「語り部」とは?

関連ニュース

ハワイ「アウラニ・ディズニー・リゾート」でリアルモアナ体験 - 04月19日(水)10:12 

 この春、大ヒットしたディズニー・アニメーション『モアナと伝説の海』(公開中)。主人公・モアナが意を決して故郷の島を旅立ち、冒険の旅をとおして成長するストーリーは、卒業・入学・入社・新年度のはじまりなど、新しい門出を迎える春にふさわしく、幅広い観客層の共感を誘った。そんなモアナの世界を追体験できる場所を、人気観光地ハワイにある! そこは、オアフ島にあるアウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ(以下、アウラニ)。次のバカンスに「リアルモアナ体験」はいかがだろうか。 【動画】ハワイでリアル“モアナ” セーリング・カヌーを体験  車でホノルル国際空港からワイキキとは逆方向に約30分(ワイキキから約45分)。コオリナ地区に2011年8月にオープンしたアウラニは、クリスタルブルーのラグーンに隣接した約8万5000平方メートルもの敷地に、快適なホテル客室(351室/内スイート16室)、暮らすような滞在を可能にするヴィラ(481室)、宿泊客が自由自在に遊べる広大なプールエリアなどを擁するリゾート。  「アウラニ」とは「伝承者」という意味をもち、ハワイの歴史や文化を後世に遺していくというコンセプトで開発された。ゲストを迎え入れるエントランスは、「ディズニー」というより、「オールドハワイ」を感じさせる趣向を凝らし、ある意味魔法がかかっていた。キャストのホスピタリティもハワイ流で、...more
in English
カテゴリー:

熊本地震 大学生の語り部たちが被災体験伝える - 04月16日(日)21:24 

熊本地震で2度目の震度7の地震から1年となる16日、大学生3人が犠牲になった熊本県南阿蘇村では、大学生の語り部たちが地震の体験を語り、「地震によって、当たり前にあったものが奪われたことを忘れないでほしい」と訴えました。
in English
カテゴリー:

【訃報】肥田舜太郎さん死去=被爆した医師、100歳 - 03月20日(月)22:56 

肥田 舜太郎氏(ひだ・しゅんたろう=医師)20日午前8時2分、肺炎のため埼玉県川口市の病院で死去、100歳。  岐阜県出身。葬儀は26日午前10時半からさいたま市浦和区瀬ケ崎3の16の10のさがみ典礼北浦和葬斎センターで。喪主は長男泰(ゆたか)氏。  軍医として勤務中に広島で被爆し、直後から被爆者の治療に当たった。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の中央相談所理事長などを務め、語り部として欧州を訪れるなど反核運動に携わった。  最終更新: 3/20(月) 22:53 時事通信 https://headlines.yahoo.co.jp/...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

9月に「ツール・ド・東北」=5回目、自転車で復興支援-宮城 - 04月17日(月)21:48 

 東日本大震災の復興支援や、被災地の現状を知ってもらうことを目的としたサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2017」が9月16、17日に開催されることが決まった。主催する河北新報社とヤフーが17日、仙台市で発表した。 大会は13年に始まり、今年で5回目となる。初日には、走行管理ライダーのガイドに従って走る「グループライド」で東松島市をめぐる70キロコースを新設。震災遺構の旧野蒜駅舎の見学や、震災の語り部の説明を聞く時間を設けた。初心者にも走りやすい道で、自転車を降りて奥松島の絶景を堪能できるという。牡鹿半島を走る100キロコースと合わせ、500人を募る。 2日目は、石巻市、女川町、南三陸町、気仙沼市を舞台に65~210キロの全5コースで実施。3500人を募集する。 公式ジャージーのデザインを英国のファッションデザイナーで世界的に有名なポール・スミスさんが手掛ける。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

72年前の今日、戦艦大和が沖縄への特攻作戦の途上、撃沈される - 04月07日(金)12:41 

里見まさとさん 英語で「戦艦大和」語り部…ザ・ぼんち  太平洋戦争末期の1945年4月7日、沖縄への出撃途中に撃沈された戦艦大和の悲劇を広く知ってもらおうと、 漫才コンビ「ザ・ぼんち」の里見まさとさん(64)が、英語での語り部に挑む。 元乗組員に話を聞き、3年前から50カ所以上で演じた自作の講談を「戦争は、勝者も敗者も幸せにならないと『勝った側』にも伝えたい」と英訳。 18日、大分県内で留学生らに披露する。「いつか沖縄の米兵にも聴いてほしい」と願う。  戦時中に召集され、旧満州(現中国東北...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】火の海を駆けた、あの夜を語る…東京大空襲から72年、語り部が重い口を開く - 03月10日(金)06:35 

約10万人が亡くなった東京大空襲から10日で72年となるのを前に、 東京都江東区の東京大空襲・戦災資料センターで9日、 空襲体験を聞く会があった。「体が動くうちに語ってみようか」。 そう考えて昨春、重い口を開き語り部となった男性が、 逃げ惑ったあの夜を振り返った。 *+*+ asahi.com +*+* http://www.asahi.com/articles/ASK3861MJK38UTIL031.html  VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「語り部」の画像

もっと見る

「語り部」の動画

Wikipedia

語部(かたりべ)とは、昔から語り伝えられる昔話民話神話歴史などを現代に語り継いでいる人を指していう。

古代の日本においては、品部職業部として、また現代の日本においては、話芸を中心とするタレントについて「現代の語り部」というような紹介の仕方もよく見受けられる。また、若干ニュアンスは異なるが、語り手と呼ぶ場合もある。

古代職掌としての語部

かたりべかたらいべ、とも。古代の日本において、おそらくは漢字の輸入される以前の文字による記録が発達していなかった時代の御阿礼(みあれ、神の誕生)や御贄(みにえ)貢進の寿詞(よごと)として、また文字記録がおなわれる時代となっても、王権の古伝承を語り伝え宮廷の儀式で奏上する専門の品部として置かれていた。現在、確認される語部の分布が、東は遠江(とおとうみ)、美濃、西は出雲、備中(びっちゅう)の範囲を出ず、早い時期に宮廷の儀礼に入れられたと考えられている。

日本で文献学的に確認できるのは古事記におけ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる