「親会社」とは?

関連ニュース

香港書店関係者、また拘束=北京行き列車から連行-米紙 - 01月23日(火)19:57 

 【香港時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は23日、中国共産党政権を批判する「禁書」を扱っていた香港の書店関係者失踪事件に関連し、昨年10月に中国で釈放された書店親会社株主の桂民海氏が再び拘束されたと報じた。桂氏の娘アンゲラさんが同紙に明らかにした。 スウェーデン国籍の桂氏は20日、同国大使館で検診を受けるため、北京行きの列車に乗っていたところ、約10人の私服警官に連行されたという。桂氏にはスウェーデンの外交官2人が同行していた。桂氏や外交官が抵抗したかなど詳細は不明。アンゲラさんは「理解に苦しむ犯罪だ」と批判した。 桂氏は2015年にタイで失踪後、中国本土で拘束されていることが判明。交通事故を理由にした服役を終え、現在は浙江省寧波市で暮らしている。 中国外務省の華春瑩・副報道局長は23日の記者会見で、桂氏の拘束について「関連部門に聞いてほしい」と確認を避けた。 【時事通信社】
カテゴリー:

ラオックス、「SUNING PAY」を日本初導入 全国15店舗に - 01月23日(火)19:37 

ラオックスは、親会社である蘇寧雲商集団のグループ企業が運営する決済システムである「SUNING PAY(蘇寧金融 APP)」を日本で初めて導入する。 2017年の年間決済額は7,000億人民元(約10.5兆円)、ユーザー数は1億3,000万人に及ぶ。2016年のQRコード決済額は6,500億人民元で、実店舗消費全体に占めるシェアは1.9%だという。ラオックスではアリペイ、WeChat Payのモバイル決済を導入しており、中国人観光客のニーズに対応している。グループでのシナジー効果や、「SUNING PAY」の海外展開の足がかりになることも見込む。 まずは新宿本店でサービスを開始し、全国15店舗へ展開する。利用者向けのキャンペーンも実施する。
カテゴリー:

北海道知事、香港の航空会社2社を訪問 キャセイは旭川へチャーター便運航へ - 01月22日(月)09:49 

北海道の高橋はるみ知事は、1月14日から16日までの日程で香港を訪れ、キャセイパシフィック航空と香港航空の北海道に就航する航空会社2社を訪問した。 キャセイパシフィック航空ではロナルド・ラム取締役ら、香港航空ではヴィトー・ジャン副総裁らが応対し、既存路線の増便、道内地方空港の活用、路線拡大などについて意見交換した。 キャセイパシフィック航空は、2016年12月の新千歳空港での大雪によるトラブルがあったことから、人気があるディスティネーションでは複数の空港に乗り入れるべきという話が社内であったことから、まずは旧正月に旭川空港へのチャーター便を運航する計画であることを明らかにした。香港航空は、親会社が中国の海南航空であることから新千歳空港への乗り入れが規制されており、日本政府への緩和の働きかけを求めた。 キャセイパシフィック航空は札幌/千歳〜香港線を1日2便、香港航空は札幌/千歳〜香港線を週11便運航している。
カテゴリー:

ダイエー消えてもドムドムは不滅。6年ぶり新規出店で復活目指す - 01月22日(月)05:00 

日本生まれで国内初のバーガーチェーンとして知られる「ドムドムハンバーガー」が昨年12月8日、ロゴも制服も一新し再出発のための一歩を踏み出しました。さらに6年ぶりとなる新規店舗も開店、競争が激化するハンバーガー業界で同社はかつての輝きを取り戻せるのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者・佐藤昌司さんがドムドムハンバーガーの今後を占います。 「ドムドム」が復活。マクドナルドに勝つために必要なこととは 象のブランドロゴでおなじみのハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が新しく生まれ変わり、復活を遂げるべく出店を強めていくようです。 ホテル事業や再生事業を手掛けるレンブラントホールディングスは12月8日、ダイエー傘下のオレンジフードコートから昨年7月にドムドムハンバーガー事業を承継してから初の新規出店店舗となる「ドムドムバーガー厚木店」(神奈川県厚木市)をオープンしました。ドムドムハンバーガーから新規店舗がオープンするのは約6年ぶりのことです。15日には「ラフレ初生店」(静岡県浜松市)もオープンしています。 「ドムドム」と聞いて懐かしく思う人も少なくないのではないでしょうか。1号店を東京都町田市に出店したのが1970年で、マクドナルド(71年)やモスバーガー(72年)よりも早く日本で展開を始めた国内初のハンバーガーチェーンとされていますが...more
カテゴリー:

【サッカー】<セルジオ越後>「欲しいなら、ライバルチームだろうとオファーを出すのは当然」 宇佐美にオファーを出せばいいい - 01月20日(土)00:31  mnewsplus

Jリーグ各チームが、新シーズンに向けての補強を行なっている。 注目は名古屋が獲得を発表した元ブラジル代表FWジョー。移籍金約12億円、年俸は3年総額約11億円ともいわれるビッグディールだ。 日本での知名度は低いけど、191cmの長身ながらテクニックも兼ね備えた30歳のストライカー。 過去には欧州の名門クラブでプレーした経験を持つ。ブラジル代表としても2014年ブラジルW杯に出場している。 一時期、ブラジルでは「一線を過ぎた選手」という評価を受けていたけど、昨年のブラジル全国選手権1部リーグで...
»続きを読む
カテゴリー:

ラオックス、「SUNING PAY」を日本初導入 全国15店舗に - 01月23日(火)19:37 

ラオックスは、親会社である蘇寧雲商集団のグループ企業が運営する決済システムである「SUNING PAY(蘇寧金融 APP)」を日本で初めて導入する。 2017年の年間決済額は7,000億人民元(約10.5兆円)、ユーザー数は1億3,000万人に及ぶ。2016年のQRコード決済額は6,500億人民元で、実店舗消費全体に占めるシェアは1.9%だという。ラオックスではアリペイ、WeChat Payのモバイル決済を導入しており、中国人観光客のニーズに対応している。グループでのシナジー効果や、「SUNING PAY」の海外展開の足がかりになることも見込む。 まずは新宿本店でサービスを開始し、全国15店舗へ展開する。利用者向けのキャンペーンも実施する。
カテゴリー:

あのNBAがeスポーツに本格参入! NBA 2K Leagueのキーパーソンに聞く、eスポーツとしての『NBA 2K』シリーズの可能性 - 01月22日(月)18:00 

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)と『NBA 2K 』シリーズの発売元である2Kの親会社、テイクツー・インタラクティブがプロフェッショナルeスポーツリーグNBA 2K League を共同設立。その詳細に迫る。
カテゴリー:

【経済】東証はフラれた? サウジからの「巨額IPO」の行方 - 01月22日(月)06:41  newsplus

  東京証券取引所の「初夢」は不発に終わったのか――。ロイター通信が2018年1月12日までに報じた内容によると、東証は、サウジアラビアの国営石油会社、サウジアラムコが18年中に予定する上場先の候補から「落選」したという。最大1000億ドル(約11兆円)とも言われる巨額の新規株式公開(IPO)をめぐって世界の取引所が火花を散らす中、サウジ政府側は「上場先はまだ決まっていない」との公式見解を示しているが、東証の旗色は悪そうだ。    サウジ政府は、ムハンマド皇太子が進める経済構造改革の一環として...
»続きを読む
カテゴリー:

北レス続々閉店。ついに瀋陽七宝山ホテルが営業停止。親会社鴻祥の処分がポイントに - 01月20日(土)08:45 

 中朝合弁企業にとって運命の日となった1月9日、中国瀋陽の「七宝山ホテル」が突然営業停止となりすでにホテル入口が封鎖されている。  実は新年を迎えてからも普段通り営業しており5日に瀋陽在住者へ直接フロントで確認してもらっ […]
カテゴリー:

神戸三浦淳寛新SD「バルセロナのサッカー目指す」 - 01月19日(金)20:33 

 ヴィッセル神戸は19日、神戸市内で新加入発表記者会見を行った。新設されたチーム強化の総責任者であるスポーツダイレクターに就任した元日本代表の三浦淳寛氏(43)が「バルセロナのサッカーを目指す」と宣言した。  親会社の楽天は、スペイン1…
カテゴリー:

もっと見る

「親会社」の画像

もっと見る

「親会社」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 子会社...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる