「解決策」とは?

関連ニュース

ストレスフルな現代社会の処方箋(15の名言) - 08月16日(水)17:00 

エックハルト・トールを知っている人は、日本では少ないかもしれません。しかし、アメリカでは、現代を代表する精神的指導者として知られているそう。ドイツ生まれのカナダ在住で、『The Power of Now:悟りを開くと人生はシンプルで楽になる』『A New Earth:意識が変わる 世界が変わる』という2冊の著作で特によく知られているという。数々の名言は、ドイツ人だけにやや観念的ではありますが、上記2冊は、北米だけでそれぞれ300万部と500万部を売り上げたことからも、幅広い層に支持されていることが分かります。2008年には、ニューヨーク・タイムズが「アメリカで最も人気のある精神世界分野の著者」と評されたエックハルトの言葉は、ストレスフルな現代社会を生きる私たちにヒントを与えてくれるに違いないでしょう。まずは、エックハルトの言葉と出会った「Collective-Evolution」のライター、アレクサ・エリクソンの手記から──。不安症を抱えはじめた日々私アレクサは、メイン州の小さな町で生まれました。不安症を抱えていますが、19歳の時にパニック発作を経験するまで、自分の担当医と解決策について語り合ったことはありませんでした。その担当医から大きな安らぎとサポートを得たことを、私は今でも覚えています。彼は、私に薬を飲ませようとはしませんでした。彼が与えたのはアドバイスだけであり、彼は友人の...more
カテゴリー:

昨年の年間王者にまたも… ローリー・マキロイが長期離脱の可能性 - 08月16日(水)16:02 

昨年のフェデックスカップ年間王者ローリー・マキロイ(北アイルランド)が、背中の痙攣と左腕の痺れを訴えていることが分かった。 お相手はブロンド美女 古城で挙式を挙げたマキロイ 本人によると、先週の「全米プロゴルフ選手権」の最終日に症状が出始めたという。完治は不透明であり、「来年までプレーはできないかもしれないし、2週間後には戻るかもしれない。本当にその時の状態次第だよ」と、8月24日の「ノーザン・トラスト」から始まるプレーオフに出場が叶わない可能性も示唆した。 マキロイは今年1月から肋骨の怪我を負い、長期離脱を余儀なくされたが、3月の「WGC-メキシコ選手権」で戦線復帰を果たしていた。「完治までに時間をかけていなかったんだ。今シーズンプレーしたかった。十分なプレーをして、勝利してパッティングもできると感じていたんだ。チャレンジを続けていきたいのなら、100%の健康状態にする必要があるんだ」。 さらに、「もしプレーができるなら、なぜすべきじゃないのかと感じる。けれど同時にベストな状態でプレーできないのなら、なぜプレーすべきなんだとも思える。解決策が見つからないジレンマだよ」と、苦しい心中を吐露した。 プレーオフには、今週の「ウィンダム選手権」終了後のフェデックスカップランク125位までの選手が出場可能となっている。マキロイの現在地は同41位と上位につけており、理論上は最初の2大...more
カテゴリー:

【宇宙ヤバイ】 我々と別の宇宙は本当にある。その数、10の500乗個 - 08月16日(水)11:47  news

我々と別の宇宙は本当にある 物理学の最新理論 / 宇宙論研究者の野村泰紀教授に聞く 私たちが見ているこの宇宙以外にも無数の宇宙が存在し、今も次々と生まれている。 宇宙は単一のユニバースではなく、多数の宇宙が存在する「マルチバース」だ──。 一見SFのようだが、多くの理論物理学者たちが真剣に考え、研究している理論だ。 最近マルチバースについての新たな見方を提唱した米カリフォルニア大学バークレー校の 野村泰紀教授に、この理論について聞いた。 ──マルチバースの理論はどのようにして出てきたのですか。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

米長官、対話は金委員長次第=北朝鮮核、外交が解決策 - 08月16日(水)06:58 

 【ワシントン時事】ティラーソン米国務長官は15日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が米領グアム周辺への弾道ミサイル発射計画の実施を保留したことを受け、記者団に「われわれは対話に至る道を見つけることに関心を持ち続けている」と述べた。その上で「(対話の実現は)彼(金委員長)次第だ」と強調し、北朝鮮が歩み寄りを見せる必要があると訴えた。 ティラーソン氏はこれまで、北朝鮮がミサイル発射や核実験を停止すれば、「交渉に応じる用意がある」との立場を示している。 国務省のナウアート報道官も15日の記者会見で「われわれは外交が(北朝鮮核問題の)解決策だと信じている」と強調。「北朝鮮は、対話に応じる用意があることを真剣な態度で示す必要がある」と重ねて指摘した。 【時事通信社】
カテゴリー:

民進党・柚木道義「消費税10%で初めて子育て予算の拡充が実現できます」 - 08月15日(火)18:00  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170815-00003746-bunshun-pol 前略 男性の育休には3つの壁がある ――子育ての優先度が上がったとして、どう解決するのでしょうか? 柚木 政府の政策と大きな方向性は変わりません。「保育園落ちた日本死ね!!!」というブログが話題になりましたが、受け皿の整備は必要です。ただ、土地問題もあり、地域事情も違うため、いろんな形態があってもいい。しかし、単に受け皿があればいいのではありません。毎年、保育園では死亡事故があります。親は安心して預けたい。質を担保するためには...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】デンベレ退団なら香川のウイング起用も? 独紙が太鼓判! - 08月16日(水)16:54  mnewsplus

「ボシュ新監督にとってのオプションになりえる」  バルセロナへの移籍が噂されるウスマンヌ・デンベレの代役候補に、意外な人物が浮上した。ドイツの『ビルト』紙が、この20歳のフランス代表が退団した場合の解決策として「香川真司やマリオ・ゲッツェのウイング起用」を挙げたのだ。    6月7日のシリア戦で左肩を負傷して以来、戦列を離れていた香川は、8月12日に行なわれたDFBカップ1回戦のリーランジンゲン=アーレン(6部)戦に61分から出場。約2か月ぶりとなる実戦復帰を果たした。    アンドレ・シュールレとの...
»続きを読む
カテゴリー:

心理カウンセラーに聞いた!共感を求める女性と解決を求める男性の関係 - 08月16日(水)12:00 

何らかの問題に直面したとき、女性は夫や恋人から「大変だったね」と「共感」を示す言葉をかけて欲しいもの。しかし男性は、女性の気持ちに寄り添うどころか、なぜか説教じみたアドバイスをし始めたりすることがある。以前「教えて!goo」にも、「説教好きな旦那の対処法を教えてください」という投稿があった。日常の家事について、ご主人から説教じみた批判をされ、反発したい気持ちをおさえている女性からのその投稿に、ユーザーから多数の回答が届いていた。このような男女の気持ちのズレは、なぜ生じるのか。どうすればいつまでもよい関係が築けるのか。心理カウンセラーの椎名あつ子先生に話を伺ってみた。 ■相手に求めることの違い なぜ、女性は男性に「共感」を求めるのか。そしてなぜ、男性は共感するのではなく、解決策の提示をしてしまうのだろうか。 「女性は、男性が自分の愚痴や苦労話を親身になって聞いてくれさえすればよいのです。特に、大変な困難を乗り越えたときなどは、『そんなことがあったのか』『よく頑張ったね』と、寄り添い共感してもらいたいのです。当然ながら男性に何らかのアドバイスを求めたり、問題解決をして欲しいと思っているわけではありません」(椎名先生) そんなとき男性が、女性の気持ちに共感しないばかりか、「そうなる要因の一端は、お前にも責任があるんじゃないか?」「だったら~すればいいじゃないか」と、説教や批判に聞...more
カテゴリー:

【サッカー】<香川真司( ドルトムント)>デンベレ退団ならウイング起用も? ドイツ紙が太鼓判!「オプションになりえる」 - 08月16日(水)10:09  mnewsplus

バルセロナへの移籍が噂されるウスマンヌ・デンベレの代役候補に、意外な人物が浮上した。ドイツの『ビルト』紙が、この20歳のフランス代表が退団した場合の解決策として「香川真司やマリオ・ゲッツェのウイング起用」を挙げたのだ。    6月7日のシリア戦で左肩を負傷して以来、戦列を離れていた香川は、8月12日に行なわれたDFBカップ1回戦のリーランジンゲン=アーレン(6部)戦に61分から出場。約2か月ぶりとなる実戦復帰を果たした。    アンドレ・シュールレとの交代でピッチに入った香川は左ウイングでプレー。得点に...
»続きを読む
カテゴリー:

【特集:公共の場での授乳問題(6)】日本の授乳環境はガラパゴス化!? 建築家が考える「理想のベビー休憩室」 - 08月15日(火)19:30 

ママたちのお出かけの強い味方「ベビー休憩室」。その一方で「母親と赤ん坊は指定された場所へ行け!」という声に傷つくことも。 【検証】人の授乳は「何となく気持ち悪い」と多くの人が感じているワケ【特集:公共の場での授乳問題(1)】 そんな授乳環境整備の現状と課題について『ベビー休憩室コンセプトブック』でキッズデザイン賞も受賞した建築家の仲綾子先生に聞きました。 授乳室、足りてる?外出前にベビー休憩室のことを調べる家庭は8割超! ――ズバリお伺いします。母乳育児中のママのひとりとして「ベビー休憩室がもっとあったらいいのに」と感じることも少なくないのですが、授乳室の整備って進んでいるのでしょうか。 仲綾子先生(以下、仲): 施設の種別や地域によって状況は大きく異なるので、なんともお答えしにくいところではあるのですが、授乳やオムツ替えを取り巻く環境が大きく変化していることは間違いありません。 以前は町なかや電車の中といった「公共の場」で授乳やオムツ替えをする親子も珍しくありませんでしたが、最近ではあまり見かけませんね。 そういったライフスタイルの変化にともなって「ベビー休憩室」を整備する動きが、加速していることはたしかだと思います。 例えばショッピングセンターなどの商業施設であれば子育て世代の集客を意識して、役場や公民館といった公共施設であれば利用者の利便性を考慮して、授乳やオ...more
カテゴリー:

【宇宙】イーロン・マスクの「火星移住計画」はどれくらい現実的か? 専門家が検証してみた - 08月15日(火)17:25  bizplus

イーロン・マスクは真剣に火星への移住を実現させようとしている。マスクの計画の実現可能性と、それに伴う課題とは何か。移住はいつ達成できるのか──。イタリア宇宙機関のチーフ・サイエンティストが検証した。 イーロン・マスクは決意した。「わたしは火星への移住が実現可能な目標になってほしい。わたしたちが生きているうちに、火星に到達することを望む人が誰でも火星に行けるようにする方法は、存在するはずだ」 そしてわたしたちはよく知っている。マスクが何かをしたいと言うとき、彼は真剣に言っているのだ。 マスクの宣...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「解決策」の画像

もっと見る

「解決策」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる