「西村昭五郎」とは?

「西村昭五郎」の画像

もっと見る

「西村昭五郎」の動画

Wikipedia

西村 昭五郎(にしむら しょうごろう、1930年1月18日 - )は、日本の映画監督

来歴

滋賀県出身。1954年、京都大学文学部仏文科を卒業後、従兄の吉村公三郎監督の紹介で、映画製作を再開した日活に入社。中平康を始めとする監督の下で助監督を務めたのち、1963年の競輪上人行状記で監督デビュー。末期の日活アクションや青春映画の演出に携わるが、ヒット作に恵まれず、1960年代終盤からは大江戸捜査網などのテレビ路線の演出に回された。

1971年、日活は成人映画への路線転向を決め、西村は日活ロマンポルノ最初の作品となった団地妻 昼下りの情事白川和子主演)を演出する。以来、ロマンポルノ末期まで、「団地妻」シリーズや...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる