「規制改革」とは?

関連ニュース

【IMF】トランプ減税「過大なリスクテイクの恐れ」 IMFが警告 - 04月20日(木)16:29 

【ワシントン=平野麻理子】国際通貨基金(IMF)は19日公表した金融安定性報告書で 「(トランプ政権が検討する法人減税や規制改革などの)各種改革が企業に金融面での過大なリスクテイクを促す可能性がある」との考えを示した。 IMFは報告書で「先進国が保護主義に傾斜すれば、世界経済と貿易の成長が低下し、資本移動が抑制され、市場心理(センチメント)を損なう恐れがある」と指摘。 保護主義的な政策を進めるトランプ政権をけん制した。 金融規制についても、トランプ政権が金融規制の一部緩和を表明していることを念...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【規制緩和】稲、麦、大豆の種子法廃止 現場に広がる不安 種子の海外流出など多くの懸念 - 04月19日(水)11:59 

稲、麦、大豆の種子の生産・普及を都道府県に義務づける「主要農作物種子法(種子法)」の廃止法が今国会で成立した。 国が進める農業競争力強化に向けた規制緩和の一環だが、兵庫県内の農家など現場からは不安の声が上がっている。 国は民間企業の種子ビジネスへの参入を促すとするが、都道府県が予算の根拠とする法律がなくなることで地域の種子の品質向上や安定供給のシステムが崩れかねないとの懸念が広がる。(辻本一好) 廃止法は、昨年9月に政府の規制改革推進会議で課題として提起された後、都道府県や農家への説明なしに、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

地方行政手続き簡素化議論に着手 - 04月15日(土)05:00 

 政府の規制改革推進会議は14日、民間企業が許認可や入札といった行政手続きのために地方自治体に提出する書類について、書式や様式の簡素化に向けた議論に着手した。自治体ごとに異なる書式や様式をそろえることで企業が効率的に書類を作成できるようにし、事務負担を減らす。
in English
カテゴリー:

【雇用】農業分野の外国人雇用「特区以外も検討」 山本幸三行政改革相表明 - 03月19日(日)11:32 

農業分野の外国人雇用「特区以外も検討」 行革相表明 日経2017/3/7 20:51 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H2O_X00C17A3PP8000/  山本幸三行政改革相は7日、国家戦略特区のみで認めている農業の専門技術を持つ外国人の雇用について、将来的に特区以外でも認める規制改革を検討すると表明した。同日の閣議後の記者会見で「自民党でも特区だけでなく(外国人が)ほしいという声が続発している。広げる方策も考えていかないといけない」と語った。若年労働者の減少を補い、農業振興につなげる狙いだ。  農業従事者数は20...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】タクシー相乗り、来年度に実証実験 出発地で運賃確定も-国交省 - 03月09日(木)21:33 

国土交通省は9日、規制改革推進会議の会合で、目的地が同方面の客がタクシーに相乗りすることや、出発地で運賃を確定させることが可能かどうかを調べるため、 2017年度に営業車両を使った実証実験を行う方針を明らかにした。 相乗りや出発地での運賃確定は、タクシー業界側が要望。相乗りが認められれば、乗客1人当たりの負担金額軽減や、待ち時間短縮などのメリットが期待できる。 現在、タクシー運賃は車輪の回転数などを基にメーターで計算されている。規制緩和により、全地球測位システム(GPS)を活用して出発前に運賃...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

種子法廃止法が成立 種子の海外流出や外資参入など多くの懸念 - 04月19日(水)23:26 

稲、麦、大豆の種子の生産・普及を都道府県に義務づける「主要農作物種子法(種子法)」の廃止法が今国会で成立した。 国が進める農業競争力強化に向けた規制緩和の一環だが、兵庫県内の農家など現場からは不安の声が上がっている。 国は民間企業の種子ビジネスへの参入を促すとするが、都道府県が予算の根拠とする法律がなくなることで地域の種子の品質向上や安定供給のシステムが崩れかねないとの懸念が広がる。(辻本一好) 廃止法は、昨年9月に政府の規制改革推進会議で課題として提起された後、都道府県や農家への説明なしに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

コラム:クォールズ氏、FRB副議長就任なら金融政策に波乱も - 04月18日(火)11:51 

[ワシントン 17日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領が、連邦準備理事会(FRB)の金融規制担当の副議長にジョージ・W・ブッシュ政権で財務次官を務めたランダル・クォールズ氏を指名するとの観測が浮上した。トランプ氏は金融規制改革法(ドッド・フランク法)を批判しているが、クォールズ氏は銀行に関し実際的な見方を持つとみられる。同氏が波風を立てるのは金融政策の方かもしれない。
in English
カテゴリー:

【社会】“限定正社員”に慎重意見 - 04月13日(木)21:13 

政府の規制改革推進会議は13日、働く場所や時間、業務範囲をあらかじめ限る 「限定正社員」の普及に向けた公開討論会を開いた。会議の民間委員は 制度の悪用を防ぐために、労働条件の明示などを法律で企業に義務付けるよう 求めたが、出席した労使と厚生労働省の代表はいずれも慎重な立場を示した。 *+*+ NIKKEI NET +*+* http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H5A_T10C17A4PP8000/  VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】労働監督、民間委託に反対=厚労省、規制改革会議の聴取で - 03月17日(金)09:41 

政府の規制改革推進会議のタスクフォース(主査・八代尚宏昭和女子大特命教授)は16日、東京都内で初会合を開き、 労働基準監督署の業務の民間委託に向けて厚生労働省から意見を聴取した。 厚労省側は「事業所が違法行為をしているか見つけるのは複雑な仕事で、民間では対応できない」などとして、民間委託に反対した。 政府が働き方改革の重要課題に位置付ける長時間労働の是正に関し、同会議は労働基準監督官の人手不足により、 事業所の十分な取り締まりができていないことを問題視。 特に悪質な企業を重点的に監督できるよう...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】労働基準監督官の業務 民間委託を検討へ - 03月09日(木)18:11 

政府の規制改革推進会議は、9日の会合で、長時間労働の抑制が社会的な課題になる中、企業の監督などにあたる労働基準監督官が不足し十分な対応が困難になっているとして、 作業チームを設置して監督官の業務を民間に委託できないか検討を加速していくことを確認しました。 9日に開かれた政府の規制改革推進会議の会合で、委員を務める八代尚宏昭和女子大学特命教授は、長時間労働の抑制が社会的な課題になる中、 企業の監督などにあたる労働基準監督官が不足し、十分な対応が困難になっていると指摘しました。 そのうえで、八代...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「規制改革」の画像

もっと見る

「規制改革」の動画

Wikipedia

  • 転送 規制改革会議...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる