「記念行事」とは?

関連ニュース

地域の結束と発展誓う 東かがわ・小海地区 活性化協の設立記念行事 - 09月26日(火)09:43 

東かがわ市小海の小海体育館で24日、同地区の地域コミュニティー協議会「小海活性化協議会」(工藤邦彰会長)の設立記念イベントが開かれた。
カテゴリー:

行進に参加したストライカー装輪装甲車 - 09月24日(日)18:29 

陸上自衛隊東北方面隊の創隊57周年記念行事が仙台駐屯地で行われ、観閲行進には米陸軍のストライカー装輪装甲車も参加した=24日午後、仙台市宮城野区の同駐屯地
カテゴリー:

王岐山氏退任意向か=反腐敗で功績、習氏慰留-中国 - 09月23日(土)14:48 

 【北京時事】中国の習近平国家主席(64)の右腕として政権を支えてきた王岐山・共産党中央規律検査委員会書記(69)が10月の党大会限りで退任する意向を示していることが分かった。党関係者が23日明らかにした。習氏は、反腐敗闘争で辣腕(らつわん)を振るってきた王氏に対し、慰留しているもようで、党大会まで調整が続きそうだ。 王氏は中国人民銀行(中央銀行)副総裁を歴任した経済通。北京市長代理として2003年に猛威を振るった新型肺炎(SARS)の対応など危機管理でも手腕を発揮した。習指導部では、党内序列6位の政治局常務委員として汚職高官を次々と摘発した。 王氏の評価は高いが、続投するためには68歳以上の常務委員が退任する慣例を見直す必要がある。反腐敗闘争で王氏は多くの有力者から恨みを買い、留任には反発も多い。米国在住の富豪、郭文貴氏は王氏の妻ら親族の腐敗疑惑をネット上で発信。夏に入り、王氏は動静が途絶えがちとなり、一時は健康不安説も流れた。王氏自身も「自らの実績に満足し、退きたがっている」(党関係者)とされ、退任の観測が強まった。 しかし、最近は一転して王氏の活動が活発になっている。王氏は、9月6日、妻の父、故姚依林元副首相の生誕100年の記念行事に出席。王氏を含め李克強首相ら計4人の政治局常務委員のほか、疑惑の渦中にいる妻ら親族も参加した。 【時事通信社】
カテゴリー:

「南海電車まつり」10/28開催「めでたいでんしゃ」初登場 - 臨時直通列車も - 09月21日(木)17:35 

南海電気鉄道は「鉄道の日」記念行事として、千代田工場を一般開放する「南海電車まつり 2017」を10月28日に開催する。今年はピンクの車体で鯛をイメージした「めでたいでんしゃ」が初登場。鯛や海のイメージで統一した車内の様子も見学できる。当日は難波駅から会場まで、8300系による臨時直通列車も運行される。
カテゴリー:

10/1都民の日は「とうきょうプレイデー」都内40か所で遊ぼう - 09月20日(水)20:15 

 10月1日の「都民の日」、すべての子どもたちが豊かに遊べる環境づくりの大切さを啓発するキャンペーン「とうきょうプレイデー」が開催される。「<遊ぶ>を祝おう!」を合言葉に、都内40か所以上の会場で子どもも大人も思い切り遊べるイベントが催される。 「とうきょうプレイデー」は、2013年の10月1日都民の日にスタートしたキャンペーン。東京都内各地で遊び場や遊びに関する啓発イベントが催され、2016年は都内64会場に3,600人が参加した。2017年のメイン会場は渋谷区美竹公園。しゃぼん玉、ベーゴマ、けん玉、チョークで地面に落書きなどの昔ながらの遊びをきっかけに、その場の環境や人の気持ちによって遊びに自由な広がりが生まれることが期待できる。 さらに、9月20日時点では都内の児童館や子育て支援施設、冒険遊び場など、趣旨に賛同する各地域40か所以上のサテライト会場の参加が決定している。開始以来初の日曜日となるため、多くの参加者が見込まれるという。 当日は「なわとび10,000人プロジェクト」も実施。都内各地で累計10,000人、最低でも累計10,000回のなわとびにチャレンジする。子どもも大人も「お入んなさ~い」と声をかけあい、なわとびで遊びの輪をつなげる。 参加対象は0~18歳までの子どもとその保護者や遊びの環境づくりに関心がある人。参加費は原則無料で、当日気軽に参加できる。Webサイトで...more
カテゴリー:

上野の赤ちゃんパンダ、名前は「シャンシャン(香香)」に決定…お花が開くようなイメージ - 09月25日(月)14:23 

 6月に誕生した上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃんの名前が、「シャンシャン(香香)」に決定し9月25日に発表された。発表を行った小池都知事は「お花が開くような明るいイメージ」とコメント。公募での応募件数がもっとも多い名前だったという。 ジャイアントパンダのメス「シンシン」(12歳)とオス「リーリー」(12歳)との間に、メスの赤ちゃん1頭が誕生したのは2017年6月12日のこと。上野動物園は7月28日から8月10日まで、カタカナ表記による赤ちゃんの名前を一般から広く募集したところ、32万2,581件の応募があった。寄せられた名前は、応募の多かった名前100点から、8点を候補として選定。中国との協議を経て、9月25日に東京都が名前を「シャンシャン(香香)」に決定・発表した。これまでのパンダの命名と同様、同じ音を繰り返す名前が採用されている。 誕生直後の6月14日には、体重147g、体長14.3cmだった「シャンシャン(香香)」。9月20日に迎えた100日齢の身体検査では、体重は6.0kg、体長は65.0cmにまで成長したという。母親であるシンシンも1日中一緒に過ごしており、世話をするようすなどを撮影した映像が公開されている。 なお、決定した名前「シャンシャン」に応募した人には、抽選で東京都から上野動物園オリジナルグッズを贈呈。また、オリジナルグッズを贈られた人から選ばれた代表3名...more
カテゴリー:

米軍装甲車も参加=陸自東北方面隊記念行事 - 09月24日(日)17:55 

 陸上自衛隊東北方面隊の創隊57周年記念行事が24日、仙台駐屯地で行われた。観閲式で山之上哲郎東北方面総監は「北朝鮮は弾道ミサイルの発射や核実験を行い、重大で差し迫った脅威になっている。中国は力による現状変更を進行、ロシアは軍の近代化と活動領域の拡大を続けている」と述べ、隊員に全力で任務に当たり、守りを確実にするよう訓示した。 観閲行進には、陸自の戦車などのほかに、米陸軍のストライカー装輪装甲車も参加。駐屯地内には、航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル・パトリオット(PAC3)の発射機が展示され、来場者の関心を集めていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

「歌を辞めようと思うこともあった」石原詢子、デビュー30周年で見せる新たな一面 - 09月23日(土)08:10 

88年におよそ演歌歌手らしくない、アイドル然としたビジュアルで「ホレました」を歌いデビューした石原詢子。30周年を迎えるにあたり、9月6日には記念のシングル「雪散華~ゆきさんげ~」(作詞:冬弓ちひろ、作曲:徳久広司、編曲:前田俊明)を発売したが、ジャケットに写った彼女は、美貌はそのままに女性としての深みを増して、見る者に強く訴えかける。果たして彼女がその視線に、そして歌に込めたものは何か? 今後の展望を交えて聞いた。 【写真】自身もお気に入りという、「雪散華」(お得盤)のジャケット写真 ◆女性の芯の部分にあるものや情念をテーマに ――まず、「雪散華~ゆきさんげ~」がどのように作られたか聞かせてください。 【石原詢子】 30周年の記念シングルなので、ステージのエンディングで歌えるような、華やかでダイナミックな歌、今の私だから表現できる、女性の芯の部分にあるものや情念といったものを歌い上げるような曲というテーマで、作家の先生方に詞や曲をお願いしました。 ――石原さんがこれまでに歌われたオリジナルにはあまりなかったタイプの、強いて挙げるなら91年に発売された5作目のシングル「残り紅」以来といえる、女性というものが色濃く描かれた作品だと思います。そのぶん印象が強く、そしてかっこいいと感じました。 【石原】 ありがとうございます。かっこいいと感じていただけたことについては、徳久先生と...more
カテゴリー:

「南海電車まつり」10/28開催「めでたいでんしゃ」初登場 - 臨時直通列車も - 09月21日(木)17:35 

南海電気鉄道は「鉄道の日」記念行事として、千代田工場を一般開放する「南海電車まつり 2017」を10月28日に開催する。今年はピンクの車体で鯛をイメージした「めでたいでんしゃ」が初登場。鯛や海のイメージで統一した車内の様子も見学できる。当日は難波駅から会場まで、8300系による臨時直通列車も運行される。
カテゴリー:

ケア・サポーターズクラブ1周年 息の長い活動に - 09月19日(火)06:10 

佐賀市貧困などに苦しむ女性や子どもたちを支援するケア・サポーターズクラブ佐賀(中川原三和子会長)は18日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で設立1周年記念行事としてチャリティーバザーを開いた。会員たちは「息の長い活動に」との思いを新たにした。同団体は、公益財団法人「ケア・インターナショナルジャパン」の支援組織として昨年10月に設立した。会員は個人約60人、法人34社で、会費などを合わせ1年間...
カテゴリー:

もっと見る

「記念行事」の画像

もっと見る

「記念行事」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる