「西島秀俊」とは?

関連ニュース

『コウノドリ』繰り返す流産で、自分を責め続ける女性たちの悲しい本音に涙 - 12月14日(木)12:00 

© TBS『コウノドリ』第9話が12月8日に放送された。今回サクラ(綾野剛)が向き合ったのは、「不育症」。原因がわからないまま、流産を繰り返す女性の苦悩と本音が描かれた。ドラマでも取り上げられていたように、流産はけっしてめずらしいものではなく、経験者も多い。けれどもそれは、あくまで統計上のこと。「あなたのせいじゃない」と言われても、原因がわからないことで、どうしようもない不安や、やり場のない気持ちに陥ってしまうものなのだ。■原因不明の不育症に悩む夫婦3回目の流産となった篠原沙月(野波麻帆)は、流産を繰り返してしまうことを「自分のせい」だと思い悩んでいた。そんな妻を見て、夫・修一(高橋光臣)もまた、どうしたら彼女を元気付けられるのかと葛藤していた。不育症の検査を受けるも、結果はすべて正常範囲内。それを聞いた修一が「それは原因がわからないということですか? 治療方法がないということですか?」と問う。サクラは不育症の原因がわかって治療した女性、原因がわからず治療しなかった女性、どちらも出産できる確率は85%だと説明する。© TBS「でも、不安ですよね、怖いですよね」と続けるサクラに、沙月は涙を流し「子どもがほしくて、やっぱり諦めきれないからここに来てるんですけど、妊娠してないってことがわかると少しホッとする自分がいて。一瞬でも、おなかの中に赤ちゃんが宿ることが怖くて。こんなんじゃ母親にな...more
カテゴリー:

阿部寛『新参者』シリーズ完結「寂しい」 - 12月12日(火)17:23 

 俳優の阿部寛(53)が12日、東京・日本橋の仲通りで行われた映画『祈りの幕が下りる時』(2018年1月27日公開)のレッドカーペットイベントに出席。2010年4月に連続ドラマとしてスタートした『新参者』シリーズも今回で完結となり、「寂しい思いはある」と心境を語った。  『新参者』シリーズは、東野圭吾氏の原作小説を実写化。日本橋署に異動してきた鋭い洞察眼を持つ凄腕の刑事・加賀恭一郎を演じてきた阿部は「8年やらせていただいて、僕はそれまでエキセントリックな変わった役が多くて、ここまでまっすぐな役はなかった」と回顧。「加賀恭一郎っていうのは僕の基盤であって。何年かに一度帰ってくることができる、役者の芯の部分として役を愛してきた。寂しい思いはあるけれど、その分すばらしい作品に仕上げようと頑張りました」と思いを伝えた。  加賀のいとこで警視庁捜査一課刑事・松宮脩平役の溝端淳平(28)もシリーズに長く関わり、「始まった当初は東京に出たばっかり。人形町の方々があたたかく迎えてくれて、この作品を多くの人に伝えたい気持ちと、この街のすばらしさを伝えたいという気持ちも出てきた。お別れはすごく寂しい」と話した。  この日は、COREDO 室町2横の仲通りにレッドカーペットを敷き、阿部のほか、松嶋菜々子(44)、溝端、田中麗奈(37)、春風亭昇太(58)、飯豊まりえ(19)、伊藤蘭(62)、小日向...more
カテゴリー:

西島秀俊の知られざるプライベートが明らかに - 12月07日(木)22:43 

14年に結婚し昨年第1子が誕生していた俳優の西島秀俊が家族との時間を過ごしている様子を、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。 西島は14年11月、3年間の交際を経て...
カテゴリー:

「奥様は、取り扱い注意」衝撃のラストシーンに困惑の声!【視聴熱】 - 12月07日(木)14:26 

12月6日に、日本テレビ系のドラマ「奥様は、取り扱い注意」が最終回が放送され、同日の「視聴熱(※)」デイリーランキングで11264pt(ポイント)を獲得し、ドラマ部門第1位にランクインした。 【写真を見る】菜美はナイフまで取り出し、勇輝に襲い掛かる!? 最終回、菜美(綾瀬はるか)は夫・勇輝(西島秀俊)が公安の人間であることを知る。その夜、菜美は勇輝との対決を決意し、2人は死力を尽くした決闘を見せた。監視のために近づいたが、本気で菜美を愛していると打ち明けた勇輝は、菜美にドイツで普通の主婦として生きていくことを提案する。しかしそんな中、優里(広末涼子)が暴力をふるわれ、重傷を負ったと知った菜美は、主犯の横溝(玉山鉄二)と対決することに。 夫婦2人によるバトルシーンは、「『Mr.&Mrs.スミス』の展開が最高!」「思わず謝ってしまうところがいい」と感想が。さらに、西島が公安だという事実にも「『MOZU』(TBS系)『CRISIS―』(フジ系)に続く3部作」というツッコみが沸き上がった。 また、勇輝の撃った銃声で幕を閉じるといったラストシーンには、SNS上でさまざまな予想を交えて盛り上がりを見せた。「奥様死んだの!?」という困惑の声や、「盗聴している公安に心中したと見せかけて、2人で逃げていてほしい」という意見も。さらには「続編は!?」と早くも続きを望む声があげられている。 ※SNSや独...more
カテゴリー:

『奥様は、取り扱い注意』最終回 西島秀俊の正体に『FNS歌謡祭』と迷う視聴者も - 12月06日(水)23:21 

『奥様は、取り扱い注意』(C)NTV 6日、綾瀬はるか、広末涼子、本田翼が出演するドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の最終話が放送された。 菜美(綾瀬)の夫・勇輝(西島秀俊)は公安だったことが判明。一旦は不仲になるものの、勇輝は菜美に協力することに。これまで出演してきた作品で警察官...
カテゴリー:

「二ノ国II」日本語音声トレーラーが公開! - 12月13日(水)14:23 

声優陣も発表! 声優は志田未来、西島秀俊、門脇麦、木村文乃、山崎育三郎、吉谷彩子、吉田鋼太郎などが務める。
カテゴリー:

綾瀬はるかを笑顔にした打ち上げでの「日本版アンジー」発言 - 12月12日(火)00:00 

「さっそく続編を期待する声が挙がっていますが、実はすでに18年夏の映画化に向けて着々と話が進んでいます」(テレビ局関係者) 全10話すべてが視聴率2桁超えをキープし続けた人気ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。 主演の綾瀬はるか(32)は元工作員という特殊な過去を持つ専業主婦を熱演。自慢の“腕っぷし”で町内トラブルを解決していくという爽快なストーリーが初回から注目を集めていた。最終回では、夫の西島秀俊(46)が警視庁公安部の人間だったと発覚。そこで突如繰り広げられた夫婦の格闘シーンも好評で、平均視聴率は14・1%を記録した。 そんな好調ドラマの打ち上げが12月6日、都内の一軒家レストランで行われた。 18時半のスタートを前に、主要キャストのなかで最初に姿を見せたのは、主演の綾瀬。続いて西島や広末涼子(37)も笑顔で会場入りした。 「この日を心待ちにしていた綾瀬さんは終始上機嫌。共演者たちもみんな仲が良く、写真撮影をしたりLINE交換をしたり、和気あいあいでした」(ドラマ関係者) キャストの結束力もさることながら、同ドラマいちばんの魅力は綾瀬のキレキレなアクションシーン。会場でも大絶賛されていたという。 「ストイックな西島さんも、この日のあいさつでは綾瀬さんの成長ぶりをベタ褒めしていましたよ。また、脚本家の金城一紀さんも期待以上の完成...more
カテゴリー:

「FNS歌謡祭」で話題になった赤い人とは!? 【視聴熱】12/6デイリーランキング - 12月07日(木)17:00 

webサイト「ザテレビジョン」では、12月6日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。 【写真を見る】最終回を迎えた「奥様は、取り扱い注意」の順位は? 12月6日“視聴熱”デイリーランキング ドラマ部門 ■ 人物ランキング 「FNS歌謡祭」出演の東方神起に注目が 1位 東方神起/2位 嵐/3位 羽生結弦 東方神起…12月6日放送の「2017 FNS歌謡祭 第1夜」(フジ系)に出演。5人組だった時代にリリースした名曲「どうして君を好きになってしまったんだろう?」の他、放送中のドラマ「明日の約束」(毎週火夜9:00-9:54、フジ系)の主題歌である新曲「Reboot」をテレビ初披露。新曲について「前よりもっとスタイリッシュなパフォーマンスを追求してきましたので、ぜひチェックしてほしいです」とコメントしたユンホについては、特にダンスの上手さがファン以外にも話題となり、赤い衣装にちなんで「赤い人」と呼ばれてSNSで盛り上がりを見せた。 ■ ドラマランキング 「奥様は、取り扱い注意」ラストに衝撃の展開が! 1位 奥様は、取り扱い注意/2位 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命/3位 陸王 奥様は、取り扱い注意…12月6日に最終回を迎えた。菜美(綾瀬はるか)は、夫の勇輝(西島秀俊)が公安の人間だと小雪(西尾まり)から知らされる。その夜、史上最大の夫婦喧嘩が勃発するが、互いの愛を再確認...more
カテゴリー:

衝撃の結末「奥様は、取り扱い注意」西島秀俊が放ったのは公安の使命か、夫としての愛か、その真意を探る - 12月07日(木)11:00 

昨日、ついに最終回を迎えた『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。視聴者の間では、かなり物議を醸しているよう。それは、観ている側に解釈を委ねるエンディングについてだ。第10話のオープニングは、伊早山菜美(綾瀬はるか)のモノローグからスタート。「私の人生は、スリルで溢れていた」と語りながら、菜美が振り返ったのは特殊工作員時代。彼女は、敵に拳銃を突きつけられても難なく相手を撃退するほどの猛者である。任務の上での結婚だから、綾瀬はるかと“ご無沙汰”になる西島秀俊特殊工作員時代の同僚・小雪(西尾まり)から、夫・勇輝(西島秀俊)の本当の素性を告げられる菜美。多くの視聴者の予想通り、勇輝は公安の人間であった。「あんたの旦那は監視のためにあんたに近付いたんだろうけど、対象者と結婚するなんて普通ありえないよね?」(小雪)いよいよ、直接対決の時がやって来た。この日の夜、「ただいまぁ~」と甘い声で帰宅した勇輝であったが、テーブルに置かれていた監視カメラとマイクの残骸を見て目つきが一変。命がけの夫婦喧嘩がスタートする。菜美 あなたのこと、信じてたのに。勇輝 騙してたのは、君も同じだろ。公安と対象者という関係なのに、お互いを「あなた」「君」と呼び合う2人。菜美が花瓶を投げつけ、それをキャッチするや丁寧に置いていく勇輝。「全部、気に入ってんだよ!」って……。格闘の最中、思わず菜美の顔を張ってしまい「あっ、...more
カテゴリー:

【年間CM起用社数】男性は遠藤憲一が初の首位、女性部門はローラが3年ぶり1位 - 12月06日(水)11:13  mnewsplus

テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは6日、『2017タレント番組出演本数ランキング』を発表した。 男性部門は、俳優の遠藤憲一が12社で初めて1位を獲得。 女性部門は、モデルのローラが15社で2014年以来3年ぶりのCMクイーンの座に返り咲いた。 男性部門の2位(11社)では、昨年1位だった嵐の相葉雅紀と男子プロテニスの錦織圭選手が今年も並んでランクイン。 3位(10社)は嵐の二宮和也と松本潤、4位(9社)にも嵐の櫻井翔のほかタレントのDAIGO、俳優の西島秀俊、山崎賢人。 5位(8社)はTOKIOの長瀬智也、GENERATIONSの...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「西島秀俊」の画像

もっと見る

「西島秀俊」の動画

Wikipedia

西島 秀俊(にしじま ひでとし、1971年3月29日 - )は、日本俳優東京都八王子市出身。クォータートーン所属。桐朋高等学校卒業、横浜国立大学工学部生産工学科中退。身長は178cm、血液型はA型。

来歴

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる