「認知症」とは?

関連ニュース

徘徊高齢者 QRコードで早期発見 - 06月24日(土)11:06 

宮城県石巻市は認知症で徘徊(はいかい)する高齢者を早期発見するため、事前に登録した高齢者にQRコードラベルを配る取り組みを始めた。発見者がスマートフォンでQRコードを読み取ると、自動的に保護者に通知す
カテゴリー:

東名バス事故の神対応運転手に同業者が厳しく「ダメ出し」するワケ - 06月24日(土)06:00 

まさに神対応のハンドルさばき―。 愛知県の東名高速道路上で、対向車線から中央分離帯を越えて“飛んできた”乗用車が観光バスとクラッシュしたのは6月10日朝のこと。 その際に見せたバス運転手の運転ぶりに称賛の声が集まっている。事故の瞬間を録画したドライブレコーダーの映像を見ると、確かに運転手はとっさにハンドルを左に切り、さらにはサイドブレーキをかけて、乗用車との正面衝突を回避している。乗員45人がケガをする大事故だったが、死者はゼロ(乗用車の男性は死亡)だった。交通ジャーナリストの鈴木文彦氏が言う。 「運転手が左にハンドルを切ったおかげで乗用車はバスの右上部の角っこのフレームに激突。そこは強度が高く、バスへの衝撃が和らいだ。少しでも衝突ポイントがずれていたら、この程度の被害では済まなかったはずです」 だが、バス業界からは厳しい指摘も。高速バスのベテラン運転手はこう言う。 「今回の衝突は、バスにとっては『もらい事故』。でも、事故発生から15秒前の映像を見ると、観光バスが前の車を追い越そうと、左車線から右車線へ進路変更して速度を上げていることがわかる。早朝、まだ高度の低い太陽に向けてスピードを上げるのは、まぶしさによる事故リスクが高くなるんです。私なら、あの状況...more
カテゴリー:

ダイキンと大阪大、AIと空調で連携 - 06月24日(土)05:00 

 ダイキン工業と大阪大は23日、人工知能(AI)など情報科学の先端研究を空調技術の革新につなげようと、包括的な連携契約を結ぶと発表した。ダイキンが今後10年間で研究費など56億円を拠出。温度や湿度などを空調によって快適に保つことで疲労やストレスを軽減したり、認知症を予防したり、自由な発想で独創的な技術の開発を促す。
カテゴリー:

【東京】75歳以上のドライバー 1万人超が認知症の恐れ 警視庁まとめ - 06月23日(金)22:05 

1万人超が認知症の恐れ、警察庁 75歳以上のドライバー 75歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道交法が3月12日に施行されてから5月末までの間に、運転免許更新時などに認知症の恐れがあると判定された人が1万1617人(暫定値)に上ることが23日、警察庁のまとめで分かった。 この日に開かれた高齢ドライバーの事故防止策を検討する有識者会議で、同庁が明らかにした。   改正道交法は、75歳以上の免許保有者が3年ごとの更新時に受ける記憶力や判断力などの認知機能検査で、認知症の恐れがあると判定された場...
»続きを読む
カテゴリー:

認知症になった夫と「性格の不一致」を理由に離婚できる? - 06月23日(金)12:00 

先日、「教えて!goo」で「認知症の夫と離婚したくてもできない!妻の悩みはどう解決すべき?」という記事をリリースした。認知症を理由に離婚を成立させるのは、現在の判例ではなかなか難しいと聞く。しかしながら、熟年離婚を現実的に考えていた矢先のことであれば、元々「性格の不一致」など別の理由が存在していたはず。その場合、原点に立ち返り離婚することはできるのだろうか? ■弁護士に聞いてみた! お話を伺ったのは、弁護士法人ベリーベスト法律事務所の伊藤祐子弁護士。まずは、認知症になった配偶者との離婚手続きについて解説していただいた。 「他方配偶者が軽度の認知症になった場合、認知症自体が離婚原因になるとはいえません。しかし、認知症が原因で暴力をふるうなどの諸事情とあいまって、婚姻関係破綻の判断材料の1つとして離婚を認められる可能性はあります。また、離婚協議中に認知症が進行した場合、他方配偶者が重度の認知症になり意思疎通が図れなくなることが考えられます。そうすると、認知症になった他方配偶者に判断能力がないといえるため、協議離婚をすることは困難になります。したがって、離婚したい場合には、裁判離婚となり、認知症が重度になった他方配偶者のために成年後見人を選任することが必要となります」(伊藤弁護士) 成年後見人とは簡単にいうと法律上の代理人のことで、本人の親族が選任されるケースも多いが、第三者で...more
カテゴリー:

【社会】認知症検査強化で14人が運転免許証取り消し - 06月24日(土)07:36 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170624/k10011028771000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009 75歳以上の高齢者ドライバーへの医師による認知症の検査が強化された改正道路交通法で、施行からおよそ2か月半で1270人余りが新たに義務づけられた医師の診断を受けた結果、14人が認知症と診断され、運転免許証の取り消しなどの処分を受けたことが警察庁のまとめでわかりました。 ことし3月に施行された改正道路交通法では、75歳以上の高齢者ドライバーについて、3年に1度の運転免許証の更新の際に受ける認知...
»続きを読む
カテゴリー:

認知症検査強化で14人が運転免許証取り消し - 06月24日(土)05:02 

75歳以上の高齢者ドライバーへの医師による認知症の検査が強化された改正道路交通法で、施行からおよそ2か月半で1270人余りが新たに義務づけられた医師の診断を受けた結果、14人が認知症と診断され、運転免許証の取り消しなどの処分を受けたことが警察庁のまとめでわかりました。
カテゴリー:

高齢ドライバー、認知症のおそれ1万人超 - 06月24日(土)00:43 

 今年3月から高齢ドライバーの認知症検査が強化されましたが、先月末までに認知症のおそれがあると判定された人が1万人を超えることが警察庁のまとめでわかりました。
カテゴリー:

1万人超が認知症の恐れ、警察庁 75歳以上のドライバー - 06月23日(金)21:39 

75歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道交法が3月12日に施行されてから5月末までの間に、運...
カテゴリー:

4割の扉:取材班から五つの提言 認知症の人を共に支えよう - 06月23日(金)10:16 

 誰もが認知症になり得る。だが、われわれはどこかで認知症の人を特別な存在と見なし、突き放してはいないだろうか。 「認知症の人には何を話しても理解してもらえないと思う人は多いかもしれないが、それは違う」…
カテゴリー:

もっと見る

「認知症」の画像

もっと見る

「認知症」の動画

Wikipedia

認知症(にんちしょう、、)は認知障害の一種であり、後天的なの器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である。犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。

従来、非可逆的な疾患にのみ使用されていたが、近年、正常圧水頭症など治療により改善する疾患に対しても認知症の用語を用いることがある。単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみをさす。また...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる