「覆面座談会」とは?

関連ニュース

ある日突然届いた手紙…人と人を繋げる川柳の奥深さとは!?【『まりげのケセラセラ日記 』】 Vol.10 - 04月18日(水)18:00 

こんにちは、まりげです。 今回はある日突然届いた手紙にまつわるエピソードです。​​その手紙はお花屋さんのチラシを丁寧に折って作られた自作の封筒に入っていました。​​本名ならまだしも" まりげ様 "という違和感たっぷりの宛名…ドキドキしながら封筒を開けました。​​​今年の元旦に、流行語大賞になった" インスタ映え "の特集記事ということで京都新聞(北部地域限定)にインスタで絵日記を投稿していることを掲載していただいたのです。照れくさいし、素性がバレると身の回りのことを絵日記に描きづらくなるので本名は伏せていたのですが…​どこからどう情報が漏れたのか分かりませんが、村の人がそのことを知っていました。( あなどれない田舎の情報ネットワーク )結局、新聞のコピーを「 こりゃあめでたい! 」ということで村のみんなが読んでくれたようです。ということはその手紙の送り主は…私たち家族に、引っ越してきた当初からいつもやさしく接してくれるお隣のおばあさんでした。​​そして手紙の最後にはわたし達がリフォームに励んでいる姿を見て、詠んだ川柳が添えられていました。​それからというものおばあさんは川柳を、わたしは漫画を描いた手紙を渡す楽しみが増えました。​おばあさんの川柳ノートを貸してもらうと、図書館で借りた本から抜粋したことがメモしてありました。( 出典: はじめて川柳をつくる / 楠本 憲吉)川柳とは、【...more
カテゴリー:

隣の夫婦の家事分担 第7回 理解されづらい孤独な闘い……覆面座談会から見えてきた専業主婦の本音 - 04月17日(火)16:00 

国の調査によれば、全世帯の約35%を占めると言われる専業主婦世帯。共働き世帯が増えつつある昨今、専業主婦として日々奮闘している女性たちは、家事や育児、仕事についてどのような思いを抱えているのでしょうか。覆面座談会で、女性たちの本音を聞いてみました。 ○参加者 高村由佳(聞き手) 5歳と2歳の男の子のママ。結婚を機にフルタイムで働いていた放送局を退職し、4年間専業主婦を経験。その後、フリーライターに転身。 Aさん 5歳の男の子と1歳の女の子のママ。同居している義父母のサポートなどを受けながら、以前正社員として働いていた総合スポーツ用品の販売店舗で、アルバイトをしている。医療事務の正社員、リハビリ助手のパートなど、さまざまな業種、職種、働き方を経験してきたが、子どもが生まれてからしばらくは専業主婦をしていた。 Bさん 5歳と1歳の女の子を育てるママ。総合アパレル企業の正社員、料理教室の講師、洋食店の調理担当などを経て、妊娠を機に退職してからは専業主婦をしている。食に関わる仕事をしたいという目標を持つ。 Cさん 5歳の男の子と1歳の女の子のママ。大手住宅機器メーカーで正社員として働いていたが、夫の転勤により退職し、それ以降、専業主婦をしている。 ○専業主婦になったそれぞれの理由 ――みなさんはどうして専業主婦になったんですか? Aさん: 1人目の妊娠中に働いていた病院は、...more
カテゴリー:

「学童のリアル、教えます!」 現役学童ママのぶっちゃけ覆面座談会 - 04月11日(水)19:00 

新1年生のママにとって、はじめての学童は謎だらけ。子どもたちは何をして過ごしているのか、学童の先生はどんな人なのか、おやつは何を食べているのかなど、気になることがいっぱいです。そこで、子どもを現在、学童に通わせている5人のママが集合し、匿名で座談会を開催! 住んでいるエリアや、自治体運営(公立)か企業運営(民間)かによる違い、それぞれの良いところ、悪いところなど、洗いざらいホンネで語ってくれました。参加者プロフィールKさん:都内S区在住、小1男児のママ。平日は毎日、小学校内にある公立学童に通わせている。仕事がフリーランスのため、預かり時間は日によってまちまち。Hさん:都内S区在住、小1男児のママ。小学校は私立に通っているが「地元の友だちを作って欲しい」との理由で学童は自宅近くの公立を選択。週3回、15時〜18 時頃まで利用。Mさん:都内E区在住、小2女児のママ。入学当初は仕事の都合で預かり時間の長い民間学童に通わせていたが、転職をきっかけに公立へ。現在は週4回ほど利用。Yさん:都内M市在住、高1女児・小3男児のママ。公立学校の施設で民間が運営する「公設民営」学童を週4日利用。新しい所長に代わった途端、学童のルールもガラリと変わり、不満がいっぱい。Wさん:神奈川県K市在住、小2男児・年長男児のママ。長男は1年間だけ民間と公立を併用していたが、現在は公立のみ。学童の利用は週2、3回のみ...more
カテゴリー:

隣の夫婦の家事分担 第7回 理解されづらい孤独な闘い……覆面座談会から見えてきた専業主婦の本音 - 04月17日(火)16:00 

国の調査によれば、全世帯の約35%を占めると言われる専業主婦世帯。共働き世帯が増えつつある昨今、専業主婦として日々奮闘している女性たちは、家事や育児、仕事についてどのような思いを抱えているのでしょうか。覆面座談会で、女性たちの本音を聞いてみました。
カテゴリー:

ムスメとブランコ【すくすくきろく@kita.acari 第30話】 - 04月15日(日)12:00 

暖かくなり、公園での外遊びが楽しい季節。子どもと公園に行くと、ママは疲れてしまう反面「あんなこともできるようになった」「こんなこともできるようになった」と日々発見があるのではないでしょうか。外遊びは脳育にもとてもよいようです。でも、変なこだわりに応えるのは一苦労かもしれませんね。ムスメとブランコ半年近く公園を覆っていた雪もようやく溶け、ついに解禁されたものがあります。そう、ブランコです!去年までムスメにとってブランコは「なんとなく揺らすもの」でしたが、遂に気付いてしまいました。ブランコは乗るものだと…!といっても身長不足でそもそも自力では乗れないしすぐこけそうなので、抱っこしてお尻を乗せて前後から支えて揺らします。お…おお!これは…なかなか…!と言わんばかりに顔がほころんでいくムスメ。やあやあ良かった、楽しそうで何より…と思っていたら「おかーしゃんも」と一言。ん? いいよーお母さんここで支えてるから、と言うと俊敏な動きでブランコから飛び降り、「おかーしゃん」「こっち!」とグイグイ隣のブランコに座らせてきます。ありがとーーととりあえず座ると、満足げに自分の(つもり)ブランコに戻り座ろうとするムスメ。しかし悲しいかな座面はムスメの背中を撫でるのみで、「のいたい」「のいたーーいネェーー」とジタバタ。見かねてブランコから降りて手を貸そうとすると、「おかーしゃん」「こっち!」と怒られるという...more
カテゴリー:

隣の夫婦の家事分担 第1回 「日々の家事は私の諦めでまわってる」共働き妻のホンネ座談会 - 04月11日(水)11:00 

共働きの夫婦にとって、トラブルの原因になりやすい「家事分担」。夫側、妻側双方に言い分はあるものの、お互いに忙しい日々の中で、じっくり本音でぶつかり合ったり話し合ったりするのは面倒……というのが正直なところではないでしょうか。 そこで今回は、家事や育児と両立しながら正社員として働く女性たちに集まってもらい、家事分担にまつわる夫への本音を語っていただきました。 Aさん(28歳) 夫と2歳の息子の3人家族。16時45分までの時短勤務でWEB編集の仕事に携わっている。夫は20~21時には帰宅し"家事はよくやってくれている"ものの、どれも中途半端に「未完了」で終わるのが不満。 Bさん(37歳) 夫と小学生・保育園児の娘の4人家族。17時までの時短勤務で働いているが、18時まで残業していることが多い。週6で飲み会があり、残業、休日出勤、趣味などでほとんど家にいない夫のことは「同居人」と呼んでいる。 Cさん(33歳) 夫と1歳の息子の3人家族。16時45分までの時短勤務で営業サポートの仕事をしており、現在管理職として活躍。平日夜、夫はほぼ毎日飲み会に出掛けており、残業せずに帰宅する日は2週間に一度ほど。家事は「けっこう1人でやっている」という認識があるが、ほめ上手の夫のおかげか夫婦仲は良好。 Dさん(28歳) 夫と2人暮らし。妊娠中で秋に出産予定。夫婦共にフルタイム勤務でお互い19時に...more
カテゴリー:

「覆面座談会」の画像

もっと見る

「覆面座談会」の動画

Wikipedia

覆面座談会(ふくめんざだんかい)は、覆面をかぶり身分素性を隠して行われる話し合いのこと。イタリアの覆面レスラーが試合前の余興として行ったのがきっかけで世界各地に広まった。

概要

覆面座談会では自分の身分を明かさないために本音を語ることが出来るという長所もあるが、無責任で乱暴な発言が多くなるという短所もある。座談会の主催者はまず話し合いのテーマを決め参加者を集める。そして開催場所と日程を決め参加者に正確に伝える。また人数分の覆面の準備が必要となる。

覆面座談会は、1970年代には盛んに行われていたが、インターネット掲示板の普及により匿名での情報交換が容易になると、徐々に廃れていった。

関連項目

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる