「親潮」とは?

「親潮」の画像

もっと見る

「親潮」の動画

Wikipedia

親潮(おやしお、Oyashio Current)とは千島列島に沿って南下して日本の東まで達する海流である。北太平洋亜寒帯循環の西岸沿いに南下する部分を構成するナショナルアトラス(日本国勢地図帳)。千島海流(ちしまかいりゅう、Kuril Current)とも呼ばれ、黒潮とならび日本近海を流れる代表的な海流である親潮の変動(異常気象レポート2005)気象庁。この流れは日本列島の東岸で黒潮とぶつかり北太平洋海流(北太平洋ドリフト)となって東方へ向かう流れとなる。栄養塩に富んでおり、親潮という名は「魚類を育てる親となる潮」という意味でつけられた。また北海道東方や釧路沖、三陸沖などに存在する低温・低塩分で溶在酸素量が多く、栄養塩に富んだ水塊のことを親潮という場合もある。

流路

カムチャツカ海流の一部がオホーツク海に入り、オホーツク海の更に低温・低塩分な...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる