「評論家」とは?

関連ニュース

亀田興毅「もう1回、親父と這い上がりたい」涙で語る - 09月25日(月)11:00 

ボクシング元世界チャンピオンの亀田興毅・史郎親子が、9月24日(日)放送の「しくじり先生 俺みたいになるな‼」(テレビ朝日系)に出演。「成功し続けることにこだわって全てを失わないための授業」を展開。全国民から大バッシングを受けたしくじりの数々を赤裸々に告白した。 【写真を見る】涙で言葉をつまらせながら「もう1回親父と這い上がりたいと思っている」とコメントしていた亀田興毅 中学卒業後は、プロボクサーを目指しながら解体業の作業員をしていた史郎だが、21歳の時に長男・興毅を授かり、夢をあきらめて父親に徹することを決意。子どもたちには“華やかな世界で活躍して欲しい”と願い、プロボクサーになる夢を託したという。幼少期の興毅は、意外にも人見知りで、いじめられっ子だったそう。史郎はそんな興毅を始め三兄弟に独自で考案したボクシングの英才教育を行い、3人共メキメキ上達。見事プロデビューすることに成功したが、これがしくじり人生の始まりだった。 「記録にも記憶にも残す選手にしたかった」という史郎は、子どもたちに「ビッグマウス&ド派手なパフォーマンス」を提案。興毅は記者会見の場でチキンにかぶりつく、相手の顔写真を貼ったフライパンをつぶすなどし、「(尊敬する選手は)おらへん。みんな弱いから」などと強気発言を連発。だがこれらすべては史郎が考えたもので、興毅は「本心から言えてなかった」と当時を振り返った。 プロ...more
カテゴリー:

乳離れ←ちちばなれは間違い!? 意外と知らない「正しい漢字の読み方」6つ - 09月24日(日)22:00 

出典:https://www.shutterstock.com 秋といえば読書の秋。 読書といえば“文字”に触れる機会が増えますよね。 文章をスラスラと読み進めていきたいものの、「ん? この漢字は何と読むんだろう?」と感じることはありませんか? そこで今回は“読めないと恥ずかし~い漢字”を、教育評論家の立石美津子さんの記事で紹介されているものからピックアップ。 さらに、新たにママに馴染みがあるのに意外と読めない漢字もご紹介していきます。 みなさんの“語彙力”が試されちゃうかも!? あなたは読める?間違いやすい漢字6つ (1)「乳離れ(ちばなれ)」 ママに身近な言葉の「乳離れ」ですが「ちちばなれ」と読んでいる方のほうが多いかもしれません。 「ちばなれ」という読み方が知られていないことから、会話の中で「ちちばなれ」と言ったとしても間違いに気づかれることは恐らくありません。 「え、本当に?」と思う方はPCやスマホで変換してみて下さい! 「あ、ホントだ……」と思うはずです。 (2)「山羊(やぎ)」 出典:https://pixta.jp/ 子どもに絵本『さんびきのやぎ』の読み聞かせをしようとした時、たまたまヤギが「山羊」と漢字で書いてありました。 でも漢字で見たことがないママは、あるところに三匹の「やまひつじ」が住んでいました。一匹目の「やまひつじ」は……とずっと読んでいたそうです...more
カテゴリー:

【100人の魔の2回生】“魔の2回生”落選は70人にも 10・22総選挙は自民惨敗危機 - 09月24日(日)19:54  seijinewsplus

“魔の2回生”落選は70人にも 10・22総選挙は自民惨敗危機 2017年9月24日 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/214198 今なら勝てる――と安倍首相が強行する10・22総選挙。しかし、安倍自民党は本当に勝てるのか。自民党の勝敗の鍵を握るのが“魔の2回生”と呼ばれる約100人いる当選2回の議員たちの当落だ。 “魔の2回生”で議員辞職して政界を去ったのは“ゲス不倫”の宮崎謙介氏くらい。“路チュー写真”を撮られた中川郁子氏と門博文氏の不倫カップル、さらに長靴政務官の務台俊介氏は、今もちゃっかり党内に居残...
»続きを読む
カテゴリー:

「かわいい」しかない♡千駄木の「あめ細工屋さん」はデートで絶対喜ばれる【たかのさんぽ第4回】 - 09月23日(土)22:00 

ほんもの遊び人・高野さんが教える、東京おさんぽデートのすすめ【たかのさんぽ・谷根千編・第4回】 東京・築地生まれ、銀座界隈育ち。東京の、そして日本中の「究極にいいもの」を知り尽くした「ほんとうの遊び人」、高野さんに「極上の遊び、極上のデート」を教えていただく連載、「たかのさんぽ」。 CanCam it girlの尾身綾子さんとともに行く「谷根千」エリア特集Part4です。 今日は、千駄木にある「あめ細工」屋さんに行ってみましょう。   【第4回】「かわいい」しかない♡千駄木の「あめ細工屋さん」はデートで絶対喜ばれる♡ 高野「“あめ細工”というものを知っていますか? 昔から日本にありますが、このお店が千駄木の駅から少し歩いたところにあります。きっと、女性を連れていけば間違いなく喜ばれると思いますが……まずは行ってみましょう」     訪れたのは、「あめ細工 吉原」さん。日本で初めての伝統飴細工専門店舗で、飴細工の販売、実演販売を行っているお店です。   こちらの「飴」の看板が目印です。   お店の中に入ってみると……。       そこは「かわいい」の嵐! なんと、これ、全部「あめ」でできています。お花、動物……さまざまなものが「あめ細工」となって売られています。時間がなければこの中から買ってい...more
カテゴリー:

自動化評論家「VWゴルフのトーションビーム最高w トヨタとホンダはトーションビームから逃げた」 - 09月23日(土)13:36  news

こんな一台を世界のタイプRファン、ホットハッチファンは待ち望んでいたに違いない。まずはFF最強!! 驚愕の旋回能力を持つ鮮烈な走りに魅せられる!!  過日、ホンダのジャーナリストの集いで、ショートコースをほんの数km試乗しただけだが、そこで新型『シビック タイプR』のシャーシ性能が並ではない事を明確に感じていた。」 トヨタは新プラットフォームのTNGAでリアをWウィッシュボーン化した。ホンダはマルチリンク化して操縦安定性と乗り味を改善した。 ただし従来のトーションビームがダメなのか、と言うとそうではない。...
»続きを読む
カテゴリー:

【株式評論家の視点】東京応化工業は今12月期第1四半期業績順調、25日移動平均線がサポートへ - 09月25日(月)07:07 

東京応化工業(東1)は、1940年の設立以来、「技術のたゆまざる研鑽」「製品の高度化」「社会への貢献」「自由闊達」の経営理念のもと、半導体・液晶ディスプレイ等のフォトリソグラフィプロセスで用いられる感光性樹脂(フォトレジスト)・高純度化学薬品を中心とした製造材料、半導体用・液晶パネル用製造装置などの各種プロセス機器、その他無機・有機化学薬品等の製造・販売している。
カテゴリー:

男から見ても女から見ても「みっともない女」3つの行動パターン - 09月24日(日)20:10 

上にへつらい、下には横柄な男性、異常にケチな男性、酔ったあげくに駅で諍いを起こす男性など、世の中を見渡すと「みっともないな」と感じてしまう男性は多いが、みっともないのは男性だけかというと決してそんなことはない。オフィスに目を移せば時と場所を選ばずに泣く女性、頭を下げられない女性、言葉遣いに無神経な女性・・・こういった女性を「みっともない女」とし、女性論を語るのが、『みっともない女』(川北義則著、PHP研究所刊)の著者である川北義則氏である。本書では、川北氏が見聞きしたエピソードを交えながら、みっともない女についての見解を述べていく。川北氏は、東京スポーツ新聞社に入社し、文化部長、出版部長を歴任し、1977年に退社。その後、独立して日本クリエート社を設立する。出版プロデューサーとして活躍するとともに、生活経済評論家として新聞、雑誌などさまざまなメディアに執筆をしている。■女の敵は常に女本書では、川北氏が見聞きしたエピソードを交えながら、みっともない女についての見解を述べていく。たとえば「女を目の敵にする女」である。ある女性を目の前にして、その場にいないほかの女性を褒める。男性に置き換えるとあまりピンとこないが、女性同士だとこれが結構先鋭的な緊張関係を生むのである。なぜなら常に「女の敵は女」であり、永遠のライバルだからだ。「彼女って、男性からはそう見えるのよね、本当はね・・・」こうなる...more
カテゴリー:

「解説者や評論家で東京に来るよ」 ボルトインタビュー - 09月24日(日)05:04 

 8月にあった陸上の世界選手権(ロンドン)を最後に現役を退いた。約10年にわたって世界最速を極め続けたジャマイカの英雄、ウサイン・ボルトさん(31)が9月、東京都内で朝日新聞とAERA(首都圏などで9…
カテゴリー:

自動車評論家「マツダ次世代シャシーが凄い トーションビームだけどVWゴルフ超え!」 - 09月23日(土)13:55  news

「スカイアクティブボディ&シャシー・ジェネレーション2」が日本車の逆襲が始まる!【MAZDA SKYACTIV Gen2】 今回試乗したテストカーは現行マツダ3(アクセラ)にスカイアクティブXを載せたのではなく、中身は 次世代プラットフォーム「スカイアクティブボディ&シャシー・ジェネレーション2」の技術が数多く盛り込まれている。 ビックリしたのはリアサスペンションで、現行のマルチリンクからトーションビームに変更。これはコスト云々より、 今後の電動化技術との組み合わせに向けてバッテリー搭載スペースの確保も考慮...
»続きを読む
カテゴリー:

子どもの授業参観で見るべきポイントと気を付けたいマナー - 09月23日(土)05:58 

子どもの授業参観といえば、日ごろ家では見られないわが子の学校での様子が見られる絶好の機会です。せっかくの機会だからこそ、しっかりどこを見たらよいのか? 見るポイントとは? また、気を付けたい保護者のマナーとは? 元教師で教育評論家の親野智可等先生にお話しを伺いました。 「授業参観は、家では見ることができないお子さんの一面を見ることができるチャンスです。学校での生活態度はもちろん、勉強の理解度や交友関係など。また、学校の先生、授業内容、環境づくりなど、ぜひいろいろな角度から観てほしいですね」(親野先生 以下同) では、観るべきポイントとは? ●わが子の授業の様子 「授業中、お子さんが集中できているか? ちゃんと話を聞けているか? 授業内容を理解しているか?授業中の姿勢はどうか? などを見てほしいですね。あとは、クラスの雰囲気や友だちもチェックするよい機会です。先生についても、なかなか子どもからの情報だけでは把握しきれないと思うので、どんな先生なのか? を親の目を通して把握しておきましょう」 ●わが子の休み時間や掃除中の様子 「授業中だけでは、子どもの真面目な姿しか見られません。なので、もっと授業以外の時間も見てほしいですね。例えば、休み時間は子どもたちが遊んでいる様子を見ることができますね。わが子はどのような過ごし方をしているのか? 休み時間は子どもたちの素の姿が見ら...more
カテゴリー:

もっと見る

「評論家」の画像

もっと見る

「評論家」の動画

Wikipedia

評論家(ひょうろんか、)とは、評論仕事にしている者のことである。批評家ともいう。

概説

評論家あるいは批評家とは、評論批評を仕事としている者、つまり評論や批評をすることで金銭を受け取っている者のことである。

;類語と線引き 欧米では、アート文学の批評家をcriticsとよび、社会問題や政治問題に対してマスメディアで自分の解釈や意見を述べるような日本でいう「評論家」は、パンディット(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる