「記者団」とは?

関連ニュース

「報道の自由度」日本は変わらず72位 英米はランク落とす - 04月27日(木)15:10 

国際NGO「国境なき記者団」は2017年4月26日、17年の「報道の自由度ランキング」を発表した。日本は評価対象の全180か国・地域のうち、72位にランクインし、16年と同じ順位となった。16年は77位だったイタリアが52位に順位を上げたため、日本は先進7か国(G7)では最下位になった。
in English
カテゴリー:

【悲報】報道の自由度ランキング、日本は72位。G7で最下位 - 04月27日(木)12:35 

報道の自由度ランキング、日本は72位 G7で最下位に  国際NGOの国境なき記者団(本部・パリ)は26日、2017年の「報道の自由度ランキング」を発表した。調査対象の180カ国・地域のうち、日本は前年と同じ72位だが、イタリア(52位)に抜かれて主要国7カ国(G7)では最下位だった。  ランキングは各地で働く記者や専門家へのアンケートをもとに作成。北欧諸国が上位で、中東シリアや北朝鮮が下位に並ぶ傾向は変わっていないが、世界各地で「民主主義が後退し、ジャーナリズムの力が弱まっている」と警告してい...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【外交】安倍首相がロシアへ出発 北方領土での共同経済活動実現に意欲 - 04月27日(木)09:39 

安倍総理大臣は、ロシアのプーチン大統領との日ロ首脳会談に臨むため、27日朝、政府専用機でモスクワに向けて出発しました。 出発に先立ち安倍総理大臣は、記者団に対し、平和条約交渉を前進させるため北方領土での共同経済活動などの実現に意欲を示すとともに、北朝鮮情勢などをめぐっても率直に意見を交わしたいという考えを示しました。 安倍総理大臣は27日、ロシアを訪問し、プーチン大統領との日ロ首脳会談に臨むほか、28日はイギリスを訪れ、メイ首相と会談することにしていて、午前8時半すぎ政府専用機で羽田空港を出発...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

安倍首相がロシアへ出発 北方領土での共同経済活動実現に意欲 - 04月27日(木)09:21 

安倍総理大臣は、ロシアのプーチン大統領との日ロ首脳会談に臨むため、27日朝、政府専用機でモスクワに向けて出発しました。出発に先立ち安倍総理大臣は、記者団に対し、平和条約交渉を前進させるため北方領土での共同経済活動などの実現に意欲を示すとともに、北朝鮮情勢などをめぐっても率直に意見を交わしたいという考えを示しました。
in English
カテゴリー:

トランプ政権、法人税引き下げと国境税見送りを正式発表 財政悪化避けられず反発も - 04月27日(木)08:30 

 【ワシントン=小雲規生】トランプ米政権は26日、税制改革の概要を正式に発表した。主要国で最も高い水準にある連邦政府による法人税の税率を現行の35%から15%に引き下げるほか、所得税の減税も盛り込んだ。一方、共和党内で検討されている「国境税」の導入は見送った。トランプ大統領は26日、ホワイトハウスで記者団に対し「素晴らしい計画だ。人々に雇用を取り戻す」と話した。
in English
カテゴリー:

“報道自由度”ランキング、日本は180か国中72位 - 04月27日(木)12:47 

 国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」は26日、各国の「報道の自由度」に関する調査を発表しました。日本は前年から変わらず72位でした。
in English
カテゴリー:

韓国外相「北挑発の可能性残っている」 国連安保理会合に出発 - 04月27日(木)11:56 

【仁川聯合ニュース】韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は27日、「4月の1カ月間、北による挑発の可能性を鋭意注視してきたが、まだ挑発の可能性が残っている」との見解を示した。国連安全保障理事会の北朝鮮核問題に関する閣僚級会合への出席ため仁川空港を出発する前、記者団に述べた。
in English
カテゴリー:

「国境なき記者団」先進国も報道の自由度が後退 - 04月27日(木)09:29 

国際的なジャーナリストの団体、「国境なき記者団」は、世界各国にどれだけ報道の自由があるかを分析した報告書を発表し、アメリカのトランプ大統領によるメディア批判などをあげ、先進国の間でも報道の自由度が後退し続けているとして懸念を示しました。
in English
カテゴリー:

亡命中国人漫画家が語る「日本が美しく見える理由」 - 04月27日(木)08:52 

◆亡命中国人漫画家・辣椒(ラージャオ)「私はなぜ祖国に捨てられたのか」VOL.2  私は2017年1月、初の著書となる『マンガで読む嘘つき中国共産党』(新潮社)を出版した。おかげさまで大好評となり、2月28日にはトークショーとサイン会を開催して頂くこととなった。  東京大学の阿古智子教授、フリージャーナリストの高口康太氏もコメンテーターとして登壇してくださり、90人近い参加者を集める大盛況となった。日本人読者の皆さんの支持を本当にうれしく思う。  席上、阿古教授から次のようなコメントが寄せられた。彼女の友人から私の著書への厳しい批判だという。  私の著書は中国を批判する一方で日本はすばらしい民主主義国だと絶賛しているが、日本にもさまざまな政治問題があるというのに無批判に称賛するのはいかがなものか、という内容だ。  確かに日本では言論の自由をめぐる環境が悪化しかねないという懸念が広がっているようだ。  国際NGO「国境なき記者団」が発表した「報道の自由度ランキング」では、特定機密保護法の成立を受け、日本の順位は11ランクダウンの72位に低下した。政府権力の拡大を抱く人々は安倍政権を強く批判している。この懸念は私もよく理解できる。政府権力が極限にまで肥大した恐怖をよく知っているからだ。 ◆私の目に日本が「美しく」見える理由 ⇒【画像】はコチラ http://nikkan...more
in English
カテゴリー:

今村復興相辞任 教訓生かせず - 04月27日(木)07:42 

「大変、申し訳ございません」。26日朝、安倍晋三首相に辞表を出した後、官邸で記者団に囲まれた今村雅弘復興相。消え入るような声で、わずか4分の間に6回も謝罪の言葉を繰り返した。カメラの放列を前に両手の指先は大きく震え、眠れなかったのか顔には疲労の色が濃くにじんでいた。 最初の失言後、佐賀新聞の取材に「相手に届くように伝えることが大切だと感じている」と、国務大臣としての言葉の重みを感じていた今村...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「記者団」の画像

もっと見る

「記者団」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる