「試験管」とは?

関連ニュース

試験管型、チョコレート型、厚さ3mmのもある人気ブランド「キャンドル」【Editor’sセレクション】 - 06月24日(土)17:30 

  暮らしを豊かにするために欠かせないのが、インテリアや愛すべき雑貨たち。 このシリーズでは、「Editor’s セレクション」と称して、曜日毎に違ったアイテムで、編集部がグッと来たアイテムやブランドをご紹介していきます。 土曜日は【生活日用品編】! 今回は、倉敷で80年続くキャンドルショップと、アートディレクターの居山浩二氏のコラボで作られた「キャンドル」をご紹介しします。   ■期間限定だったものが通常発売になるほどの人気キャンドルブランドの「倉敷製蝋(*)」 ご紹介するのは、2017年2月に期間限定商品として発表され各メディアから注目を浴び、その人気の高さから5月から通年で販売されているキャンドルブランドの「倉敷製蝋(*)」。 このブランドを販売しているのは、工芸の町として知られる倉敷市で昭和9年から地元で愛され続けているキャンドルメーカーの「ペガサスキャンドル株式会社」。 この老舗メーカーと大河ドラマ「龍馬伝」や大人気マスキングテープ「mt」のアートディレクションを担当した居山浩二氏のコラボブランドです。 80年以上の歴史を持つキャンドルメーカーが培ってきた知識や技術と現代性を融合すべく、2015年から素材・加工・香料の吟味・検証を重ねてきました。 それらは丁寧な手仕事から生まれる、スタイリッシュで上質な倉敷製キャンドルです。   ■厚さ3m...more
カテゴリー:

【教育】法科大学院の志願者、6年連続減 - 05月29日(月)03:08 

法科大学院の志願者、6年連続減 2017年 05月 26日 22:11 JST http://jp.reuters.com/article/idJP2017052601002449  法科大学院の志願者に1次試験として課す適性試験の今年の志願者数について、日弁連法務研究財団などでつくる適性試験管理委員会は26日、昨年より256人少ない延べ5613人だったとする速報値を発表した。6年連続の減少。  適性試験は2011年から現行制度となった。年2回実施し、2回受けて結果の良い方を選ぶこともできる。今年の1回目(6月4日)は2645人、2回目(同18日)は2968人が...
»続きを読む
カテゴリー:

AIで血小板の塊検出=心筋・脳梗塞診断に期待-東大 - 06月24日(土)16:05 

 心筋梗塞や脳梗塞を招く血栓の原因となる血小板が凝集した塊を、特殊な顕微鏡とコンピューターの人工知能(AI)を組み合わせて高精度に検出する技術を開発したと、東京大大学院理学系研究科の合田圭介教授や同医学系研究科の矢冨裕教授らが24日までに発表した。 血小板を識別するためにあらかじめ放射性薬剤などで処理する必要がなく、塊の形状を手掛かりとして96%超の精度で検出できるのが特徴。将来は診断や治療後の経過観察などへの応用が期待される。論文は英王立化学会の専門誌「ラブ・オン・ア・チップ」電子版に掲載された。 動脈硬化で厚くなった血管の壁にできた病変組織(プラーク)が破れると、血小板が凝集し、血栓の形成や心筋梗塞などにつながる。このため、予防・治療には血小板の凝集を抑える抗血小板薬が使われている。 東大チームは人の血液から赤血球を除いた上で、プラークが破れたのと似た状態にするため、試験管内でコラーゲンを加えて血小板の凝集塊を作った。「OTS顕微鏡」と呼ばれる特殊な顕微鏡で細胞を毎秒1万個ずつ流しながら高速度撮影し、AIの機械学習で血小板の凝集塊の形状を単独の血小板や白血球と区別できるようにした。 【時事通信社】
カテゴリー:

「試験管」の画像

もっと見る

「試験管」の動画

Wikipedia

試験管(しけんかん,''test tube'')とは、化学生物学実験などに用いる細長い容器のことである。円筒形で上端は開放され、下端はUの字のように丸くなっている(平底の製品もある)。下端がVの字のように円錐状のものはスピッツ管と呼ばれている。

目的

試験管は、少量の試料を取り扱い、その中で操作、反応させ、結果を観察、処理することを目的として作られたものである。大きさは長さが数cmから20cm、直径は数mmから数cmである。直火にかけて内容物を簡単に加熱するため、パイレックスのような熱膨張に強い材質が用いられることもある。一般に、口のところを加工していないものを「直口」、耐久度を高めるためリング状に肉厚にしてあるものを「リム付き」という。

利用法

試験管はビーカーから微量の試料を取り出して操作したり貯蔵したりするために用いられる。たとえば2種の薬品を2つのビーカに取り、それぞれからピペットで定量を吸い取り、試験管に流し込んで反応を観察するというふうに使う。

加熱が必要な場合には目的により以下のような方法を用いる。

; 迅速に沸点程度まで加温させる必要がある場合

; 水浴、油浴、ヒーティングモジュ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる