年、世代交代を重ねて現在は7thモデルになる。
カテゴリー:

スクイーズな小物入れ - 04月11日(水)15:00 

スクイーズとは、ぷにゅぷにゅ、フワフワした素材で出来たオモチャのこと。「squeeze=握る、押しつぶす」という単語が語源になっている。で、日用品の中にもこのスクイーズな感触を楽しめるモノが結構あって、なかなか楽しい。これまでにも「ペンケース」や「コップ」などを紹介してきたが、この小物入れも自分のなかでは同じカテゴリーだ。商品名は「VIEWTAINER(ビューテナー)」。見た目はなんてことない卓上収納グッズ。でも、素材はPVC。なので、握るとグニャッと変形する。此れすなわちスクイーズ。上部の蓋にスリットが入っていて、モノを出し入れする際は、片手でギュッと握ると開くようになっている。この感触にハマるわけだ。僕はキーホルダーやBICのライターを入れてるけど、他にもクリップとか乾電池とか絆創膏とか……まあ、何を入れるのもアイデア次第。デスク上だけでなく、洗面所やキッチンでも重宝しそう。今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。
カテゴリー:

もっと見る

「語源」の画像

もっと見る

「語源」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる