「覚醒剤」とは?

関連ニュース

高校教諭が覚醒剤使用の疑い 「家の帰り方わからない」 - 08月19日(土)23:08 

 広島県警は19日、県立高校教諭の飯田一明容疑者(45)=同県福山市南本庄2丁目=を、覚醒剤取締法違反(使用)容疑で緊急逮捕し、発表した。 福山東署によると18日夜、同市内の交番で、飯田容疑者のろれつ…
カテゴリー:

覚醒剤使用容疑:広島県立高校教諭を逮捕 - 08月19日(土)10:15 

 広島県警福山東署は19日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、広島県立竹原高校教諭の飯田一明容疑者(45)=同県福山市=を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めている。
カテゴリー:

【広島】覚醒剤使用の疑い、高校教諭逮捕 ふらついた状態で交番に連れてこられる 福山市 - 08月19日(土)09:29  newsplus

広島県警福山東署は19日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、 広島県立竹原高校教諭の飯田一明容疑者(45)を逮捕した。 「間違いない」と容疑を認めている。 逮捕容疑は8月中旬から18日までの間、大阪府内や広島県内などで覚醒剤を使った疑い。 福山東署によると、福山市吉津町の交番に18日夜、 付近の住民が「酒に酔った人がいる」と足元がふらついた状態の飯田容疑者を連れてきた。 注射器や覚醒剤が入っていたとみられる袋を持っており、 同署に任意同行し、尿検査で陽性反応が出たため逮捕した。 覚醒剤を使...
»続きを読む
カテゴリー:

覚醒剤11億円分密輸か 日本人男とウガンダ女を逮捕 - 08月19日(土)01:30  newsplus

覚醒剤11億円分密輸か2人逮捕 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/1086110651.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 先月、成田空港で、末端の密売価格にして11億円分の覚醒剤をスーツケースに隠して 密輸しようとしたとして、男女2人が逮捕・起訴されました。 逮捕・起訴されたのは、千葉県山武市の松山健吾被告(76)と成田市の飲食店経営者で ウガンダ国籍のマリアム・カグア・モアヴィタ被告(36)です。 起訴状などによりますと、2人は先月下旬...
»続きを読む
カテゴリー:

現代社会の病理を知る - 08月18日(金)18:00 

覚醒剤で逮捕される人間はあとを絶ちません。なぜ危ない薬に手を出してしまったのか、理由はあとづけでいくらでも推察されますが、それでも本当のことは本人にしかわからないと言われています。果たして本当なのか。本当のことは本人だけでなく、誰にもわからないのではないか。そうした問いに立ち向かった本が石丸元章による『覚醒剤と妄想:ASKAの見た悪夢』(コアマガジン)です。 何を見ていたのか 著者は、もともと80年代に、子どもの噂話ネットワークなどをテーマとするライターとしてデビューしました。その後、社会の各所に存在するゴンゾー(ならず者)たちに興味を向け、ドラッグにまみれたジャンキーたちの取材を重ねるうちに自らも薬物中毒者となり逮捕されてしまいます。その過程をつぶさに記した『SPEED』(文春文庫)など数多くの名作を残しています。本書では、脱法ハーブにより薬物中毒治療の病院へ入院していた際に出会ったASKAとの交流から、現代社会においてドラッグはどういう風に位置づけられるのか、さらに薬物中毒者が抱く妄想は、果たして悪なのか。時に「電波系」として揶揄されるフレーズの妥当性などについて考証が重ねられています。本書では、著者が記す90年代のサブカルチャーの回顧録も記されていますので、ある世代の人にとっては懐かしく響くことでしょう。ドラッグを正面切って断罪するのではなく、その内実はどうなっているのか...more
カテゴリー:

周囲の人間は気づいてる!? 週末シャブ中の怪しい行動 - 08月19日(土)15:56 

 不良や、若い頃にハマっていた中高年が使うクスリ……。そんなイメージのある覚醒剤だが、実は平日マジメに仕事をし、週末だけ使うという20代、30代の“週末シャブ中”も少なくない。アブないクスリにハマッてしまった実例から、その実態を探る。 ◆40~50代にはバレバレ? “週末シャブ中”を取り巻く人々  職場バレこそしていない“週末シャブ中”だが、脇が甘く、危機意識も低い。では、そんな彼らは周囲の目にどう映っているのか? 友人や遊び仲間の声を集めた。 「一口飲んだだけで泥酔して寝始めたり、逆に何も飲まないで、ずっと自分の話をしたり……。最近、仕事忙しそうだから、疲れてるんじゃないですかね。心配です」(29歳・女性) 「ぶっちゃけ何かクスリやってるんじゃないですかね(笑)。目つきもテンションも、明らかにおかしいもん」(27歳・男性)  異変には気づいていたが、20代の視点ではシャブの影響だとは断言できないようだ。  一方で、40代以上は、さすがと言うべきか、覚醒剤だと見抜いている人が多かった。 「ガンガン冷房が効いてるのに、鼻の周りはずっと汗ダラダラだし、どう見てもシャブじゃん。やったことあるヤツなら、汗の臭いですぐわかるよ」(40歳・男性) 「土曜は狂ったようなテンションで、日曜は姿を見せない。それで、月曜日に尋常じゃない量の料理の写真をインスタとかフェイスブックにアップ...more
カテゴリー:

覚醒罪:スーツケース満杯18キロ 成田の旅客最多押収量 - 08月19日(土)09:36 

 成田空港で覚醒剤約18キロ(末端価格約11億5000万円)を密輸しようとしたとして、千葉地検は18日、千葉県山武市のアルバイト、松山健吾(76)と千葉県成田市の飲食店経営、マリアム・カグア・モアヴィタ(36)=ウガンダ国籍=の両容疑者を覚せい剤取締法違反(営利目的密輸)などで起訴した。成田空港で旅客から押収された量としては統計開始の1989年以降で最多という。
カテゴリー:

高校教諭、覚醒剤使用疑い 広島県警が逮捕 - 08月19日(土)09:00 

広島県警福山東署は19日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、広島県立竹原高校教諭の飯田一明容疑者(45)=同県福...
カテゴリー:

覚醒剤11億円分の密輸図った容疑 男女2人を逮捕・起訴 - 08月18日(金)19:55 

先月、成田空港で、末端の密売価格にして11億円分の覚醒剤をスーツケースに隠して密輸しようとしたとして、男女2人が逮捕・起訴されました。
カテゴリー:

【芸能】2世タレントがテレビでやたらと目立つ理由 - 08月18日(金)09:47  mnewsplus

■「2世タレント」増加に歯止めがかからなくなっている 「このパッとしない感じのタレント、誰? ……ああ、○○さんの子どもか」 テレビを見てそう思ったことがある人も少なくないだろう。 最近のテレビでは、親が芸能人であるタレント、いわゆる「2世タレント」がやたらと目につく。 2世タレントというものは以前から存在していたのだが、特にここ数年はその人数が飛躍的に増えていて、増加傾向に歯止めがかからなくなっている気がする。 そもそも「2世タレント」という単語にはネガティブな印象が付きまとう。 「突出した才能が...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「覚醒剤」の画像

もっと見る

「覚醒剤」の動画

Wikipedia

覚醒剤(かくせいざい、Awakening Drug、覚醒アミンとも)とは、アンフェタミン類の精神刺激薬である。脳神経系に作用して心身の働きを一時的に活性化させる(ドーパミン作動性に作用する)。覚醒剤精神病と呼ばれる中毒症状を起こすことがある。乱用・依存を誘発することがある。本項では主に、日本の覚せい剤取締法の定義にて説明する。ほかの定義として、広義には精神刺激薬(Stimulant)を指したり、狭義には覚せい剤取締法で規制されているうちメタンフェタミンだけを指すこともある。

狭義の意味の、日本の覚せい剤取締法で管理される薬物には、フェニルアミノプロパンすなわちアンフェタミン、フェニルメチルアミノプロパンすなわちメタンフェタミン、およびその塩類やそれらを含有するもの...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる