「西田敏行」とは?

関連ニュース

【芸能】「パンツ下ろして」 9頭身女優・田中道子(27)、大御所・西田敏行のアドリブに困惑 - 05月24日(水)20:40 

田中道子「パンツ下ろして」西田敏行アドリブに困惑 [2017年5月24日15時36分]  13年のミス・ワールド日本代表で、昨年3月にモデルから女優へ転身した田中道子(27)が、 俳優の西田敏行から受けたアドリブの“洗礼”について語った。  田中は23日深夜放送のフジテレビ系「志村の夜」にゲスト出演。初めてのドラマ出演した当時のエピソードを語った。  初めての撮影前には寝つけない夜が2週間ほど続くなど緊張して臨んだという。 しかも西田や泉ピン子といった大御所とのシーンもあり、「最初っから西田さんのアドリブ...
»続きを読む
カテゴリー:

『釣りバカ日誌』ハマちゃんに初めての後輩が - 05月19日(金)06:00 

濱田岳が主演を務めるドラマ『釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)の第5話が、5月19日に放送される。本作は、国民的映画『釣りバカ日誌』の初の連続テレビドラマ化作品。Season1では、初回視聴率10.8%、平均視聴率8.1%を記録した。また、今年の1月2日には、“新春ドラマスペシャル”として特番を放送。こちらも、他局に豪華番組が並ぶ中、視聴率7.5%を獲得した。Season2では、“新入社員”から“新米社員”になったハマちゃん(濱田)が、しっかり……するワケもなく、相変わらずのマイペースっぷりで大騒動を巻き起こす。もちろん、スーさん(西田敏行)との釣りバカ師弟コンビも健在だ。第5話では、浜崎伝助(濱田岳)が所属する営業三課に芳川慎平(森永悠希)が配属されて来る。初日から遅刻しても意に介さない慎平は、実は社長のスーさん(西田敏行)と親しい芳川興産の社長・芳川慎太郎(益岡徹)の息子で、修業のために鈴木建設で預かることになったのだ。慎平と共に営業先へ出向いた伝助は、慎平のおかげでアポを取り付けるものの、先方の建設計画を白紙に戻すべきだと進言するなど、そのマイペースっぷりに翻弄される。一方、後継者問題でハマちゃんから「部下に任せることも大事」だと言われたスーさんは、仮病を使いしばらく会社を休んでみることに。すると、社内ではなぜか重病説がささ...more
カテゴリー:

これだけは…金田一耕助シリーズ『悪魔が来りて笛を吹く』Tシャツ発売 - 05月14日(日)18:00 

 Tシャツアパレルブランドのハードコアチョコレートが、1979年に製作されたサスペンスミステリー映画『悪魔が来りて笛を吹く』とのコラボレーションによる、映画のイメージを表した不気味なデザインのTシャツを発売した。【関連】映画『悪魔が来りて笛を吹く』コラボTシャツ<フォトギャラリー> 日本サスペンスミステリーシリーズの金字塔ともいえる「金田一耕助シリーズ」で。ひときわ異彩を放つ作品の映画版『悪魔が来りて笛を吹く』は、悪魔の吹く不気味なフルートの音とともに起こる連続殺人事件で、旧華族で起こる血の惨劇、その裏にかくされた人間の愛と憎しみ、妖しいロマンを漂わせて幻想的な殺しの美学が展開するストーリー。金田一耕助役を西田敏行が熱演し、今までにない金田一像を作り上げている。 このコラボで描かれているデザインでは、今にも不気味なフルートの音が聴こえてきそうなトラウマ必至のものとなっており、まさに「この映画だけはTシャツにしたくなかった」巨匠・横溝正史の世界観を再現している。 ハードコアチョコレートは映画やプロレス、漫画にアニメ、特撮、更には萌えまで、コアな題材をパンキッシュなデザインで飲み込み、様々なアンダーグラウンドシーンで話題を巻き起こした雑食“ハードコアな”ブランド。“過激だがクール”で洗練されたデザインは、国内外のコアなTシャツユーザーに圧倒的な支持を得ており、Tシャツ界の悪童の異名を持...more
カテゴリー:

マイコが『釣りバカ日誌』で“美人詐欺師”役を熱演 - 05月11日(木)16:48 

女優のマイコが、5月12日に放送される『釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)の第4話にゲスト出演。“美人詐欺師”役を熱演する。本作は、国民的映画『釣りバカ日誌』の初の連続テレビドラマ化作品。Season1では、初回視聴率10.8%、平均視聴率8.1%を記録した。また、今年の1月2日には、“新春ドラマスペシャル”として特番を放送。こちらも他局に豪華番組が並ぶ中、視聴率7.5%を獲得した。Season2では、“新入社員”から“新米社員”になったハマちゃん(濱田岳)が、しっかり……するワケもなく、相変わらずのマイペースっぷりで大騒動を巻き起こす。もちろん、スーさん(西田敏行)との釣りバカ師弟コンビも健在だ。第4話では、兄・純友(前野朋哉)が結婚すると母・とし子(榊原郁恵)から聞き、ハマちゃんは大喜び。ところが、相手とはSNSで2か月前に知り合ったばかりで、一度も会ったことがないという。そこで、明日東京で初対面するという婚約者を、ハマちゃんが見極めることに。翌日、恋人のみち子(広瀬アリス)を誘って待ち合わせ場所に潜入したハマちゃんは、婚約者・伊東美和(マイコ)の美しさに見惚れるものの、純友にマンション購入を勧めるなど、その言動に不信感を抱く。だが、スーさんと共に純友と美和の釣りデートに同行し、美和の人柄に触れるうちに2人を応援しようと決める...more
カテゴリー:

【芸能】間寛平、骨折は9カ所 ナイトスクープ収録を欠席 - 05月05日(金)16:18 

 4月30日に高さ4~5メートルの木から転落し、左鎖骨や左肋骨(ろっこつ)を骨折した間寛平(67)は5日、収録予定だったABCテレビ「探偵!ナイトスクープ」(金曜午後11時17分)を欠席し、ツイッターで近況を報告した。  複数箇所を骨折して全治1カ月と診断された。回復を早めるために手術を受けて療養を続けているが、この日ツイッターに「肋骨(ろっこつ)の骨折箇所は9カ所だった」と明かした。  さらに、芸人仲間の村上ショージから電話をもらったと記し、「鎖骨が折れ、肋骨が9本折れたんやと言うたら、惜...
»続きを読む
カテゴリー:

初音映莉子と高良健吾、美男美女が寄り添うポスタービジュアル解禁 - 05月19日(金)18:42 

直木賞作家・角田光代の同名小説を、初音映莉子と高良健吾主演で映画化する『月と雷』の大人の色香漂うポスタービジュアルが解禁となった。 角田は、「対岸の彼女」「八日目の蝉」「紙の月」など、現代女性の“人生の選択”を描いた小説の数々が多くの女性から絶大な支持を受けている人気作家。そんな角田の「月と雷」は、“人と出会うこと、そして人を受け入れることで、人生が予想もしない方向に転がっていく様”を描き、 「親と子」「家族」「生活」の意味を根源から問いかける作品だ。 泰子は、家と職場を往復する代わり映えのない日々を送り、可もなく不可もない婚約者と結婚の準備を進めていた。そんなある日、父がかつて愛人として連れてきた女・直子の連れ子で、短い期間だが一緒に暮らしたことがある智が、大人になって泰子の前に現れるところから物語は展開していく。 家族愛を知らない主人公・泰子役を『終戦のエンペラー』の初音映莉子。人懐っこくてなんだか憎めない青年・智役を『横道世之介』の高良健吾。さらに世話をしてくれる男性を見つけては、男から男へと各地を流転する智の母・直子役を『終の信託』の草刈民代が演じ、『海を感じる時』の安藤尋監督がメガホンをとる。 解禁となったポスタービジュアルは、自然と体を重ねた2人のバックハグが印象的なビジュアル。“普通”の家族を知らぬまま大人になった2人が、“普通”とは違った関係を通してこの先ど...more
カテゴリー:

『釣りバカ日誌』ハマちゃんに初めての後輩が - 05月18日(木)11:36 

濱田岳が主演を務めるドラマ『釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)の第5話が、5月19日に放送される。本作は、国民的映画『釣りバカ日誌』の初の連続テレビドラマ化作品。Season1では、初回視聴率10.8%、平均視聴率8.1%を記録した。また、今年の1月2日には、“新春ドラマスペシャル”として特番を放送。こちらも、他局に豪華番組が並ぶ中、視聴率7.5%を獲得した。Season2では、“新入社員”から“新米社員”になったハマちゃん(濱田)が、しっかり……するワケもなく、相変わらずのマイペースっぷりで大騒動を巻き起こす。もちろん、スーさん(西田敏行)との釣りバカ師弟コンビも健在だ。第5話では、浜崎伝助(濱田岳)が所属する営業三課に芳川慎平(森永悠希)が配属されて来る。初日から遅刻しても意に介さない慎平は、実は社長のスーさん(西田敏行)と親しい芳川興産の社長・芳川慎太郎(益岡徹)の息子で、修業のために鈴木建設で預かることになったのだ。慎平と共に営業先へ出向いた伝助は、慎平のおかげでアポを取り付けるものの、先方の建設計画を白紙に戻すべきだと進言するなど、そのマイペースっぷりに翻弄される。一方、後継者問題でハマちゃんから「部下に任せることも大事」だと言われたスーさんは、仮病を使いしばらく会社を休んでみることに。すると、社内ではなぜか重病説がささ...more
カテゴリー:

マイコが『釣りバカ日誌』で美人詐欺師役を熱演 - 05月12日(金)06:00 

女優のマイコが、5月12日に放送される『釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)の第4話にゲスト出演。“美人詐欺師”役を熱演する。本作は、国民的映画『釣りバカ日誌』の初の連続テレビドラマ化作品。Season1では、初回視聴率10.8%、平均視聴率8.1%を記録した。また、今年の1月2日には、“新春ドラマスペシャル”として特番を放送。こちらも他局に豪華番組が並ぶ中、視聴率7.5%を獲得した。Season2では、“新入社員”から“新米社員”になったハマちゃん(濱田岳)が、しっかり……するワケもなく、相変わらずのマイペースっぷりで大騒動を巻き起こす。もちろん、スーさん(西田敏行)との釣りバカ師弟コンビも健在だ。第4話では、兄・純友(前野朋哉)が結婚すると母・とし子(榊原郁恵)から聞き、ハマちゃんは大喜び。ところが、相手とはSNSで2か月前に知り合ったばかりで、一度も会ったことがないという。そこで、明日東京で初対面するという婚約者を、ハマちゃんが見極めることに。翌日、恋人のみち子(広瀬アリス)を誘って待ち合わせ場所に潜入したハマちゃんは、婚約者・伊東美和(マイコ)の美しさに見惚れるものの、純友にマンション購入を勧めるなど、その言動に不信感を抱く。だが、スーさんと共に純友と美和の釣りデートに同行し、美和の人柄に触れるうちに2人を応援しようと決める...more
カテゴリー:

【芸能】35周年『北の国から』、通学シーンは毎回1km走っていた - 05月06日(土)06:16 

’81年の放送開始から22年間。北海道の富良野の美しい自然と、黒板家の小さな家族の大きな愛の物語が、国民的人気を博した倉本聰脚本のテレビドラマ『北の国から』。 放送開始35周年のこの春、フジテレビが全面監修し、’81~’82年までの同ドラマシリーズとスペシャル8作の全作を完全収録したDVDマガジンが創刊、話題となっている。 不器用だけど心揺さぶられる黒板五郎(田中邦衛)の生き方、愛らしい純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)、黒板家を取り巻く人々のドラマを、 本誌はコラムニスト・ペリー荻野さんの解説付き、「『北の国か...
»続きを読む
カテゴリー:

ニコニコ超会議にビートたけし出演 生主との共演が無くなった理由を明かす 「生主を殴ってしまう」 - 04月29日(土)17:50 

『ニコニコ超会議2017』の超トークステージに出演しているビートたけし。ブース前がとてつもないギャラリーで とても近寄って見ることが出来る状態ではなかった。 その中でビートたけしがユーチューバーに言及し「この前チェーンソー振り回した奴がいたけど、ユーチューバーって食って行けるの?」と 疑問を投げかけた。年収1000万円稼ぐ人も中には居ると返すと「そんなの俺の方が稼ぐよ、俺なんか月27億稼いだ、 その内9割以上取られた」と漫才ブームの当時の凄さを語った。 ■松村邦洋が乱入 番組後半になると松村邦洋が乱入。...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「西田敏行」の画像

もっと見る

「西田敏行」の動画

Wikipedia

西田 敏行(にしだ としゆき、1947年11月4日 - )は、日本俳優歌手タレント、司会者。

福島県郡山市出身。オフィスコバック所属。明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退。身長166cm、体重80kg超。主演の映画釣りバカ日誌は1988年(昭和63年)から2009年(平成21年)まで22作続いた代表作。日本俳優連合理事長。日本アカデミー賞組織委員会副会長。4歳年下の夫人との間に2女あり。

来歴・人物 幼少・学生時代

5歳の時に父が亡くなり、同じ郡山市内に住む母方の伯母夫婦に引き取られた。

少年時代は映画好きの養父に連れられ映画館へ通い、チャンバラ映画に熱中。観る側より映画のスク...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる