「証人」とは?

関連ニュース

円谷プロ、ウルトラマンの海外利用権めぐる米国での裁判で勝訴! - 04月24日(火)18:01 

円谷プロダクションが、ユーエム株式会社らと長年に渡って係争中だった「ウルトラマン」シリーズの日本国外利用権についての訴訟に関し、現地時間4月18日にアメリカ合衆国カリフォルニア中央区地方裁判所において、同社の主張を全面的に認める判決が下されたことを発表した。 判決では、ユーエム株式会社らが主張する1976年3月4日付けの契約書が真正に作成されたものではないという円谷プロ側の主張が全面的に認められ、円谷プロが「ウルトラマン」キャラクターに基づく作品や商品を日本国外においても展開する一切の権利を有することが確認されたほか、権利侵害に対する損害賠償も認められたという。 「ウルトラマン」シリーズの日本国外利用権については、2015年5月18日付けでユーエム株式会社が円谷プロに対し、同権利の帰属確認と損害賠償の支払いを求める旨の提訴をしていた。これに対し円谷プロも、同年9月11日付けで、ユーエム株式会社及び同社のライセンシーらに対し、権利帰属及び損害賠償請求の反訴を提起し、審理が進められてきた。 ユーエム株式会社は、1976年に円谷プロの代表者であった円谷皐が署名した契約書が存在し、同契約書に基づいて許諾された「ウルトラマン」シリーズの日本を除く全世界での利用権を、タイ人実業家であるサンゲンチャイ・ソンポテ氏からユーエム株式会社が承継したと主張。一方、円谷プロは、この文書は偽物であると...more
カテゴリー:

【著作権】円谷プロ、米国の「ウルトラマン」海外権利訴訟で全面勝訴 - 04月24日(火)15:49  mnewsplus

円谷プロダクションは4月24日都内で会見を行い、「ウルトラマン」シリーズの日本国外での利用権について、米国で円谷プロダクション側の主張が全面的に認められる判決が下されたと発表しました。 円谷プロダクションは判決について「今回の米国での全面勝訴判決は、これまでの長い係争のいわば集大成であると考えております」とコメントしました。 きっかけは2015年5月18日に日本法人であるユーエム社が「ウルトラマン」シリーズの日本国外での利用権について、「円谷プロダクションが権利を侵害している」とアメリカ・カリフォルニア...
»続きを読む
カテゴリー:

【アッキード/森友】佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検◆4★1565 - 04月24日(火)13:39  seijinewsplus

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題で、大阪地検特捜部が、当時の財務省理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官(60)から任意で事情聴取していたことが分かった。決裁文書から売却経緯が削除されるなどしており、虚偽公文書作成などの容疑で告発状が出されていた。佐川氏は改ざんへの関与を認めているとみられる。  ただ、改ざん後の文書の趣旨が大きく変わっていないことなどから、特捜部は立件を見送る方針で今後、上級庁と協議する。  同省は3月、理財局の主導で昨年2月下旬~4月に...
»続きを読む
カテゴリー:

円谷プロ、米国での「ウルトラマン」著作権裁判で全面勝訴  - 04月24日(火)13:00 

 円谷プロダクション(以下、円谷プロ)は24日、「ウルトラマン」シリーズをめぐり米ユーエム社と係争中だった著作権関連訴訟に関して、都内で会見。現地時間18日、カリフォルニア中央区地方裁判所において、ユーエム社側が主張する1976年3月4日付の契約書が、真正に作成されたものではないという円谷プロ側の主張を全面的に認める判決が下されたことを報告した。これで、「ウルトラマン」キャラクターに基づく作品や商品を展開する一切の権利は、日本国外においても円谷プロが有すると確認されたほか、権利侵害に対する損害賠償も認められた。 【写真】最新作 変身後のウルトラマンジード  同裁判は、1976年に円谷プロの代表者であった円谷皐氏が署名した契約書(以下、文書)が存在し、同文書に基づいて許諾された「ウルトラマン」シリーズの日本を除く全世界での利用権を、タイ人実業家であるサンゲンチャイ・ソンポテ氏からユーエム社が承継したと主張していたもの。ユーエム社側は同文書に基づき、15年5月18日付にて円谷プロ側に同権利の帰属確認と損害賠償の支払いを求め提訴。円谷プロ側も同年9月11日付にてユーエム社および同社のライセンシーらに対し、権利帰属および損害賠償請求の反訴を提起していた。  円谷プロによると、ソンポテ氏は円谷皐氏が亡くなった翌年の96年に突如、文書の写しを同社まで持参し「ウルトラマン」シリーズの海外利...more
カテゴリー:

【アッキード/森友】佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検◆3★1564 - 04月24日(火)10:05  seijinewsplus

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題で、大阪地検特捜部が、当時の財務省理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官(60)から任意で事情聴取していたことが分かった。決裁文書から売却経緯が削除されるなどしており、虚偽公文書作成などの容疑で告発状が出されていた。佐川氏は改ざんへの関与を認めているとみられる。  ただ、改ざん後の文書の趣旨が大きく変わっていないことなどから、特捜部は立件を見送る方針で今後、上級庁と協議する。  同省は3月、理財局の主導で昨年2月下旬~4月に...
»続きを読む
カテゴリー:

【アッキード/森友】佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検◆5★1566 - 04月24日(火)17:08  seijinewsplus

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題で、大阪地検特捜部が、当時の財務省理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官(60)から任意で事情聴取していたことが分かった。決裁文書から売却経緯が削除されるなどしており、虚偽公文書作成などの容疑で告発状が出されていた。佐川氏は改ざんへの関与を認めているとみられる。  ただ、改ざん後の文書の趣旨が大きく変わっていないことなどから、特捜部は立件を見送る方針で今後、上級庁と協議する。  同省は3月、理財局の主導で昨年2月下旬~4月に...
»続きを読む
カテゴリー:

【著作権裁判】円谷プロ、米国での裁判に全面勝訴 タイ人実業家の契約書は「真正ではない」との判断 - 04月24日(火)14:54  newsplus

ウルトラマン 円谷プロダクションは4月24日都内で会見を行い、「ウルトラマン」シリーズの日本国外での利用権について、米国で円谷プロダクション側の主張が全面的に認められる判決が下されたと発表しました。円谷プロダクションは判決について「今回の米国での全面勝訴判決は、これまでの長い係争のいわば集大成であると考えております」とコメントしました。    きっかけは2015年5月18日に日本法人であるユーエム社が「ウルトラマン」シリーズの日本国外での利用権について、「円谷プロダクションが権利を侵害している」とア...
»続きを読む
カテゴリー:

【支持率0%】 希望の党・柚木「『国会に出るべき』というのは横暴だ!」 【国民の敵】【膿】 - 04月24日(火)13:10  news

柚木 道義 福田財務事務次官「5300万円退職金」(もちろん税金から)満額受給からの「天下りライフ」(通常、財務次官クラスなら高額年収&退職金を10年間で3回くらい天下りサーフィン(通称・渡り))満喫のため、 安倍政権が、福田次官のセクハラを明日の閣議決定までに認め、謝罪・処分しないのは、 国民の理解を得られません。 その旨を、本日改めて財務省に強く申し入れ致しました。 柳瀬元首相秘書官の国会証人喚問含め、 世論を受け止めた誠実な国会対応を頂き、 国民への説明責任を果たしうる環境での国会質...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日社説】国会空転 正常化の責任は与党に - 04月24日(火)12:59  seijinewsplus

国会の空転が週明けも続いた。安倍首相が出席する衆参予算委員会での集中審議も見送られた。政府内で不祥事が相次ぎ、立法府が厳しく行政監視の役割を果たすべき時に、時間の空費は決して許されない。  この事態を招いた原因は、真相解明と政治責任の明確化を求める野党に「ゼロ回答」で応じた、与党の不誠実さにあると言わざるをえない。  一例を挙げれば、加計学園の獣医学部新設をめぐり、柳瀬唯夫・元首相秘書官の証人喚問を拒否したことである。柳瀬氏は2015年4月に学園幹部や愛媛県職員らと面会したとされる。その際、...
»続きを読む
カテゴリー:

与党「モリカケ、セクハラ集中審議しようよ」野党「麻生辞任しないとイヤ」 - 04月24日(火)07:30  news

 財務次官のセクハラ疑惑などの影響で国会が空転する中、与党側は事態打開のため、26日に 衆参の予算委員会の集中審議を提案しましたが、野党側は拒否しました。  自民党は、26日に衆・参の予算委員会で安倍総理が出席する集中審議を開き、 日米首脳会談のほか、森友・加計学園問題や財務省のセクハラ疑惑などに関する質疑を 行うことを立憲民主党などの野党に提案しました。  しかし野党側は、麻生財務大臣の辞任や柳瀬元総理秘書官の証人喚問などの要求が 受け入れられないかぎり、審議日程の協議には応じない方針で...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「証人」の画像

もっと見る

「証人」の動画

Wikipedia

証人(しょうにん)とは、ある事実・事柄について、それを証明するの事を指す。

訴訟法上の証人

訴訟法上、証人とは、裁判所または裁判官に対して、自己の経験から知り得た事実を述べるように命ぜられた者をいう。日本法上は法廷にて宣誓の上、証言を行う、訴訟当事者本人以外の人的証拠を指すが、英米法など訴訟当事者に証人適格を認める法制もある。証人は、原則として、何かを問われた際に、必ず答弁しなければならない。虚偽の答弁には偽証の罪にて罰せられる。

なお、証人の宣誓は、刑事訴訟法による義務であり正当な理由なく拒否した場合は10万円以下の過料を命じられることがある。 2016年11月22日、福井地方裁判所裁判員裁判公判において証人が宣誓を拒否...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる