「証言」とは?

関連ニュース

BPO「抗議活動者が救急車を停止させて誰を搬送しているのか確認した(数十秒)。これが救急車を止めたと誤解された」 意味不明 - 12月16日(土)21:43  seijinewsplus

http://netgeek.biz/archives/108508 沖縄基地反対運動を特集した「ニュース女子」(TOKYO MX)の報道に重大な放送倫理違反があったと結論づけたBPOに世間の反発が相次いでいる。 騒動の経緯。 ニュース女子(制作会社はDHCテレビジョン)は2017年1月2日、沖縄ヘリパッド建設に反対する抗議者たちが救急車を止めた」と報じた。その後、一部の者たちから事実無根であると批判が殺到し、BPO放送倫理検証委員会が放送倫理違反がないか検証することになっていた。 その間もニュース女子は非を認めず、重要な指摘を行ったという立場を...
»続きを読む
カテゴリー:

太平洋戦争を生き抜いた70人の証言と戦時下の報道記事で学ぶ、戦争と平和の真実。佐賀新聞社『刻む 佐賀・戦時下の記憶』全4巻電子書籍発売開始! - 12月15日(金)19:00 

[株式会社 学研ホールディングス] 株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、「ニューズブック」シリーズ最新作として、佐賀新聞の...
カテゴリー:

泥沼化する富岡八幡宮事件…容疑者はなぜこのタイミングで犯行におよんだのか? - 12月15日(金)15:53 

「最初は通り魔が出た、という話でしたが。まさかこんなにドロついた話だったなんて……」  大手紙社会部記者にもこう言わせしめた、東京・富岡八幡宮で起きた女性宮司殺人事件。被害者の実弟である前宮司とその妻が、日本刀で女性宮司と男性禰宜(ねぎ)を襲撃。女性宮司は死亡し、禰宜も片腕の大部分を切り落とされるなど重症を負った。  容疑者は事件の共犯者である自分の妻も殺害し、のちに日本刀で胸を突き自殺した。また、地域の氏子など神社関係者に対して被害者を神社から追放することなどを求める手紙が送付されていたことが判明。その数は約2800通。要求が通らなければ「死後においてもこの世に残り、怨霊となり、たたり続ける」という文言も見られるなど、まさに「平成の八つ墓村」。テレビや新聞の報道も「富岡八幡宮のお家騒動」一色となり世間が騒ぐなか、その喧騒を冷ややかな目で見ていたのは、富岡八幡宮の総代経験者であるX氏だ。 「総代、氏子、みんな何かトラブルが起きることを予想していました。お家騒動の究極の形ですね。前宮司がここを追われて以降、被害者である現宮司も好き放題やっていた印象です。神社本庁が『経験不足や女性だということで宮司として認めなかった』などと一部では報道されていますが、彼女にはその資質がなかった。それだけでは?」(X氏) ◆泥沼化する富岡八幡宮・女性宮司殺人事件…真相はどこに?  被害者である...more
カテゴリー:

家族7人殺害…北九州連続監禁殺人事件の息子にフジテレビが再インタビュー - 12月15日(金)11:00 

10月15日と22日の2週にわたって放送された『ザ・ノンフィクション 人殺しの息子と呼ばれて…』(フジテレビ・関東ローカル)が、視聴者の反響に応え、ゴールデン帯の全国ネットに登場。『ザ・ノンフィクションSP 人殺しの息子と呼ばれて…』と題し、12月15日(金)21時より放送される。『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~)は、普段見ることが出来ない人間の一面や人間関係、生き方、ひとつの職業を深く掘り下げて見えてくる隠された本質、記憶に残る事件や出来事などを取材し、その事柄のありのままの姿、事実を届けるドキュメンタリー番組。10月に放送された『ザ・ノンフィクション 人殺しの息子と呼ばれて…』では、2002年に発覚した北九州連続監禁殺人事件の犯人である夫婦の元に生まれ、「人殺しの息子」と呼ばれながら生きてきた息子(24歳)が、初めてメディアのインタビューを受けた。怒りや悲しみ、そして苦悩の日々などを激白したが、その壮絶な証言の数々に大きな反響が集まった。番組放送後、全国の視聴者から「是非全国放送でやってもらいたい」という声が多く寄せられたため、今回ゴールデン帯の全国ネットで放送される運びとなった。今回は、10月に放送された内容だけでなく、放送後に再度敢行した息子へのインタビュー、彼の実母・緒方純子受刑者による未公開の手紙などの内容を加え、再編集した形でおくる。 ...more
カテゴリー:

元カノはサイコパス!? キレるとハサミで枕をズタズタに<サイコパス暴力事件簿> - 12月15日(金)09:04 

 近年、犯罪報道でよく耳にする「短絡的で独りよがりな犯行」「一見するとおとなしい人だった」といったフレーズ。こうした言葉と凶悪犯罪を結びつけて、「サイコパス」を連想する人は少なくないはずだ。  しかし、そもそもサイコパスとは、どういう人物を指すのか? 精神科医の名越康文氏は「定義や特徴は、研究者や専門家、文脈により幅があるのが現状」と話す。 「一般に取り上げられるサイコパスは、例えるなら『タレント』のようなやや曖昧な言葉です。ジャーナリスティックな記事では、猟奇的な殺人犯=サイコパスとするケースもありますが、全員が事件を起こす暴力性の強い人というわけではない。同じような特徴を持った人を、何となく一括りにできる言葉として理解すべきでしょう」  また、精神科医の朝倉孝二氏は次のように語る。 「精神医学ではサイコパスという言葉は使わず、『反社会性パーソナリティ障害』という病名になります。規則や社会のルールを守ろうとせず、他人を傷つけても自分を正当化するといった特徴を持つ障害のことです。精神疾患の診断基準『DSM-5』では、違法行為を繰り返す、虚偽性、衝動性、攻撃性、無謀さ、無責任であること、良心の呵責の欠如の7つが挙げられ、そのうち3つ以上で示されるものとなっています」  こうした行動パターンをとる人々を「サイコパスは反社会的な人格を表す診断上の概念にすぎない」という前提のもと...more
カテゴリー:

人気俳優も醜聞で窮地=米欧でセクハラ告発相次ぐ - 12月16日(土)15:30 

 【ロンドン時事】米各界有力者のセクハラ疑惑が次々と暴露される中、米国を代表する人気俳優の一人、ケビン・スペイシー氏(58)による被害を訴える声が米国や欧州で相次いでいる。アカデミー賞受賞歴があり、長年芸能界で活躍してきたが、影響力を利用してセクハラを続けてきた疑いが強まり、俳優生命の危機に陥っている。 最初に声を上げたのは米俳優アンソニー・ラップ氏。1986年、14歳だった時にスペイシー氏から性的関係を迫られた体験を公表し、芸能界に衝撃を与えた。スペイシー氏は謝罪したが、その後も糾弾はやまず、2015年まで芸術監督を務めたロンドンの老舗劇場オールド・ビック・シアターでも、俳優や職員らから多数の被害証言が寄せられた。 さらに今月初めには、ノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女の元夫アリ・ベン氏が、07年にオスロで開かれたノーベル平和賞記念コンサートの際、隣席のスペイシー氏からセクハラを受けたと告発。報道によれば、スペイシー氏はベン氏に話し掛けた後、テーブルの下に手を伸ばしてベン氏の股間を触ったという。 数々の疑惑が明るみに出た背景には、米映画界の著名プロデューサーによるセクハラ騒動を機に世界中に広がった被害告発運動がある。非難の波にさらされたスペイシー氏は出演ドラマや映画から事実上降板させられ、広報担当によれば、現在は「(疑惑の)調査と治療のために時間を取っている」という。 【時事通...more
カテゴリー:

自由党の森裕子が暴走、議題を無視してまで加計学園問題にこだわる 「加計がー!」「東京新聞に安倍総理が不正したって書いてある!」 - 12月15日(金)18:16  seijinewsplus

http://netgeek.biz/archives/108432 自由党の森裕子が暴走している。議題を無視してまで加計学園問題にこだわる様子を見ていると、こんな人に税金が払われているのかと腹立たしくなってくる。 暴走する森裕子と冷静な委員長。 森裕子「加計がーーー!」 委員長「本日は畜産物等の価格等を行う質疑です」 森「私は前の前の前くらいに通告しました!加計が!」 議題のテーマを無視してでも『加計がー』を行う森裕子。 前に通告したから通告したという主張も小学生以下の言い訳。 こんな人に税金が使われるのが腹立たしい#ko...
»続きを読む
カテゴリー:

家族7人殺害…北九州連続監禁殺人事件の息子にフジテレビが再インタビュー - 12月15日(金)11:08 

10月15日と22日の2週にわたって放送された『ザ・ノンフィクション 人殺しの息子と呼ばれて…』(フジテレビ・関東ローカル)が、視聴者の反響に応え、ゴールデン帯の全国ネットに登場。『ザ・ノンフィクションSP 人殺しの息子と呼ばれて…』と題し、12月15日(金)21時より放送される。『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~)は、普段見ることが出来ない人間の一面や人間関係、生き方、ひとつの職業を深く掘り下げて見えてくる隠された本質、記憶に残る事件や出来事などを取材し、その事柄のありのままの姿、事実を届けるドキュメンタリー番組。10月に放送された『ザ・ノンフィクション 人殺しの息子と呼ばれて…』では、2002年に発覚した北九州連続監禁殺人事件の犯人である夫婦の元に生まれ、「人殺しの息子」と呼ばれながら生きてきた息子(24歳)が、初めてメディアのインタビューを受けた。怒りや悲しみ、そして苦悩の日々などを激白したが、その壮絶な証言の数々に大きな反響が集まった。番組放送後、全国の視聴者から「是非全国放送でやってもらいたい」という声が多く寄せられたため、今回ゴールデン帯の全国ネットで放送される運びとなった。今回は、10月に放送された内容だけでなく、放送後に再度敢行した息子へのインタビュー、彼の実母・緒方純子受刑者による未公開の手紙などの内容を加え、再編集した形でおくる。 ...more
カテゴリー:

ホロコースト否定論を否定せよ「否定と肯定」は歴史の捏造に対して毅然とした態度をとる法廷映画 - 12月15日(金)09:45 

法廷ものとして真っ当に面白く、さらに歴史の捏造に対して毅然とした態度をとる作品である『否定と肯定』は、2017年の今だからこそ見ておきたい一本だ。ユダヤ系歴史学者VSホロコースト否定論者、イギリスでガチンコ対決『否定と肯定』の題材となっているのは、"アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件"だ。1996年から2000年(最終的にアーヴィングの控訴が却下されたのは2001年)にかけて争われたこの裁判で問われたのは、ホロコースト否認論の是非である。1994年、アトランタの大学で働くユダヤ系のホロコースト研究家デボラ・E・リップシュタットは、講演の最中にホロコースト否認論を説く歴史家のデイヴィッド・アーヴィングからの妨害を受ける。「プレスリーの生死を論じても意味がないのと同じ」と言ってホロコースト否認論者との対話を退けるリップシュタットだったが、アーヴィングは会場で勝手に著書を配布し、挙句にはリップシュタットへの中傷をインターネットに書き散らす。次いで1996年。リップシュタットはイギリスにおいてアーヴィングから名誉毀損で訴訟を起こされる。アメリカの裁判の仕組みと異なり、イギリスでは被告側に立証責任があり、その仕組みを突いた訴訟であった。法廷で真っ向からアーヴィングと対決することになったリップシュタットは、ダイアナ妃の離婚裁判で弁護を務めた事務弁護士のアンソニー・ジュリアスと...more
カテゴリー:

中国の南京大虐殺記念館から朝日新聞元記者・本多勝一の写真や資料が撤去される - 12月15日(金)08:45  news

【南京=河崎真澄】中国江蘇省の「南京大虐殺記念館」が14日、10年ぶりの大幅なリニューアルを終えて一般公開を始めた。 展示変更で、「南京大虐殺の史実を世界に周知させた」として顕彰されていた朝日新聞の本多勝一元記者らの写真と資料が、撤去されていたことが同日、分かった。 リニューアルは約1年をかけて行われた。 昨年4月の段階では、「レイプ・オブ・ナンキン」を著した中国系米国人のアイリス・チャンなどとともに、本多元記者の顔写真や著書「南京への道」「裁かれた南京大虐殺」、中国取材に使用したとするペン...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「証言」の画像

もっと見る

「証言」の動画

Wikipedia

証言(しょうげん)とは、何らかの事柄が事実である(または事実ではない)ということを自己が証明するため、又は第三者の証明に資するために、自己が経験したこと等を述べることである。

証言を行う人物のことを証人と呼ぶ。

証人尋問の際には、証言の信頼性を確保するため、証人には原則として宣誓義務が課せられる。また、裁判官等、証言の真否を吟味する者が別に存在する場合、証人には自己が経験した事実以外の判断推測を述べることはしばしば歓迎されないことになる。また、証人の挙動や表情を直接観測・吟味できる状況であることがのぞましいとされ、裁判においては公開主義直接主義が要求される。

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる