「視床下部」とは?

関連ニュース

【医師監修】妊娠2ヶ月は体調の変化が続出? 胎児の状態と生活面での注意点5つ - 11月06日(月)06:54 

妊娠2ヶ月目は、生理の遅れや体調の変化など、さまざまな妊娠のサインが現れ始め、お母さんが妊娠したことに気づく時期です。ここでは、具体的にどんな変化が現れるかや、お腹の赤ちゃんの状態、この時期に気をつけたいことなどをご紹介していきます。 この記事の監修ドクター 東峯婦人クリニック 松峯美貴先生 日本産婦人科学会専門医 東峯婦人クリニック 思春期から老年期の女性の悩みをささいなこと、恥ずかしくて聞けないことでもざっくばらんににきける身近な外来をめざしています。女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍するあなたのお手伝いをします。 http://www.toho-clinic.or.jp/ 妊娠2ヶ月はどんな時期? 妊娠したことに気づく 妊娠2ヶ月目は、妊娠週数でいえば4~7週にあたります。前回の生理から1ヶ月以上経つので、生理が遅れていることがわかり、「もしかして妊娠したのかな?」と気づき始めるのがこの時期です。お母さんのお腹は、まだまだ大きくなりませんが、体の中では、急激にホルモンバランスが変化しているため、それにともなって、さまざまな体調の変化が現れるようになります。 妊娠によってもたらされる体調の変化 個人差がありますが、この時期に見られる主な症状には、...more
カテゴリー:

「視床下部」の画像

もっと見る

「視床下部」の動画

Wikipedia

視床下部(ししょうかぶ、)は、間脳視床の前下方で、第三脳室下側壁)に位置し、自律機能の調節を行う総合中枢である。中脳以下の自律機能を司る中枢がそれぞれ呼吸運動血管運動などの個々の自律機能を調節するのに対して、視床下部は交感神経副交感神経機能及び内分泌機能を全体として総合的に調節している。

構造
  • 室周層にある下垂体前葉ホルモン調節因子を分泌する漏斗核(弓状核、隆起核)
  • 視床下部の前部で室周層と内側群の間にあるオキシトシンを産生する室傍核
  • 視索の背外側および腹内側にあるバゾプレッシンを産生する視索上核
  • 内側核群にあるGnRHを分泌する視索前核...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる