「規制改革」とは?

関連ニュース

萩生田官房副長官の「ご発言」を紛れ込ませた、文科省「最後の一刺し」 - 06月25日(日)08:00 

安倍首相から「再調査」を命じられ、新たに8つの文書の存在を明らかにした文科省。しかし、その中には安倍首相らが予想だにしなかったものまで混ざっていたようです。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、「文科省職員たちの官邸、内閣府に対する不信感がこの行動を起こさせた」との見方を示しています。 安倍最側近に文科省の「一刺し」 先週号で、加計学園の獣医学部を今治市に新設する計画について、萩生田官房副長官がどのようにからんでいたかを書いた。 当初明るみに出た文科省の内部文書8つのなかに、「萩生田副長官ご発言概要」というのがある。萩生田氏が「四国には獣医学部がないので、その点では必要性に説明がつくのか」「私の方で整理しよう」と語ったことが記録されている。 獣医の数は足りているので獣医学部の新設は必要ないという日本獣医師会、農水省、文科省の従来の考えを覆すための戦術を萩生田氏が、総理の知恵袋、今井首席秘書官らとともに練っていたことは、おおよその見当がつく。 獣医師会を納得させるには一校が限度だ。だが、京都産業大学という強敵が獣医学部設置に手をあげている。京産大を閉め出すため、昨年11月9日の国家戦略特区諮問会議に示され、決定されたのが「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り獣医学部の新設を可能とする」だった。獣医学部のない四国に絞るための文言だ。 実はこれ、「獣医師...more
カテゴリー:

【加計学園】前川喜平「メディアまで私物化されたら日本の民主主義は死ぬ」 出会い系バー報道を批判 - 06月24日(土)09:22 

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/23/maekawa_n_17266326.html 文部科学省の前川喜平・前次官が6月23日午後、都内の日本記者クラブで記者会見した。学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設を巡る問題で、朝日新聞や週刊文春が「行政がゆがめられた」などと証言するインタビューを掲載する直前に、前川氏が在職中、東京・歌舞伎町の出会い系バーに出入りしていたことを報じたことを「首相官邸の関与があった」として、「日本の民主主義は死んでしまう」と警告を発した。 ■文書公開で「国民の疑惑がさらに深まった」 前...
»続きを読む
カテゴリー:

ストレステスト全34行合格 米FRBが結果公表 - 06月23日(金)22:31 

 米連邦準備制度理事会(FRB)は22日、大手銀行持ち株会社を対象にした資本に関する健全性審査(ストレステスト)の結果を公表した。自己資本が基準を下回るケースはなかった。今年の対象は前年より1行多い34行。ストレステストはリーマン・ショックを機に成立した金融規制改革法(ドッド・フランク法)に基づく規制の一環。
カテゴリー:

日本のタクシー業界は「白タク解禁」で駆逐されてしまうのか? - 06月23日(金)05:00 

消費者の節約志向や公共交通機関の利便性の向上などで、苦境に立たされている日本の「タクシー業界」。さらに政府の規制改革推進会議が近く「白タク」(営業許可を受けず、自家用車を使ってタクシー営業する車)の解禁に向けた答申を出す方向で調整していたり、日本にも上陸している配車アプリ「Uber」が一般人の“白タク化”を加速させるなど、ますます生き残りが難しい状態となっています。今後、タクシー業界は生き残りをかけてどんな戦略・戦術を展開していけばいいのでしょうか。無料メルマガ『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』では著者でMBAホルダーの安部徹也さんが、実際のデータを交えつつ詳しく分析しています。 タクシー業界に迫る“破壊的イノベーション”―既存のタクシー会社はどうすれば生き残れるのか? タクシー業界は、経済の先行き不安からくる消費者の節約志向や、新たな路線開発や相互乗り入れによる電車などの公共交通機関の利便性の向上、またITや通信技術の発達による移動の必要性の低下、さらには健康志向の高まりでワンメーターほどの短い距離であれば歩く人々の増加など様々な要因で利用者が減少し続け、現在厳しい状況に立たされています。 出典:国土交通省「タクシー事業の現状について」 また、もともとタクシー業界は規制の波に翻弄されてきた歴史もあります。 2002年にはタクシーの数量規制が廃止され、多くの事業者...more
カテゴリー:

【加計学園問題】朝日新聞が都合の悪い部分(「総理からの指示に見えるのではないか」)を影で隠して報道していた - 06月22日(木)07:41 

http://netgeek.biz/archives/98323 加計学園問題をめぐって朝日新聞が都合の悪い部分を影で隠して報道していたことが分かった。 朝日新聞5月17日の記事を見てほしい。 流出した内部文書の画像を掲載し、重要な証拠として提示している。だが、気になるのはわざわざ周囲を黒塗りにして影を作り出している点だ。読者は文章を読みたいはずなのでそのまま掲載すればいいのに、なぜわざわざこのような手間がかかることをするのか。 答えは影の部分で何が隠されたかを調べれば明白。朝日新聞は「総理からの指示に見えるのではないか...
»続きを読む
カテゴリー:

【政治】獣医学部、今治以外にも=日欧EPAの来月合意を―安倍首相 - 06月24日(土)18:21 

6/24(土) 14:11配信 時事通信  安倍晋三首相は24日、神戸市内での講演で、学校法人「加計学園」(岡山市)が国家戦略特区による獣医学部開設を計画する愛媛県今治市以外にも、同学部新設を認める考えを明らかにした。  「規制改革推進の立場から、速やかに全国展開を目指す。地域に関係なく2校でも3校でも意欲あるところは新設を認める」と述べた。  首相は、自身の友人が理事長を務める加計学園を不当に優遇したとの野党の追及を念頭に、「1校に限定して特区を認めた中途半端な妥協が、結果として国民的な疑念を招く一因とな...
»続きを読む
カテゴリー:

暗黙の了解をぶち壊し菅官房長官を追い詰めた東京新聞女性記者が与えた勇気…それでも安倍政権はメディアと国民をナメている! - 06月24日(土)06:00 

20日、新たな文書の存在が明らかになった「加計学園」の問題。 『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が考える、この問題をウヤムヤにしようとする官邸への反撃の一手とは? * * * 学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題で、文科省が作成したとされる「総理のご意向」文書。その存否について、安倍政権が再調査する方針を決めた。これまで官邸はこの文書を「怪文書」と決めつけ、「再調査の必要なし」と突っぱねてきた。 それが一転、追加調査する羽目になったのだから、官邸の敗北と言ってもよい。 今回驚いたのは、これまで官僚同様「安倍一強」にすくみ、菅義偉(よしひで)官房長官の言い分を記事として垂れ流すだけだった大手メディアが、その菅氏を会見で追い詰めたことだ。いつも「批判は当たらない」「問題はない」などの決まり文句で政権批判をかわしてきた菅氏が、記者の質問にタジタジとなって、冷静さを装うのに必死になる光景などこれまで見たことがなかった。 今回、大手メディアが踏ん張れたのは、3つの幸運が重なったからだ。それは、(1)前川前次官の告発があったこと。(2)それに続いて、現職の文科省職員がメディアに「総理の...more
カテゴリー:

ドローン開発を支援=規制改革に意欲-米大統領 - 06月23日(金)09:02 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスでドローン(小型無人機)開発企業や大手通信会社の首脳らと会談し、最新技術の競争力を高める規制改革に意欲を示した。企業を後押しすることで、政権が重視する雇用拡大を実現する狙いだ。 会議にはAT&Tのスティーブンソン最高経営責任者(CEO)、複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)のイメルトCEO、ドローン開発企業のトップらが参加。政府に次世代高速通信や新興技術の発展を妨げている規制の撤廃などを訴えた。 トランプ氏は「競争で有利になれる必要な措置は講じる」と強調。「新たな企業を興し、多くの雇用を創出してほしい」と述べた。ただ、具体的な方針には言及しなかった。 【時事通信社】
カテゴリー:

急進的な農協改革を牽制 JA全中会長選で須藤、中家両候補 規制改革推進会議を批判 - 06月22日(木)21:39 

 奥野長衛会長(70)の任期満了に伴う全国農業協同組合中央会(JA全中)の会長選で、立候補したJA東京中央会の須藤正敏会長(69)とJA和歌山中央会の中家徹会長(67)による所信説明会が22日、東京都内で開かれた。そろって急進的な農業・農協改革を求める政府を牽(けん)制(せい)したため、両候補の違いが薄れ、選挙は混戦模様だ。
カテゴリー:

【卸売】市場法の廃止検討 受託拒否なら産地混乱 政府 - 06月21日(水)12:43 

日本農業新聞 - 市場法の廃止検討 受託拒否なら産地混乱 政府 https://www.agrinews.co.jp/p41172.html 2017年06月21日  政府が、卸売市場の取引を規定する卸売市場法の廃止を検討していることが分かった。農業改革の重点である農産物の流通コストの低減へ、同法の規制を抜本的に自由化し、市場関係者の競争を促す考えだ。政府は今後、必要な規制を検討し、新法の制定も視野に入れるが、市場流通の要で、産地の出荷物を卸が必ず引き受ける「受託拒否の禁止」の規定が廃止され、市場流通の大転換につながる恐れがある。産地の影響...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「規制改革」の画像

もっと見る

「規制改革」の動画

Wikipedia

  • 転送 規制改革会議...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる