「試験放送」とは?

関連ニュース

J:COM、家庭で4K・8K放送の視聴が可能に - 03月16日(木)13:21 

サービスイメージ 株式会社ジュピターテレコム(J:COM)は15日、ケーブルネットワークを通じた4K・8K試験放送を、3月21日(火)午前10時から放送開始すると発表した。   今回、放送されるのは、日本放送協会(NHK)と一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)が実施しているBS放送による4K・8K試験放送。   これまでの試験放送は、2016年8月からNHK、2016年12月からA-PABが開始していたが、NHK各放送局など限られた場所だった。   J:COMのユーザーは、4K対応のセットトップボックス(CATV用チューナー)を利用中ならば家庭で高画質の映像を楽しめる。なお、8K放送については、視聴はできるものの画質は4K画質となる。 発表資料 URL:http://newsreleases.jcom.co.jp/news/80555.html 2017/03/16   ■関連記事 「LINE 安全認証」などのLINEをかたるフィッシングメールに注意勧告 (2017.3.16) OZマガジン、創刊30周年記念に8年分無料読み放題を実施 (2017.3.15) 永谷園が手がける初の冷たいドリンク、「ビアードパパの飲むシュークリーム」発売 (2017.3.15) 日産が開発した行列に座...more
in English
カテゴリー:

「試験放送」の画像

もっと見る

「試験放送」の動画

Wikipedia

試験放送(しけんほうそう)とは、基幹放送の一種である。本記事では、関連する衛星試験放送もあわせて述べる。

定義

総務省令放送法施行規則第60条に基づく別表第5号の第9項その他の基幹放送の区分(3)に「放送及びその受信の進歩発達に必要な試験、研究若しくは調査のため又は当該放送を実用に移す目的のため試験的に行う放送」と規定している。

「衛星試験放送」は、同区分(4)に「衛星放送及びその受信の進歩発達に必要な試験、研究若しくは調査のため又は当該衛星放送を実用に移す目的のため試験的に行う衛星放送」と規定している。

概要

定義から敷衍されるとおり、最終的には新しい基幹放送の形式を規定し、実用とする為に行う放送である。地上基幹放送試験局(従前の種別では「放送試験局」)又は実用化試験局(衛星試験放送では、衛星基幹放送試験局(従前の種別では「衛星放送試験局」)又は実用化試験局)が実施するものである。なお、放送試験局が定義される以前は「実験局」(現・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる