「証言」とは?

関連ニュース

【福井中2自殺】「僕だけ強く怒られる」 叱責され過呼吸や土下座も… 怒鳴る担任「お前やめてもいいよ」 池田町★15 - 10月18日(水)14:43  newsplus

福井県の池田町立中学校で3月、担任らからの厳しい指導を受け、2年の男子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、叱責を受けていた際に生徒が過呼吸の症状を訴えたり、土下座しようとしたりするなど精神的に追い詰められていたことが分かった。  町教育委員会が設置した調査委員会の報告書によると、生徒は生徒会の副会長を務めていたが、昨年10月、参画していたマラソン大会の運営で担任から校門前で準備の遅れを怒鳴られ、目撃した生徒は「身震いするくらい怒鳴られていた」と証言したという。  11月には、宿題を忘れた理...
»続きを読む
カテゴリー:

ケンカの仲裁からファンへの追悼まで……ライアン・ゴズリングの超絶いい人エピソード! - 10月18日(水)14:00 

SF映画史上最高傑作として、今なお語り継がれる『ブレードランナー』 (82)。その続編『ブレードランナー 2049』が10月 27日(金)より公開となります。“ブレードランナー”デッカードをハリソン・フォードが再び演じ、新たな“ブレードランナー”Kを『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングが熱演している本作。 今回は「ハリウッドきってのいい人」と言われるライアンの数々の“ライアン伝説”をご紹介します! 【1:まるでヒーロー!? NYの街で起きた一般人のケンカを仲裁】 2011年のニューヨーク、とある街角で事件は起きた。路上で絵を売っていた男性と、お金を払わずに絵を持ち去ろうとした男性が口論になり取っ組み合いのケンカをしていたのだ。周囲の人たちが止めようとしたものの、誰も止められず騒ぎになっていた。しかしそのケンカを見つけたライアンが突然現れ、2人のケンカを止めたのだ。 しかもその止め方がまさにヒーローそのもの。ライアンは2人を人目のつかない所まで連れて行くと、なんと自分のお財布から20ドル札を取り出して絵を買い取ったのだ。その絵はもちろん盗もうとした男性に渡し、ライアンはその場から立ち去ったそう。この一部始終を見ていた女性の証言で明らかになり、まさにヒーローのようなライアンの驚くべきいい人エピソードだ。 【2:アカデミー賞授賞式で前代未聞の事件!?その時ライアンが“笑っていた理由”...more
カテゴリー:

【裁判】慰安婦報道訴訟 朝日新聞の勝訴確定……原告側が上告せず - 10月18日(水)12:12  newsplus

 朝日新聞の慰安婦に関する報道で「国民の名誉が傷つけられた」として、国内外の56人が1人1万円の慰謝料を朝日新聞社に求めた訴訟で、朝日新聞社を勝訴とした二審・東京高裁判決が確定した。原告側が13日の期限までに上告しなかった。一連の報道をめぐる訴訟で、判決が確定するのは初めて。  訴訟で対象になったのは、慰安婦にするため女性を無理やり連行したとする故吉田清治氏の証言記事など、1982~94年に掲載された計13本の記事。昨年7月の一審・東京地裁判決は「記事は旧日本軍や政府に対する報道や論評で、原告...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】周囲に「死にたい」、過呼吸症状も家族に伝えず - 10月18日(水)09:52  newsplus

福井県池田町の町立池田中学校で今年3月、2年生の男子生徒(当時14歳)が自殺した問題で、 自殺後に行われた全校生徒対象のアンケートで、男子生徒が周囲に「死にたい」と漏らしていたことがわかった。 男子生徒は自殺直前に過呼吸の症状を訴えていたが、学校側は家族に伝えておらず、遺族は「悔やみきれない」と語った。 第三者の調査委員会の報告書によると、アンケートは男子生徒の自殺後、当時の全校生徒約50人を対象に学校が実施。 複数の生徒から「男子生徒が『死にたい』と話していた」との証言が寄せられていたとい...
»続きを読む
カテゴリー:

糞チョン、天皇陛下を処刑する絵をユネスコの記憶遺産に申請していた - 10月18日(水)09:48  news

日中韓を含む8カ国の民間団体などで結成した「国際連帯委員会」が慰安婦に関する資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶(記憶遺産)」に登録申請している問題で、 連帯委員会が昨年5月に提出した申請書の全文が17日、明らかになった。 記憶遺産は本来、「絵画や三次元人工物、美術品等」が除外されるが、韓国側申請の資料には元慰安婦が1990年代に描いたとされる絵画を多数含むなど、記憶遺産としての不適合ぶりが鮮明になっている。 連帯委員会の申請書は昨夏、ユネスコがホームページで一部を公開してい...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】静かな住宅街に悲鳴、住人を次々襲撃…「記憶がない」酒酔い男の常軌を逸した犯行 - 10月18日(水)14:21  newsplus

静かな朝の住宅街を、酒のにおいをさせ、ふらつきながら走り抜ける若い男。 その先で、次々と悲鳴が上がった-。今月5日、東京都北区と板橋区の住宅街で発生した、男女3人が襲われ負傷した連続暴行事件。 このうち、60代の男性に対する強盗致傷容疑で警視庁に逮捕された板橋区舟渡の風俗店従業員、宮城奈央土(なおと)容疑者(21)は調べに対し、 「酒を飲んでいて記憶がないが、やったと思う」などと供述しているという。限度を超えた飲酒で宮城容疑者が失ったのは、記憶だけではなかった。 「サドル」持った男 5日午前...
»続きを読む
カテゴリー:

松たか子、8年ぶりアルバムに『カルテット』主題歌「椎名林檎さんに追い込まれながら…」 - 10月18日(水)13:49 

 女優で歌手の松たか子が、12月6日に8年ぶりとなるオリジナルアルバム『明日はどこから』を発売することが決定した。同作には今月からスタートしたNHK連続テレビ小説『わろてんか』(月~土 前8:00 総合ほか)主題歌「明日はどこから」、1月期の主演ドラマ『カルテット』主題歌「おとなの掟」などが収録される。 【写真】『カルテット』キャストが歌った主題歌は配信でヒット  1月期に放送され、ネットで大きな反響を呼んだTBS系ドラマ『カルテット』で松、満島ひかり、高橋一生、松田龍平が結成した限定ユニット、Doughnuts Hole(ドーナツ・ホール)の「おとなの掟」が初CD化されることが決定した。椎名林檎がドラマの主題歌として作詞作曲した楽曲で、2月7日に配信限定リリース。現在までに35万ダウンロードを突破するヒットとなった。  ボーナストラックとして「おとなの掟」松たか子Ver.とオリジナルカラオケも収録。松は「おとなの掟」の2つのバージョンのレコーディングを振り返り「椎名林檎さんに優しく鋭く追い込まれながら歌いました。カルテット、というドラマが、この曲によって仕上げられたような気がしています。大げさに言えば、私達4人も、歌ったことで、ドラマをやり遂げる覚悟を持ったかもしれません。御三方、違ったらすみません!」とコメントしている。  ほかにも自身が作詞作曲した楽曲をはじめ、伊藤俊...more
カテゴリー:

【福井中2自殺】「僕だけ強く怒られる」 叱責され過呼吸や土下座も… 怒鳴る担任「お前やめてもいいよ」 池田町★14 - 10月18日(水)10:47  newsplus

福井県の池田町立中学校で3月、担任らからの厳しい指導を受け、2年の男子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、叱責を受けていた際に生徒が過呼吸の症状を訴えたり、土下座しようとしたりするなど精神的に追い詰められていたことが分かった。  町教育委員会が設置した調査委員会の報告書によると、生徒は生徒会の副会長を務めていたが、昨年10月、参画していたマラソン大会の運営で担任から校門前で準備の遅れを怒鳴られ、目撃した生徒は「身震いするくらい怒鳴られていた」と証言したという。  11月には、宿題を忘れた理...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】和田アキ子夫が明かす壮絶人生…子宮がん、紅白落選 - 10月18日(水)09:50  mnewsplus

和田アキ子(67)最愛の夫飯塚浩司さんが、日本テレビ系で18日放送の「1周回って知らない話 強い女の真実を直撃SP」(水曜午後7時)で、 新婚2カ月で子宮がん宣告を受けるなど、壮絶なエピソードをテレビで初めて証言する。 番組では36年前の結婚式直後の会見映像を公開する。普段の和田とは全く違うラブラブな姿に、MCの東野幸治も思わず「乙女やな」とポツリと漏らすほど。 その中、飯塚さんが出会いから結婚、そして2人の危機など妻和田アキ子の真実の姿を語る。 中でも、新婚2カ月で子宮がん宣告を受けたエピ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】真木よう子いじめがヒドイ! 「元夫に長女を押し付けて火遊び」「私生活も大炎上」のウソ - 10月18日(水)09:30  mnewsplus

コミックマーケットの炎上騒動以降、公の場で姿を見せていない女優・真木よう子(35)の“今”を、10月17日発売の「女性自身」(光文社)が報じている。 「私生活も大炎上」と書かれた記事の見出しには、真木が元夫に長女を連日預けて、新恋人と“火遊び愛”しているとある。 同記事によれば、真木には半年ほど前からイケメン実業家の「A」と交際しているという。A氏はいくつもの飲食店を経営していて、真木はその店の常連だった。 主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ)の打ち切り、そしてコミケ騒動と災難続きだった真木。 そ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「証言」の画像

もっと見る

「証言」の動画

Wikipedia

証言(しょうげん)とは、何らかの事柄が事実である(または事実ではない)ということを自己が証明するため、又は第三者の証明に資するために、自己が経験したこと等を述べることである。

証言を行う人物のことを証人と呼ぶ。

証人尋問の際には、証言の信頼性を確保するため、証人には原則として宣誓義務が課せられる。また、裁判官等、証言の真否を吟味する者が別に存在する場合、証人には自己が経験した事実以外の判断推測を述べることはしばしば歓迎されないことになる。また、証人の挙動や表情を直接観測・吟味できる状況であることがのぞましいとされ、裁判においては公開主義直接主義が要求される。

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる