「角田晃広」とは?

関連ニュース

27歳・恋愛ナシ女子でも幸せ!? 元気が出るガールズムービー『笑う招き猫』 - 04月29日(土)00:00 

大学を卒業して数年も経てば、あっという間に20代後半。悩みの種類も変わってくるお年頃ですよね。仕事も恋愛も人生も、このままでいいのかなと立ち止まったり、自分らしい幸せの形も考え始めたりする人も多いかと思います。いいことばかりがあるわけじゃない人生。悩みながらも、夢に向かって日々を過ごす女子たちを描いた映画『笑う招き猫』が4月29日より公開となります。20代後半、「人生いろいろあるよね」が実感を帯びてくる……主人公は27歳のヒトミ(清水富美加さん)と、その相棒であるアカコ(松井玲奈さん)。学生時代の友人である二人ですが、ヒトミはお弁当屋でのバイトをしながら、アカコはお金持ちである実家の家事手伝いをしながら、お笑いコンビ「アカコとヒトミ」として活動しています。ヒトミは卒業後社会人として働いていましたが、アカコの誘いで退社し、予想もしていなかったお笑いの道へ。学生時代の演劇サークル仲間や地元でいじめられている中学生、アカコの地元友達やヒトミのバイト先の店長などとも交流しながら、“いろいろある日々”を送っています。浮気した元彼でも、縁を切りきれないヒトミの親たちは、ヒトミがテレビに登場する日を心待ちにしながら、応援してくれています。一方のアカコは非常に個性的で破天荒な性格ですが、母親を事故で失っており、お金に困らないながらも人生の無常を受け止めているような節もあります。まったく境遇の違う二...more
in English
カテゴリー:

松井玲奈富美加ネタに苦笑い 飯塚監督「やめるということがテーマになっている」 - 04月18日(火)20:33 

 映画『笑う招き猫』の完成披露試写上映会が18日、東京都内で行われ、出演者の松井玲奈、落合モトキ、前野朋哉、なすなかにし、角田晃広(東京03)、飯塚健監督が登壇した。 本作は、27歳の漫才コンビ「アカコとヒトミ」の2人が、お笑いの頂点を目指して奮闘する青春ガールズムービー。映画公開の直前には、全4話のテレビドラマも放送された。 松井とW主演で女性漫才コンビを演じたのは、宗教団体「幸福の科学」に出家を表明した清水富美加。この日、清水は欠席したが、飯塚監督は冒頭から「誰一人欠けることなく、この日を迎えられてうれしく思います」とあいさつして、笑いを誘った。 芸人を描いた映画にちなみ、会場では“大喜利コーナー”も実施された。写真を基に“何か面白いことを言う”というお題では、テレビドラマのワンシーンである「幼なじみの三人が生け垣から顔を出して何かをのぞいている写真」が登場した。 早速角田が「元気そうだね。富美加ちゃん!」と“富美加ネタ”を投下すると、驚いた松井はこらえきれずに観客に背を向けて苦笑い。共演者から「真央ちゃんみたいになってる」と、引退会見で涙を隠そうとした浅田真央選手に例えられる一幕もあった。 そんな松井は「アカコ(松井)が巨大ブリを抱いている写真」というお題が出ると「後で怒られちゃうかな…」としながらも「豊洲(市場)はここになったわよ!」と時事ネタを披露した。 さらに“ハリセン...more
in English
カテゴリー:

松井玲奈ら「笑う招き猫」メンバーの大喜利対決は珍回答続出で波乱の展開に - 04月18日(火)20:00 

 松井玲奈と清水富美加が漫才師役に初挑戦した映画「笑う招き猫」の完成披露上映会が4月18日、東京・新宿武蔵野館で行われ、松井のほか共演の落合モトキ、前野朋哉、角田晃広(東京03)、お笑いコンビ「なすなかにし」の那須晃行と中西茂樹、メガホンをとった飯塚健監督が舞台挨拶に登壇。「初めてお客さんに見てもらうのでドキドキしてます」と心境を明かした松井。映画に先駆けて放送されたテレビドラマ版とは「全く別のテイストになっています」とアピールに努めた。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  山本幸久氏による小説すばる新人賞受賞作を実写化した本作は、若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」の本田アカコ(松井)と高城ヒトミ(清水)がお笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも固く結ばれた女の友情を糧に夢を追いかける青春物語。飯塚監督も松井と同じく「映画のイメージは、テレビドラマ版とは180度違うもの」と明かし「“辞める”ということがテーマ。様々な状況におかれた人々が、次へ進むために“辞める”という決断を下す物語なんです」と説明していた。  この日は前野&落合が進行役を務め、ドラマ版の場面写真を題材にした大喜利が行われた。松井がブリを抱えている写真を見た那須は「おめでとうございます。綺麗な男の子ですよ」と応えるも、場内の反応はイマイチ。やがて悩みに悩んだ松井が「絶対怒られそうだけど…」と前置きして「豊...more
in English
カテゴリー:

東京03角田&飯塚健監督、清水富美加の不在イジる「誰ひとり欠けることなく…」 - 04月18日(火)18:29 

 宗教団体『幸福の科学』へと出家した清水富美加(22)と、女優の松井玲奈(25)がW主演の映画『笑う招き猫』完成披露上映会イベントが18日、都内で行われた。女性漫才コンビを主人公にした同作で、清水の“相方”を演じている松井をはじめ、キャスト一同が緊張気味にあいさつする中、飯塚健監督(38)が「こうして、誰ひとり欠けることなく…」と切り出して、笑いを誘った。  その後は映画の内容にちなんで、劇中の写真を使っての大喜利に挑戦。東京03の角田晃広(43)も勢いに乗って「元気そうだね、富美加ちゃん!」と悪ノリすると、会場も大爆笑。松井も、たまらず後ろを振り返りながら「元気そうで良かった」とコメントすると、そのほかの登壇者も降参したように「ここの大喜利で、これ以上の答えないよ」と嘆いていた。  同作は、山本幸久氏の小説すばる新人賞受賞作が原作。若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」がお笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも固く結ばれた女の友情を糧に夢を追いかけていく姿を描く。イベントにはそのほか、落合モトキ(26)、前野朋哉(31)が出席し、MCはなすなかにしが担当した。同作は、29日より公開される。 【関連記事】 【画像】『笑う招き猫』 清水富美加&松井玲奈が“漫才コンビ”結成 【写真】松井玲奈、おヘソチラ見えのコスプレ姿披露 【貴重写真】松井玲奈&松井珠理奈が“キス寸前”のドキドキシーン公...more
in English
カテゴリー:

TBSラジオ「JUNK」SWに千鳥、千葉雄大ら豪華ゲスト参戦 バナナマンは書き下ろしラジオコント - 04月17日(月)07:00 

 毎週平日の深夜1時から放送されている、TBSラジオの人気枠「JUNK」のスペシャルウィーク(SW)の特別企画が、きょう17日深夜から放送される。伊集院光、爆笑問題、南海キャンディーズ・山里亮太、おぎやはぎ、バナナマン、エレキコミック&片桐仁と各曜日の強力なパーソナリティー陣が、豪華ゲストを迎えたり、人気企画を放送したりと六者六様の魅力がつまった内容を提供する。 【写真】人気枠「JUNK」を統括する宮嵜守史プロデューサー  月曜日の『伊集院光 深夜の馬鹿力』は、番組開始から22年を迎えた今も“生放送”にこだわる伊集院の鮮度が堪能できる内容。このほど20周年を迎えた火曜日の『爆笑問題カーボーイ』は、ゲストにアルコ&ピースを迎えて、田中裕二が番組内で発したセリフをCDの歌詞の一部分に無理矢理くっつけて作品にする人気企画「CD田中殿堂入りSP」を放送する。  水曜日の『山里亮太の不毛な議論』は、山里が14日に誕生日を迎えたことを受けて「40歳!山里亮太・生誕祭SP」と題した企画を実施。ゲストの千鳥・大悟と以前に交わした「40歳まで結婚できなかったら、アイドルグッズ全部捨てる!」の約束に迫る。木曜日の『おぎやはぎのメガネびいき』は、小木博明が大のお気に入りである俳優・千葉雄大をめぐって、ゲストのハライチ・岩井勇気と思いの丈をぶつけあう「千葉雄大戦争 おぎやはぎVSハライチ岩井 ~澤部...more
in English
カテゴリー:

東京03、花澤香菜ら新作ラジオコントに挑戦! - 04月21日(金)17:57 

NHKラジオ第1で、5月5日(金)に東京03によるコント&トーク番組「働く大人たちの日常痛快コントショー 東京03の 好きにさせるかっ!」(夜7.20‐8.55※中断ニュースあり)の第2弾が放送される。 【写真を見る】今回のコントも松原秀による書き下ろし。演じる一同も思わず笑ってしまう傑作コントとなっている 同番組は、働く大人たちが日頃感じる“イライラ”や“あるある”を東京03が、ゲストと共にラジオコントとスタジオトークにして笑い飛ばす大人向けラジオ番組。2016年12月23日に放送された第1回では、戸松遥、井上和香、浜野謙太、劇団ひとりが登場して好評を博した。その反響を受けて決定した今回は、泉谷しげるや花澤香菜、サンドウィッチマン・伊達みきおがゲストに登場。 第2弾が決まったことについて飯塚悟志は「単純にうれしかったですね。1回目の評判が良かったらしいいんですよ。NHK内の編成局長特賞という賞を取ったんだそうです。いつもお世話になっているNHKの岡澤正樹プロデューサーとこんないい番組を作れたことも、うれしいですよ」と、素直な喜びを語った。 角田晃広は「賞を取った時、こちらとしても『2回目もあるな』と思いましたよね」と、準備は万端だった様子。 今作のコントのテーマで共感したものについて聞かれると角田は、「体の健康を気にする年になってきているのでそういうネタです」と、自虐交じりの回答...more
in English
カテゴリー:

松井玲奈ら「笑う招き猫」メンバーの大喜利対決は珍回答続出で波乱の展開に - 04月18日(火)20:00 

松井玲奈と清水富美加が漫才師役に初挑戦した映画「笑う招き猫」の完成披露上映会が4月18日、東京・新宿武蔵野館で行われ、松井のほか共演の落合モトキ、前野朋哉、角田晃広(東京03)、お笑いコンビ「な...
in English
カテゴリー:

清水富美加主演の映画、上映会で監督ら「出家」ネタ - 04月18日(火)19:34 

 松井玲奈(25)清水富美加(22)のダブル主演映画「笑う招き猫」(飯塚健監督、今月29日公開)の完成披露上映会が18日、都内で行われ、松井と落合モトキ(26)前野朋哉(31)東京03角田晃広(43)が出席した。  売れない女性漫才コン…
in English
カテゴリー:

大和ハウスの新CM xevoΣ「お前もか」篇の放映を開始しました。 - 04月17日(月)09:30 

[大和ハウス工業株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/2296/776/resize/d2296-776-780882-3.jpg ] ◆タイトル :xevoΣ「お前もか」篇 30秒 ◆出演者 :竹野内豊、中村優子、角田晃広、他 ◆放映開始 :2017年4月16日(日)~ ◆...
in English
カテゴリー:

【芸能】尾野真千子:脚組んで“大物女優”アピール? 台本読みで「ビビった」 - 04月09日(日)13:59 

 女優の尾野真千子さんが8日、東京都内で行われたオムニバス映画「ブルーハーツが聴こえる」の初日舞台あいさつに登場。同映画の中の「ハンマー(48億のブルース)」(飯塚健監督)で主演を務めた尾野さんは、テンポの早い会話劇が繰り広げられる台本の読み合わせで「訳が分からないから、とりあえず脚を組んでみた」と“大物女優”のような態度でごまかしたことを明かした。  読み合わせについて、共演したお笑いトリオ「東京03」の角田晃広さんが「女子高生役の2人のやり取りが超早いから、後から来て(尾野さんは)、ちょっとビビっ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「角田晃広」の画像

もっと見る

「角田晃広」の動画

Wikipedia

角田 晃広(かくた あきひろ、1973年12月13日 - )は、日本のお笑いトリオ・東京03のメンバーでボケ担当、シンガーソングライターナレーター東海大学文学部卒(アジア専攻西アジア課程)。東京都文京区出身。プロダクション人力舎所属。身長172cm、体重63kg。

略歴

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる