「西岡徳馬」とは?

関連ニュース

小山慶一郎、自ら選んだ斎くんコーデで「重要参考人探偵」に登場! - 11月23日(木)10:00 

11月24日(金)に放送される、玉森裕太主演ドラマ「重要参考人探偵」(テレビ朝日系)第6話で、周防斎役の小山慶一郎が同ドラマの制作発表記者会見のときに自ら選んだ“斎くんコーディネート”の衣装で登場することが分かった。 “オネエ”役に初挑戦の滝藤賢一「脱いだらムッキムキで大好物!」小山慶一郎の肉体を絶賛 第6話では、いつも死体の第一発見者になってしまう不幸体質の主人公・弥木圭(玉森)が斎(小山)と共に、モデル仲間であるシモン藤馬(古川雄輝)の出演するメンズ下着ファッションショーを見に行くことに。 そこでデザイナーの妻に気に入られた圭が週末の飲み会に参加したところ、別の参加者の死体を発見してしまうというストーリーが展開する。 死体が突然消えてはまた現れる謎の多いストーリーだけでなく、小山が自身の役をイメージして選んだコーディネートも今回の見どころの一つ。 赤色のタートルネックにネイビーのジャケットという組み合わせは、同ドラマの放送開始直前に開かれた制作発表記者会見中、玉森、小山、古川の3人が自ら選んだ衣装に“生着替え”したコーディネート対決で披露されたものだ。 小山が「斎くんはお金持ちの設定なので、なんかお金を持っていそうな感じ」で選んだ“斎くんコーディネート”は、対決の審査員を務めた西岡徳馬や滝藤賢一ら共演者から大好評。新木優子も「男性のタートルネックにはキュンとします」と女性の目線...more
カテゴリー:

「重要参考人探偵」玉森&古川のつなぎファッション&小山のモデルシーンに歓喜の声続出 - 11月18日(土)17:30 

テレビ朝日系で放送中の玉森裕太主演ドラマ「重要参考人探偵」の第5話が11月17日に放送され、SNSを中心に大きな話題を呼び、11月18日発表の視聴熱デイリーランキング(対象期間=11月17日)ドラマ部門で、デイリーランキング2位を記録したことが分かった。 【写真を見る】「時効警察」での人気キャラクター・十文字疾風を演じた豊原功補のトレンチコート姿も!/(C)テレビ朝日 放送された第5話では、玉森演じる主人公・弥木圭とシモン藤馬(古川雄輝)が引越しのアルバイトでとある高級住宅街へ。そこに住む依頼主の昭島のぶえ(岩本多代)に横柄な態度をとられながらも作業を始めようとした矢先…何者かに撲殺されたのぶえを圭は発見してしまう。 またしても第一発見者になってしまった圭は、凶器と思われる社交ダンスのトロフィーを梱包のために手にしてしまっていたため、登(豊原功補)たち捜査一課の刑事たちに疑いの目を向けられる。 連行される前に、せめて近隣住民から目撃証言をとるよう圭が懇願すると、そこへ現れた捜査一課長・古仙(西岡徳馬)が許可。次第に住宅街に起きていたご近所トラブルが明らかになり、その大元がのぶえだったことも判明する。 のぶえからの嫌がらせに腹を立てた近隣住人たちの犯行かと思われたが、思いがけない人物の、思いがけない犯行理由が浮上し…というストーリーだった。 「弥木圭と仕事をすると殺人事件に巻き込まれ...more
カテゴリー:

「重要参考人探偵」に十文字疾風!? 豊原功補『主犯はプロデューサーと監督です(笑)』 - 11月17日(金)10:00 

11月17日(金)に放送される金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」(テレビ朝日系)の第5話で、豊原功補が“金曜ナイトの大先輩”「時効警察」での人気キャラクター・十文字疾風をほうふつとさせる、トレンチコート姿を披露する。 【写真を見る】「重要参考人探偵」で硬派な刑事を演じる豊原、トレンチコートもビシッと決まってる~!/(C)テレビ朝日 “「時効警察」の十文字疾風”といえば、熱狂的なファンを擁し、ドラマ終了後10年以上がたった今でも、その“消息”が気にされ続けている、刑事の中の刑事。 金曜ナイトドラマ史上に残る伝説的なキャラクターと言っても過言ではないこの男を演じた俳優こそ、「重要参考人探偵」で硬派な刑事・登一学を演じる豊原だ。 脚本・監督の三木聡が作り上げた「時効警察」の舞台・総武警察署の刑事である十文字は、“刑事の端くれのたしなみ”として常にトレンチコートを着用。「気の毒がトレンチコートを着て歩いている」とやゆされながらも、頼まれてもいないのにコートの襟を立て、毎回「時効警察」の世界の中で存分に視聴者を楽しませてきた。 今回、その十文字をほうふつとさせるシーンが「重要参考人探偵」の世界の中に登場? 豊原がトレンチコートの襟を立てさっそうと歩く姿があるという。 豊原は「トレンチコートはやはり十文字のイメージが強いのか他の仕事でもほとんど、もしかすると全く着ることがありませんでした。なの...more
カテゴリー:

新章突入!「重要参考人探偵」玉森裕太演じる主人公最大の謎が動き出す - 11月14日(火)07:00 

11月17日(金)に放送される金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」(テレビ朝日系)第5話で、玉森裕太演じる“いつも死体の第一発見者”になってしまう主人公・圭の知られざる過去にまつわるエピソードが登場。“新章”がスタートを切ることになる。 【写真を見る】前回の放送で意味深長な表情を見せた西岡徳馬にも注目が集まる!/(C)テレビ朝日 また、そんな圭の謎に関する重要な鍵を握る人物として、かとうかず子、大澄賢也の出演が決定。ここから「重要参考人探偵」の物語の全ての謎が大きく展開していく。 なぜかいつも死体の第一発見者となってしまう圭は、さまざまな難事件に直面するたび、自らの身の潔白を証明せざるを得ない状況に陥ってきた。 SNS上でも「なんでそんなに死体を見つける体質なの…?」「主人公が死体を発見してしまう理由が気になる」「死体と出会うべくして出会ってない?」などと、その“特異体質”になってしまった理由やその状況に疑問を持つ視聴者の声が数多く上がっている。 SNS人気を裏付けるように、4週連続で放送日付けの視聴熱デイリーランキング(ドラマ部門)で2位を獲得。話題作ひしめく今クールにおいても毎週トップクラスの視聴熱を記録しており、11月13日に発表された、11月6日~12日までのウイークリーランキング(ドラマ部門)では、5位にランクインしている。 そんな本作で、主人公・圭はなぜ、いつも死体の第一...more
カテゴリー:

「刑事ゆがみ」第5話ラストのオダギリジョー登場に大反響! 次回は新田真剣佑がゲスト出演【視聴熱】 - 11月10日(金)17:00 

11月9日に放送された「刑事ゆがみ」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジ系)が「視聴熱(※)」デイリーランキング ドラマ部門で8551ptを獲得。前週の2593ptから大きくポイント数を伸ばし、順位も3位から2位に上昇した。 【写真を見る】第6話では、新田真剣佑が青年実業家・貝取を演じる ■ 第5話のあらすじは? 放送された第5話「因縁寄生支配宿敵」では、前花道市長を父に持つ宇津巻京子(板谷由夏)と、婿で市会議員の誠治(丸山智己)のひとり娘・真利奈(後藤由依良)が誘拐される事件が発生。この誘拐事件は現場に残されたカタツムリのマークから、7年前に花道署管内で発生した異様な殺人事件“ロイコ事件”と関係があると考えられたため、当時、ロイコ事件の犯人を追い詰めた弓神(浅野忠信)が羽生(神木隆之介)と共に誘拐事件の捜査に加わることとなった。 ■ ヒズミに変化が! ラストにオダギリジョーが登場!! 弓神と羽生が誘拐事件を解決する一方、テレビでロイコ事件のことを目にしたヒズミ(山本美月)は、ロイコ事件について弓神に尋ねるなど様子に変化が表れ、夜の街を1人で歩いていると男性2人組に絡まれてしまう。ヒズミはその場に現れた1人の男性に助けられるが、その男性を演じていたのがオダギリジョーだったことに、SNSでは視聴者の大きな反響が見られた。 ■ 第6話では新田真剣佑が青年実業家役でゲスト出演! 11...more
カテゴリー:

玉森裕太主演ドラマ「重要参考人探偵」第6話視聴率が過去最高の6.5%を記録 - 11月20日(月)17:00 

11月17日にテレビ朝日系で放送された玉森裕太主演ドラマ「重要参考人探偵」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか)第5話が、6.5%の視聴率を記録。これまでで最高となる数値を記録したことが分かった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【写真を見る】引越し作業中に見せたキュートなつなぎファッションも話題に!/(C)テレビ朝日 同ドラマは、絹田村子原作の同名漫画が初ドラマ化され、いつも死体を見つけてしまう不幸体質の持ち主・弥木圭(玉森)が、数々の事件を“火事場のバカ推理”で真犯人を突き止めていく本格ミステリー&コメディー。圭は重要参考人から脱したい一心で、モデル仲間の周防斎(小山慶一郎)、同じくモデル仲間のシモン藤馬(古川雄輝)、元彼女で捜査一課の刑事・早乙女果林(新木優子)とともに事件の謎を追っていく。 17日に放送された第5話では、圭とシモンが引越しのアルバイトでとある高級住宅街へ。そこに住む依頼主の昭島のぶえ(岩本多代)に横柄な態度をとられながらも作業を始めようとした矢先…何者かに撲殺されたのぶえを圭は発見してしまう。 またしても第一発見者になってしまった圭は、凶器と思われる社交ダンスのトロフィーを梱包のために手にしてしまっていたため、登(豊原功補)たち捜査一課の刑事たちに疑いの目を向けられる。 連行される前に、せめて近隣住民から目撃証言をとるよう圭が懇願すると、そこへ現れた捜査一課...more
カテゴリー:

【ネタバレ】『重要参考人探偵』第5話、キスマイ・玉森の走りのシーン、NEWS・小山の“サービスシーン”にファンからツイート殺到! - 11月18日(土)16:41 

画像は公式Twitterより引用 28日『重要参考人探偵』第5話が放送された。 圭(玉森裕太)とシモン(古川雄輝)は引っ越しのアルバイト、圭から仕事を交代させられた斎(小山慶一郎)は水着の撮影に挑む。 しかし圭の元でまた殺人事件が起こり、彼に興味をもつ警視庁捜査一課長の古仙(西岡徳馬)まで来る...
カテゴリー:

小山慶一郎らがチェック!藤田ニコルが自宅を初公開 - 11月16日(木)06:00 

11月17日(金)夜9時から放送される「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で、「男子が行きたくなる部屋GP」を開催。藤田ニコル、有村藍里、遠野なぎこらの自宅部屋をチェックし、スタジオにいる男性陣が、好きな部屋か嫌いな部屋かをジャッジする。 【写真を見る】ベッドでくつろぐ藤田ニコル/(C)テレビ朝日 ことし10月にファッション誌「ViVi」専属モデルに加入し、デビュー号でいきなり表紙を飾った藤田が、自宅を大公開。かつて、ピカチュウだらけの部屋だった場所から引っ越し、現在の自宅を完全公開するのは今回が初めてとなる。 また、アラフォー、バツ2の遠野が独特の部屋着姿で愛猫と暮らす部屋を紹介する他、元なでしこジャパンの丸山桂里奈がスポーツ界からエントリー。 さらに元SKE48の現役女性アナウンサー・柴田阿弥や、国民的女優・有村架純の姉・藍里を加えた計5人の自宅を大公開。 その様子を、スタジオゲストの小山慶一郎、栗原類、ヒロミ、矢作兼がVTRでチェック。男子が行きたくなる部屋は誰の部屋なのか、注目だ。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・新章突入!「重要参考人探偵」玉森裕太演じる主人公“最大の謎”が動き出す ・「重要参考人探偵」玉森裕太が着こなす70年代ファッションを西岡徳馬が解説&写真を公開! ・「重要参考人探偵」玉森裕太の人見知りはドラマの現場で克服!? ・「重要参考人探偵」玉森裕太、...more
カテゴリー:

「重要参考人探偵」玉森裕太が70年代&ホームズ風探偵ファッションで見せた七変化が話題に! - 11月11日(土)17:00 

11月10日に放送された金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」(テレビ朝日系)第4話で、玉森裕太が劇中で見せた70年代ファッションやシャーロック・ホームズ風の探偵衣装を披露。SNSを中心に大きな話題を呼び、11月11日発表の視聴熱デイリーランキング(対象期間=11月10日)で、初回放送の10月20日から3週連続で金曜付けのデイリー2位を記録した。 【写真を見る】シモン(古川)は果林(新木)を連れて圭(玉森)の晴れ舞台へ訪れると殺人事件が発生/(C)テレビ朝日 第4話では、 玉森裕太演じる主人公・弥木圭がモデルながら、舞台俳優デビューを果たす。なんでも、「死体役なら圭の右に出るものはいない」という浪江社長(滝藤賢一)の提案と売り込みにより、絶海の孤島にある洋館で起きる殺人事件というミステリー仕立ての舞台に、“一番初めに殺される男”として出演することになったのだ。 緊張しつつ、初舞台を踏む圭だったが、劇中で殺されるはずなのに舞台上で主演俳優・黒井創(福田悠太)の死体を発見してしまう。またしても第一発見者となってしまった圭は、警察から疑いの目を向けられることに。 そんな中、圭はセットの裏で黒井とアイドルの東ルナ(矢作穂香)が言い争っている様子を目撃していたを思い出す。さらに、たまたま舞台を見に来ていたシモン藤馬(古川雄輝)が聞き込みを開始すると、殺された黒井は劇団のベテラン女優・紅栞(雛形あ...more
カテゴリー:

「重要参考人探偵」玉森裕太が着こなす70年代ファッションを西岡徳馬が解説&写真を公開! - 11月10日(金)10:00 

11月10日(金)に第4話が放送される玉森裕太主演ドラマ「重要参考人探偵」(毎週金曜夜11:15-0:15※一部地域では放送時間が異なる、テレビ朝日系)。玉森らが1970年代を彷彿とさせる衣装で登場することにちなみ、実際に当時そのファッションを楽しんでいた西岡徳馬が当時の貴重な写真を公開した。 【写真を見る】1970年代に流行った“パンタロン”を着用する若かりし頃の西岡のショットを入手!/(C)テレビ朝日 記者会見で、ロンドンブーツとベルボトムパンツの衣装を着用した玉森を見た西岡は、「すごく懐かしかった」と言っていたが、あらためて聞いてみると「すごく懐かしかったね。当時日本ではジョーン・バエズとか、ボブ・ディランとかが流行ってね。反戦ムードみたいなものがアメリカにあった時代。どれだけ砲弾が飛び交ったら戦争は終わるんだろうっていう、ボブ・ディランの有名な『風に吹かれて』とか、ピート・シーガーの『花はどこへいった』とかね。そういうものが流行った時代に、パンタロンっていう裾の広がったズボンが流行りましたよ。ちょうど、1964年の東京オリンピックの頃だったかな。学生服なんかも、裾はビロンビロンにするのが流行ってね」と当時について教えてくれた。 さらに、「親父が『どうしてこれが流行っているかお前たち知っているか』と聞いてきたんだけど、知らないと答えたら、『あれはね、水兵さんのズボンなんだよ。...more
カテゴリー:

もっと見る

「西岡徳馬」の画像

もっと見る

「西岡徳馬」の動画

Wikipedia

西岡 德馬(にしおか とくま、1946年10月5日 - )は、日本俳優。神奈川県横浜市出身。身長175cm、体重65kg。本名は旧芸名と同じ西岡 德美(にしおか のりよし)。芸名、本名共に「徳」の字は旧字体(德❲U+5FB7❳【JISX0213】1面84区37点。人名用漢字に収録されている。)が正式表記である。スタッフ・ポイント所属。

来歴・人物
  • 2人兄弟の長男で、幼少期には子役として活躍していた。
  • 横浜市立大綱中学校出身。
  • 幼少時は喘息で体が弱く、体調が悪くなり演劇の仕事も一時活動休止した。その後は中学に入り、器械体操部で体を鍛えることにより他の学生とケンカで負けなしだったが、本人から仕掛けることは一度もなかった。
  • 芸能界に入ったのは、父親に言われて学校(法政大学第二高等学校)をやめさせられ、「お前は芸能学校に入れ」と言われたのがきっかけとの本人談。俳優になるきっかけを作ってくれた父に感謝していると語っている。幼少時は、そんな父に車で箱根にあちこち連れて行ってもらった。
  • その後、鎌倉 聖ミカエル学園に入り...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる