「解体作業」とは?

関連ニュース

【福岡】アサヒビール博多工場で男性作業員が死亡…ビールタンク解体中に転落 - 01月16日(火)21:48  newsplus

アサヒ工場で作業員転落死=ビールタンク解体中-福岡 16日午後1時半ごろ、福岡市博多区竹下のアサヒビール博多工場でビールタンクの解体作業中、 「男性が15メートルくらい上から落ちた」と119番があった。男性は市内の病院に搬送されたが、 約1時間後に死亡が確認された。失血死だった。   男性は、同社から委託を受けた工事会社の作業員森山光司さん(42) =兵庫県尼崎市大島=で、福岡県警博多署が詳しい事故原因を調べている。   同署によると、タンクは高さ約30メートル、直径約6.5メートル。 タン...
»続きを読む
カテゴリー:

【鹿児島】運転トラブルで2キロ追走、工具でガラス割り大学生を引きずり出して暴行…作業員2人逮捕 - 01月15日(月)15:48  newsplus

鹿児島南署は15日、鹿児島市内で運転を巡りトラブルとなった男子大学生(19)の軽自動車を約2キロ追走した後、暴行を加えてけがを負わせたとして、傷害などの疑いでいずれも解体作業員の宮薗一真容疑者(28)と、山元尚吾容疑者(28)を逮捕した。 ■学生ケガさせた後、ひき逃げ重ね…  逮捕容疑は昨年12月16日午前0時40分ごろ、鹿児島市新栄町の駐車場で、男子大学生の軽自動車のガラスなどを工具で割り、男子大学生を車から引きずり出した上で殴る蹴るなど暴行し、頭部に全治10日間のけがを負わせたとしている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

モアイよ、これからも見守って チリから寄贈、新商店街へお引っ越し・南三陸 - 01月14日(日)06:05 

宮城県南三陸町は13日、東日本大震災の復興支援でチリ政府から贈られたモアイ像を移設するための解体作業を始めた。月末には観光客が集まる復興商店街「南三陸志津川さんさん商店街」に再び姿を現す。 チリ・イー
カテゴリー:

不時着の米軍ヘリ、異例の解体作業 沖縄 1/7 19:06更新 - 01月07日(日)19:06 

沖縄県うるま市で起きた米軍ヘリコプターの不時着事故で、解体作業が行われた。軍は飛行中に操縦室内の警告灯が点灯したため「予防着陸」したと説明しているが、事故現場で機体を解体するのは異例で、安全に飛行できないほどのトラブルだった可能性も。
カテゴリー:

【社会】六本木の鉄パイプ落下事故、現場責任者ら2人を書類送検 警視庁 - 12月21日(木)10:56  newsplus

六本木の鉄パイプ落下事故、現場責任者らを書類送検 朝日新聞:2017年12月21日10時28分 http://www.asahi.com/articles/ASKDP36CYKDPUTIL003.html ビルから鉄パイプが落下した現場=2016年10月14日午前11時5分、東京都港区六本木3丁目、朝日新聞社ヘリから、迫和義撮影.  東京都港区六本木3丁目で2016年10月、マンションの外壁改修工事現場から鉄パイプが落下し、真下の歩道を歩いていた飯村一彦さん(当時77)=新宿区=に直撃して飯村さんが死亡した事故で、 警視庁は21日、工事の元請けの現場監督...
»続きを読む
カテゴリー:

アサヒ工場で作業員転落死=ビールタンク解体中に-福岡 - 01月16日(火)18:14 

 16日午後1時半ごろ、福岡市博多区竹下のアサヒビール博多工場でビールタンクの解体作業中、「男性が15メートルくらい上から落ちた」と119番があった。男性は同社から委託を受けた工事会社の作業員で、市内の病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。死因は失血死だった。 福岡県警博多署によると、タンクは高さ約30メートル、直径約6.5メートル。タンクの金属製の壁を切り分ける作業中、何らかの原因で壁が内側に折れた。男性は外側の足場にいたが、安全ベルトを壁に取り付けていたため、タンク内側に引きずり込まれ、転落したという。県警は詳しい事故原因を調べるとともに、男性の身元の最終確認を急いでいる。 【時事通信社】
カテゴリー:

パワフルな大型ショベルカーで「ビール瓶のフタ」を繊細に開けるムービー - 01月14日(日)23:00 

大きな車体とパワーのあるアームで工事現場や解体作業で活躍するパワルフルな大型重機のショベルカー。そんなパワーあふれるショベルカーで壊れやすいビール瓶のフタを開けることに挑戦するムービー「Can You Pick Up A Beer With An Excavator?」を豊富な種類の自動車を修理・改造・実験に挑戦しているYouTubeチャンネルDEBOSS GARAGEが公開しています。続きを読む...
カテゴリー:

黄金の火葬施設、解体開始=2カ月で400万人訪問-タイ - 01月11日(木)17:28 

 【バンコク時事】タイのバンコクに設置されていたプミポン前国王の火葬施設の解体作業が11日、始まった。黄金の火葬施設の撤去には約2カ月かかる見通し。 2016年10月13日に88歳で死去した前国王の火葬は昨年10月26日に営まれた。8カ月かけて王宮前広場に建造された高さ50.5メートルの巨大な火葬施設は、11月2日から12月31日まで一般公開され、市民や外国人旅行者ら約400万人が訪れた。 火葬施設の一部はバンコク郊外パトゥンタニ県の博物館で展示される。 【時事通信社】
カテゴリー:

米軍ヘリ不時着 異例の“現場解体”なぜ? 1/7 11:53更新 - 01月07日(日)11:53 

沖縄県うるま市の伊計島の砂浜にアメリカ軍のヘリコプターが不時着した事故で、アメリカ軍は現場でヘリコプターの解体作業を実施。現場での解体は異例で、自力で飛行できないほどのトラブルだった可能性もある。
カテゴリー:

【もんじゅ廃炉決定1年】 解体作業の冷却材処理が課題 - 12月21日(木)07:06  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171221/k10011266171000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_018 12月21日 4時51分 原子力政策の柱となっていた高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉決定から21日で1年になります。高速増殖炉の廃炉は国内で初めてで、30年かけて行う解体作業の中で核燃料や原子炉を冷やす冷却材をどのように取り出して処理するのかが課題です。 1年前の12月21日、福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」は安全対策にかかる費用の増加などを理由に政府が廃炉を決め、もんじゅを運営する日本原子力研究開...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「解体作業」の画像

もっと見る

「解体作業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる