「西武鉄道」とは?

関連ニュース

ムーミンもやってくる。「北欧」にリニューアル中の埼玉県飯能市を探索 - 12月09日(土)08:00 

池袋から電車で40分。都内からもアクセス便利な埼玉県の南西に位置する「飯能」は、「トーベ・ヤンソンあけぼの子ども公園」があることで知られ、連日多くの観光客が訪れています。そして、2018年秋に「メッツァビレッジ」、2019年春には「ムーミンバレーパーク」の開業を予定し、ますます注目が高くなります。そんな「飯能」には、どんな観光スポットがあるのでしょうか? 今回は「飯能」の魅力的なスポットをご紹介します。自然あり、グルメあり、レジャーあり、まさに家族やお子様連れで遊びに行くには最高の場所ですよ!※本記事はジモトのココロに掲載された記事です(2017年12月6日)   オオサンショウウオが生息している美しい森「飯能・西武の森」 飯能駅を降りて徒歩20分のところに「飯能・西武の森」があります。この場所はその名の通り、西武ホールディングスが所有する森です。 歴史をたどるコースなどもある   面積約130haの森は、地域の住民や西武グループの社員家族と共に、遊歩道の整備や「アオダモの木」などの植樹を継続的に行っています。 子供たちの夢と共に元気に育つ「アオダモの木」   このアオダモの木、野球のバットの素材になるそう。いつか野球の選手たちが、このアオダモの木でできたバットで野球をすると思うと子供たちもワクワク。 小鳥の声を聞きながら森の中を歩く   「西武の森」は環境教育やエコツアーの場とし...more
カテゴリー:

西武鉄道のオリジナルアニメ制作 西武鉄道や秩父地域の魅力を国内外に発信 - 12月09日(土)05:00 

 西武鉄道のオリジナルアニメーションが制作されることが決定した。西武線および西武線沿線の代表的な観光地である埼玉・秩父地域の魅力を発信する約20分(全1話)のアニメとなり、2018年3月から、西武鉄道公式サイト内での公開が予定されている。タイトルは後日発表。  同作は、お見合いをすることになった薫子が、幼いころに出会った名前も知らない少年との再会を願い、かつて訪れた秩父の名所を旅するラブロマンス。全席レストラン車両「西武 旅するレストラン『52席の至福』」や、渓流で著名な長瀞、芝桜で知られる羊山公園、秩父神社といった、秩父地域の名勝地が作中に多数登場する。また、英語やフランス語、中国語(繁体字)などの多言語字幕も作成され、世界中に向けて秩父地域の魅力をアピールする。  制作スタッフは、監督として「ディーふらぐ!」「境界のRINNE」の菅原静貴が登板。脚本は「ハイキュー!!」「僕だけがいない街」の岸本卓が担当し、アニメーション制作は「ルパン三世」「名探偵コナン」のトムス・エンタテインメントが行う。 【作品情報】 ・僕だけがいない街 【関連記事】 ・「心が叫びたがってるんだ。」主演声優・水瀬いのり、埼玉県知事に“秩父愛”をアピール ・「ここさけ」舞台の秩父で監督、キャストが舞台挨拶 実写ドラマ「あの花」キャストもサプライズ登場 ・「ここさけ」アニメ版主演声優・水瀬いのり、実写版...more
カテゴリー:

西武鉄道「赤電」多摩湖線・多摩川線に復活 - 701系塗装色を再現 - 12月07日(木)20:01 

西武鉄道は7日、同社でかつて活躍した「赤電」の車体色をまとった101系1編成を多摩湖線・多摩川線で運行すると発表した。多摩川線開業100周年イベントで実施したアンケートにおいて「赤電色」の復活塗装を希望する声が多かったことから、実施を決めた。author=佐々木康弘
カテゴリー:

西武鉄道のオリジナルアニメ制作 西武鉄道や秩父地域の魅力を国内外に発信 - 12月09日(土)05:00 

西武鉄道のオリジナルアニメーションが制作されることが決定した。西武線および西武線沿線の代表的な観光地である埼玉・秩父地域の魅力を発信する約20分(全1話)のアニメとなり、2018年3月から、西武...
カテゴリー:

「住んでみたい街」と「住みやすい街」は違う? 『本当に住みやすい街大賞 2017』が決定! - 12月08日(金)11:44 

 首都圏に住んでいて、どこかに引っ越す必要が生じたら、あなたはどこに住む? 「住んでみたい街」としてよく挙げられるのは吉祥寺や横浜だが、「住んでみたい街」と「住みやすい街」は違うというのもよく聞く話。誰か「本当に住みやすい街」を教えてくれないだろうかと思っていたら、そのものズバリのランキングが発表された。【写真】関連情報を含む記事はこちら  住宅ローン専門金融機関のアルヒ(東京)は『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2017』を選定。理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から1都3県の「本当に住みやすい街TOP10」を発表した。同社保有のデータを基に、住環境・交通利便・教育環境・コストパフォーマンス・発展性の5つの基準を設定し、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと「本当に住みやすい街」が選ばれた。 グランプリに輝いたのは、営団地下鉄丸の内線の阿佐ヶ谷。「自然の豊かさと都会の便利さを併せ持つ、家族暮らしに最適な街」というのが選考理由だ。2位には都営地下鉄大江戸線勝どきが「都心に近く発展性があり、子育て支援も充実した街」と評価され、3位は「利便性が良く、庶民性もある“NEXT吉祥寺”にふさわしい街」として赤羽が選ばれた。以下、三郷中央(つくばエクスプレス)、戸塚(JR)、南千住(JR)、大泉学園(西武鉄道線)、千葉ニュータウン...more
カテゴリー:

「西武鉄道」の画像

もっと見る

「西武鉄道」の動画

Wikipedia

西武鉄道株式会社(せいぶてつどう、英称:''SEIBU RAILWAY Co.,Ltd.'')は、埼玉県所沢市に本社を置く鉄道事業者である。登記上の本店所在地は東京都豊島区南池袋

東京都北西部から埼玉県南西部に路線を有する鉄道・沿線・不動産事業を行う西武グループの主要企業で、大手私鉄の一つである。また、プロ野球・埼玉西武ライオンズの親会社(2009年から)である。

「西武」の名称は武蔵国の西部に由来する。また、利用客は西武鉄道の路線のことを「西武線」と呼ぶことが多く、車内放送などでも「西武線」と呼称している。 TOC

特色

西武鉄道は東京急行電鉄と同じように企業の多角化が、他社よりも早く行われ、また自社の不動産が大きな利益を上げている。他社に比べ土地の買収が早く、西武沿線は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる