「西岡徳馬」とは?

関連ニュース

欲望を秘めた桜井ユキ&佐々木心音&江波杏子の姿…松坂桃李主演「娼年」新場面写真披露 - 02月16日(金)10:00 

 第126回直木賞候補となった石田衣良氏の小説を、松坂桃李主演、三浦大輔監督のメガホンで映画化する「娼年」の新たな場面写真が、このほどお披露目された。松坂演じる娼夫の客として、自らの欲望を解放していく6人の女性をとらえている。  大学生活に退屈し、バーでのバイトに明け暮れるなど無気力な毎日を送っていた森中領(松坂)。ある日、友人のホスト・田島進也が(小柳友)、客の御堂静香(真飛聖)をバーに連れてくる。恋愛や女性に「興味がない」という領は、静香が課した“情熱の試験”を受け、彼女がオーナーを務める女性専用コールクラブ「Le Club Passion」で娼夫“リョウ”として働くことに。当初は戸惑った領だが、娼夫として仕事をしていくなかで女性ひとりひとりの中に隠された欲望の奥深さに気付き、心惹かれ、やりがいを見出していく。  公開された場面写真に写っているのは、「Le Club Passion」の客である白崎恵(桜井ユキ)、イツキ(馬渕英里何)、主婦(荻野友里)、紀子(佐々木心音)、ヒロミ(大谷麻衣)、老女(江波杏子)の6人。劇中では静香が“リョウ”に対して「女性の欲望はあまりにも広くて、予測不能で圧倒されてしまう」と語りかけるシーンが描かれ、6人それぞれが異なる欲望や想いを抱えて、“リョウ”と対峙することになる。  また本作では“リョウ”と女性たちの物語が展開するたびに、東京の主要...more
カテゴリー:

最高に美しい綾瀬はるか×情けない坂口健太郎「今夜、ロマンス劇場で」武内英樹監督と稲葉直人Pが語る - 02月10日(土)09:45 

2月10日(土)公開の映画『今夜、ロマンス劇場で』。映画監督になることを目指している青年・健司(坂口健太郎)が、映画の中の憧れのお姫様・美雪(綾瀬はるか)と出会う。「人の温もりに触れると消えてしまう」という秘密を抱えた美雪と、彼女を想う健司。愛しているのに触れられない2人の切ないラブストーリーだ。映画オリジナル作品として描かれる今作。武内英樹監督と稲葉直人プロデューサーに、キャストや映画作品への思いをうかがった。今までで一番美しい綾瀬はるか。坂口健太郎は情けない男?───制作発表のときの、武内監督の「今までの作品の中で、一番美しい綾瀬はるかを撮りたい」(参考記事)という意気込みのコメントが印象的でした。こだわりや、見てほしいポイントはどんなところでしょうか。稲葉 僕はこの作品を「一粒で二度おいしい映画」だと思っています。前半はコミカルでいながら中盤で転調して、後半は一気に切ない流れになっていく。そのストーリーの中で、コメディエンヌとしての綾瀬さんと、凛としたたたずまいの中でも情感を表現する綾瀬さんの、異なる才能を引き出しているところを見ていただきたいです。───試写を拝見しましたが、モノクロの姿で登場する綾瀬さんが赤いキャンディを持ったときの色彩の対比が本当にきれいでした。綾瀬さんに色彩があるときよりも美しく見えるほど。武内 色に関しては、ものすごく意識して撮影しました。稲葉 ラブ...more
カテゴリー:

「西岡徳馬」の画像

もっと見る

「西岡徳馬」の動画

Wikipedia

西岡 德馬(にしおか とくま、1946年10月5日 - )は、日本俳優。神奈川県横浜市出身。身長175cm、体重65kg。本名は旧芸名と同じ西岡 德美(にしおか のりよし)。芸名、本名共に「徳」の字は旧字体(德❲U+5FB7❳【JISX0213】1面84区37点。人名用漢字に収録されている。)が正式表記である。スタッフ・ポイント所属。

来歴・人物
  • 2人兄弟の長男で、幼少期には子役として活躍していた。
  • 横浜市立大綱中学校出身。
  • 幼少時は喘息で体が弱く、体調が悪くなり演劇の仕事も一時活動休止した。その後は中学に入り、器械体操部で体を鍛えることにより他の学生とケンカで負けなしだったが、本人から仕掛けることは一度もなかった。
  • 芸能界に入ったのは、父親に言われて学校(法政大学第二高等学校)をやめさせられ、「お前は芸能学校に入れ」と言われたのがきっかけとの本人談。俳優になるきっかけを作ってくれた父に感謝していると語っている。幼少時は、そんな父に車で箱根にあちこち連れて行ってもらった。
  • その後、鎌倉 聖ミカエル学園に入り...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる