「西田敏行」とは?

関連ニュース

【インタビュー】『ビジランテ』大森南朋「こういう映画はずっとあり続けてほしい」鈴木浩介「篠田麻理子さんからは母性の強さを感じました」桐谷健太「監督の中の毒みたいなものが映画になった」 - 12月12日(火)15:55 

 『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の大ヒットも記憶に新しい入江悠監督が、自らのオリジナル脚本で挑んだ『ビジランテ』が12月9日から全国公開された。入江監督の地元・埼玉県深谷市でロケを行ない、父の死をきっかけに再会した一郎、二郎、三郎の三兄弟が運命を翻弄されていく姿を、ハードなバイオレンス描写とともに描いた。三兄弟役でトリプル主演を務めた大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太に撮影の舞台裏を聞いた。 -すさまじい熱量にあふれた映画でした。入江監督のオリジナル脚本ということですが、最初に台本を読んだときの感想はいかがでしたか。 大森 台本には描かれていない部分が多かったので、実際に現場に行ってみないと分からない、監督の頭の中にあることがたくさんあるんだろうなと思いました。とはいえ、こういうことがやりたいんだろうなという、入江監督の世界を読み取るきっかけにはなったような気がします。 鈴木 重いな…と思いましたね。 大森 楽しめました? 鈴木 楽しんで演じられるような役柄ではなかったので…(笑)。台本を読んだときは緊張しました。大変な撮影になるんじゃないかと、目に見えない重圧を感じて。でも、一郎や三郎を見たら、南朋さんはすごく大変そうだし、健太も大変なシーンがたくさんあるし、それに比べれば、俺はまだ二郎でよかったな…と(笑)。 桐谷 二郎は二郎で大変ですよ。 鈴木 そうですね。三者...more
カテゴリー:

【芸能】米倉涼子「ドクターX」のギャラは1話あたり500万円と推定 - 12月10日(日)21:42  mnewsplus

ギャラ一覧 「ドクターX」で主演を演じる米倉涼子の1話あたりのギャラをFLASHが伝えた 推定500万円で、秋ドラマ出演女優たちのなかで断トツの1位だという 「現在のテレビ局に出演する全女優中のトップに上りつめた」と民放関係者  断トツの1位は『ドクターX~外科医・大門未知子~第5シリーズ』(テレ朝系)で主演・天才外科医を演じる米倉涼子(42)。一話あたりのギャラは500万円。 「現在のテレビ局に出演する全女優中のトップに上りつめた。平均視聴率20%を超える局のドル箱番組だけに、ロスで制作発表をおこなうなど、“...
»続きを読む
カテゴリー:

鈴木亮平、西郷隆盛役の先輩・西田敏行に「負けるわけにいかない!」 - 12月07日(木)10:00 

2018年1月7日からNHKでスタートする大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 NHK総合 20:00~20:45 BSプレミアム 18:00~18:45 ※初回は60分拡大)の完成披露試写会が6日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の鈴木亮平、子役の渡邉蒼が出席した。
カテゴリー:

「ドクターX―」の美し過ぎる秘書! 是永瞳は空手女子! - 12月06日(水)10:00 

12月14日(木)に最終回を迎える、「ドクターX~外科医・大門未知子~ 第5シリーズ」(テレビ朝日系)に出演中の是永瞳。昨年行われた「第1回ミス美しい20代コンテスト」で応募総数40,018通の中からグランプリを獲得し、芸能界入りした。その“美しさ”は見た目だけでなく、空手で鍛えた内面の芯の通った美しさも。本作が初ドラマ出演という是永の初々しい素顔をキャッチ! 西田敏行(蛭間院長役)のアドリブは…?/撮影=mika ――ドラマでは院長・蛭間(西田敏行)の秘書・恵子を演じていますが、最初に“秘書役”と聞いたときの感想は? 「シリーズ4作目で田中道子さんが演じられていた色気のある秘書のイメージが強かったので、“セクシーのセの字もない私に、演じられるかな?”と不安もありました。でも、演じさせていただくからには、“私もセクシーさを追求しなくちゃ”と思っていたんです。でも、クランクインの1カ月前、監督とお話しさせていただいた際に“君にはセクシーさは求めてない”と言われてしまって(笑)。同時に、“自分なりの秘書を考えてきて”と課題も出されました」 ――どうやって考えていったんでしょうか。 「母親に相談してみたんです。そうしたら、“瞳は3人姉妹の末っ子だから、お父さんに甘えるのが上手だった。猫なで声が上手”と(笑)。これは、私なりの秘書らしさの役作りに活かせるのではと思いました。撮影では、堂々と...more
カテゴリー:

宮根誠司の隠し子騒動再燃、西田敏行の体調異変、森泉のペット臭 - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5 - 12月03日(日)21:00 

ワイドショー、週刊誌、スポーツ新聞などで報道された芸能ニュースをコラムニストの木村隆志が、「芸能界のしがらみ無視」で厳選紹介! 芸能人の熱愛・破局・スキャンダル・事件……これさえ見れば、一週間の芸能ニュースをサクッとつかめる。
カテゴリー:

米倉涼子「終わる寂しさを初めて体感しました」大門未知子が余命3カ月!? - 12月12日(火)06:00 

12月14日(木)に最終回を迎える米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)で、前回第9話のラストシーンで倒れた未知子(米倉)が、“後腹膜肉腫”を患っており、余命3カ月であることが発覚する。 【写真を見る】大門未知子(米倉涼子)がオペ室でも倒れてしまう!?/(C)テレビ朝日 「この展開について知ったのは、今シリーズの撮影中盤だった」という米倉は、「視聴者の方々にどう見せていくべきか悩んだ」と明かす。その結果「具合が悪いという予兆が見えては面白さが半減してしまう。立ち居振る舞いはあくまで元気なままにして、体形だけは細めを維持しよう」と決めたのだとか。 未知子は、最終回では自らの治療を後回しにして、医師倶楽部会長・内神田景信(草刈正雄)のオペに挑もうとする。 患者としての芝居に一番悩んだという米倉は、「内神田さんのオペの最中、未知子の苦しさをどう調整すべきか、自分のお芝居をちゃんと伝えるにはどうしたらいいか…という点については、すごく考えた」という。 米倉は「自分ではどれがベストなのか決めきれなかったので、撮影ではいろんなパターンで演じた」と明かし、彼女自身「完成した本編を見るまで、どうなっているか分からない」と語った。 また、最終回には未知子と彼女の師匠である「名医紹介所」所長・神原晶(岸部一徳)が寄り添って涙するシーンも。 米倉は「一徳さんの顔を見るだけ...more
カテゴリー:

お笑い芸人から役者に目標変更!堀家一希「お芝居でも面白いことができる」【U-22美男子名鑑】 - 12月08日(金)12:00 

この冬、ドラマ&映画出演する22歳以下限定の期待度高な“イケメン”俳優を紹介する「美男子名鑑」シリーズ。今回は、現在放送中のドラマ「明日の約束」(フジ系)では初の連続ドラマレギュラー出演を果たした堀家一希。ドラマ「ラストコップ」(2016年日本テレビ系)で俳優デビュー。その後、ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(2017年フジ系)、「貴族探偵」(2017年フジ系)、映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」などに出演作品を増やしている彼に20問20答を直撃! 【写真を見る】ドラマ「CRISIS―」(2017年フジ系)で、平成維新軍の一人・正一として熱演!/撮影=コザイリサ ■ Q1:役者になろうと思ったきっかけと、現在の事務所に入ったきっかけを教えてください。 役者になろうと思ったきっかけは、「ザ・マジックアワー」(2006年)という映画を見て、お芝居って面白いことができるんだなと思い、役者を目指しました。事務所に入るきっかけになったのは、母がオーディションを見つけてくれて、「行ってみる?」ということで受けたことですね。僕、地元が岡山県なんですけど、3年間は大阪にある育成所に通って、高校卒業とともに上京しました。そこからレプロエンタテイメントで、少しずつ活動させてもらっています。 ■ Q2:ご自身の魅力は何だと思いますか? 台本をたまに書いたりしています。そういったところ、...more
カテゴリー:

鈴木亮平:西郷隆盛の“先輩”西田敏行の語りは「心強い」 - 12月06日(水)19:00 

 俳優の鈴木亮平さんが6日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた2018年のNHK大河ドラマ「「西郷(せご)どん」の第1回完成試写会に登場。1990年のNHK大河ドラマ「翔ぶが如く」で西郷隆盛を…
カテゴリー:

永山絢斗、新米外科医を好演 失敗しないドラマで「失敗した…なんて思いたくない」 - 12月04日(月)06:00 

 女優の米倉涼子が主演するテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(毎週木曜 後9:00)に、レギュラー出演する俳優の永山絢斗。11月30日放送の第8話では、永山が演じるゆとり世代の新米外科医・西山直之が、日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の息子であったことが明らかになり、医師としての自覚が芽生えた西山が、組織の体面に固執する父・内神田と正面衝突する局面も描かれた。 【写真とあらすじ】今までのストーリー振り返り  「たくさんの方々にご覧いただいて、本当に感謝しております。第8話で大門先生に叱られた西山が、今後それをどう反芻し、どう立ち振る舞っていくのか…。第9話(12月7日※15分拡大)以降は『ドクターX』ファンの期待を裏切らない展開も待っていますので、ぜひご期待ください」と語る永山に話を聞いた。 ■大門先生の影響で変化する西山の気持ちに共感できた ――組織の中でそれとなく上手くやっていこうとしていた西山ですが、大門未知子と出会ったことで医師としての自覚が芽生え、意識が大きく変わりました。 【永山】誰もが一度は経験があると思うんですけど、気持ちがダレてしまうときってあるじゃないですか。当初の西山はちょうどそういう時期だったと思うんです。でも、人との出会いで意識が変わることもまた、誰しもが経験すること。僕自身も無気力だっ...more
カテゴリー:

星野源、待望の新曲「ここにいないあなたへ」が『映画ドラえもん』に!主題歌・挿入歌をW担当 - 12月01日(金)04:00 

1980年公開の第1作『映画ドラえもん のび太の恐竜』以降、春休み映画の定番として不動の人気を誇る「映画ドラえもん」シリーズ。今年3月に公開された第37作『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は、ドラえもん役の声優が大山のぶ代から水田わさびに交代して以降の新シリーズでは最高となる興行収入44.3億円を記録するなど、さらにファン層が広がりつつある。 【写真を見る】星野源の新曲「ここにいないあなたへ」が聴ける特報映像はこちらのページから!/[c]藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018 「映画ドラえもん」シリーズといえば、武田鉄矢、西田敏行、白鳥恵美子、矢沢永吉などの大御所から、BUMP OF CHICKEN、Perfume、miwaなど若手まで、幅広い人気アーティストが担当する主題歌が毎年注目を集める。 この度、星野源が38作目である『映画ドラえもん のび太の宝島』(18年3月3日公開)で主題歌、および挿入歌を手がけることが発表され、新曲「ここにいないあなたへ」を聴ける特報映像が解禁となった。 自身のラジオ番組でも度々アニメソングをオンエアするなど自他ともに認める生粋の“オタク”であり、以前からドラえもんファンを公言している星野。今回のオファーについて「大好きな『ドラえもん』の長い長い歴史の中に音楽家として参加できることを、とても嬉しく思います!」と喜びをあら...more
カテゴリー:

もっと見る

「西田敏行」の画像

もっと見る

「西田敏行」の動画

Wikipedia

西田 敏行(にしだ としゆき、1947年11月4日 - )は、日本俳優歌手タレント、司会者。

福島県郡山市出身。オフィスコバック所属。明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退。身長166cm、体重80kg超。主演の映画釣りバカ日誌は1988年(昭和63年)から2009年(平成21年)まで22作続いた代表作。日本俳優連合理事長。日本アカデミー賞組織委員会副会長。4歳年下の夫人との間に2女あり。

TOC

来歴・人物 幼少・学生時代

5歳の時に父が亡くなり、同じ郡山市内に住む母方の伯母夫婦に引き取られた。

少年時代は映画好きの養父に連れら...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる