「西岡徳馬」とは?

関連ニュース

TBSで渡瀬恒彦さん追悼番組決定「十津川警部シリーズ」第42弾を再放送 - 03月22日(水)14:15 

3月14日に亡くなられた俳優の渡瀬恒彦さんをしのび、TBSでは3月27日(月)夜8時から追悼番組として「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ42 九州ひなの国殺人ルート」を再放送することが分かった。 【写真を見る】今なおファンが多い渡瀬恒彦さん版の“十津川警部”の活躍が再び見られる/(C)TBS 同作は、2009年9月28日に3時間のスペシャル企画として放送されたもので、渡瀬さん演じる十津川警部の活躍を描く人気サスペンスドラマシリーズの第42弾。 【STORY】 十津川警部と亀井刑事(伊東四朗)の記事を書くために、フリーライター・岩村妙子(藤谷美紀)が2人の取材をすることになった。 早速インタビューが始まったのもつかの間、十津川らは殺人事件発生の報を受け、現場へ急行。十津川は、殺害された女性はコールガールのイヴ(野間れい)で、彼女が大分・日田市の出身だということを突き止める。そんなイヴの部屋には、ひな人形が一体残されていた。 その後、日田市へ向かった十津川と亀井。地元警察の野崎警部補(的場浩司)は、イヴは日田市出身の大物政治家・首尾木大造(西岡徳馬)の次女・咲子なのではないかと切り出す。 大造は数年前の不正献金事件で議員を辞職したが、今も大きな力を持っており、大造の秘書・朝倉伸夫(猪野学)が、咲子の姉・美也子(原田佳奈)と結婚して跡を継ぐことも決まっていた。 しかし十津川の問い...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」138話。派手なネクタイはそのうち誰かにもらうのを待つ - 03月18日(土)10:00 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第24週「光の射(さ)す方へ」第138回 3月17日(金)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:中野亮平138話はこんな話「ようこそ赤ちゃん」の完成披露試写(内輪だけの)が行われる。エイスは俺らの青春や 栄輔に群がるマスコミに対して、龍一(森永悠希)をはじめエイスファンが「がんばれ」と声援を送る。龍一はいつものエスニックファッションではなくアイビーを着ている。そばでエイスの紙袋をもってる人のやや使い込んでくたっとしてる感じがいい。ただ、最初、龍一は真剣な顔で栄輔を見つめている。栄輔は聴衆に挨拶する。「おしゃれとは生き方に通じます。好感を与えようとする努力。誰しもが持ち得る自分はこうありたいという理想。それに近づくように振る舞うことで自分を律し自分を高めることができる努力こそがおしゃれなのですそのことを忘れずに僕もこれからを生きたい。そう思います」永らく話題になっていた、いつもポケットに手をツッコんで本心を隠しているようだった栄輔が、ここでは両腕を出して、その手指はぎゅっと握られ、必死な気持ちが伝わってくる。「男のための着こなし講座」とは要するに、潔がつくった、雲隠れしていた栄輔のけじめをつける禊の場所だったのだろう。潔だけに潔いやり方を選ぶのだなあと感心した。最後は龍一も笑顔になっ...more
in English
カテゴリー:

「関ヶ原」岡田准一&有村架純らの扮装姿初解禁! 迫力の合戦シーンも - 03月13日(月)08:00 

単行本・文庫を合わせた累計発行部数が580万部を超える、司馬遼太郎の原作を原田眞人監督のメガホンで実写映画化する「関ヶ原」。 【写真を見る】「関ヶ原」で名優・役所広司が徳川家康役に初挑戦する! 大河ドラマ「軍師官兵衛」(2014年、NHK総合ほか)、映画「蜩ノ記」(2014年)以来の本格時代劇出演となる岡田准一、これまで数々の歴史上の人物を演じてきたが徳川家康役は初挑戦となる役所広司、本格時代劇初、さらには殺陣などのアクションにも初挑戦の有村架純と、まさに現代の日本映画界をにぎわす豪華キャストが大集結。 日本映画史上初めて描かれる「関ヶ原の戦い」が、空前絶後の戦国エンタテインメント超大作としてスクリーンによみがえる。そんな本作の特報映像が公式サイトでついに解禁された。 石田三成率いる西軍VS徳川家康率いる東軍、日本始まって以来最大となる合戦。緊張感あふれるせりふの数々が、まさに今始まろうとする天下分け目の大決戦を予感させ、さらには迫力の合戦映像も少しだけお披露目となる。 石田三成役の岡田、徳川家康役の役所、忍び初芽役の有村はもちろん、島左近役の平岳大、大谷刑部役の大場泰正、黒田長政役の和田正人、福島正則役の音尾琢真、井伊直政役の北村有起哉、加藤清正役の松角洋平、安国寺恵瓊役の春海四方、北政所役のキムラ緑子、蛇白役の伊藤歩、花野役の中越典子、尼僧妙善役の壇蜜、赤耳役の中嶋しゅう、前田...more
in English
カテゴリー:

【ドラマ】貫地谷しほり:刑事役で岸谷五朗と初共演 リアルな警察小説ドラマ化 - 02月09日(木)20:51 

 女優の貫地谷しほりさんと俳優の岸谷五朗さんが、3月19日に放送されるスペシャルドラマ「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」(テレビ朝日系)で初共演することが明らかになった。元刑事の二上剛さんが書き上げたリアルな警察小説が原作で、女性刑事・神木恭子を演じる貫地谷さんは「ドジでおっちょこちょいで明るい役が多い自分にとっては初めての挑戦」、恭子とコンビを組むベテラン刑事役の岸谷さんも「2時間ドラマでの刑事役は初めてに近い」と明かしている。  ドラマは、元大阪府警暴力犯担当刑事の二上さんが退職後に執筆し、講...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」141話。また最終回かと思った(何度めだ) - 03月22日(水)08:30 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第141回 3月21日(火)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎141話はこんな話KADOSHO に資金提供の申し出を受けたが、悩んだ結果、すみれ(芳根京子)たちは銀座に総合店をもつことを諦める。キアリスらしくないと思います 3月18日(土)が17.9%、20日(月)が18.7%とやや調子を落としている『べっぴんさん』。あと少しだから踏ん張っていただきたいです。集大成であり思い描いていた夢(ワンダーランド)を叶えたいと諦めきれず、気乗りのしない商社の介入に身を任せようか迷うキアリスの4人。そこで健太郎(古川雄輝)の登場だ。彼は現実的で、銀行が無理というのだからいまのキアリスの身の丈に合ってないと指摘する。背伸びせずに地に足をつけて自分たちらしくやっていこうというのがキアリスじゃないか、と健太郎。そりゃそうだ、彼は、すみれたちのその意見で商売優先の考え方を変えたのだから。すみれたちも映画にお金をかけず貯めていたら良かったのでは。ちょきん、ちょきん・・・と(違う!それは爪切り)。でもまああの映画はかなり小規模だから銀座に土地を買う資金の足しにはならないか。でも私は前を向いて生きていきたい 身内が入ることで一悶着起きたこともあったことはとうの昔、すっかり安定...more
in English
カテゴリー:

岡田准一、役所広司、有村架純らの扮装姿お目見え 3月18日、映画『関ヶ原』特報映像が公開 - 03月13日(月)08:00 

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、映画『蜩ノ記』以来の本格時代劇出演となる岡田准一、これまで数々の歴史上の人物を演じてきたが徳川家康役は初挑戦となる役所広司、本格時代劇には初めて、さらに殺陣などのアクションにも初挑戦の有村架純と、日本映画界を賑わす豪華キャストが集結した映画『関ヶ原』。 司馬遼太郎の国民的ベストセラー「関ヶ原」(新潮文庫)を、昨年『日本のいちばん長い日』で日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀脚本賞を受賞した原田眞人監督がメガホンをとる。 「関ヶ原」は1981年にTBSでドラマ化されたが、映画化は今回が初。公式サイトで18日に公開される映像では、石田三成ひきいる西軍と徳川家康ひきいる東軍、日本始まって以来最大となる合戦を前に、緊張感あふれるセリフの数々が、まさにいま始まろうとする天下分け目の大決戦を予感させる。 石田三成役の岡田、徳川家康役の役所、忍び初芽役の有村はもちろん、島左近役の平岳大、大谷刑部役の大場泰正、黒田長政役の和田正人、福島正則役の音尾琢真、井伊直政役の北村有起哉、加藤清正役の松角洋平、安国寺恵瓊役の春海四方、北政所役のキムラ緑子、蛇白役の伊藤歩、花野役の中越典子、尼僧妙善役の壇蜜、赤耳役の中嶋しゅう、前田利家役の西岡徳馬、直江兼続役の松山ケンイチ、豊臣秀吉役の滝藤賢一、小早川秀秋役の東出昌大と豪華キャストの扮装した姿も初めてお目見えする。 「関ヶ原の戦い...more
in English
カテゴリー:

【映画】司馬遼太郎原作、岡田准一主演「関ヶ原」に“直江兼続”松山ケンイチ&“尼僧”壇蜜が参戦 - 03月06日(月)20:08 

http://eiga.com/news/20170306/4/ 2017年3月6日 10:00 岡田准一と原田眞人監督が初タッグを組む映画「関ヶ原」に、松山ケンイチと壇蜜が参加していることがわかった。 松山は会津の武将・直江兼続役、壇蜜は尼僧妙善役を熱演している。 故司馬遼太郎さんの原作は、現在までに単行本・文庫を合わせて累計発行部数580万部を超える大ベストセラー。 1600年10月21日、天下取りを狙う東軍の徳川家康と、圧倒的に有利と言われた石田三成率いる西軍が戦った、戦国史上最大の天下分け目の決戦「関ヶ原の戦い」。 映画では様々な権謀が渦...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「西岡徳馬」の画像

もっと見る

「西岡徳馬」の動画

Wikipedia

西岡 德馬(にしおか とくま、1946年10月5日 - )は、日本俳優神奈川県横浜市中区出身。身長175cm、体重65kg。本名は旧芸名と同じ西岡 徳美(にしおか のりよし)。芸名、本名共に「徳」の字は旧字体(德)が正式表記である。スタッフ・ポイント所属。

来歴・人物
  • 2人兄弟の長男で、幼少期には子役として活躍していた。
  • 横浜市立大綱中学校出身。
  • 子供の頃は喘息で体が弱く、体調が悪くなり演劇の仕事も一時活動休止した。その後中学に入り、器械体操部で体を鍛えることにより他学生とケンカで勝つほどになる。
  • 芸能界に入ったのは、学校(法政大学第二高等学校)をやめて途方に暮れていた時、父親に「お前は芸能学校に入れ」と言われたのがきっかけとの本人談。俳優になるきっかけを作ってくれた父に感謝していると語っている。幼少時は、そんな父に車で箱根にあちこち連れて行ってもらって、本人曰く「ちょぼっちゃま」(ちょっとしたおぼっちゃま)状態だったとい...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる