「西城秀樹」とは?

関連ニュース

三浦大知らボーカリストが集結!70年代の名曲を歌い上げる - 10月18日(水)06:00 

10月21日(土)夜7時から「ヒストリーオブポップス~歌とドラマでよみがえる70年代日本歌謡史」(BS-TBS)が放送されることが明らかとなった。 【写真を見る】白ハットを斜にかぶる三浦大知/(C)BS-TBS ことし8月22日~23日にかけて東京・中野サンプラザホールで開催された「History Of Pops 70's」の模様を紹介する同番組。音楽と演劇で、多くのポップスの名曲が生まれた70年代を表現するコンサートであり、テーマソングをいきものがかり・山下穂尊が、音楽監督を島田昌典がそれぞれ務める。 出演アーティストは三浦大知、CHEMISTRY・川畑要、上白石萌音、Little Glee Monster。誰もが耳にしたことのある70年代の名曲を、生演奏とともに歌い上げる。 コンサートでは、エンターテイナーとして活躍する三浦が、持ち前の透き通る歌声で沢田研二の「時の過ぎ行くままに」や、吉田拓郎の「結婚しようよ」などを披露。 ツインボーカルユニット・CHEMISTRYの川畑は、さだまさしの「精霊流し」、西城秀樹の「激しい恋」などを声高らかに歌う。 また、女優でありながら歌手としても幅広く活躍中の上白石は、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」、荒井由実(松任谷由実)の「卒業写真」などを熱唱し、その美しい歌声で会場を魅了。 日本屈指のボーカルグループ・Little Glee Monste...more
カテゴリー:

藤圭子さん、引退前テレビ最後の映像発掘 SMAPの懐かしい映像も - 10月07日(土)15:00 

 テレビ東京系で8日、『3秒聴けば誰でもわかる名曲ベスト100』(後6:30~9:54)が放送される。美空ひばり、山口百恵、松田聖子、SMAPなど、スターの懐かしい歌唱シーンや、一流歌手の衝撃モノマネ映像など、同局の秘蔵映像を大量発掘し、3時間半にわたり100曲紹介。あすの放送に先駆け、楽曲とレア映像の内容を一部が解禁された。 【写真】宇多田ヒカルは藤圭子さんの娘  ベスト100以外の特集コーナーでは、今では考えられない歌の特殊演出を発掘。八代亜紀がトラック野郎に囲まれ熱唱したり、松田聖子が隅田川花火大会とコラボレーション(?)。意外な共演、野村克也&瀬川瑛子の「命くれない」、倍賞千恵子&武田鉄矢の「贈る言葉」。引退編として藤圭子「圭子の夢は夜ひらく」、キャンディーズ「春一番」。ものまね編として、郷ひろみ×西城秀樹×野口五郎の御三家がコスプレで「ハイスクールララバイ」、所ジョージが「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」、石川さゆりは全力で都はるみのものまねで熱唱する。さらに、デビュー間もない近藤真彦、SAMAP、少年隊の貴重な歌声も。  スタジオでは藤あや子&坂本冬美が「待つわ」、山内惠介が「やさしさに包まれたなら」、市川由紀乃が「ブルーライト・ヨコハマ」のカバーを披露する。  司会の徳光和夫は「2回目の放送になりますが、ピンポイントにご紹介できないほどふんだんに面白い。目が離...more
カテゴリー:

忘年会のカラオケシーズンに備え 西城秀樹の名曲を歌い愛を叫べ! - 10月17日(火)07:00 

なぜ今ヒデキなのか。理由は、彼の麗しき舞と叫びを収めたDVD-BOXが2017年11月に発売されるからである。そりゃ書かねば。急いでヒデキの魅力を書かねば! そしてもちろん、盟友たる郷ひろみ、野口五郎にも触れねば!
カテゴリー:

【音楽】PUFFY『ちびまる子』エンディング曲歌う「まさか自分たちが」 - 10月03日(火)05:06  mnewsplus

10/3(火) 5:00 サンケイスポーツ PUFFY『ちびまる子』エンディング曲歌う「まさか自分たちが」  女性デュオ、PUFFYが、8日からフジテレビ系人気アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜後6・0)のエンディング曲を歌うことが2日、分かった。タイトルは「すすめナンセンス」(発売日未定)で、オープニング曲「おどるポンポコリン」と同じく原作者、さくらももこ氏(52)と作曲家、織田哲郎氏(59)のコンビが制作。PUFFYの2人は「まさか自分たちがエンディング主題歌を歌うことになるなんて」と大感激だ。  幅...
»続きを読む
カテゴリー:

「西城秀樹」の画像

もっと見る

「西城秀樹」の動画

Wikipedia

西城 秀樹(さいじょう ひでき、1955年4月13日 - )は、日本歌手俳優。本名は木本 龍雄(きもと たつお)。広島県広島市出身。アースコーポレーション所属。身長181cm。血液型はAB型。既婚。

来歴

広島駅近くの東蟹屋町(現東区東蟹屋町)に生まれる。ジャズギターが趣味だった父親の影響で幼少期から洋楽に馴染み影田裕二「インタビュー 西城秀樹」歌謡pc、136-139頁、ジャズスクールに通ってドラムを勉強した。小学3年の時、最初にファンになったのはジェフ・ベックで「メタル歌謡レジェンド 西城秀樹インタビュー」ヘドバン3、77-87頁、おませなガキでもあり、同世代には洋楽を聴く者は誰もおらず、音楽の話は兄たちとした。5年生の時にその兄とエレキバンドを結成くにまるワイド ごぜんさま~: 2月2日~2月6日の邦流は、西城秀樹さん - 文化放送、小学生ドラマーとして活動した「日本のエンターテイメントを切り拓いた西城秀樹」40年男、47-51頁。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる