「角川シネマ新宿」とは?

関連ニュース

市川雷蔵と勝新太郎の魅力の違いとは?大映男映画祭で佐藤忠男が解説 - 04月15日(日)13:26 

長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎など伝説の名優を輩出してきた映画会社・大映の男優たちをフィーチャーした「大映男優祭」が、4月14日(土)から5月11日(金)まで角川シネマ新宿で開催。4月15日に市川雷蔵が演じた時代劇の代表作『斬る』(62)が上映されたあと、日本映画大学名誉学長で、映画評論家の佐藤忠男登壇のトークイベントが行われた。 【写真を見る】見目麗しい市川雷蔵主演の時代劇『斬る』/[c]KADOKAWA1962 市川演じる薄幸の美剣士が辿る数奇な運命を描く『斬る』は、のちに<剣三部作>となる三隅研次監督×雷蔵コンビの最初の作品となった。 佐藤は、市川雷蔵と勝新太郎の魅力の違いについて解説。「2人はまるっきり違うタイプ。市川雷蔵は立ち姿が非常に美しいが、勝新太郎は、すくっと立つことはしない役者。実は、世界の映画界でも50~60年代は俳優の転換期だった。アメリカでマーロン・ブランドとジェームズ・ディーンが現れ、時代が変わった。人間の姿形の美しさに対する基準があの頃、変わったんです」。 そんななか、日本で頭角を表したのが勝新太郎だと佐藤は言う。「世間で正しい生き方やポーズの取り方が決まっていたのに対し、勝新太郎は『俺は知らねえよ』というスタンスをとった。雷蔵は、何をやっても『この人は信頼できる立派な人』となるけど、勝新太郎は、正統派に対して逆を行く人。この2つの流れが、その後の20年...more
カテゴリー:

石橋杏奈さんが映画「蝶の眠り」の舞台挨拶に出席! 「自分と同じ名前の役を演じるのは初めてだったので、縁を感じました」 - 04月13日(金)11:49 

4月12日に東京・角川シネマ新宿で行われた、中山美穂さん主演の映画「蝶の眠り」の舞台あいさつ付プレミア試写会に、女優の石橋杏奈さんが出席。本作は、アルツハイマーで記憶を失っていく女性作家の松村涼子(中山美穂)と、偶然出会った韓国留学生のソ・チャネ(キム・ジェウク)との年の差を超えた究極の純愛ストーリーで、「子猫をお願い」などを手がけたチョン・ジェウンさんが監督を務めている。この日の舞台挨拶に出席したのは、主演の中山美穂さん、勝村政信さん、永瀬正敏さん、石橋杏奈さん、チョン・ジェウン監督、そして音楽監督を務めた新垣隆さんの6人。 【写真を見る】「ジェウクさんと一緒に練習をしてからドライと本番に臨みました」 石橋さんが演じる“アンナ”は、涼子に憧れる作家志望の女子大生で、チャネの大学での友人のひとりでもある。「自分と同じ名前の役を演じるのは初めてで、縁を感じました。ジェウクさんが演じるジャネとアンナはすごく仲のいい設定だったのですが、ドライ(カメラを回さずに行うリハーサル)が始まる前に『どういうふうに演じる?』とジェウクさんが私に聞いてくださったんです。一緒に練習してからドライと本番に臨みましたが、今までそういう経験がなかったのですごく新鮮でしたね」と撮影中のエピソードを話し、日本と韓国との撮影現場の雰囲気やスタイルの違いを聞かれると「すごくハングリーな感じがしました。それと、演技が終...more
カテゴリー:

中山美穂、同い年の新垣隆氏とバンド結成!?「さっき楽屋で決まりました」 - 04月13日(金)06:00 

 中山美穂が約5年ぶりに映画主演を務めたラブストーリー「蝶の眠り」のプレミア上映会が4月12日、東京・角川シネマ新宿で行われ、中山をはじめ共演の石橋杏奈、勝村政信、永瀬正敏、音楽監督を務めた新垣隆氏、メガホンをとったチョン・ジェウン監督が舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  「子猫をお願い」などで知られる韓国屈指の女性映画監督チョンが、監督・脚本を手がけた今作。仏女流作家と38歳年下の愛人との関係を描いた映画「デュラス 愛の最終章」に着想を得たオリジナル作品で、アルツハイマー病に侵された女性作家(中山)と、韓国人留学生(キム・ジェウク)の年の差純愛を描いた。  難役に挑んだ中山だが、出演を決めた背景を「監督からとても長い“ラブレター”を頂いて、どうして私を選んだのか、(中山が主演した映画)『Love Letter』がどれだけ好きかが日本語で書かれてたんです。感動しました」と明かす。チョン監督は「韓国で日本映画というと、真っ先に『Love Letter』。日本の女優さんというと真っ先に中山美穂さんなんです。絶対的な人気があります」と述べ、「シナリオを書くなかで『誰が主人公に』と考えたときに、中山さんしか浮かびませんでした」と応じていた。  また、30年来の仲だという中山と永瀬。中山は「台本を見ると永瀬くんの名前があって、連絡して...more
カテゴリー:

中山美穂と新垣隆は1970年生まれの同い年!『蝶の眠り』試写会で会場どよめく - 04月12日(木)19:13 

中山美穂の主演映画『蝶の眠り』(5月12日公開)の舞台挨拶付きプレミア試写会が、4月12日に角川シネマ新宿で開催。主演の中山、石橋杏奈、勝村政信、永瀬正敏、来日したチョン・ジェウン監督、本作で初めて劇映画の音楽監督を務めた作曲家でピアニストの新垣隆が舞台挨拶に登壇した。中山と新垣が同い年(共に1970年生まれ)だと紹介されると、会場がどよめいた。 【写真を見る】中山美穂は全身レースのセクシーなドレスで登壇 中山は、本作のオファーを承諾した理由について「チョン・ジェウン監督からとても長いお手紙をいただいた。それには『Love Letter』(95)がどれだけ好きかということが日本語で書かれていて、とても感動してお引き受けしようと思いました」と語った。 チョン・ジェウン監督は、『Love Letter』と中山が韓国で国民的な人気を誇ることを説明した後「シナリオを書いている時も、中山美穂さんしか浮かびませんでした」と、主演は中山美穂一択だったことを明かした。 中山は、ドラマ「ママはアイドル!」(87)などで共演し、旧知の間柄である永瀬について「台本に名前が書いてあって、『ああ!永瀬くんだ!』と思って連絡したら『美穂がやるからやるんだよ』と言ってくれて、ありがたいなと思いました」と感謝する。 永瀬も「昔から知ってる仲間のうちの1人だったのでぜひにと。ちゃんと座長として『ありがとう』と言って...more
カテゴリー:

雷蔵、勝新、田宮二郎らがスクリーンに蘇る!「大映男優祭」の注目作はコレだ - 04月12日(木)12:20 

4月14日(土)~5月11日(金)まで角川シネマ新宿にて「大映男優祭」が開催される。1942年に誕生した映画会社・大映は、長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、川口浩、船越英二、田宮二郎、京マチ子、山本富士子、若尾文子、中村玉緒など、数多くの映画俳優を輩出した。その創立75周年にあたる2017年夏に「おとなの大映祭」、今冬に開催された「大映女優祭」に続き、メモリアルイヤーの最後を締めくくる第3弾として、男優の華やかな魅力が解き放たれた45作品を一挙上映するのが本映画祭だ。 【写真を見る】長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、川口浩、船越英二、田宮二郎…往年のスターが勢ぞろいする「大映映画祭」/[c]KADOKAWA1958 このたび、世界的に高く評価された3作品と舞台挨拶が行われる2作品の場面写真が公開された。 1本目は、あのクエンティン・タランティーノ監督にも影響を与えたことで知られる大ヒットシリーズの第1作『座頭市物語』(62)。強烈なキャラクターもさることながら、坊主頭で立ち回りをする勝新太郎のクールなビジュアルが印象に残る。 2本目は、海外で絶賛された傑作時代劇『地獄門』(53)。長谷川一夫演じる盛遠と京マチ子演じる袈裟の男と女のエロティックさや、せつなさを漂わせる作風は、いまなお色あせない。 3本目は、医学界の腐敗を暴いた山本薩夫の渾身の大作ドラマ『白い巨塔』(66)。鋭い眼差しを向...more
カテゴリー:

「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」劇場限定前売 第1弾の販売決定! - 04月13日(金)20:03 

今秋劇場上映予定の「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」の、劇場限定前売券 第1弾(特典付き)の販売が決定しました。特典はオリジナルクリアファイル(全3種ランダム)になります。4月21日(土)より、角川シネマ新宿、シネマサンシャイン池袋ほか、全国の公開劇場にて販売されるので、お近くの劇場へぜひ足を運んでください。(WebNewtype) 「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」キービジュアル/(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会 【関連記事】 ・レムが現代生活を満喫!?描き下ろしイラストを使用した「リゼロ」グッズ限定ストアが登場 ・「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」今秋劇場上映決定!
カテゴリー:

中山美穂、新垣隆とユニット結成?「参加させていただきます!」 - 04月13日(金)10:00 

5月12日公開の映画『蝶の眠り』の舞台あいさつ付きプレミア試写会が12日、東京・新宿の角川シネマ新宿で行われ、主演の中山美穂をはじめ、石橋杏奈、勝村政信、永瀬正敏、新垣隆、チョン・ジェウン監督が出席した。
カテゴリー:

中山美穂、同い年の新垣隆氏とバンド結成!?「さっき楽屋で決まりました」 - 04月13日(金)06:00 

中山美穂が約5年ぶりに映画主演を務めたラブストーリー「蝶の眠り」のプレミア上映会が4月12日、東京・角川シネマ新宿で行われ、中山をはじめ共演の石橋杏奈、勝村政信、永瀬正敏、音楽監督を務めた新垣隆...
カテゴリー:

【映画】「大映男優祭」開催 - 04月12日(木)15:36  mnewsplus

4月14日(土)~5月11日(金)まで角川シネマ新宿にて「大映男優祭」が開催、『座頭市物語』『地獄門』『白い巨塔』等45作品を一挙上映 詳しくはこちらで Movie Walker 4/12(木) 12:20配信 雷蔵、勝新、田宮二郎らがスクリーンに蘇る!「大映男優祭」の注目作はコレだ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00143503-mvwalk-movi 大映男優祭 http://cinemakadokawa.jp/daiei75-danyu/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

「角川シネマ新宿」の画像

もっと見る

「角川シネマ新宿」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる