「解答速報」とは?

関連ニュース

【問題有り】 京大入試、条件不足で「解答不能」 予備校の速報も解答が割れる 京大は対応を検討中 - 01月21日(日)12:38  news

京大入試、物理に「解答不能」…予備校講師指摘 京都大(京都市)が2017年2月に実施した一般入試の物理の問題について、「条件が不足しており、 解答不能ではないか」などの指摘が出ていることがわかった。 京大は解答例を公表しておらず、対応を検討しているという。 京大に出題ミスの可能性を指摘しているのは、東京都杉並区の予備校講師・吉田弘幸さん(54)。 大阪大の昨年2月の入試についても、物理の出題ミスを8月に阪大に伝えていた。 吉田さんは今月19日に京大にメールを送り、音波の反射に関する問題の疑...
»続きを読む
カテゴリー:

【センター試験2018】平均点・標準偏差値など中間集計(1/17)国語102.36点、英語筆記125.50点など - 01月17日(水)15:29 

 大学入試センターは平成30年1月17日、平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の平均点等一覧(中間集計)を発表した。1月20日(土)と22日(日)に一部会場で実施される追試験・再試験実施に関する情報も公開している。 平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の平均点等一覧は、平成30年1月13日および14日に行われたセンター試験における、平均点、最高点、最低点、標準偏差値などのデータを中間集計したもの。平均点を算出するために中間集計の対象とした受験者数は26万827人。 大学入試センターの中間集計によると、平均点はそれぞれ「国語」102.36点、「世界史B」70.18点、「日本史B」63.92点、「地理B」70.22点、「現代社会」60.38点、「倫理」67.52点、「政治・経済」57.66点、「倫理、政治・経済」73.06点、「数学I・数学A(数IA)」63.62点、「数学II・数学B(数IIB)」53.96点、「物理基礎」32.58点(65.16点)、「化学基礎」31.23点(62.46点)、「生物基礎」36.61点(72.62点)、「地学基礎」34.94点(69.88点)、「物理」63.19点、「化学」62.06点、「生物」62.38点、「地学」49.87点。「外国語」は、英語(筆記)が125.50点(62.75点)、英語(リスニング)が23.05点(46....more
カテゴリー:

【中学受験2018】埼玉県公立中高一貫校の受検倍率…伊奈学園中4.56倍、浦和中6.16倍 - 01月15日(月)15:56 

 埼玉県公立中高一貫校である県立伊奈学園中学校とさいたま市立浦和中学校の平成30年度(2018年度)入学者選抜において、第一次選考が平成30年1月13日に行われた。受検倍率は、伊奈学園中学校が4.56倍、浦和中学校が6.16倍。 県立伊奈学園中学校は、募集人員80人に対し、男子143人、女子223人、計366人が出願した。第一次選考受検者数は男子142人、女子223人、計365人で、受検倍率は4.56倍。 さいたま市立浦和中学校は、募集人員が男子40人、女子40人、計80人に対し、男子226人、女子268人、計501人が出願した。第一次選抜受検者数が男子226人、女子267人、計493人で、受検倍率は男子5.65倍、女子6.68倍だった。男女あわせた受検倍率は6.16倍。 今後、伊奈学園中学校は第一次選考合格発表を平成30年1月23日、第二次選考(面接)を1月27日、第二次選考合格発表を2月1日に実施。浦和中学校は第一次選抜合格発表を1月17日、第二次選抜を1月20日、第二次選抜合格発表を1月24日に行う。【関連写真】【中学受験2018】埼玉県公立中高一貫校の受検倍率…伊奈学園中4.56倍、浦和中6.16倍■関連記事【中学受験2018】出願者数・倍率速報(1/12時点)渋幕9.76倍ほか【中学受験2018】出願者数・倍率速報(1/9時点)浦和明の星女子15.75倍など【中学受験20...more
カテゴリー:

【センター試験2018】河合塾、予想平均点(1/14速報)5教科7科目は文系543点・理系558点 - 01月14日(日)22:02 

 河合塾は2018年1月14日、全試験が終了した2018年度(平成30年度)大学入試センター試験の予想平均点速報版を公開した。同予想平均点速報は、河合塾講師による分析と、河合塾生約400名による即日自己採点に基づいて算出した。 河合塾のKei-Netに22時10分時点で公開されているセンター試験予想平均点によると、5教科7科目文系は543点(900点満点)、5教科7科目理系は558点(900点満点)。どちらも、英語とリスニングの250点満点を、200点満点に換算して使用している。 各教科・科目の河合塾予想平均点はそれぞれ、第1日の「地理歴史」は世界史Bが67点、日本史Bが59点、地理Bが68点。「公民」は現代社会が53点、倫理が64点、政治・経済が54点、倫理/政治・経済が72点。国語は103点。「外国語」は英語(筆記)が126点、英語(リスニング)23点と予想している。 第2日は「理科1」が物理基礎が32点、化学基礎が30点、生物基礎が34点、地学基礎が29点。「数学1」および「数学2」については、数学I・Aが62点、数学II・Bが49点と予想している。「理科2」は物理が62点、化学59点、生物62点、地学58点。「理科1」は2科目を1科目とみなして集計している。 河合塾は予想平均点のほか、Kei-Netで2018年度大学入試センター試験の正解と配点、採点基準を表にしたExcel...more
カテゴリー:

【センター試験2018】2日目(1/14)全科目の難易度<5予備校まとめ> - 01月14日(日)21:51 

 2018年1月13日と14日の2日間にわたり実施された平成30年度(2018年度)大学入試センター試験が終了した。2日目の14日には、理科1(物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎)、理科2(物理/化学/生物/地学)、数学1(数学I/数学I・数学A)、数学2(数学II/数学II・数学B/簿記・会計/情報関係基礎)の試験が実施された。 自己採点が進んでいる受験生も多いと思うが、平均点が気になるところだ。東進、ベネッセ・駿台、代々木ゼミナール、河合塾、城南予備校が分析した科目別難易度から、理科1(物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎)、理科2(物理/化学/生物/地学)、数学1(数学I/数学I・数学A)、数学2(数学II/数学II・数学B)について、順に見ていこう。 難易度はいずれも昨年との比較で示されており、表では難化は赤、易化は青に色分けした。詳細については、各予備校のWebサイトを参照していただきたい。なお、分析未対応の科目は「ー」、午後9時30分の時点で難易度が掲載されていない科目は空欄とした。 理科1では、「物理基礎」は城南予備校の「昨年並み」以外はすべて「やや易化」。「化学基礎」はすべて「昨年並み」、「地学基礎」は代々木ゼミナールの「易化」以外はすべて「昨年並み」とした。「生物基礎」は評価がわかれ城南予備校は「やや易化」、その他は「難化」もしくは「やや難化」と分析している...more
カテゴリー:

【大学入試】2017年2月京大入試、物理に「解答不能」…予備校講師指摘 - 01月21日(日)09:04  newsplus

京大入試、物理に「解答不能」…予備校講師指摘 2018年1月21日 8時36分 http://news.livedoor.com/article/detail/14187427/  京都大(京都市)が2017年2月に実施した一般入試の物理の問題について、「条件が不足しており、解答不能ではないか」などの指摘が出ていることがわかった。  京大は解答例を公表しておらず、対応を検討しているという。  京大に出題ミスの可能性を指摘しているのは、東京都杉並区の予備校講師・吉田弘幸さん(54)。大阪大の昨年2月の入試についても、物理の出題ミスを8月に阪大に伝えていた...
»続きを読む
カテゴリー:

【センター試験2018】予想平均点速報(1/15時点)ベネッセ駿台・河合塾・東進の比較一覧表 - 01月15日(月)19:32 

 2018年1月14日に終了した2018年度(平成30年度)大学入試センター試験。本試験終了後から、大手予備校は各教科・科目の予想平均点を算出している。2018年度センター試験 予想平均点(1月15日時点) 2018年1月15日18時35分現在において、ベネッセ・駿台、河合塾、東進が発表している予想平均点を比較した。なお、予備校による予想平均点は今後、大学入試センターが中間発表を行う1月17日(水)まで更新される可能性がある。画像:2018年度大学入試センター試験 予備校の予想平均点表ベネッセ・駿台 「ベネッセ・駿台 データネット2018」が14日22時15分現在公開した予想平均点によると、文系5教科8科目は551点(900点満点)、理系5教科7科目は559点。どちらも英語(筆記)と英語(リスニング)の合計250点満点を200点満点に換算して算出している。 各教科・科目の予想平均点はそれぞれ、1日目の「地理歴史」は世界史Bが65点、日本史Bが61点、地理Bが65点。「公民」は現代社会が57点、倫理が61点、政治・経済が63点、倫理/政治・経済が69点。国語は111点。「外国語」は英語(筆記)が120点、英語(リスニング)が25点と予想している。 2日目は「理科1」は物理基礎が35点、化学基礎が30点、生物基礎が38点、地学基礎が31点。「数学1」および「数学2」については、数学I・...more
カテゴリー:

【センター試験2018】ベネッセ・駿台、予想平均点(1/14時点)文系551点・理系559点 - 01月14日(日)22:56 

 ベネッセ・駿台による「ベネッセ・駿台 データネット2018」は2018年1月14日22時15分、データネット実行委員会が予想した2018年度(平成30年度)大学入試センター試験の各科目平均点を公開した。データネット実行委員会が実施した問題分析と、駿台予備学校在籍生の一部のデータを加味した予想平均点に基いて算出した。 「ベネッセ・駿台 データネット2018」に22時15分現在公開されている予想平均点によると、文系5教科8科目は551点(900点満点)、理系5教科7科目は559点。どちらも英語(筆記)と英語(リスニング)の合計250点満点を200点満点に換算して算出している。 各教科・科目の予想平均点はそれぞれ、第1日の「地理歴史」は世界史Bが65点、日本史Bが61点、地理Bが65点。「公民」は現代社会が57点、倫理が61点、政治・経済が63点、倫理/政治・経済が69点。国語は111点。「外国語」は英語(筆記)が120点、英語(リスニング)が25点と予想している。 第2日は「理科1」は物理基礎が35点、化学基礎が30点、生物基礎が38点、地学基礎が31点。「数学1」および「数学2」については、数学I・Aが57点、数学II・Bが49点と予想している。「理科2」は物理が61点、化学61点、生物68点、地学57点。 予想平均点は次回、1月16日15時に更新される見込み。詳細は「ベネッセ・駿...more
カテゴリー:

2018年度センター試験(2日目)解答・解説速報を順次公開! - 01月14日(日)22:00 

[株式会社フォーサイト] ▼解答速報・解説の詳細は順次フォーサイトHPに掲載してまいります。 https://foresight-inc.co.jp/high/sokuhou/2018/center18/ ※解答速報および解説は株式会社フォーサイト独自のものであり、正解を保証するもの...
カテゴリー:

【センター試験2018】2日目(1/14)理科2「化学」で問題訂正 - 01月14日(日)20:15 

 大学入試センターは2018年1月14日、全試験が終了した2018年度(平成30年度)大学入試センター試験の正解を公開した。第2日の1月14日「理科2」で行われた「化学」に問題訂正がある。 問題訂正があったのは、理科2「化学」55ページ 第3問 問3の問いかけ文。「硫化鉄(II)と」とすべきところ、誤って「硫化鉄と」と記載していた。問題訂正による加点など、調整は発表されていない。 2018年度(平成30年度)大学入試センター試験の正解は、大学入試センターWebサイト内「平成30年度本試験の正解」に掲載されている。【関連写真】【センター試験2018】2日目(1/14)理科2「化学」で問題訂正■関連記事【センター試験2018】問題・解答速報スタート、2日目(1/14)理科・数学【センター試験2018】1日目(1/13)全科目の難易度<5予備校まとめ>英語に難化目立つ【センター試験2018】2日目(1/14)理科1・数学1の難易度<速報>生物基礎と数学I・Aに難化目立つ【センター試験2018】1日目(1/13)英語(筆記・リスニング)難易度出揃い「やや難化」目立つ
カテゴリー:

もっと見る

「解答速報」の画像

もっと見る

「解答速報」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる