「西田敏行」とは?

関連ニュース

西田敏行「勝る番組はない」ナイトスクープ30周年 - 02月23日(金)22:00 

 関西の怪物番組「探偵!ナイトスクープ」(ABCテレビ、金曜午後11時17分=関西地区)の30周年特番(3月30日、4月6日)が23日、大阪市内で収録され、西田敏行局長(70)は、現役最古参探偵の石田靖(52)とともに取材会に臨んだ。 …
カテゴリー:

【芸能】西田敏行 大杉さんに「潔い見事な御生涯でした」 - 02月22日(木)15:04  mnewsplus

 俳優の西田敏行が22日、急逝した俳優・大杉漣さんを偲び、追悼コメントを発表。「ご家族にもまた誰にも迷惑はかけませんと言わんばかりの急逝に、 「潔い見事な御生涯でした」と追悼した。  西田は「大杉漣さんの急逝には、ただただ驚いております。しかし今となっては人の命の終わりは寿命なんだと自分に言い聞かせるしかありません。 御家族にもまた誰にも迷惑はかけませんと言わんばかりの急逝に、貴方の他者に対する優しさを感じます。潔い見事な御生涯でした。ありがとうございました。 そして本当にお疲れ様でした。合掌...
»続きを読む
カテゴリー:

主演は女優の清野菜名さん。実力派俳優の林遣都さんや、福島県出身の西田敏行さんも出演!ふくしまの「希望」を描く 『MIRAI 2061』公開 - 02月19日(月)13:00 

[福島県] [動画: https://www.youtube.com/watch?v=mLOeF2pW978 ] 本作品は、2061年の福島県を舞台に、主人公“福島ひかり”の半生を、孫娘である“福島みらい”と共に振り返る様子をミュージカル...
カテゴリー:

Z武さんフォークで刺され死亡 - 02月18日(日)20:25  news

ZZ日、嫌儲者を介護する儲ドゥーン犬として知られるダルマシアンのZ武洋国さん(Z歳)がZR山の手線の車内でフォークのようなもので刺され 「ヒィ~ン」と車内で泣き喚いていたところ、通報で駆けつけた警官に射殺されZ武さんは無事死亡した。 もしも手があればピアノが弾けたのに、で知られる飼い主で嫌儲者の西田敏行さんは「殴ったり小指を折ったりしても鳴かないようしつけをしていたが、 他の乗客にご迷惑をかけて申し訳なカッタワ、飼い犬に手を噛まれた気分」とカタった。 電車内でZ武さんをフォークで刺した四肢爆死ニキ...
»続きを読む
カテゴリー:

クリント・イーストウッドと北野武は同一人物!?水道橋博士が熱弁 - 02月17日(土)15:56 

クリント・イーストウッド監督最新作『15時17分、パリ行き』(3月1日公開)の公開に先立ち、『アメリカン・スナイパー』(14)、『ハドソン川の奇跡』(16)、『ジャージー・ボーイズ』(14)、『J・エドガー』(11)というイーストウッド監督が実話を題材に撮った過去作が、新宿ピカデリーにて2月17日~28日に一挙上映される。初日に浅草キッドの水道橋博士によるイベントが同劇場で開催され、師である北野武監督とイーストウッド監督との共通点を語った。 【写真を見る】水道橋博士は、レアなクリント・イーストウッドのTシャツで登壇 『15時17分、パリ行き』で描かれるのは、2015年8月21日にパリ行きの特急列車内で起きた無差別テロ事件。極限の恐怖と緊張感の中、武装した犯人に立ち向かったのはヨーロッパを旅行中の若者3人だった。本作では演技未経験の3人が、それぞれ本人役を演じたことも話題となった。 水道橋博士は「実験というか、いわば最長老監督が最先端なことに敢えて挑戦しているってことがよくわかる。そこだけでも震えます」と手放しで絶賛。「しかも『ハドソン川の奇跡』よりももっとも短い」。 さらに「それを87歳でやっている。武さんが歯ぎしりしてる。武さんは70代ですが、『アウトレイジ』でそれを半分やってますから。張会長とかはリアリティがありますからね。完全な素人ですが、黒幕的な生き方をした人が実際に演技を...more
カテゴリー:

吉永小百合が報道陣から愛される理由「コメント力も超一流」 - 02月22日(木)20:00 

女優の吉永小百合(72)が2月20日、都内で行われた主演映画「北の桜守」(滝田洋二郎監督、3月10日公開)の舞台あいさつに出席した。 イベントの冒頭、吉永は18日に行われたスピードスケート女子500メートルで金メダルを取った小平奈緒(31)に言及。「正座して拝見しました。素晴らしかったです」と小平を称賛し、「(映画の)公開まであと18日、よし、私も頑張るぞという思いになりました」と自身を鼓舞した。 「吉永さんの取材をすると、原稿を書きやすいし見出しも立ちやすいんです。なぜなら毎回、その時々の話題のトピックを盛り込んだコメントをしてくれるからです。吉永さんご自身はイベント直前まで何を話せばいいか真剣に考え込んでいるらしく、その努力には頭が下がります」(イベントを取材した記者) 16年3月には転倒によって左手首橈骨を骨折していたにもかかわらず、都内で行われた「日本アカデミー賞」の授賞式にギプスをして出席。同イベントで司会を務めていた西田敏行(70)が頸椎を亜脱臼したことを公表済みだったことを引き合いに、「西やんも首を痛めていらっしゃるので、私も一緒に痛みを分かち合おうと思って……。滑って転んで手首を骨折してしまいまして、ごめんなさい」と冗談交じりに謝罪。翌日、各メディアで大々的に報じられた。 「演技は当たり前ですが、“コメント力&rdqu...more
カテゴリー:

東日本大震災から7年 福島県が「50年後の未来」に託した想い - 02月21日(水)06:00 

「2011年3月11日14時46分」――この日付を見て、思い出すものは1つ。東日本大震災だ。2018年を迎えてしばらく、震災からもう7年の月日が過ぎようとしている。そんななか福島県では、震災から50年先、2061年の未来を描いた1本の動画を制作した。被災地としてのイメージではなく、福島に明るいイメージを「MIRAI 2061」と題した今回の動画は、県全体のイメージの向上や福島県の現状について正しく理解するための情報発信の取り組み「チャレンジふくしまプロジェクト」の一環。主人公「福島ひかり」を演じる清野菜名さんや、西田敏行さんなど、名だたる俳優・女優が出演している、ミュージカル風のショートムービーだ。動画内にはサッカーのナショナルトレーニングセンターである「Jヴィレッジ」も登場する。ここは震災から数年間、福島第1原発事故の対策拠点として使われた。ここは、映像で復旧の様相がうかがえるように、18年7月にはトレーニングセンターとして再開される予定だ。主人公のひかりが自身の半生を振り返っていくなかで、生まれ来る子供たちなど、「変わらずに未来に受け継がれていること」、そしてテクノロジーの進化といった「変化したこと」の2つが描かれたストーリーとなっている。福島県庁総務部広報課の担当者は、2018年2月20日のJタウンネット編集部の取材に対して、「震災から7年になろうとしていますが、福島県は『住...more
カテゴリー:

【速報】 Z武さん エボラ熱に感染して死亡 - 02月18日(日)20:28  news

自称スポーツライターの無職・Z武さんが 「ずっとオナ禁してたからムラムラして体が熱っぽいのさ~。 この体の盛りを鎮めるために、オナニーの介助役をよこすのさ~」と 人権団体に女を要求したところ、 エボラ熱感染の疑いがあるとみられて無事に射殺された。 親友でもあった西田敏行さんは鼻をほじりながら 「非常に残念。保険金は私が受け取る手はずになっているので 豊かな老後を楽しみたい。」と笑顔で語った。 安倍首相は 「まことにえー・・・遺憾です。 なぜこのようなことになってしまったのか(ここで水を飲む...
»続きを読む
カテゴリー:

「西郷どん」6話 鈴木亮平、瑛太、黒木華の青春ラブトライアングルに需要はあったか - 02月18日(日)09:45 

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 第6回「謎の漂流者」2月11日放送  演出:盆子原誠6話、視聴率微減のわけは LOVE?6話の視聴率は15.1%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)。5話よりちょっと下がったが、土俵際、15%台でぎりぎり踏みとどまった。熱い相撲が描かれた5話から6話は、のちに勝海舟と共に咸臨丸でアメリカに渡るジョン万次郎(劇団ひとり)が登場し、吉之助(鈴木亮平)と邂逅し、密偵かもしれない万次郎の秘密を吉之助や正助(瑛太)が探るという、というわくわく冒険譚的な回かと思いきや、ちょっと違って、女たちのエピソードに重きが置かれていた印象だ。万次郎のこの回の役割は、島津斉彬(渡辺謙)に、蒸気船作りをはじめとして、アメリカのいろいろなことを教えることよりなにより、主に「LOVE」の概念を吉之助たちに伝えるためであったように見えた。その「LOVE」の具体例として、6話は、糸(黒木華)が吉之助のことを思いながらも親の決めた相手・海老原重勝役(蕨野友也)に嫁いでいくまでが描かれた。冒頭、5話で斉彬との相撲に勝ってしまったため牢屋に入れられた吉之助が切腹させられるのではないかとを心配して、糸が西田下会所まで全力で走る。「吉之助さぁ〜〜」(絶叫)からのタイトルバックには、現代ドラマっぽい引きのテクニッ...more
カテゴリー:

中国映画祭「電影2018」3月開催! ジャッキー・チェン出演「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を上映 - 02月15日(木)21:00 

 日本初公開の新作中国映画を上映するイベント「日中国交正常化45周年記念 中国映画祭『電影2018』」が、3月に東京、大阪、愛知(名古屋)で開催されることが決定した。 ・【フォトギャラリー】「電影2018」上映作品の場面写真  2017年12月、日中両国の国交正常化から45周年を迎えたことを記念し、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭事務局)、上海国際影視節有限公司(上海国際映画祭事務局)は、中国3都市で日本映画上映会を行った。その記念上映会に続いて企画された「中国映画祭『電影2018』」では、アクション、コメディ、ミステリーなど、多種多様なジャンルの逸品が集結。会期中は、豪華な来日ゲストの登壇も予定している。  東京、大阪、愛知(名古屋)の3会場における共通の上映作品は、全9本。「戦場のレクイエム」「唐山大地震」で知られるフォン・シャオガン監督最新作「芳華 Youth」のほか、「追跡」(リー・シャオフォン監督)、「シティ・オブ・ロック」(ダーポン監督)、「無言の激昂」(シン・ユークン監督)、「乗風破浪 あの頃のあなたを今想う」(ハン・ハン監督)、「無敵名人の最強食譜(レシピ)」(ルー・ジェンユー監督)、「ライスフラワーの香り」(ポンフェイ監督)、「南極の恋」(ウー・ユーイン監督)、「奇門遁甲」(ユエン・ウーピン監督)がラインナ...more
カテゴリー:

もっと見る

「西田敏行」の画像

もっと見る

「西田敏行」の動画

Wikipedia

西田 敏行(にしだ としゆき、1947年11月4日 - )は、日本俳優歌手タレント、司会者。

福島県郡山市出身。オフィスコバック所属。明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退。身長166cm、体重80kg超。主演の映画釣りバカ日誌は1988年(昭和63年)から2009年(平成21年)まで22作続いた代表作。日本俳優連合理事長。日本アカデミー賞組織委員会副会長。4歳年下の夫人との間に2女あり。

TOC

来歴・人物 幼少・学生時代

5歳の時に父が亡くなり、同じ郡山市内に住む母方の伯母夫婦に引き取られた。

少年時代は映画好きの養父に連れら...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる