「認知症」とは?

関連ニュース

脳の酸化ストレスを抑制することで糖尿病と肥満予防が可能に - 02月23日(木)19:30 

2017年2月22日(水)東北大学で行われた研究において、脳の酸化ストレスのよる糖尿病や肥満を発症するメカニズムが解明されました。(参考) 近年では20代から発症する若年性の糖尿病も問題視されておりますが、今回の研究結果によってどのような期待が出来るのでしょうか。 今回は東北大学で行われた酸化ストレス研究の内容と結果、酸化ストレスによる悪影響、酸化ストレスの発散方法を医師に解説していただきました。 目次 東北大学が行った酸化ストレスと糖尿病の研究 以前から糖尿病では視床下部での酸化ストレスが増加することは知られておりましたが、その影響などについてはアプローチが難しく、解明されておりませんでした。 そこで東北大学では、酸化ストレスを抑えるために重要なセレンを含有するセレノプロテイン群に着目し、セレノプロテイン群合成に必須の遺伝子の発現をCreリコンビナーゼにより特異的に低下させることのできるマウスを利用した研究を行い、視床下部特異的な遺伝子欠失による影響を解析しました。 《参照》 ・ 東北大学 研究で判明した酸化ストレスと糖尿病の関係 視床下部に酸化ストレスが加わると、視床下部にある代謝調節に重要なプロオピオメラノコルチン陽性神経細胞が減少します。 プロオピオメラノコルチン陽性神経細胞の減少によってインスリン...more
in English
カテゴリー:

【調査】特養入所、門前払い2割、負担増で退所の例も - 02月23日(木)17:19 

特養入所、門前払い2割 負担増で退所の例も、民間調査  全国にある特別養護老人ホーム(特養)のうち19%の施設が、介護の必要度が低い人からの入所申し込みに対し、認知症などの事情を考慮せず「門前払い」していたことが23日、民間団体の調査で分かった。  介護保険制度見直しの影響で負担増となり、費用を支払えずに退所した例も101カ所の特養でみられた。  調査は、施設関係者でつくる「21世紀・老人福祉の向上をめざす施設連絡会」が2016年9~10月実施。  特養など8672カ所の施設長にアンケートを送り、1906カ所から回答...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

沖縄では高齢者が毎年200人行方不明に 4割は痴呆。残りは・・・ - 02月23日(木)15:19 

2016年に沖縄県内で行方不明になった高齢者は191人(暫定値)で、うち約4割に当たる74人が認知症だったことが22日、県警への取材で分かった。 認知症者の統計を取り始めた12年以降、行方不明高齢者全体に占める割合は4割前後で推移。 一人歩き(徘徊(はいかい))で自宅などを出た後、遺体で見つかるケースもあり、本人や家族が地域で安心して暮らせる体制づくりが急務だ。 沖縄県警生活安全企画課によると74人は行方不明届を出した家族などから、認知症または認知症の疑いがあるとの申し出があった。 74人...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

軽度認知障害(MCI)の早期発見&認知症発症リスク低減プログラム「アタマカラダ!ジム」をサービス開始 - 02月23日(木)09:00 

[株式会社キャピタルメディカ] 株式会社キャピタルメディカ(本社:東京都港区、代表取締役:古川 淳、以下、「キャピタルメディカ」という)、株式会社ジェイアール東日本スポーツ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:岩崎 伊佐雄、以下、...
in English
カテゴリー:

【医師監修】妊娠前後に摂取したい「葉酸」の5つの効果 - 02月22日(水)16:15 

今回は、妊娠前後に摂取したい「葉酸」の5つの効果、働き、摂取方法を分かりやすく解説していきます。 この記事の監修ドクター 麻布十番 まなみウィメンズクリニック 院長 今井愛先生 女医+(じょいぷらす)所属。産婦人科専門医、医学博士。 http://www.azabuwomens-cl.com/ 妊娠前後に摂取したい「葉酸」とは? 厚生労働省が摂取を推奨するビタミン 葉酸はビタミンB群の一種です。含有量は食品によって異なりますが、炭水化物から緑黄色野菜、フルーツ、お肉、魚介、卵、牛乳まで、さまざまな食材に含まれています。 妊娠前後の女性に対して、国が葉酸の摂取を呼びかけるようになったのは21世紀に入ってからのことです。2000年は厚生労働省から「1日400μg(マイクログラム)の葉酸サプリメント摂取」が、神経管閉鎖障害の予防のために推奨されました。神経管閉鎖障害ついては、後ほど詳しくご紹介しますが、先天的な胎児の障害の1つです。なお、現在は摂取の推奨量が変わり、1日400μgよりも少し多めの摂取が勧められています。 妊娠前後の望ましい摂取量 葉酸の摂取量を増やすのは「妊娠前から」です。目安としては「妊娠の1ヵ月以上前から摂取をするように」と言われています。妊娠を計画する女性や、妊娠の可能性がある女性は「1日に400μgの付...more
in English
カテゴリー:

コートやマフラー禁止の学校がある? 北海道から沖縄まで校則を調べたら - 02月23日(木)18:00 

とても寒い中、薄着で震えている女子学生を見かけたというツイートが2017年2月12日、イラストと共に投稿された。もしかして、校則のせいでコートを着られないのか――。ツイッターには、「中学でコートが着用禁止だった」「正式な行事の時にタイツもカーディガンも着てはいけない」「マフラーも手袋もダメ」と、防寒着が校則で禁止されていた例が次々と挙がった。J-CASTヘルスケアでは、取材を通して各地の校則の事例を調べた。 「防寒着を着ないとダメ」と先生に怒られた 防寒着の着用を禁止している校則は多いのだろうか。 関東や東海、中部地方で育った20代の男性4人や、東京都内の中学に通う子を持つ女性に話を聞いてみた。いずれも防寒着の色や着用の規定、学校指定のものに限る、といった内容で、禁止という話は出てこなかった。 雪国・新潟県出身の30代女性は、「高校では女子の制服に長ズボンがありましたよ」と話す。 「吹雪でも学校は休みにならないので、防寒着が禁止されたらどうしようもありません。小学生のころはスキーウエアを着て登校したこともあります」 一方で、秋田県出身の夫は「寒くないから」とコートを着ていなかったという。ツイッター上でも、東北地方や北海道暮らしと思われるユーザーから「冬にコート着たことなんかない」「マフラーと手袋さえあれば十分」といった声が出ていた。ただしそれでも、学校が防寒着着用を禁じていたわけで...more
in English
カテゴリー:

【超かんたん!図解で認知症予防】記憶向上や正しい判断、注意力持続させ集中力アップする戦略を - 02月23日(木)15:30 

記憶の向上や正しい判断など、本来の目標に向かって集中し続けるためには、標的とする目標に注意を向け続けるための戦略が必要になります。■注意力の持続がカギ脳を活性化…
in English
カテゴリー:

死亡事故の75歳以上運転手「認知症の恐れ」34人 - 02月23日(木)15:15 

昨年1年間に死亡事故を起こした75歳以上のドライバー459人のうち、34人が免許更新時の認知機能検査で「認知症の恐れ」の第1分類だったことが22日、警察庁の集計で分かった。3月12日施行の改正道交法により、更新後に臨時の認知機能検査の対象となる違反をしたのは31人だった。2人重複。 警察庁が22日、有識者を集めた高齢者の事故防止対策会議で報告した。 改正道交法では、これらのドライバーには医師...
in English
カテゴリー:

悪玉「虫歯菌」が脳出血引き起こす 認知症予防する歯磨き法を伝授 - 02月22日(水)19:00 

虫歯の原因となる「ミュータンス菌」が脳出血を引き起こし、認知症の原因となっている可能性があることが京都府立医科大学の研究でわかった。研究成果は英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)の2016年12月9日号に発表された。研究チームは「日常の歯磨きが重要。口の中をキレイにすることで認知症予防が期待できる」という。正しく歯を磨くにはどうしたらよいのだろうか。 虫歯菌を持つ人は脳出血のリスクが14倍に 京都府立医科大学の2017年2月9日付発表資料によると、認知機能が低下する原因の1つに脳内の微少な出血がある。この出血は、虫歯菌の1種の「ミュータンス菌」を持っている人に多いことが従来の研究でわかっている。血液中にある血小板は、傷口に集まって出血を止める働きがあるが、「ミュータンス菌」は血小板の止血作用を阻害する遺伝子を持っている。そして脳の血管の壁にくっついて炎症を起こし、出血させてしまう。 今回、「ミュータンス菌」と脳出血の関連を調べるために脳に疾患のない54~89歳の男女279人の唾液を調べた。その結果、71人(25%)から「ミュータンス菌」が見つかった。また、脳MRI(磁気共鳴画像)で脳内の微小な出血を調べると、「ミュータンス菌」を持っている人ほど脳出血が多く、「ミュータンス菌」のない人に比べ、出血するリスクは14.3倍も高かった。 また、全員に1分間で「か」で始まる言...more
in English
カテゴリー:

【サラリーマン特報】認知機能は55歳頃から明らかに低下 「読む、書く、食べる」で認知症予防 - 02月22日(水)15:30 

認知機能は50歳を境に低下していく−この衝撃的な事実をご存じだろうか。認知症専門サイト「認知症ねっと」(運営=エス・エム・エス)が提供する「認知機能チェック」ツ…
in English
カテゴリー:

もっと見る

「認知症」の画像

もっと見る

「認知症」の動画

Wikipedia

認知症(にんちしょう、、)は認知障害の一種であり、後天的なの器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である。犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。

従来、非可逆的な疾患にのみ使用されていたが、近年、正常圧水頭症など治療により改善する疾患に対しても認知症の用語を用いることがある。単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみをさす。また...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる