「観光振興」とは?

関連ニュース

注目を浴びる「ナイトタイムエコノミー」――夜の経済活動で日本は変わるのか? - 06月27日(火)10:00 

少子高齢化、労働人口の減少などによって、先細りが危惧されている日本経済。そんな中、経済成長、地域活性化、観光振興の最終戦略として注目されている経済ジャンルがある。それが、ナイトタイムエコノミーだ。 本書『「夜遊び」の経済学』は具体的な事例を紹介しながら、なぜ最終戦略として期待されているのかをわかりやすく解説している。IR(統合型リゾート)、カジノ研究の第一人者でもある著者の木曽崇氏に話を聞いた。 * * * ―本書のサブタイトルでもある「ナイトタイムエコノミー」という言葉は、あまり聞きなじみがないんですけれど、具体的にどういったことなのでしょうか? 木曽 ナイトタイムエコノミーの定義は「夜遊びに伴う経済活動」です。ナイトタイムエコノミーという経済ジャンルの研究や振興が世界的に進められてきたのは、1990年代からのこと。そして最近、日本の政界、経済界でもナイトタイムエコノミーの振興が必要という議論が高まりつつあります。 4月に「時間市場創出推進(ナイトタイムエコノミー)議員連盟」が設立されましたし、楽天の代表取締役会長兼社長・三木谷浩史さんが代表理事を務める「新経済連盟」も2月に「観光立国推進基本計画」の改定案への意見として、ナイトタイムエコノミーの振興を...more
カテゴリー:

天空の城・竹田城を訪れて改めて考えた「高速道路空白地帯に高速道路は必要なのか」問題 - 06月24日(土)08:52 

 近年、「天空の城」という単語をよく聞く。その代表格が、兵庫県朝来市にある竹田城だ。  私が竹田城を知ったのは30年ほど前。山城ファンだったので矢も楯もたまらず訪れ、山頂部に連なる石垣の風情に感動した。「日本にこんな城があったとは!」と思ったものだ。ただ、当時この付近は、かなり交通の便が悪かった。クルマだと、京都から国道9号線をクネクネ来るしかなかった。  兵庫県と言えば神戸を県庁所在地とする先進県だが、南部と北部では大違い。南部には山陽道や中国道など多くの高速道路が走るが、北部は国土開発幹線自動車道、つまり高速道路の空白地帯だ。高速道路の空白地帯というと、真っ先に思い浮かぶのは山陰地方だが、そこには山陰道というれっきとした国幹道の計画がある(未完成)。一方兵庫県北部にはそれもない。  ところが、先日約25年ぶりに竹田城を訪れたところ、すっかり様変わりしていた。  この付近には、17年前に姫路を始点とする播但道(兵庫県が作った自動車専用道路)が開通したが、現在は舞鶴若狭道から枝分かれした北近畿豊岡道も完成している。しかも北近畿豊岡道は、途中のトンネル区間を除き料金無料。播但道で姫路から、竹田城最寄りの和田山インターまで利用すると1000円だが、北近畿豊岡道なら、舞鶴若狭道の春日から和田山まで300円で済む。  この道路が完成したのは2006年。高速道路マニアの私も、注目し...more
カテゴリー:

世界最大級のクルーズ船誘致へ 油津港の岸壁整備 宮崎県 - 06月21日(水)17:00 

宮崎県は、世界最大級となる22万トン級のクルーズ船(乗客定員約5400人)を同県日南市の油津港に入港させ観光振興に...
カテゴリー:

【高論卓説】中国地方都市でも「ジャパンクオリティー」 - 06月19日(月)05:00 

 安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の中で順調に推移していると評価されているものに観光振興策がある。日本政府観光局によると2016年の訪日観光客は2400万人を超え、20年には4000万人を目標にしている。17年は5月上旬までに累計で1000万人を突破し、昨年より20日以上早い過去最速での達成となった。
カテゴリー:

積丹ブルーをとことん堪能する、絶景&遊び&おみやげはこれ! - 06月17日(土)21:00 

夏の積丹といえば、やっぱり生ウニ。でも、それだけじゃありません! 「積丹ブルー」と呼ばれる、エメラルドのような美しい青みを見せる海岸線は夏ドライブにぴったりのルート。この「積丹ブルー」を堪能できる、おすすめのスポットを紹介しますね。 【写真を見る】お土産におすすめの「しゃこたんブルードロップス」 ■ ダイナミックにせり出す迫力満点の岬「神威岬」 積丹半島を代表する絶景の一つでもある神威岬。日本海の雄大な眺めが両側に広がる遊歩道「チャレンカの小道」が整備され、大海原へとダイナミックにせり出した岬の先端まで、美しい眺めを楽しみながら散策ができます。 神威岬の駐車場横にある「カムイ番屋」では、「積丹ブルー」になぞらえた商品も。「しゃこたんブルードロップス」(380円)は、なんと意表をついたウニ味! 程よい大きさがお土産にも最適ですね。 名物の「しゃこたんブルーソフト」(380円)のほか、カップアイスもあり(各260円)。種類がいろいろあって楽しいですね。 ■住所:積丹町大字神岬町 ■電話:0135・44・3715(積丹観光協会)/0135・46・5730(カムイ番屋) ■時間:入口ゲート開門時間6〜8月は8:00〜19:30※天候・時期等により変更の場合あり ■ 海の底にいるウニや魚の姿も見られる「ニューしゃこたん号」 毎年約3万人の観光客が乗船する、水中展望船。美国港を出発し、約40分...more
カテゴリー:

JR西日本がNOTEと締結--瀬戸内や山陰等で歴史的建築物を用いた地域活性化へ - 06月26日(月)15:46 

JR西日本とNOTEおよびバリューマネジメントは6月26日、主にJR西日本エリア内において古民家などの歴史的建築物を活用した地域活性化に向けた業務協力に関する協定書を締結した。今回の事業協力の今後の展開として、NOTEとバリューマネジメントがこれまで取り組んできたNIPPONIAホテル事業などを、瀬戸内エリアや山陰エリアなど、JR西日本エリア内で検討・推進していく。 今回の業務協力は、古い町並みの再生や魅力的な宿泊施設の運営により、西日本エリアの観光活性化および鉄道利用の促進を図るとともに、雇用の創出などにより地域経済を循環させることを目的としている。各エリアでの具体的な開発については、地元自治体や企業・金融機関などと連携して進めていくとしている。なお、NOTEについてはJR西日本グループのコーポレートベンチャーキャピタルであるJR西日本イノベーションズが出資を決定した(第三者割当増資にて、株数: 450株、比率: 27.4%)。 NOTEは兵庫県篠山市を中心に歴史的資源を活用した地域活性化を目指し、古民家などをホテルやレストランなどの商業施設に改修する事業を行っている。地域資源である歴史的建築物をリノベーションし、その土地の文化や歴史を織り交ぜながら、宿泊施設や飲食施設などとして活用することで、「観光振興」「市街地活性化」「雇用創出」などの地域課題を解決し、交流人口の増加につ...more
カテゴリー:

中央日本DMO:ハーべー氏「昇龍道で中部圏を売り込む」 - 06月21日(水)20:52 

 中部・北陸など9県に外国人客を誘致する観光振興の中心となる組織「中央日本総合観光機構」(中央日本DMO)が設立された。事務方トップの最高執行責任者(COO)を務めるアシュリー・ハーべー氏(44)は、日本や韓国からの観光誘致を図る英国観光庁の責任者を務めた実務のプロ。中部圏をどのように売り込むのか、戦略を聞いた。【黒尾透】
カテゴリー:

「25年で作られた条例は1本」の都議会で法律のプロができることは? 三鷹市・山田浩史候補に密着【都議選直前ルポ】 - 06月20日(火)15:56 

6月23日告示の東京都議会議員選挙(以下、東京都議選。7月2日投開票)。最大の焦点は、小池百合子知事率いる「都民ファーストの会」が、自民党に代わり第一党となるかどうか。が、今回のように政局の要素が強い選挙では、時として、候補者個々の資質や人となりを見ず、政党のみを見て投票する流れもできやすい。事前予想で優勢とされている「小池新党」の各候補者は、政治家としてどんなビジョンを持っているのか――4人の候補者に迫ってみる。 ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1350053 【短期集中ルポ「小池新党は都政を変えられるのか?」第2回/三鷹市・山田浩史候補】 ◆夕方の三鷹駅での演説指導  6月17日の16時すぎ、夕暮れどきの東京・JR三鷹駅南口では、少し強めの風が吹くなかを、背広姿の男性が二人並び、何やら言葉を交わしていた。  向かって右側、グレーのスーツ姿で、身振り手振りを交えながら熱心に話をしているあごヒゲの男性は、5月31日付けで自民党に離党届を出し、都民ファーストの会を応援している、衆議院議員・若狭勝である。  そして、緑字に白抜きの文字で「本人」と書かれたタスキを黒いスーツにつけ、その若狭議員に真剣な眼差しを向けながら話を聞いているのが、都民ファーストの会で三鷹市を担当する山田浩史(32)だ。3分ほどの“密談”を終え...more
カテゴリー:

宮古島は「マンゴー共和国」 市長が〝建国〟宣言 - 06月18日(日)14:53 

 【宮古島】全国一の収穫量を誇る宮古島市産のマンゴーのPRと観光振興を目的とした「マンゴー共和国」(同実行委員会主催)が18日から始まった。市平良の「島の駅みやこ」で開催された建国式に下地敏彦市長が参加し、宮古島産マンゴーを食べ「うまい!」と太鼓判を押した。その上で「世界で一番おいしいマンゴーを...
カテゴリー:

「第2回東北の魅力発見フェアin二子玉川ライズ」を開催します! - 06月16日(金)14:30 

[東急電鉄]  本イベントは、東北地方の観光振興を目的に昨年からスタートしました。第2回となる今回は、「首都圏と東北の観光交流」と「都市と農村の共生交流」をコンセプトとして、東北の交流人口増加と東北復興への継続...
カテゴリー:

もっと見る

「観光振興」の画像

もっと見る

「観光振興」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる