「観光振興」とは?

関連ニュース

市役所職員(地方公務員)の志望動機の書き方【例文つき】 - 08月19日(土)10:00 

市役所職員というと、安心・安定のイメージがつきまとい、「定時で給与も上がっていくから市役所職員になろう!」と簡単に考えてしまう方も多いでしょう。民間よりも楽だと勘違いをして試験を受けると不合格になってしまう可能性も高いため、ぜひここで、志望動機の書き方と共に仕事の大変さを理解しておきましょう。■市役所職員の仕事っていったい何しているの?民間企業と同じように、市役所にも総務部などの部署があります。ただし、都道府県、区民、市町村民の安心安全な生活を守るための仕事のため、範囲は多岐に渡ります。ライフラインである上下水道整備、ごみ処理などの生活を支えるものから、納税や福祉、医療、生活支援などの何かあったときの対応、自治体としての基盤を支えるための経済、会計など。その他、学校運営管理などに関わる仕事や教育委員会、選挙管理委員会の事務局、自治体によっては観光振興などの部署がある場合もあります。■市役所職員の仕事、職場環境を知ろう!意外と知られていませんが、市役所職員は異動が多い仕事です。自治体にもよりますが、多くは3年~5年程度経ったら異動というジョブローテーションを行います。楽なイメージのある窓口業務以外に、生活支援などの部署であれば生活保護受給者のお宅に訪問して、生活保護受給の該当となるような暮らしをしているかどうかの確認業務。納税課であれば、税金を滞納している方の財産を差し押さえるなど、...more
カテゴリー:

【JAF秋田】JAF秋田支部と仙北市が「観光振興に関する協定」を締結 - 08月18日(金)17:30 

[一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】] [画像: https://prtimes.jp/i/10088/1749/resize/d10088-1749-146437-0.jpg ] 本協定は、仙北市とJAFがもつ資源を有効活用し、相互に観光振興を通じて地方創生に寄与することを目的とした協定で、JAF秋田...
カテゴリー:

子どもの視点 市政に新風 姶良市で「若者議会」 - 08月16日(水)22:00 

 姶良市議会議場で9日、市内の中高生20人が市政について質問する「若者議会」があった。同市では初の取り組み。駅や道路整備、観光振興、定住促進、学校トイレの洋式化など、市の発展や市民生活に若者の視点で切り込んだ。
カテゴリー:

日本版DMO、観光地域づくりに資するマーケティングツール「観光予報プラットフォーム」活用コンテストのお知らせ - 08月15日(火)15:00 

[公益社団法人日本観光振興協会] 【応募区分・資格】 ※個人・グループ応募可 (1)学生部門    高校生、大学、大学院生の研究材料として、観光予報プラットフォームの活用、提案 (2)地域部門    自治体、地域の観光推進組織、DMOな...
カテゴリー:

みやき町で「子ども議会」 中学生まちづくりの提案続々 - 08月14日(月)06:40 

中学生が一日議員となって町の課題について執行部と意見を交わす子ども議会が9日、みやき町役場中原庁舎の町議場であった。子どもたちは防災や農業、観光振興など多岐にわたって一般質問し、よりよいまちづくりを考えた。 子ども議会は議会改革の一環として2013年から始め、5回目。町内にある北茂安、三根、中原の3中学校から12人が参加した。各校から1人ずつ議長役を務め、9人が登壇して持ち時間20分で一般質...
カテゴリー:

バイパス建設着々 観光振興期待 薩摩川内・高城温泉 - 08月19日(土)06:30 

 薩摩川内市湯田町の川内高城温泉を通る県道東郷西方港線で、道幅の狭い温泉街を迂回するバイパス工事が進んでいる。7月下旬までに2本のトンネルが貫通し、現在は内部の工事が進行中。開通は来年度以降の見通しで、安全性の向上や観光への効果に期待の声が上がる。
カテゴリー:

「うどん県」が火付け役 広がる自治体PR動画 移住促進、観光振興狙う - 08月17日(木)09:59 

地域の魅力を映像で紹介するプロモーション動画の制作が全国の自治体で広がっている。
カテゴリー:

空港や機内番組で観光名所など紹介=全日空徳島支店〔地域〕 - 08月16日(水)10:10 

 全日本空輸徳島支店は8月から、観光振興や移住促進などを目的とした徳島県との包括協定の一環で、徳島空港や国際線および国内線の機内で、県内の観光名所や食、文化を紹介する番組の上映を始めた。 25分にまとめた自主制作番組で、タイトルは「スカイアイ~空からのメッセージ~アワにアイして徳島編」。日本語のほかに英語の字幕入りでも配信する。同空港と国内線の機内では8月いっぱい、国際線は10月まで上映する。 番組では空港スタッフの女性が案内役として出演し、鳴門海峡の渦潮や世界三大土柱の「阿波土柱」などの名所のほか、阿波踊りや藍染め工場などの伝統文化、鳴門鯛や地酒などを紹介している。 同徳島支店の鈴木敦副支店長は「海外の人たちが番組を見て、羽田経由で徳島に足を運んでもらい、地域振興につなげていきたい」と話している。 【時事通信社】
カテゴリー:

カーミージー保全へ条例案 浦添市、県内初の里浜保全条例 - 08月15日(火)11:27 

 【浦添】浦添市は米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)北側の礁池(イノー)、通称「カーミージー(亀瀬)」を保全し、観光振興や環境学習に活用しようと、「浦添市里浜の保全及び活用の促進に関する条例」の素案を策定し、14日から市ホームページでパブリックコメントを募集している。  2018年4月の施行に...
カテゴリー:

相模川の芋煮会 有料化 - 08月13日(日)21:23  news

バーベキュー、人気スポットで社会実験 厚木市  厚木市が新たな観光振興策として検討しているバーベキュー(BBQ)の社会実験が相模川、中津川、小鮎川が合流する市内の河川敷で始まった。 小田急線本厚木駅から近く、週末は家族連れや若者でにぎわう県内有数の人気スポットだが、ごみの持ち帰りなど利用者のマナー徹底が 長年の課題になっている。  社会実験は「手ぶらBBQ」と銘打ち、約2500平方メートルの専用エリアを設定、グリルやテーブルなどの器材一式、肉や焼きそばなどの食材を提供、 ごみ類の回収も行う...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「観光振興」の画像

もっと見る

「観光振興」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる