「要潤」とは?

関連ニュース

工藤阿須加、実直すぎて女性をトリコに!? 「まじめすぎてかわいい!」 - 04月25日(水)08:30 

 4月18日放送のトークバラエティ番組『イッテンモノ』(テレビ朝日系)に、俳優の工藤阿須加(26)が出演。そのまじめすぎる性格が明らかになった。  同番組は、人気漫才師たちがゲストとトークを行い、その中で引き出されたキーワードから“イッテンモノ漫才”を作って披露するという内容。今回はゲストの工藤の生態をリサーチしていったが、その中で驚くほどまじめな工藤の性格が浮き彫りになった。  最初に、工藤と仲の良い俳優の窪田正孝(29)が今回のリサーチに協力してくれたことを知って、工藤は思わず驚きの表情。千鳥の大悟(38)に、どうしてそんなに驚くのか聞かれた工藤は「(窪田が協力してくれたことが)うれしすぎて……」とコメント。この反応に出演者たちからは、「まじめ!」「いい子やわぁ」と称賛する声が上がっていた。  その後、工藤に関してマネージャーから現場の入り時間が早すぎるとのタレコミが。通常は収録の1時間前が入り時間だが、工藤はその入り時間の、さらに2時間前に来てしまうという。そのため、現場のスタッフの準備が間に合わず、大慌てすることもあったそうだ。  その他にも、お酒が飲めないうえにカラオケもあまり歌わない工藤が、頻繁にカラオケバーに通っているという情報を、俳優の要潤(37)が暴露。工藤は、「人間観察が好きで、仕事に生かせないかと思って」と、役作りや演技の幅を広げるために通って...more
カテゴリー:

東出昌大と新田真剣佑、兄弟役演じた2人が熱い抱擁! - 04月18日(水)11:09 

映画『OVER DRIVE』スペシャルステージ&完成披露舞台挨拶が4月17日に六本木ヒルズアリーナで行われ、東出昌大、新田真剣佑、北村匠海、森川葵、町田啓太、要潤(舞台挨拶のみ)、羽住英一郎監督が出席した。 本作は、映画『海猿』シリーズの羽住監督がオリジナルで挑む、自動車競技「ラリー」をテーマにした物語。メカニックとしてチームを支える兄・檜山篤洋(東出)と、天才ドライバーとして勝利を目指す弟・檜山直純(新田)との兄弟の絆や、ラリーに命を懸けるスタッフたちの熱い思いを描く。 舞台挨拶の前に行なわれたイベントでは、雨天にも関わらず詰め掛けた約600人のファンが見守る中、新田や北村という若手人気俳優たちが会場に現れると、割れんばかりの大歓声が上がる。ファンの声援に気軽に応えるなど、テンションが高い新田は「今日は本当に寒いですが、みなさんが温かく迎えてくれてうれしいです」と感無量な表情を浮かべると「昨年の夏、北九州で1ヵ月間過ごした撮影は、みんなで兄貴(東出)の部屋に集まっていろいろな話をしました」と充実した時間だったことを明かす。 中でも、劇中でレーサーとしてライバル関係にあった新田と北村は、過去に共演経験があり、互いにラブラブだったという。北村が演じた新海彰は、直純(新田)と双璧の天才ドライバーという役柄だったが「新海はクールで格好いい役。でも普段の僕はボソボソしゃべるので、気を...more
カテゴリー:

新田真剣佑、森川葵をエスコート! 王子的行動に会場悲鳴 - 04月17日(火)21:43 

映画『OVER DRIVE』(6月1日公開)のスペシャルステージ&完成披露試写会舞台挨拶が17日、東京・六本木ヒルズアリーナ及びTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、羽住英一郎監督が登場した。
カテゴリー:

新田真剣佑、アニキ東出昌大に会った瞬間ハグ!「抱きつくしかない!」 - 04月17日(火)20:38 

映画『OVER DRIVE』(6月1日公開)の完成披露舞台挨拶が4月17日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、羽住英一郎監督が登壇。兄弟役を演じた東出と新田が、劇中同様に固い絆を育んだことを明かした。 【写真を見る】新田真剣佑、ジェントルマン!森川葵を優しくエスコート 自動車競技のラリーの世界を舞台に、若者たちの熱い絆と愛を描く本作。メカニック担当の主人公・篤洋を東出、その弟で天才ドライバーの直純を新田が演じる。 東出は「羽住組は楽しみながら映画を撮る、お祭りのような一体感を持って映画を撮る組だった」とチームワークを述懐。「監督の言う『バカになれ』という言葉が好き。役者バカ、バカ正直など、バカになることってすごく強い。そこにはウソがない」と羽住の空気感を大いに楽しんだという。 舞台挨拶の前に実施されたレッドカーペットイベントでも東出と新田がハグを交わすひと幕があったが、東出によると「年を重ねると壁を作ってしまいがち。でも太陽のような真剣佑は会った瞬間、いきなりハグをしてきて『アニキよろしくな!』と言ってくれた」と本作での出会いもハグから始まったそう。「真剣佑の朗らかさに助けられた。共演者に恵まれた」と弟を演じた新田に感謝しきりだった。 一方の新田は「台本を読んだ瞬間、これはもうアニキに抱きつくしかないと思った」と東出を見...more
カテゴリー:

真剣佑、北村匠海への愛が止まらない「ほっぺをプニュプニュしていた」 - 04月17日(火)20:36 

 俳優の新田真剣佑が17日都内で、映画『OVER DRIVE』のスペシャルステージおよび完成披露舞台挨拶に登場。本作の撮影現場では、共演者である北村匠海の巨大ポスターを見て「ほっぺをプニュプニュ」したり、北村と二人でテレビ電話をしたりしたと明かして、随所で“北村愛”を見せつけた。【写真】『OVER DRIVE』スペシャルステージ&完成披露舞台挨拶フォトギャラリー 本作は、ラリー競技の国内トップカテゴリー「SCRS」(SEIKOカップラリーシリーズ)を舞台とする完全オリジナル映画。レーシングチーム「スピカレーシングファクトリー」に所属し、「WRC」(世界ラリー選手権)へのステップアップを目指す天才ドライバー・檜山直純(新田)とメカニックの兄・檜山篤洋(東出昌大)の確執とその裏に隠された想いに迫る。 主人公のメカニック・篤洋役の東出は、北九州での撮影を振り返って「去年のひと夏、お祭り騒ぎになりながらも、熱い時間を過ごして撮った映画」と回想。「僕ら(メカニック)は陰のほうで、ドライバーが花形で陽。陰のほうにも光が当たっている。(作品の出来栄えに)自信がある。老若男女問わず見てもらえると思う」と本作をアピールした。 天才ドライバー・直純に扮した真剣佑は、ド派手なキラキラスーツでさっそうと登場。東出を“兄貴”と呼びながら、同じく当時を思い出して「(撮影が)終わった後は、監督と焼肉屋さんでこの...more
カテゴリー:

俳優・清水尋也 正反対の監督の現場に参加して学んだ役作り - 04月21日(土)10:36 

映画『渇き。』ではいじめにあう高校生を、映画『ソロモンの偽証』では不良役を演じるなど、さまざまな役柄をこなし注目度急上昇中の俳優・清水尋也は、この春、高校を卒業した。進学という選択肢もあったはずだが、なぜ仕事に専念する道を選んだのか? 2018年2月24日発売の『クイック・ジャパン』vol.136で、清水はこう語っている。 「人生は1回しかないから、やりたいことを全部やってから死にたいんです。そのための苦労はいとわないし、全然食えなくてもこの仕事を続けられたらそれで十分なので。極端な話、それで餓死しても本望だと思えるものに出会えているので、進学は関係ないという感じです」 昨年11月には事務所を移籍し、環境を変えて役者業に邁進する意志を固めたという清水。さまざまな監督と仕事をすることにより、急ピッチで色々なことを吸収しているようだ。 「『渇き。』では中島哲也監督から『台本に書いてあることだけやるんじゃ面白くない。自分で考えてやれ』と言われたんですけど、『ソロモンの偽証』では成島出監督から『台本に書いてあることだけをやれ』と言われて、動き出しや台詞を言うタイミングなど、成島監督のイメージを忠実に再現する芝居を求められました。 正反対の監督の現場に参加して、『自分の芝居はこう』と決めてしまうと、絶対にどこかでつまづくと思ってからは、台本を読みこみすぎず、役を固めすぎず、現場に入ってから監...more
カテゴリー:

東出昌大は役者バカ&新田真剣佑は大号泣!「OVER DRIVE」熱き現場振り返る - 04月18日(水)04:00 

 公道を駆け抜ける自動車競技「ラリー」を題材に描いた映画「OVER DRIVE」の完成披露試写会が4月17日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、兄弟役を演じた東出昌大と新田真剣佑をはじめ、共演の森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、メガホンをとった羽住英一郎監督が舞台挨拶に出席した。  長年温めていた念願の企画が完成し、羽住監督は「全員を満足させる自信がある」と豪語。これを受け、実直なエンジニアである兄・檜山篤洋役の東出も「200%の自信があり、みんなが映画館をいい気持ちで出られると確信できる映画はなかなかない。満足感に満ちあふれています」と自信をにじませ、攻めの姿勢を貫く天才レーサー・檜山直純役の新田も「本当に大好きな映画」と笑顔を見せた。  さらに東出は「監督がよく使う言葉で、僕が好きなものがあります」と切り出す。「『バカになれ』。役者バカであったり、バカ正直であったり。バカになるというのはすごく強く、その純粋性には嘘がない」と続け、「太陽のようなマッケンがいきなりハグをしてきて、『兄貴、よろしくな』と言ってくれた。裏表なく仲良くなれた共演者たちのおかげで、バカみたいに熱くなりながらこの映画を撮りました」と充実の日々を振り返った。  新田も「台本を読んだ瞬間に『これは兄貴に抱きつくしかない!』と思いました」と情熱をほとばしらせる。一方で「北九州での撮影では、みんなで...more
カテゴリー:

東出昌大、熱い長文メールも「返信は結構」 裏の恥ずかしさ告白 - 04月17日(火)20:40 

映画『OVER DRIVE』(6月1日公開)のスペシャルステージ&完成披露試写会舞台挨拶が17日、東京・六本木ヒルズアリーナ及びTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、羽住英一郎監督が登場した。
カテゴリー:

新田真剣佑「僕の大好きな映画なので期待して待っていて」―映画『OVER DRIVE』スペシャルイベント&舞台挨拶 - 04月17日(火)20:37 

町田啓太、森川葵、東出昌大、新田真剣佑、北村匠海、羽住英一郎監督 東出昌大&新田真剣佑がラリー(自動車競技)に全てを懸けた兄弟役を演じる映画『OVER DRIVE –オーバードライブ-』のスペシャルイベントと舞台挨拶が都内にて開催され、東で、新田、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、羽住英一郎監督が登場し...
カテゴリー:

新田真剣佑&北村匠海、仲良すぎで"2人の世界" 「距離が近い」指摘も - 04月17日(火)19:57 

映画『OVER DRIVE』(6月1日公開)のスペシャルステージ&完成披露試写会舞台挨拶が17日、東京・六本木ヒルズアリーナ及びTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、羽住英一郎監督が登場した。
カテゴリー:

もっと見る

「要潤」の画像

もっと見る

「要潤」の動画

Wikipedia

要 潤(かなめ じゅん、1981年2月21日 - )は、日本俳優タレントである。本名同じ。

香川県出身。フリップアップ所属。香川県立高瀬高等学校卒業。

略歴

幼少期は関西テレビを見て育ち、毎週土曜日には吉本新喜劇を見ていたことから、ボケの意識が体に染みついているという。

2001年、仮面ライダーアギトの氷川誠 / 仮面ライダーG3役でデビュー、注目を集める。2002年の昼ドラ新・愛の嵐ではヒロインの相手役を演じ人気を博す。その後はドラマ、映画、CM、バラエティなど多方面でマルチな活躍を見せている。

人物

「イケメンヒーロー」ブームを牽引した。

出身地・香川県をPRするキャンペーンで架空の県名「うどん県」の副知事として広報活動を担当している「うどん県にようこそ。」香...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる