「規制改革」とは?

関連ニュース

卸売市場への条件付き民間参入 自民が見直し案を了承 - 12月05日(火)22:37 

 自民党は5日、青果や肉、水産物などの生鮮食品を扱う中央卸売市場への民間参入を条件付きで認めることなどを盛り込んだ政府の見直し案を了承した。しかし農家などの反発に配慮して、卸売業者が理由なく出荷物の引き受けを拒めない「受託拒否の禁止」など生産者を保護する一部の規制は維持。規制の原則撤廃を求めてきた政府の規制改革推進会議の提言内容には届かない、玉虫色の決着となった。
カテゴリー:

「放送業には公共性がある」「外資参入を規制できない」 日本だけが導入していない「電波オークション制度」政府は結論を持ち越し★2 - 11月30日(木)13:06  newsplus

電波割り当てに価格競争を=入札制度は結論持ち越し―規制改革会議 11/29(水) 20:36配信 時事通信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000151-jij-pol  政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大学教授)は29日、電波の割当制度改革に関し、 価格競争の要素を取り入れた新たな方式を導入するよう求めることを柱とする答申をまとめた。  電波の周波数帯の利用権を競争入札にかける「電波オークション制度」導入については、業界団体の慎重意見を踏まえ、結論を持ち越した。  答申を受けた安...
»続きを読む
カテゴリー:

電波の「経済的価値」を追加 規制改革推進会議、首相に答申 - 11月30日(木)06:14 

 政府の規制改革推進会議は29日、官邸で電波制度改革、待機児童解消、森林・林業改革の3分野についての答申を安倍晋三首相に提出した。会議後に記者会見した大田弘子議長(政策研究大学院大教授)によると、安倍首相は答申を基に12月に取りまとめる「経済政策パッケージ」に盛り込み、政府方針として決定する考えを示したという。大田議長は「実質2カ月間の議論だったがしっかりとした成果が出せた」と述べた。
カテゴリー:

【放送】「電波オークション」は先送りに 価格競争要素は導入・・・政府・規制改革推進会議 - 11月29日(水)23:49  mnewsplus

政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大学教授)は29日、 放送や通信などに使われる電波の有効利用を進めるための制度改革案を盛り込んだ規制緩和策を安倍晋三首相に答申した。 焦点となっていた電波割当制度では、複数の事業者が電波利用を申請した場合、現行の事業計画に関わる書類審査に加えて 価格競争の要素も考慮して選考するよう求めた。 電波の利用権を競争入札で決める「電波オークション制度」の導入については、「検討を継続する」と先送りした。 現在の電波割当制度は、複数の事業者が電波利用を...
»続きを読む
カテゴリー:

規制改革推進会議 電波割り当て制度で新方式導入求める答申 - 11月29日(水)20:27 

政府の規制改革推進会議は電波の割り当て制度をめぐり、入札価格や技術力などを評価して周波数帯を割り当てる新たな方式の導入を求める答申を決定し、安倍総理大臣は来月策定する政策パッケージに反映して、実行に移していく考えを示しました。
カテゴリー:

政治から読み解く【経済と日本株】原口氏:電波オークション - 12月05日(火)15:50 

原口氏は「国民の命を守る観点からサイバー攻撃に対する防衛 消防予算 表現、言論、報道の自由の観点から 電波オークションと規制改革会議の問題点 クロスオーナーシップ規制 について取り上げます。
カテゴリー:

電波割り当て改革、5G当初は現行審査 携帯3社の影響は限定的 - 11月30日(木)06:15 

 電波の周波数帯の利用権を競争入札にかける電波オークションの導入をめぐり、29日の規制改革推進会議は「検討継続」と答申した。制度導入に反対してきた携帯電話大手3社は胸をなで下ろした格好だ。答申には、新しい周波数割り当てでオークションに近い価格競争の要素を導入することも盛り込まれたが、2020年開始予定の第5世代(5G)移動通信方式の最初の割り当てには間に合わず、現状維持が続く。
カテゴリー:

電波割り当ての改革など提言 - 11月30日(木)04:48 

電波割り当ての改革など提言:政府の規制改革推進会議は29日、電波の割り当て制度の改革や待機児童解消など、3つの分野についての答申を安倍首相に提出した。...
カテゴリー:

規制改革推進会議 電波オークションは「検討継続」 当初は現状維持 - 11月29日(水)23:09 

 電波周波数帯の利用権を競争入札にかける電波オークションの導入をめぐり、規制改革推進会議は「検討継続」と答申した。制度導入に反対してきた携帯電話大手3社は胸をなで下ろした形だ。答申には新しい周波数割り当てでオークションに近い価格競争の要素を導入することも盛り込まれたが、平成32年開始予定の第5世代(5G)移動通信方式の最初の割り当てには間に合わず、現状維持が続く。ただ、会議ではオークション導入を求める声も根強く、議論の行方は予断を許さない。
カテゴリー:

電波オークション導入で推進論と反対論が激しく交錯。 安全保障上の懸念も - 11月28日(火)19:01  news

 電波オークションの扱いは通信・放送事業のあり方を大きく左右しかねないだけに、 9月から本格化した政府の規制改革推進会議の議論は推進論と反対論が激しく交錯した。  推進会議に設けられたワーキンググループでも、通信・放送事業者は「放送の公共性や継続性が損なわれる恐れがある」などと導入反対を表明した。 また、監督官庁の総務省も「外資の参入を規制できず、安全保障上の懸念が生じる」などと慎重な姿勢を示した。  総務省は11月に入って「電波有効利用成長戦略懇談会」を立ち上げた。 10日の会合で野田聖...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「規制改革」の画像

もっと見る

「規制改革」の動画

Wikipedia

規制改革(きせいかいかく、) 自民党政権下の規制改革

  • 規制改革委員会(1999年-2001年)
  • 総合規制改革会議(2001年-2004年)
  • 規制改革・民間開放推進会議(2004-2007年)
  • 規制改革会議:(2007年-2010年、2013年-2016年)
  • 規制改革推進会議:(2016年-)

;規制改革に関する役職

民主党政権下の規制改革 関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる