「西川史子」とは?

関連ニュース

【テレビ】武井壮 田中聖容疑者は「まだグレー」 元ホストの友人「絶対嘘や」 - 05月28日(日)11:23 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000100-spnannex-ent スポニチアネックス 5/28(日) 11:16配信  タレントの武井壮(44)が28日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に生出演。人気グループ「KAT―TUN」の元メンバー、田中聖容疑者(31)が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されたことについてコメントした。  武井は「まだご本人が否定しているので、逮捕されただけで容疑が確定しているわけじゃない。本当にやっちゃったみたいにテレビでやるのはどうかと思う」と持論を展開。「友...
»続きを読む
カテゴリー:

人気沸騰中、ゆりやんレトリィバァに「今はいいけど」と西川史子が警鐘 - 05月27日(土)14:50 

毎週日曜に放送されている『サンデージャポン』をパロディ化した情報バラエティ番組『有吉ジャポン』(TBS系列、毎週金曜24:20~)。毎回深夜ならではのディープな話題を、MCの有吉弘行、本家でお馴染みの西川史子、太田光の妻である太田光代らと共に“毒っ気”のある目線で切り込んでいく。5月26日の放送では、サボり好きのビジネスパーソン向けのスポットを紹介した。公園や喫茶店、ゲームセンター、雀荘などが入店している商業施設などが紹介されると、有吉は「いいですね。サラリーマンの哀愁があって」とコメント。ゲストのますだおかだ・岡田圭右は、「私は番組中サボリーマンになります。オープニングだけ頑張って、最終的にスベリーマン……やかましいわ!」とのっけからエンジン全開。芸人になる前は文房具メーカーの営業だったという岡田に対し、有吉は「営業できるんですか?本当はめちゃめちゃ人見知りじゃないですか」と暴露。岡田は「言いなさんな!」とタジタジに。もう1人のゲスト、ゆりやんレトリィバァは、岡田との共演も多く、二人で息の合ったやり取りを展開。ゆりやんをフォローする岡田に、有吉は「共演しているだけある」と称賛した。番組では、ゆりやんの1日のスケジュールを紹介し、サボる暇もないほど仕事が詰まっているという現在の生活ぶりが明かされた。そんな中、ゆりやんが「ありがたいです。でも西川先生とご一緒させていただいた時に、“今...more
カテゴリー:

謹慎でお蔵入り…『ナカイの窓』ノンスタ井上回がついに放送 - 05月25日(木)21:05 

 昨年12月末に放送を予定していたものの、お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が接触事故をおこし謹慎処分となった影響で“お蔵入り”となっていた『ナカイの窓』(日本テレビ系、毎週水曜 後11:59)の「ノンスタ井上・好き嫌い芸能人SP」が、5ヶ月間の沈黙を破り31日に放送されることが決定した。 【写真】ノンスタ井上、復帰後は『兄こま』で映画出演も  芸能界の中でも好き派と、嫌い派がはっきり二分される井上だが、両派閥の芸能人に集まってもらい、それぞれの理由をぶつけ合う同企画。好き派が「とにかく優しく、人の悪口も言わない」と大絶賛すれば、嫌い派が井上の“裏の顔”を暴こうと猛抗議するなど議論は白熱した。  さらに、井上に口説かれた過去を持つという出演者の大石絵理は、井上の口説きテクを暴露し、当時のLINEのやり取りも公開。超人気アイドルグループのメンバーだった井上の元カノもスタジオに登場し、当時の思いや別れの理由を告白するなど波乱の展開が待ち受ける。  ノンスタの2人は、漫才への思いをめぐり、収録中にマジげんかが勃発。また、今回の放送にあたり迷惑をかけてしまった番組MC・中居正広の楽屋へ謝罪に訪れるシーンを追加撮影し放送する。  出演者は井上、中居、千原ジュニアのほか、“井上好き”タレントとして西川史子・河本準一(次長課長)・片岡正徳(オオカミ少年)、“井上嫌い”タレントと...more
カテゴリー:

爆問・太田、20年ぶりテレビ出演のIKURAに「1ミリも成長してない」 - 05月21日(日)14:09 

爆笑問題が司会を務めるニュースバラエティー「サンデー・ジャポン」(TBS系)。 【写真を見る】Gカップグラドルの葉加瀬マイはセクシーな衣装で出演し、オフショットを公開/※画像は葉加瀬マイ(m.hakase)オフィシャルInstagramのスクリーンショットです 5月21日の放送では、ご意見番の堀江貴文、Gカップグラドル・葉加瀬マイ、女性芸人・ゆりやんレトリィバァ、ソウルシンガー・IKURA(イクラ)がスタジオに登場し、今話題のニュースについて生トークを展開した。 「全ての飲食店を原則禁煙とする」という受動喫煙対策のニュースでは、爆笑問題の太田光、女医の西川史子が喫煙者であることを明かす。 田中裕二から「イクラちゃん(IKURA)は葉巻とか吸ってそう」と振られると、この日が20年ぶりのテレビ出演となったIKURAは「僕は吸えるもの何でも吸っちゃいそうなんですけど、今はタバコ吸わないんです。早めに吸って早めにやめたんで。何でも早め早めがいいんですよ」とギリギリのコメントでスタジオを沸かせた。 続けて、太田が「それはバイクでみんなで集まっていた頃?」と質問すると、「そうですね、日本を統一しようとしてた頃ですね」といい、「ああいう大人の集まるお店は、別に吸いたい人は吸ってもいい思うんです。何でもかんでも駄目って言ったら、今度は隠れて吸うようになるから。分ければいいんじゃないですか」と付け加...more
カテゴリー:

有吉弘行、男の聖地に現れた「立ち食いそば女子」に理解を示す - 05月20日(土)13:50 

毎週日曜に放送されている『サンデージャポン』をパロディ化した情報バラエティ番組『有吉ジャポン』(TBS系列、毎週金曜24:20~)。毎回深夜ならではのディープな話題を、MCの有吉弘行、本家でお馴染みの西川史子、太田光の妻である太田光代らと共に“毒っ気”のある目線で切り込んでいく。5月19日の放送では、サラリーマンの味方“立ち食いそば”を特集。斬新な食べ方が紹介された。VTRでは、立ち食いそばマニアの本橋隆司が、ゲストで俳優の石丸謙二郎とモデルの船山久美子に、何通りもあるという「コロッケそば」の食べ方をレクチャー。“自作自演スタイル”を取り上げたシーンでは、カレー風味のコロッケに生卵をトッピングし、それらを丼の底に沈めることを指示する。本橋は「コロッケと卵を忘れることで、まずは麺だけを楽しめる」と解説すると、スタジオにいた有吉は「隠しちゃうんだ」と笑顔でつぶやいていた。麺を半分ほど楽しんだ後、汁を吸ったコロッケと生卵をかき混ぜることで、カレー風味のつゆが完成。石丸と船山は1つの丼で2つの味を堪能した。続いてスタジオでは、立ち食いそばが女性の間で流行しているという話題に。有吉は「女子は後から来たくせ権利を主張しすぎなんだよ。“もっとオシャレなもの置いてよ!”って言うんだろ?」と怪訝そうな表情をみせたが、いざ「バジル冷そば」「生バクチー蕎麦」を試食してみると「なんだよ……うめぇじゃねーか...more
カテゴリー:

人気沸騰中、ゆりやんレトリィバァに「今はいいけど」と西川史子が警鐘 - 05月27日(土)14:55 

毎週日曜に放送されている『サンデージャポン』をパロディ化した情報バラエティ番組『有吉ジャポン』(TBS系列、毎週金曜24:20~)。毎回深夜ならではのディープな話題を、MCの有吉弘行、本家でお馴染みの西川史子、太田光の妻である太田光代らと共に“毒っ気”のある目線で切り込んでいく。5月26日の放送では、サボり好きのビジネスパーソン向けのスポットを紹介した。公園や喫茶店、ゲームセンター、雀荘などが入店している商業施設などが紹介されると、有吉は「いいですね。サラリーマンの哀愁があって」と絶賛。ゲストのますだおかだ・岡田圭右は「私は番組中サボリーマンになります。オープニングだけ頑張って、最終的にスベリーマン……やかましいわ!」とのっけからエンジン全開。芸人になる前は文房具メーカーの営業だったという岡田に対し、有吉は「営業できるんですか?本当はめちゃめちゃ人見知りじゃないですか」と暴露。岡田は「言いなさんな!」とタジタジに。2人目のゲスト、ゆりやんレトリィバァは、岡田との共演も多く、息の合ったやり取りを展開。ゆりやんをフォローする岡田に有吉は「共演しているだけある」と称賛した。続いて番組は、ゆりやんの1日のスケジュールを紹介。サボる暇もないほど仕事が詰まっている状況に「ありがたいです。でも西川先生とご一緒させていただいた時に、“今はいいけど、後でしんどくなる時が来る”って言われました」と報告...more
カテゴリー:

尼神インター・誠子のセクシー衣装が「かわいい」と話題に - 05月26日(金)22:37 

AbemaTV内「AbemaSPECIALチャンネル」にて、レギュラー番組「極楽とんぼ KAKERU TV」が5月25日に生放送された。  【写真を見る】いつもと違う誠子のセクシーな姿に「かわいい!」との声が殺到した/(C)AbemaTV 今回は「芸人のリリックにかける!Gスタイルダンジョン」と題し、お笑いコンビ・ダイノジの大地洋輔、とろサーモン・久保田和靖、こりゃめでてーな・大江健次、レイザーラモンRGの4人のラップ自慢芸人が登場し、フリースタイルのラップバトルを披露。芸人界のNo.1ラッパーを決定した。 さらにラップバトルの審査員を務めるのは、ラップに関しては全くの素人である極楽とんぼに加え、同じくラップ素人のお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二、メイプル超合金・安藤なつ、尼神インター・誠子が登場し、素人ならではの“それっぽい審査”で評価。 番組冒頭、誠子のセクシーな衣装に「かわいい」「誠子きれい」「誠子に見えない!」など、コメントが多数寄せられ、それからも終始「かわいい」の声が相次いだ。 最初のバトルは、大地と久保田。リズムに合わせてお互いをディスり始めると、話題は“闇営業”に。事務所に内緒で仕事を入れてお金をもらう闇営業について、久保田が「おまえの暴露を落とすわな。聞いとけ吉本の社員。こいつはスケジュール2枚あるわ。正規のスケジュールと闇のスケジュール。うそつき野郎だ」と暴露...more
カテゴリー:

【テレビ】<西川史子>受動喫煙対策にコメント 「やっぱり嫌じゃないですか?私も自分が吸うのに嫌なんですよ、人の煙は」 - 05月22日(月)13:49 

【西川史子/モデルプレス=5月21日】女医でタレントの西川史子が21日、TBS系情報番組「サンデー・ジャポン」(毎週日曜あさ10時~)に生出演。受動喫煙対策についてコメントした。 ◆受動喫煙対策が議論に 番組では、受動喫煙対策をめぐり自民党と厚生労働省が対立しているというニュースを紹介。17日に厚生労働省が「飲食店を原則禁煙」とする規制案を修正し、一部改定。今後自民党が党内の意見をまとめられるかどうかが焦点になっている。 スタジオメンバーで喫煙者は司会の爆笑問題太田光と西川。 「喫煙者としてどうですか?...
»続きを読む
カテゴリー:

有吉弘行、男の聖地に現れた「立ち食いそば女子」に理解を示す - 05月20日(土)13:57 

毎週日曜に放送されている『サンデージャポン』をパロディ化した情報バラエティ番組『有吉ジャポン』(TBS系列、毎週金曜24:20~)。毎回深夜ならではのディープな話題を、MCの有吉弘行、本家でお馴染みの西川史子、太田光の妻である太田光代らと共に“毒っ気”のある目線で切り込んでいく。5月19日の放送では、サラリーマンの味方“立ち食いそば”を特集。斬新な食べ方が紹介された。VTRでは、立ち食いそばマニアの本橋隆司が、ゲストで俳優の石丸謙二郎とモデルの船山久美子に、何通りもあるという「コロッケそば」の食べ方をレクチャー。“自作自演スタイル”を取り上げたシーンでは、カレー風味のコロッケに生卵をトッピングし、それらを丼の底に沈めることを指示する。本橋は「コロッケと卵を忘れることで、まずは麺だけを楽しめる」と解説すると、スタジオにいた有吉は「隠しちゃうんだ」と笑顔でつぶやいていた。麺を半分ほど楽しんだ後、汁を吸ったコロッケと生卵をかき混ぜることで、カレー風味のつゆが完成。石丸と船山は1つの丼で2つの味を堪能した。続いてスタジオでは、立ち食いそばが女性の間で流行しているという話題に。有吉は「女子は後から来たくせ権利を主張しすぎなんだよ。“もっとオシャレなもの置いてよ!”って言うんだろ?」と怪訝そうな表情をみせたが、いざ「バジル冷そば」「生バクチー蕎麦」を試食してみると「なんだよ……うめぇじゃねーか...more
カテゴリー:

激戦を制すのは誰なのか!?『ものまねGP』ゆりやん、カミナリらが初参戦 - 05月16日(火)07:00 

ネプチューン、郡司恭子アナウンサー、岩本乃蒼アナがMCを務める『ものまねグランプリ 春の部門別チャンピオン決定戦SP』(日本テレビ系)が、5月16日(火)19時56分から放送される。2017年度初回となる今回は、そのスタートダッシュとして新しい試みを行うことに。「春の部門別チャンピオン決定戦SP」と題し、ものまね芸人の精鋭たちが、得意なジャンルや同じ世代同士など、9つの部門に分かれてチャンピオンの座を争う。初出場のゆりやんレトリィバァは、横澤夏子、平野ノラ、石出奈々子といった強豪たちに挑み、カミナリ、ミキなどの若手注目芸人たちも、初参戦を果たす。一体、ライバル同士の真剣勝負を制すのは誰なのか。このほか、有名人と顔がそっくりという人が続々と登場する「1周回ればどこかが似てるトルネードそっくりSHOW!」などのミニコーナーも開催。今大会の審査員は、関根勤、東国原英夫、ビビる大木、大倉士門、石野真子、高橋ひとみ、西川史子、足立梨花、北原里英、紅蘭が務める。 関連リンク 綾野剛「僕が革命を起こします!」告白シーンが「泣ける」と話題『フラ恋』 北川景子、家を売りまくる姿をもう一度チェック『家売るオンナ』が見逃し配信 『マ...more
カテゴリー:

もっと見る

「西川史子」の画像

もっと見る

「西川史子」の動画

Wikipedia

西川 史子(にしかわ あやこ、1971年4月5日 - )は、日本の医師タレントである。

神奈川県相模原市南区出身。ホリプロ所属。

人物

湘南白百合学園幼稚園・小学校・中学校、桐蔭学園高等学校を経て、聖マリアンナ医科大学卒業。

タレントとして多くのテレビ番組などに出演し、イメージビデオ写真集も出版している。一方、将来の目標は「医療ジャーナリスト」としている。

経歴

父親は日本医科大学卒の整形外科医西川英樹「親子のカタチ(194) 西川英樹×西川史子」 週刊朝日 115 , 59-63, 2010. で、幼少の頃から...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる