「試験運用」とは?

関連ニュース

安川情報システム、北九州市でスマートバス停の試験運用を開始 - 02月20日(火)17:22 

安川情報システムと西鉄グループの西日本鉄道、西鉄バス北九州、西鉄エム・テックの3社は2月20日、スマートバス停の試験運用を北九州市内で開始したことを発表した。
カテゴリー:

混雑トイレに新たな"IoT"、世界遺産、元離宮二条城での試験運用開始 - 02月16日(金)14:59 

シブタニ、ローム、ウイングアーク1stの3社は、京都市の協力のもと混雑トイレの利用・管理効率化に向けて元離宮二条城で新たな試験運用を開始したことを発表した。
カテゴリー:

成田空港、立体画像で手荷物検査 初の試験運用 - 02月15日(木)17:40 

成田国際空港会社(NAA)は15日、最新のコンピューター断層撮影(CT)技術を使った手荷物の検査機器を国内で初めて...
カテゴリー:

10年後、表参道に「培養肉ビストロ」が登場? - 02月11日(日)06:00 

となるかどうかは、正直に言えばまだ定かではありません。ごめんなさい。あくまでこれは未来予想。それでも、ずっと遠くの話にしか思えなかった細胞の培養による肉の生産は、現に試験運用レベルに。つまり、10年後には当たり前の世の中が来ているかも。そんな「if(もしも)」の世界を描いたこの書籍『10年後の働き方 「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ(できるビジネス)』(インプレス)では、ここ数年で台頭してきた新ビジネスの事例を集めて架空のストーリー「未来レポート」を制作しています。表題の培養肉レストランはその一例。未来予報株式会社(曽我浩太郎・宮川麻衣子)が執筆した同書の示す10年後、僕たちの「働き方」、そして「食」はどう変わる? 【未来レポート】農業と食の未来2027年7月1日 日本・東京『東京に世界の食事情を変える「培養肉レストラン」が日本初出店』10年ほど前、「培養肉」といえばグロテスクで美味しくないイメージがあった。培養肉とはつまり、人造の肉で、食料不足により肉が食べられなくなる時代のための代用品に過ぎなかったのだ。しかし、ここ数年で培養肉を取り巻く状況は大きく変わった。改良が進んで味が良くなり、メディアで好意的に取り上げられる機会も増えている。高タンパクで低脂肪、そして食中毒などのリスクが低い培養肉は、アスリートから理想的な栄養源として注目されて...more
カテゴリー:

東電がIoTで火力発電所の故障減少、1基当たり年7000万円の燃料削減も(ニュース) - 02月08日(木)16:44 

 東京電力ホールディングス(東電HD)と東京電力フュエル&パワー(東電FP)は2018年2月7日、火力発電所におけるIoT(インターネット・オブ・シングズ)システムの試験運用により、故障による運転停止を削減し、併せて燃料使用量も削減する効果があったと発表した。
カテゴリー:

ドローン運送の試験運用が陝西省で認可 Eコマースの京東、省単位では初 - 02月17日(土)12:03 

【2月17日 CNS】ドローン配送の試験運用開始式典が5日、中国・陝西省西安市で行われた。≫続きを読む
カテゴリー:

“トイレのIoT化”で混雑時の利用効率を向上--安否確認や犯罪防止にも活用 - 02月16日(金)14:30 

総合金物メーカーのシブタニは、トイレの施解錠を無線発信するスライドラッチを開発し、ウイングアーク1stと京都市の協力の下、世界遺産である元離宮二条城で試験運用を始めた。
カテゴリー:

【IT】グーグル、AMP技術をGmailに導入へ 自動更新と双方向性が特徴 - 02月15日(木)09:07  newsplus

https://jp.reuters.com/article/alphabet-gmail-idJPKBN1FY06J 2018年2月14日 / 02:52 / 1日前更新 [サンフランシスコ 13日 ロイター] - 米アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルが、新たに開発したソフトウエア「AMP(アクセレレーテッド・モバイル・ページズ)」を電子メール「Gmail」に導入する。情報が常に自動的に更新されたり、ユーザーがアンケートに回答できるなど双方向性が向上する。Gmail担当の製品マネージャー、アーカッシュ・サーニー氏が13日、ブログへの投稿で明らかにした。 例えば、ユー...
»続きを読む
カテゴリー:

AIで犯罪発生予測 神奈川県警が実証実験へ - 02月09日(金)10:01 

 神奈川県警は、人工知能(AI)を活用して犯罪や事故の発生を予測する新システム導入に向け、過去のデータを用いた実証実験を始めると発表した。県の平成30年度当初予算案に、調査費として約4800万円を計上。研究機関や企業と連携し、予測の精度を検証する。県警によると、全国の警察で初の試み。東京五輪・パラリンピック開幕までに試験運用を始め、32年度末までの本格運用を目指す。
カテゴリー:

【AI】事件・事故発生をAIで予測 神奈川県警、全国初導入へ - 02月08日(木)01:32  newsplus

 犯罪や事故の防止などに役立てようと、神奈川県警が人工知能(AI)を導入する。過去の膨大なデータを学習させ、将来の発生を予測できるシステムを開発し、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年の試験運用開始を目指す。全国初の試みという。  県警はすでに、過去に事件や交通事故が多発した地域や時間帯を示すシステムを運用し、捜査や取り締まりに生かしている。加えて、AIが発生を予測した時間や場所をパトロールの順路に組み込むなどの効果を期待しているという。  新システムには、過去の事件約100万件や、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「試験運用」の画像

もっと見る

「試験運用」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる