「規制改革」とは?

関連ニュース

【働き方】転職直後の労働者に有給給付 政府、秋にも指針改定 - 08月19日(土)15:15  newsplus

2017年8月19日 7時38分 産経新聞  政府は18日、転職直後の労働者にも年次有給休暇を与えるよう企業に促すため、労働時間のあり方に関する企業向けの指針を今秋にも改正する方針を固めた。  現行の労働基準法では、入社後6カ月を過ぎてから有給を与えればよいが、このことが転職意欲をそぎ、成長産業への労働力移動を妨げているとの指摘を踏まえた。  政府が改正を検討しているのは厚生労働省の「労働時間等設定改善指針」だ。  有給取得に向けた環境づくりや意識改革を企業に求める項目に、「有給付与の早期化を検討...
»続きを読む
カテゴリー:

米国:大統領特別顧問のアイカーン氏が辞任 - 08月19日(土)08:41 

 米著名投資家カール・アイカーン氏は18日、トランプ大統領の特別顧問を辞任すると発表した。規制改革の助言役として昨年12月に起用が発表されたが、自分の投資先に優位になるよう政策を誘導するのではとの懸念が出ていた。
カテゴリー:

【加計疑獄】獣医学部の擁護派が国家戦略特区申請コンサルティング会社で荒稼ぎ、諮問会議メンバーも兼ねる最悪の事態に[08/11] - 08月11日(金)16:02  seijinewsplus

BUZAP! 2017年8月11日12:52 http://buzzap.jp/news/20170811-tokku-consulting/ 加計学園獣医学部を擁護していた有識者が、国家戦略特区申請のコンサルティング業務で荒稼ぎするなど、既得権益の立場に立って税金を食い物にする構図が生まれていることが明らかになりました。詳細は以下から。 国家戦略特区WGで議事要旨の改ざんが指摘されたことを先日報じたばかりの加計学園獣医学部新設問題ですが、提案を審査する立場にある国家戦略特区諮問会議と特区申請のコンサルティング会社のメンバーが被っているというズブズブを超えた...
»続きを読む
カテゴリー:

【マスコミ】朝日、毎日、東京の報道はかなり偏っている ワイドショーはそれを増幅、問われるメディア・リテラシー★2 - 08月03日(木)20:29  mnewsplus

加計学園問題の報道を見ていると、一部マスコミ(朝日、毎日、東京)の報道はかなり偏っているといわざるを得ない テレビのワイドショーは、それをさらに増幅している。  そこで多様な見方をするために、ネット上で有益と思うものを紹介してみよう。筆者が書いたものも含まれるのはご容赦いただきたい。 ■一部マスコミが報じない証言  問題の本質であるが、発端は、大学学部新設の認可を受けるために申請が必要であるが、その申請さえさせないという文科省告示である。 これは、「『安倍降ろし』で石破総理が誕生すれば、日本経...
»続きを読む
カテゴリー:

【マスコミ】朝日、毎日、東京の報道はかなり偏っている ワイドショーはそれを増幅 問われるメディア・リテラシー - 07月31日(月)16:58  mnewsplus

加計学園問題の報道を見ていると、一部マスコミ(朝日、毎日、東京)の報道はかなり偏っているといわざるを得ない テレビのワイドショーは、それをさらに増幅している。  そこで多様な見方をするために、ネット上で有益と思うものを紹介してみよう。筆者が書いたものも含まれるのはご容赦いただきたい。 ■一部マスコミが報じない証言  問題の本質であるが、発端は、大学学部新設の認可を受けるために申請が必要であるが、その申請さえさせないという文科省告示である。 これは、「『安倍降ろし』で石破総理が誕生すれば、日本経...
»続きを読む
カテゴリー:

米大統領特別顧問を辞任=著名投資家アイカーン氏 - 08月19日(土)09:22 

 【ニューヨーク時事】米著名投資家のカール・アイカーン氏は18日、トランプ大統領の特別顧問(規制改革担当)を辞任すると発表した。同氏がエネルギー株や金融株に多額の投資をしているため、利益相反につながるとの批判が野党民主党を中心に高まっていた。 同氏は辞任を伝えた大統領宛ての書簡を公表。利益相反批判に対して「自らが関与する企業のために特別な利益を得ようとしたことはない」と反論。辞任理由について「党派的批判が政権の障害となることは望まない」と説明した。 アイカーン氏は、環境や金融分野での大幅な規制緩和を提唱。しかし、同氏の投資先である製油会社や保険大手などが恩恵を受けるため、批判が出ていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

米大統領特別顧問を辞任 支援者の著名投資家・アイカーン氏 - 08月19日(土)07:46 

 米著名投資家カール・アイカーン氏は18日、トランプ大統領の特別顧問を辞任すると発表した。規制改革の助言役として昨年12月に起用が発表されたが、自分の投資先に優位になるよう政策を誘導するのではとの懸念が出ていた。
カテゴリー:

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ 「総理のご意向」の論点ずらし 加計報道とイメージ操作 - 08月10日(木)17:00 

前回の本コラムで、「加計学園問題は『絶好の教材』 問われるメディア・リテラシー」を書いたが、その最後のところで、前川喜平・前文科次官の規制改革に対する考え方として、2005年7月の規制改革会議の議事録をあげた。今日のコラムではその続編とともに、マスコミの争点ずらしを述べよう。
カテゴリー:

【芸能】北村晴男弁護士 「日本のマスコミは終わっていますよ、完全に」「報道しない自由を許すと民主主義を歪める」 - 08月03日(木)11:52  mnewsplus

1日配信の「真相深入り!虎ノ門ニュース」(DHCシアター)で、弁護士の北村晴男氏が、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる報道について、 マスコミの報道の仕方を厳しく批判した。 番組では「『前川証言ありき』で報道する朝日新聞」というテーマで、7月27日付の産経新聞の記事を取り上げた。 記事では、7月24日と25日の衆参両院予算委員会における閉会中審査で、加計学園の獣医学部新設問題に関し「加計ありき」で進められたと主張する、 前川喜平前文部科学事務次官の証言を崩す発言が相次いだが、各メディアはそのこと...
»続きを読む
カテゴリー:

【マスゴミ】安倍首相もハマった「マスコミが疑惑だけで罪人を作る」3つの方法★3 - 07月31日(月)14:00  newsplus

決定的な証拠がないまま、加計学園問題で追いつめられ、とうとう「退陣カウントダウン報道」まで出てきた安倍首相。 その転落プロセスをつぶさに見ていくと、マスコミが権力者を糾弾する際に多用する「3つの勝ちパターン」が見えてくる。 ■ 退陣カウントダウンモードに突入 安倍首相叩きが止まらない 安倍首相の支持率低下に歯止めがかからない。 既に「毎日新聞」(7月24日)などは、「支持率が20%台になった最近の主な内閣」という支持率推移のグラフと、20%台突入から退陣するまでの期間を並べ、「カウントダウン」モードに...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「規制改革」の画像

もっと見る

「規制改革」の動画

Wikipedia

規制改革(きせいかいかく、) 自民党政権下の規制改革

  • 規制改革委員会(1999年-2001年)
  • 総合規制改革会議(2001年-2004年)
  • 規制改革・民間開放推進会議(2004-2007年)
  • 規制改革会議:(2007年-2010年、2013年-2016年)
  • 規制改革推進会議:(2016年-)

;規制改革に関する役職

民主党政権下の規制改革 関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる