「西海市」とは?

関連ニュース

人生の1ページに「無人島を開拓したことがある」と刻みたい人へ - 07月15日(土)11:10 

小さい頃、絵本で読んだ、無人島。テレビの向こうで芸能人がサバイバルしてる、無人島。今まではどこか遠くの存在だったかもしれませんが、いっそ飛び込んでみましょう。「開拓者」として。日本初の無人島「開拓」プロジェクト「ひとりのお客さんとして、無人島に遊びに行く」。確かにそれもいいかもしれない。でも長崎県・大村湾に浮かぶ田島では、井戸づくりや古民家修復、無農薬野菜の栽培など、を学びながら開拓プロジェクトに参加できるそう。滞在期間は一ヶ月。つまり、“体験”どころではない、本気で生きることの充実感を味わえる、ってこと。なければ作る、考える東京ドームより少し大きいくらいの「田島」には、約30年ほど前までは人が住んでいたそうですが、現在はもちろん電気・ガス・水道がありません。でも安心してください。代わりに、シーハウスやドラム缶風呂、ジップラインやシーカヤックがあります。マキを割り、釜戸で火を起こし、お米を炊く。最高においしそうです。どれも、普段の生活ではなかなか味わえません。ツリーハウスや海岸に、あなたの名前をネーミングできるかも。「○○ビーチ」のように。さらに、島に住んでいる猫の命名権ももらえたり。月明かりだけを頼りに、ぼんやりと考えてみるのも楽しそうです。現在「Makuake」を通して、開拓メンバーや支援者を募集中。自分の人生の1ページに、「無人島開拓の経験あり!」と刻...more
カテゴリー:

「西海市」の画像

もっと見る

「西海市」の動画

Wikipedia

西海市(さいかいし)は、長崎県西彼杵半島の北部に位置する

地理

三方を五島灘佐世保湾大村湾に囲まれた西彼杵半島北部と、周辺に点在するからなる。ほとんどの地域がリアス式海岸で、海岸線は複雑に入り組んでいる。半島部の最高峰は標高561mの長浦岳(ながうらだけ、山頂は長崎市)である。海岸までは丘陵地で照葉樹林スギヒノキ林、果樹園、農耕地などがあり、平野部は狭い。市章は青い丸の中に小さな白い丸が5つ、「S」字に並んでいる。5つの丸は合併した5つの町を、Sは西海(Saikai)の頭文字を表している。

;主な河川

**西彼杵半島東部

***大明寺川(だいみょうじ、旧西彼町)

***鳥加川(と...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる