「認知症」とは?

関連ニュース

【女の相談室】初潮を赤飯で祝う「謎風習」 「DVでしょ」「男子の精通も祝福すべき」 - 01月23日(月)18:00 

「おめでとう!お姉ちゃんになったのね」と、ひと昔前は赤飯を炊いて家族そろってお祝いをすることが多かった女の子の初潮。今どきそんなことをすると、「DV!」と抗議される時代になったようだ。フェイスブックで初潮を迎えた娘を赤飯で祝う写真をアップした親に対し、「やりすぎですよ~。娘さん、気の毒ですよ!」という批判の声が殺到している。 「父親に祝われたのはホント嫌だった」 事の発端は2017年1月19日、あるユーザーがツイッターに寄せたこんな投稿だ。 「げぇぇぇ...。Facebookで娘の初潮を報告していた知人、娘が『絶対何もしないでくれっ』て懇願していたのに、家族でお赤飯パーティーとかいって、完全にうつむいて横向いている娘と自分と夫の写真まで載せているよ...。『自分の時は恥ずかしかったけど、やっぱり親になるとお祝いしたくなるものです』じゃねえ!」 その後このツイートは削除されたが、投稿内容自体が拡散し、次のように親を批判する声が相次いだ。 「家族内で祝ったとしても他人とシェアするもんじゃない」 「げぇぇぇ...というか、これはDVなのでは」 「私の時は、当然母は誰にも言わず、私の好きなおかずをその日に出してくれた。さりげない優しさに当時14歳だったけどあとでこっそり泣いた」 「この娘さんはお母さんの閉経を大々的にすべき」 「私はクリスマス直前だったので、クリスマスディナーでうまくカモフ...more
in English
カテゴリー:

認知症支援、共に考えて 西香川病院が公開講座 「社会参加、自信になる」 - 01月23日(月)09:28 

日本認知症ワーキンググループの共同代表で、45歳で若年性のアルツハイマー型認知症と診断された藤田和子さん=鳥取県=らを招いた公開講座が22日、宇多津町のユープラザうたづで開かれた。
in English
カテゴリー:

【法律相談】近所の家がゴミ屋敷寸前 対処方法は? - 01月23日(月)07:00 

 ニュースやワイドショーなどでしばしば取り上げられるのが「ゴミ屋敷」。報じられるものの中には、家の中だけでなく隣の家の敷地や道路にまでゴミがはみ出しているようなケースもあるが、近所の家がゴミ屋敷寸前になった場合、どう対処すれば良いのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。 【相談】  近所の家のゴミで悩んでいます。その家の庭に大量のゴミが放置されるようになり、このままではゴミ屋敷になるのは間違いありません。家主に注意しても聞き入れてもらえず、季節的に火事が心配です。この場合、どこに苦情を訴え、どのような対処をすればゴミ屋敷になるのを事前に止められるでしょうか。 【回答】  ゴミ屋敷を取り締まる法律はありません。空き家が周辺の生活環境に悪影響を与えて放置できない状態にまでになっていれば、空家対策法の定める特定空家として、役所に対処を促すことも可能です。しかし、住人がいるので、これは無理です。  ところで、住民の生活環境や健康の維持は市町村などの自治体の責務です。自治体は、法令に違反しない限り、条例を制定して迷惑行為で公共の福祉を妨害している状態の排除が可能です。そこで多くの自治体では、ゴミ屋敷対策条例を制定しています。  例えば、足立区では「足立区生活環境の保全に関する条例」を制定し、「適正な管理がされていない廃棄物、……により、土地又は建築物の周辺住民の健康を害し、生活環境に著しい障害...more
in English
カテゴリー:

物忘れ、気軽に相談を 小坂初の認知症カフェ - 01月22日(日)14:21 

 秋田県小坂町は17日、認知症の人や家族、地域住民が気軽に集える「認知症カフェ」を、同町小坂鉱山の地域交流スペース「はいから倶楽部(くらぶ)」で初めて開いた。今後も月1回開催し、認知症になっても安心し…
in English
カテゴリー:

高齢ドライバーの認知機能、84歳で半数超衰え - 01月22日(日)08:06 

2015年に運転免許を更新した75歳以上の高齢ドライバーは約163万人に上り、更新時に義務付けられている認知機能検査では加齢に伴って認知症や認知機能低下の恐れがあると判定される割合が高くなり、84歳を境に半数を超えることが21日、警察庁の分析で分かった。 高齢ドライバーを巡っては高速道路を逆走したり、小学生の列に突っ込んだりするなど多くの死傷者が出る事故が各地で発生。警察庁は3月施行の改正道...
in English
カテゴリー:

認知症寸前の老人がナチスに復讐!? その方法とは?『手紙は憶えている』BD&DVD発売決定! - 01月23日(月)10:54 

『スウィート ヒアアフター』などの名匠アトム・エゴヤン監督が、『人生はビギナーズ』で史上最高齢でのアカデミー賞助演男優賞に輝いたクリストファー・プラマーとタッグ! 本作で脚本家デビューを果たしたベンジャミン・オーガストによる、ホロコーストを斬新なアプローチで描いたストーリーも話題の本格サスペンス『手紙は憶えている』。そのBlu-ray、DVDが2017年5月3日(水)に発売されます! 一通の手紙を頼りに、70年前に家族を殺したナチスを探す復讐の旅へ出ることになる主人公ゼヴ(クリストファー・プラマー)。認知症の瀬戸際にいる彼が、目覚める度に失う記憶をたぐりよせつつ進む復讐劇は、予想だにしない驚愕の結末へと向かっていきます。次々に起こる予測不可能な展開が謎を加速し、やがて明らかになる衝撃の内容が劇場公開時にも話題を呼びました。 ベンジャミン・オーガストによる脚本は、自身も脚本を書くアトム・エゴヤン監督に「完膚なきまでに独創的なストーリー」と言わしめたといいます。監督自身もその物語を見事に映像化しています。 *** 『手紙は憶えている』 Blu-ray & DVD 5月3日(水)発売! Blu-ray ¥4,700+税 DVD ¥3,800+税 収録時間:本編95分+特典映像 【映像特典】(予定) 日本版予告編 【初回限定封入特典】(予定) 特製リーフレット ※商品仕様・...more
in English
カテゴリー:

子どものニセ発作とマジ発作を見分ける方法を編み出した【こだま連載】 - 01月23日(月)09:00 

【こだまの「誰も知らない思い出」 その3】 ――――――――――――――――――  自身の“愛と堕落の半生”を、ユーモアを交えて綴った『夫のちんぽが入らない』(1月18日発売)が早くも話題の主婦こだま。  彼女は閉鎖的な集落に生まれ、昔から人付き合いが苦手で友人もいない。赤面症がひどく、人とうまく話せなかったこだまはその日の出来事をノートに書いて満足するようになった。今はその延長でブログを続けている。  家族、同級生、教員時代の教え子、相部屋の患者。当連載は、こだまが、うまくいかないことだらけの中で出会った、誰も知らない人たちについての記録である。 ―――――――――――――――――― ◆ヤスカワのマジ発作  ヤスカワ君が白目を剥いて、崩れるように倒れた。 「おーい、ヤスカワ君。聞こえますかぁ?」  私は肩を揺さぶり声を掛けたが、ヤスカワ君は反応しない。  障害者施設に勤めて半年が経つ。ヤスカワ君は自分の都合が悪くなったときや、注目されたいときに、ニセの発作を起こして倒れる癖がある。その演技力は救急隊員も騙されるほどの腕前だった。 「おーい、ヤスカワ君。どこが苦しい?」  反応がない。彼は既に今週5回のニセ発作を発動している。きょうはどっちだろう。ニセなのか。それともマジのやつだろうか。  初めてそれに遭遇したときは心底驚いた。大変だ、緊急事態だ。私は全速...more
in English
カテゴリー:

ワクチンが感染症だけでなくがんや認知症の予防にも - 01月23日(月)07:00 

 老いることにどう抗うか──そんな壮大にも思えるテーマを掲げる「抗加齢医学」は2000年代以降、医療の一分野として認められるようになってきた。  2001年には日本抗加齢学会が発足。分野としての裾野は幅広く、老化のメカニズムにかかわる遺伝子や再生医療の研究から、生活習慣改善の啓蒙、ストレス軽減のためのケアまで、取り組みは多岐にわたる。  単なる長生きを志向するのでなく、高齢者のQOL(生活の質)の向上を図ろうとする試みといえよう。  この分野に専門家の期待と注目が集まっている背景には、世界中の先進国で高齢化が進み、医療費が国家財政を圧迫するなかで「病気にかかってから治す」というアプローチに限界が見えてきている現実がある。  日本人の死因第1位である「がん」を例にとっても、体への侵襲性の高い外科手術は、体力の衰えた高齢者には耐え難いものとなるし、抗がん剤治療は正常な細胞にまでダメージを与えてしまうので、加齢によって免疫力の低下した患者にはリスクが高い。放射線療法や腹腔鏡手術など、患者の負担が少ない治療法の研究も進んでいるが、それとて加齢とともにリスクが高まる側面があることは否めない。  同様のことはがん以外の疾病についてもいえる。そうした背景があるからこそ、「治療」だけでなく様々な疾病を引き起こす「老化」にターゲットを当て、病気を未然に防ぐ研究に世界中の研究者が取り組むようになってき...more
in English
カテゴリー:

タモリの「友達なんかいらない」 安楽死を望む橋田寿賀子が共感 - 01月22日(日)10:42 

「私には友達がいない」――そう話すのは、作家の橋田壽賀子さん(91才)。本誌・女性セブンでもお伝えしてきたが、夫と死に別れ、 子供も親戚もいない橋田さんは安楽死を熱望している。多くの同級生はすでに鬼籍に入り、今や心を残したり、残されたりする友達もいないから、 認知症になったら安楽死で逝きたいというのだ。 「だからタモリさん(71才)がおっしゃることはよくわかるんです。もう友達はいりません」 橋田さんが賛同を示したのは、タモリの『SMAP×SMAP』(フジテレビ系。12月19日放送)での発言だ。 「友達なんか...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

タモリの「友達なんかいらない」に橋田寿賀子が共感する理由 - 01月22日(日)07:00 

「私には友達がいない」――そう話すのは、作家の橋田壽賀子さん(91才)。本誌・女性セブンでもお伝えしてきたが、夫と死に別れ、子供も親戚もいない橋田さんは安楽死を熱望している。多くの同級生はすでに鬼籍に入り、今や心を残したり、残されたりする友達もいないから、認知症になったら安楽死で逝きたいというのだ。 「だからタモリさん(71才)がおっしゃることはよくわかるんです。もう友達はいりません」  橋田さんが賛同を示したのは、タモリの『SMAP×SMAP』(フジテレビ系。12月19日放送)での発言だ。 「友達なんかいらないって。(だから)どんどん友達減らしていってるの。切ってくの」  メンバーを前にそう淡々と話したタモリに、「救われた」「本当にわかる。友達は少なくていい」と、共感の声が広がっている。 「“友達を切る”って言葉には、ぼくなんかはドキッとしてしまうんです」  そう話すのは、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司さん。前野さんは脳・ロボット学者として、認知科学や心理学を活用して人間の幸福のメカニズムを研究している。それによれば、友達の数が多い人ほど幸せということがわかっているという。 「ここでいう友達は、“多様である”ことが条件。職業、年齢、性格、国籍…自分とは違う種類の友達を持っている人の方が、そうでない人よりも幸せということがわかりました。いつも同...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「認知症」の画像

もっと見る

「認知症」の動画

Wikipedia

認知症(にんちしょう、、)は認知障害の一種であり、後天的なの器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である。犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。

従来、非可逆的な疾患にのみ使用されていたが、近年、正常圧水頭症など治療により改善する疾患に対しても認知症の用語を用いることがある。単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみをさす。また...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる