「試験管」とは?

関連ニュース

定番ギフトのキャンドルも、これなら! - 12月12日(火)17:00 

昭和9年創業というキャンドルメーカーが手がける〈倉敷製蝋〉。そのラインナップのなかでも、目を引くのがコチラの「TEST TUBE CANDLE×3」です。試験管に入った3本のキャンドルは、Fresh Floral、Fresh Green、Cassis Leavesとそれぞれ違った香りが楽しめます。燃焼時間は約19時間。使用後はグラス内のキャンドルだけ購入することも可能です。もちろん、見た目上のデザインも素敵なんですが、その真価はキャンドルそのものにあります。素材、加工、香料、すべてが吟味されていて、火を灯すだけで上質な空間に。税込21,600円と少し贅沢なセットは、特別なギフトにピッタリです。公式オンラインショップで購入可能です。今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。 function load_instagram() { var pc_height = 650; var mobile_height = 430; var Bwidth = document.body.clientWidth; if(Bwidth
カテゴリー:

マリオット・インターナショナル、2017年はアジア太平洋地域に16の新たなリゾートを開業 - 12月01日(金)19:50 

マリオット・インターナショナルは10月24日、2017年にアジア太平洋地域の10の国と地域において16の新たなリゾートを開業したことを発表した。 このうち日本国内では、富士山のふもとの湖畔の美しい景色を楽しみながらの散策を楽しめる「富士マリオット・ホテル山中湖」(山梨県)、大阪からのアクセスがよく白妙のビーチと近隣の山道でのハイキングが楽しめる「南紀白浜マリオット・ホテル」(和歌山県)、京都の近傍にて美しい琵琶湖と温泉を楽しめる「琵琶湖マリオット・ホテル」(滋賀県)、木々が生い茂る伊豆半島の丘にひっそりと佇むリゾート「伊豆マリオット・ホテル修善寺」(静岡県)の4つのリゾートを開業した。 海外では、韓国・済州島ではカジノやアミューズメントパーク等を内包する一大複合リゾート「ジェジュ・シンワ・ワールド」内に同国初の『マリオット・ホテル』ブランドのホテル「ジェジュ・シンワ・ワールド・マリオット・リゾート&スパ」が年末に開業する予定。中国では、同国最初のゴルフリゾート「ザ・リッツ・カールトン海口」、『オートグラフコレクション』ブランドの同第1号店「山海天リゾート三亜、オートグラフコレクション」が開業した。山々に囲まれた中国北部の太舞スキーリゾートには、エコロジー重視の長期滞在型リゾート「エレメント崇礼」を開業させた。このリゾートが建設された張家口市は、2022年北京オリンピックの共...more
カテゴリー:

「全日本おっぱいサミット」ルポ!赤ちゃんの授乳がなぜ炎上?新常識も盛りだくさん【特集:公共の場での授乳問題(16)】 - 12月10日(日)11:00 

「全日本おっぱいサミット」が2017年11月3日、東京ウィメンズプラザで開催されました。 【検証】人の授乳は「何となく気持ち悪い」と多くの人が感じているワケ 「公共の場での授乳」問題炎上とは?男性のエロティシズムとは?ママと赤ちゃんの身体で何が起こっている?“おっぱい”スペシャリストが来場者たちと語り尽くした、当日の様子をレポートします! 昨年(2016年)末から、ネットをはじめ新聞やテレビのワイドショー、ニュース等も巻き込んで大論争となった「公共の場での授乳」問題。「ハピママ*」特集サイトでは賛否両者のご意見を紹介してきましたが、積極派にも消極派にも、そして否定派にも、それぞれ“理由”も“背景”もあるようで・・・ であればいっそのこと、誰もが深~く愛する“おっぱい”について、各々の“おっぱい観”をガチンコで語り合ってみようじゃないか! 相手が不寛容だ非常識だと決めてかかるのではなく互いの事情や気持ちをオープンにして、いろんな解決プランを探ってみようじゃないか!と企画されたのが、 「全日本おっぱいサミット――あなたの知らない“おっぱい”の世界――」。 トークショーの登壇者には、“おっぱい界”のスペシャリストが名を連ねました。 おっぱい論争炎上!ネット&リアル社会を徹底分析 ジャーナリスト・津田大介 おっぱい美の巨匠!500名以上のバストを撮り続けて四半世紀 写真家...more
カテゴリー:

「試験管」の画像

もっと見る

「試験管」の動画

Wikipedia

試験管(しけんかん,''test tube'')とは、化学生物学実験などに用いる細長い容器のことである。円筒形で上端は開放され、下端はUの字のように丸くなっている(平底の製品もある)。下端がVの字のように円錐状のものはスピッツ管と呼ばれている。

目的

試験管は、少量の試料を取り扱い、その中で操作、反応させ、結果を観察、処理することを目的として作られたものである。大きさは長さが数cmから20cm、直径は数mmから数cmである。直火にかけて内容物を簡単に加熱するため、パイレックスのような熱膨張に強い材質が用いられることもある。一般に、口のところを加工していないものを「直口」、耐久度を高めるためリング状に肉厚にしてあるものを「リム付き」という。

利用法

試験管はビーカーから微量の試料を取り出して操作したり貯蔵したりするために用いられる。たとえば2種の薬品を2つのビーカに取り、それぞれからピペットで定量を吸い取り、試験管に流し込んで反応を観察するというふうに使う。

加熱が必要な場合には目的により以下のような方法を用いる。

; 迅速に沸点程度まで加温させる必要がある場合

; 水浴、油浴、ヒーティングモジュール等の間接加熱を行う場合

; ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる