「語学教育」とは?

関連ニュース

【学歴】“慶應蹴り”武蔵大に進学も 学生を魅了する「国際教育」最前線 - 04月20日(金)16:55  bizplus

18歳人口の縮小は大学にとって死活問題。私大では生き残りをかけ、あの手この手で独自性を打ち出すことで学生を確保する私大が増えている。国際教育に力を入れる大学を調査した。 【写真】会話力を叩き込む ELSの授業風景はこちら 渡戸佳乃さん(武蔵大学2年)は、同大学経済学部の東郷賢教授がパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)について説明する動画を偶然見て、合格していた慶應義塾大学をやめ、入学した。  PDPは2015年に武蔵大学が日本で初めて導入したプログラム。同大学にいながら、ロンドン大学の学位が取れる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

NOVA、Oracle互換DBでシステムをクラウド化 | IT Leaders - 04月17日(火)17:45 

日本ティ―マックスソフトは2018年4月17日、Oracle Database互換をうたうRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)ソフト「Tibero RDBMS」のユーザー事例の1つとして、語学教育などを手がけるNOVAホールディングスの事例を発表した。教室の予約システムから基幹システムにいたる自社システムをIBM Cloud上の仮想化環境に移行し、稼働中という。
カテゴリー:

「TOEIC至上主義」が英語学習をダメにする理由。受験者の約4割が日本人なのにグローバルスタンダード? - 04月12日(木)06:00 

国際社会で通用する「使える語学力」を標榜するTOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)が生まれてから約40年経つが、相変わらず日本人の英語力は向上していないと言われている。 しかし、未だ英語教育の世界では官民総出の支持を受けた「TOEIC至上主義」が跋扈(ばっこ)し、その結果、学習者は間違いだらけの英語教育を受け続けているという。 この状況に警鐘を鳴らし、本来あるべき語学教育を提案するのが『TOEIC亡国論』(集英社新書)だ。TOEICの弊害、そして日本の英語教育の根本的な問題とは? 著者の猪浦道夫(いのうら・みちお)氏(ポリグロット外国語研究所主宰)に聞いた――。 *** ─そもそも不思議に思うのですが、なぜTOEICが英語力を測る評価軸としてこれほどまでに信奉されるようになったのでしょう? 日本人の「資格好き」という背景はあるでしょうが、数学や国語にも検定はあるものの、英語だけがTOEICのほかにも英検、TOEFLがあって圧倒的に「検定熱」が高い。 猪浦 まず日本人、特に団塊世代の多くの人が持つ「英語コンプレックス」が大きな要因になっていると思います。中学・高校で習う英語で優秀な成績を修めても、読み・書きに偏った英語力は「実用的ではない」と約...more
カテゴリー:

【THE世界大学ランキング】東大と京大が並んで首位 東京外大や国際教養大が躍進 「国際性」重視の評価基準 - 03月28日(水)19:21  newsplus

世界大学ランキングの日本版が3月28日、発表された。ランキングは、「世界大学ランキング」を発表する英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーショナル」をグループに持つTES Globalと、同社の国内パートナー企業であるベネッセが共同で作成。今回で2回目の発表になる。 昨年は東大が88.5点で1位。今年は東大と京大が87.7点で、1位に東西の雄が並んだ。 ■トップ20には旧帝大中心に多くの国立大がランクイン 今年のランキングでは国際性の指標充実を目的に、「日本人学生の留学比率」「外国語で行われている講座の比率」...
»続きを読む
カテゴリー:

【語学】専門家が直言「TOEICが日本を滅ぼす」 - 04月20日(金)16:54  bizplus

英語能力のテストとして、学校教育でもビジネスでも重要視されるTOEIC。しかし長年、企業の語学研修に携わってきた猪浦道夫氏は「TOEICは英語能力検定試験として欠陥がある。TOEIC対策講座に成り下がった英語教育を進めることで、母国語をふくめたそもそもの言語教育に悪影響が出ており、日本人の知的レベル低下を招いている」と警鐘を鳴らす――。 TOEICハイスコアは成功への登竜門? 筆者は長年、語学教育にたずさわってきましたが、30年ほど前から学校の英語教育が「文法偏重から会話力重視へ」と急カーブを切り始めました。そのころ...
»続きを読む
カテゴリー:

NOVAホールディングス、TmaxSoftの「Tibero RDBMS」導入、システムのクラウド化を実現! 高機能システムを低コストでIBM Cloud上に構築 - 04月17日(火)13:00 

日本ティ―マックスソフトは、語学教育を全国で事業展開する「駅前留学NOVA」や「英会話GEOS」、オンライン英会話「WOMANオンライン」、個別指導学習塾の「ITTO個別指導学院」「みやび個別指導学院」、留学事業の「Last Resort」など、教育を中心に、スポーツ事業、外食事業等も手掛けるNOVAホールディングスが、IBMのクラウド・プラットフォーム「IBM Cloud」上で、TmaxSoftのリレーショナル・データベース管理システム「Tibero RDBMS」を使い、教室の予約システムから基幹システムに至る自社システムを仮想化環境に移行し、現在稼働中であることを発表しました。お客様のOracleライセンス問題を解決できる「Tibero」を用いた今回のクラウド化により、安心安全な運用環境とともに、ライセンス費用や保守・メンテナンス費用の削減できるシステムへの移行を実現しました。
カテゴリー:

【THE世界大学ランキング】東大と京大が並んで首位 東京外大や国際教養大が躍進 「国際性」重視の評価基準★2 - 03月29日(木)22:46  newsplus

世界大学ランキングの日本版が3月28日、発表された。ランキングは、「世界大学ランキング」を発表する英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーショナル」をグループに持つTES Globalと、同社の国内パートナー企業であるベネッセが共同で作成。今回で2回目の発表になる。 昨年は東大が88.5点で1位。今年は東大と京大が87.7点で、1位に東西の雄が並んだ。 ■トップ20には旧帝大中心に多くの国立大がランクイン 今年のランキングでは国際性の指標充実を目的に、「日本人学生の留学比率」「外国語で行われている講座の比率」...
»続きを読む
カテゴリー:

「語学教育」の画像

もっと見る

「語学教育」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる