「試験管」とは?

関連ニュース

新emojiにDNAの二重らせんにサイエンス警察がお怒り - 02月19日(月)09:00 

Image: Unicode Consortium/Gizmodo どうしてこうなった。私たちの生活に取り入れる絵文字を決めているのは、 奇妙でほとんど無名の 団体Unicode Consortium(ユニコード・コンソーシアム)です。同団体が今月、サイエンス界隈にとってうれしいニュースを発表しました。それは2018年に追加される157個の新絵文字の中に、DNAの二重らせんがあるという知らせです。肝心の絵文字がこれ。かわいいですね。 しかしこの絵文字には1つ問題が…。肝心のDNAの二重らせんが一般的でない方向にねじれていたんです。DNAには右巻きと左巻きがあります。そして右利きの人間が多いように、右巻きのDNAの方が一般的です。らせん構造が左巻きのDNA二重らせんはZ型DNAと呼ばれています。Z型DNAの生物学的な役割はまだ完全には解明されていません(より一般的なDNA構造はB型DNAですが、A型DNAも重要)がZ型DNAは希少、左利きの人よりもずっと珍しいんだとか。画像においてDNAのらせんを誤った方向にねじってしまうのは、初歩的なミスでよくあることです。しかしそのミスを犯してしまうと...more
カテゴリー:

【芸能】矢沢心「精神的なダメージが大きかった」夫・魔娑斗と4年の不妊治療を回顧 - 02月12日(月)19:11  mnewsplus

https://mdpr.jp/news/detail/1746203 2018.02.12 16:20 元格闘家の魔裟斗とタレントの矢沢心が12日、都内で著書「夫婦で歩んだ不妊治療」(日経BP社)出版記念イベントを開催。長期間に渡る不妊治療についてトークを行った。 2人は20007年2月に結婚。12年6月に第1子となる長女、14年9月に次女を授かっているが、妊娠・出産までに4年間の不妊治療を経験した。 もともと生理不順であり「多嚢胞性卵巣症候群」という病気を抱えていた矢沢。 「2人でも楽しい老後も過ごせたと思う」と話すも「その中で主人の遺伝子を残したいと思っ...
»続きを読む
カテゴリー:

「試験管」の画像

もっと見る

「試験管」の動画

Wikipedia

試験管(しけんかん,''test tube'')とは、化学生物学実験などに用いる細長い容器のことである。円筒形で上端は開放され、下端はUの字のように丸くなっている(平底の製品もある)。下端がVの字のように円錐状のものはスピッツ管と呼ばれている。

目的

試験管は、少量の試料を取り扱い、その中で操作、反応させ、結果を観察、処理することを目的として作られたものである。大きさは長さが数cmから20cm、直径は数mmから数cmである。直火にかけて内容物を簡単に加熱するため、パイレックスのような熱膨張に強い材質が用いられることもある。一般に、口のところを加工していないものを「直口」、耐久度を高めるためリング状に肉厚にしてあるものを「リム付き」という。

利用法

試験管はビーカーから微量の試料を取り出して操作したり貯蔵したりするために用いられる。たとえば2種の薬品を2つのビーカに取り、それぞれからピペットで定量を吸い取り、試験管に流し込んで反応を観察するというふうに使う。

加熱が必要な場合には目的により以下のような方法を用いる。

; 迅速に沸点程度まで加温させる必要がある場合

; 水浴、油浴、ヒーティングモジュール等の間接加熱を行う場合

; ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる