「観光業」とは?

関連ニュース

【タクシー】日の丸交通、外国人従業員の採用本格化 東京五輪までに100人に増員 観光と人手不足に対応 - 09月18日(月)22:48  newsplus

タクシー準大手の日の丸交通(東京都文京区)は、外国人従業員の本格的な採用に乗り出す。 来年3月までに現在の4倍強に当たる30人、 東京五輪・パラリンピックが開かれる平成32年には100人まで増員する計画だ。 五輪・パラリンピックに向けて急増している訪日外国人観光客と、深刻さが増している人手不足の問題に対応するのが狙い。 乗務員は単純労働とみなされるため、就労ビザが発給されない。 このため外国人を乗務員としてとらえているタクシー会社での採用は進まなかった。 これに対し日の丸交通では、観光業務に...
»続きを読む
カテゴリー:

<インバウンド>鍵は情報発信 仙台でセミナー - 09月16日(土)11:51 

日本政府観光局(JNTO)などは15日、東北への訪日外国人旅行者(インバウンド)を増やす戦略を考えるセミナーを仙台市内の2カ所で開いた。観光業者ら約300人が専門家の講演を聞き、情報発信の重要性などを
カテゴリー:

【欧州】観光客は迷惑? 混雑とマナーの悪さに欧州に広がる不満と抗議の声 - 09月13日(水)23:16  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3142751?cx_position=23 【9月13日 AFP】「こんな夏は二度とごめんだ」──押し寄せる観光客のせいで、街に住みづらくなったことにいら立ちを強めたスペイン・バルセロナ(Barcelona)の住民たちが抗議に立ち上がった。  欧州内の一部には観光業を敵視する動きが広がっている。スペイン北東部カタルーニャ(Catalonia)自治州にあり、観光客に大人気のバルセロナもそうした街の一つだ。  世界の旅行者数は、1995年の5億2500万人から2016年には12億人に増加。背景には、格安航空会社の参入や、中国...
»続きを読む
カテゴリー:

【税】「出国税」を検討? 観光庁が観光財源確保へ 有識者会議 - 09月12日(火)23:46  bizplus

 平成32年までに訪日外国人客数を4千万人に増やす政府目標の達成に向け、観光庁は12日、訪日客の受け入れ態勢整備などに充てる新たな財源を検討する有識者会議の初会合を15日に開くと発表した。旅行者から徴収する「出国税」といった海外の事例も参考に、今秋までに議論をまとめる方針だ。  有識者会議は観光分野の関係者や税制の専門家らで構成。財源規模や徴収方法、使途など制度の詳細を議論する。10月末までに5回開く予定で、年末に取りまとめる税制改正大綱への反映を目指す。  海外では、オーストラリアが航空機...
»続きを読む
カテゴリー:

『Reborn-Art Festival 2017』 "1泊2日"アート体験が、すごかった。 - 09月09日(土)11:10 

前回の記事、わーっ!と書き上げてすごい達成感に包まれたんですが、まだ「体験のリセット」段階までしか終わってなくて愕然としました……。〈DAY1 12:30〉海底8メートルの屋上から体をリセットしたあと、最初のプログラムは『触覚をひらくインスタレーション』。参加者は荻浜小学校の屋上へ上がる。そこには、アーティスト、大崎晴地さんの作品『seafloor』が。大崎さんは、心身発達のリハビリテーションなどに携わりながら制作にとりくんでいるアーティスト。作品は児童福祉施設でも活用されているという。心と体の関係にくわしい大崎さんだからこそ、人間が本来もっている感覚を呼び覚ますアートを構築することができるのだろう。『seafloor』は、海底8メートルの世界を表現したインスタレーション作品だ。屋上には、流木や貝殻といったオブジェクトが転がり、潮の流れる音、テンプラノイズと呼ばれるシャコやフジツボの威嚇音が聞こえる。また、非可聴域(人間が音として感知することができない周波数帯域)の音も鳴っているそうで、それは振動で感じることができる。体で音を聴く、という不思議な体験……。〈DAY1 13:00〉食事でも「リセット」「シンプルなお食事をご用意しました」目の前に並ぶのは、おだし、焼き梅干しにお湯をかけた梅湯、禅粥、ふのりのお味噌汁。料理人・福原さ...more
カテゴリー:

えっ、そんな資格実在するの!?BBQ検定、夜景鑑賞士、温泉ソムリエ…あなたの知らない「資格」の世界 - 09月17日(日)11:45 

■BBQ検定、夜景鑑賞士、温泉ソムリエ…「資格」の世界が面白い 新しモノ好き女子のみなさん、最近ワクワク足りてますか? 「ちょっとマンネリ。新しいこと始めたい!」 「できればお役立ち系で、会話のネタにもなりそうなやつ……」 ありますあります、新体験。それは「ちょっと変わった資格チャレンジ」。世の中には「こんなのあるの!?」というオモシロ資格がざくざく埋もれているんです。 ニッチでユニーク、隠れた「名資格・名検定」の数々をご覧に入れましょう。   ◆夜景鑑賞士 世の中にあらゆる「士」業はありますが、こちら弁護士でも税理士でもありません。夜景鑑賞士。 いったいどの辺りの層に需要が? と調べたところ、観光業界やその道を目指す学生、地元の眺望を活かしたい自治体職員さんなどが多く受験しているようです。 1級合格には夜景ツアーのプランニングもできる知識が必要だとか。全国に散らばる「夜景遺産」の写真だけを見て名称を当てたり、各自治体の取り組みや、周辺の名所との位置関係(徒歩で行けるかなど)を細かく把握する必要があるそうです。何気に相当難しそう! でも「夜景が好き」というだけで受験・合格する一般の方もいるそうですよ。 夜景鑑賞士(主催:夜景観光コンベンション・ビューロー) 公式サイト:http://yakeikentei.jp   ◆温泉ソムリエ 温泉ソムリエ。そう呼ばれる...more
カテゴリー:

VRで旅の移動時間を快適に 観光業界が娯楽を充実、技術活用の商品企画 - 09月14日(木)06:09 

 観光業界で現実にはありえない世界に入り込んだ感覚が得られるバーチャル・リアリティー(VR=仮想現実)の技術を活用した旅行商品を企画する動きが広がっている。シニアの旅行需要が高まる中、疲れることの多い移動時間の娯楽を充実させる狙いで、長距離移動を快適にすれば、訪日外国人の需要を取り込めるとの狙いもある。
カテゴリー:

移動時間を「仮想空間」に 旅行業界に広がるVRサービス - 09月13日(水)22:51 

 観光業界で現実にはあり得ない世界に入り込んだ感覚が得られる仮想現実(VR)技術を活用した旅行商品を企画する動きが広がっている。シニアの旅行需要が高まる中、疲れることの多い移動時間の娯楽を充実させるのが狙いだ。長距離移動を快適にすれば、訪日外国人の需要を取り込めるとの期待もある。
カテゴリー:

対岸から大音響の歌=建国記念日、北朝鮮は祝祭ムード-中国側国境の丹東市 - 09月09日(土)20:35 

 【丹東(中国遼寧省)時事】北朝鮮が建国記念日を迎えた9日、中国遼寧省丹東市側から鴨緑江を挟んで北朝鮮を望むと、歌謡曲のような大音響の音楽が聞こえた。核・ミサイル開発をめぐる国際社会との緊張は感じられず、対岸は祝祭ムードに包まれているようだった。一方、丹東市民は冷ややかで、北朝鮮の核実験による「放射能が心配だ」と懸念する声が聞かれた。 朝鮮戦争当時、米軍の空爆で寸断された「鴨緑江断橋」の先端まで歩いて行くと、北朝鮮新義州市まで約300メートルの距離まで迫ることができる。中国人観光客相手の観光施設や、鮮やかな民族衣装を着た複数の女性が見られた。 北朝鮮側の桟橋からは、鈴なりの客を乗せ、黒煙を上げる遊覧船が頻繁に出ていた。中国側を一目見ようと片側に集まるため、船が斜めに傾いている。丹東市の男性ガイドは「燃料不足の北朝鮮から遊覧船はたまにしか出ず、1日に何回も見るのは初めて。特別な日だからだろうか」と驚く。 午前10時に平壌行き列車が発車する丹東駅。貿易商の北朝鮮人男性(55)は、「核実験の成功後に記念日を迎え、今の気持ちは最高だ」と声を弾ませた。中国からの原油禁輸も浮上している国連制裁議論については、「中朝貿易に少し摩擦があるかもしれないが、瞬間的な問題だ。中国は同じ社会主義国だ」と楽観した。 ところが、丹東市で観光業を営む60代の中国人男性は「北朝鮮の市民は貧しくて苦しいのに、何度も...more
カテゴリー:

女性観光客を取り込め 日本や東南ア向け商品多彩=韓国  - 09月09日(土)09:35 

【ソウル聯合ニュース】韓国を訪れる外国人観光客のうち女性が占める割合が徐々に増えていることから、観光業界で女性をターゲットにしたマーケティングが活発化している。  韓国文化観光
カテゴリー:

もっと見る

「観光業」の画像

もっと見る

「観光業」の動画

Wikipedia

観光業(かんこうぎょう)とは、観光に関連する業種の総称をいう。旅行業(旅行代理店等)、宿泊業(観光ホテル等)、飲食業、運輸業(航空会社バス会社タクシー会社等)、製造業(名産品、お土産製造等)など極めて多岐にわたるため、日本標準産業分類では業種として分類されていない。

様々な長所を有するため観光業を主要産業として位置づけている国も多く、またほとんどの国や地域で観光業の成長が図られている。

例えばフランスには年間7,600万人(2003年)の観光客が訪れ、地元の各業界に莫大な金額を落とす。このため、経済上極めて重要な業種の一つとなっており、政府は観光局を設置し、世界各国の出先事務所を通じて自国の観光や産業の広報活動を進めている。

日本でも、2002年のサッカー・ワールドカップ開催を契機に、外国人旅行者の増加を目指す「グローバル観光戦略」を策定。国土交通省が...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる