「西原理恵子」とは?

関連ニュース

子どもにあきらめグセがついてしまう! 悪影響を与える「親の無意識な行動」4つ - 02月17日(土)06:30 

何かに挑戦してもすぐにあきらめてしまう……そんな子どもにどうしたら良いか悩むママは少なくありません。 男の子が“素直にまっすぐ”育つ! 言葉がけのコツをメンタルコーチに聞いた 何事も前向きにやる気を持って挑戦し、最後まであきらめずに頑張って欲しいと思うのが親の本心ですが、なかなか思い通りにはいかないものです。 何がいけないのでしょうか。 すぐにあきらめてしまう子どもを育ててしまう原因の1つに、普段の親の無意識な行動が関係しているようです。その無意識な行動とはいったいどんな行動なのか。 星一郎氏の著書「アドラー博士が教える 子どもの「あきらめない心」を育てる本」を参考に、すぐにあきらめる子を育ててしまう親の無意識な行動についてお伝えします。 あきらめる子を作り出す親の無意識な行動 何かに挑戦してもすぐにあきらめてしまう我が子に、何とか最後まであきらめずにやり続けてくれるよう、あの手この手を使い悪戦苦闘しているママは少なくありません。 親がどれだけ子どものために力を尽くしても、肝心の本人が目標を持ち、やる気を出して取り組まない限り、何事も続かず成功は導き出せないのです。 ではどうしたら最後まであきらめずに頑張ってくれるようになるのか。 その鍵を握るのが親の「子どもへの接し方」です。 我が子だからこそ、つい無意識のうちにとってしまいがちな行動をご紹介します。 子ど...more
カテゴリー:

台湾地震への支援にフリーメイソンが動く!?「本の印税全額寄付」で話題の高須院長が秘密結社の意外な活動を明かす - 02月13日(火)17:51 

 2月6日夜、台湾東部でマグニチュード6.4の大地震が発生。12階建てホテルが倒壊し、死者17人、負傷者280人(11日現在)と甚大な被害が発生している。日本からは警察や消防などの専門家チームが救出作業のため現地入り。安倍首相もお見舞いメッセージを送った。また、多くの国民が募金を行い、著名人らも寄付を表明した。  その中でいち早く支援を表明し、その素早過ぎる支援活動でニュースでも話題となったのが、CMや TV番組でもおなじみ高須クリニック院長の高須克弥氏だ。  高須氏は地震発生直後の7日、来月初旬に出版される自著の印税を全額寄付するとツイッターで表明。また、日本赤十字社を通じて自費で500万円を寄付した。その男気溢れる支援活動はニュースで報道され、称賛の声が上がっている。  また、あの世界を牛耳っていると言われる秘密結社フリーメイソンを通じた支援も話題となっている。  どうしてこれほどまでに「即断、即決、即行動」できるのか? フリーメイソンとの関係は? なぜ秘密結社が支援活動に動くのか? 高須氏に直撃した。 ――この度の台湾地震への迅速な支援が話題になっています。 高須:寄付をする時は基本は即決、即行動。被災地に寄付をする時なんかは、ヘリがチャーターできないなんてこともあるから、モタモタしていると必要な物資を運べなくなっちゃう。とにかく動かないとダメだね。東日本大震災の...more
カテゴリー:

小泉今日子に小室哲哉…「不倫を叩く人ほど不倫に憧れてる」と高須院長 - 02月14日(水)08:45 

「一個人として全てをこの身で受け止める覚悟でございます」。  事務所の独立と同時に、俳優・豊原功補(52歳・既婚)との交際宣言をした小泉今日子(51歳)。当初は「堂々としていてむしろ、いさぎよい」「キョンキョンらしい」と応援する声が多かったものの、豊原さんの記者会見以降、バッシングに傾くなど風向きがコロコロ変わります。  世間の同情を一気に集めた小室哲哉の引退会見も記憶に新しいところですが、最近目立つ50~60代の熟年不倫。72歳で恋愛現役(不倫じゃないけど)の高須クリニック・高須克弥院長は、熟年不倫をどう見ているのでしょうか? ◆不倫バッシングはなくならない ――小泉今日子さんの熱愛宣言、当初は肯定的な意見が多かったのですが、最近風向きが変わってきました。 高須「不倫って結局はちょっとしたボタンの掛け違いというか、手続きの問題なんですよ。婚姻関係の精算が間に合わなくて、彼(豊原)みたいに『小泉今日子と付き合ってから別居』という順番になると、あの人って最低だわと言われちゃう」 ――不倫報道が過熱しすぎたせいか、「関係ない他人の不倫なんて放っておけばいいのに」という意見も見かけるようになりましたが。 高須「それはその通りだよね。でも、黙っていられない人は必ず出てくると思うな。不倫に憧れている人ほど、全力でバッシングしますよ。トランプ大統領に対して、けしからん! と怒り狂...more
カテゴリー:

「西原理恵子」の画像

もっと見る

「西原理恵子」の動画

Wikipedia

西原 理恵子(さいばら りえこ、1964年11月1日 - )は、日本漫画家高知県高知市出身。1988年ちくろ幼稚園でデビュー。前夫はカメラマン鴨志田穣、現夫は高須クリニック創業者で東京院院長の高須克弥(但し事実婚)。代表作はぼくんち毎日かあさんなど多数。一般財団法人高須克弥記念財団理事長

経歴

高知県高知市出身。私立土佐女子高等学校中退、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる