「西之島」とは?

関連ニュース

【小笠原諸島】「噴火は止まったけれど…」 西之島は元気です 海上保安庁 - 11月21日(火)16:58  newsplus

今年4月に再噴火した小笠原諸島の西之島について、海上保安庁が先週14日に上空から観測したところ、噴火は起きていなかったが、火口の内壁から白い噴気が立ち上るのを確認した。島周辺の海面は海水の色が変わっており、「今後も噴火活動が再開する」可能性があるという。 西之島は今年4月20日、約1年半の休止期間を破って、噴火活動を再開。国土地理院は昨年10月の休止期間中に上陸して測量を行い、噴火前の9倍以上に拡大した島の新しい地図を25年ぶりに更新した。 しかし、活動が再開して3カ月余りすぎた8月2日の観測を最後に新たな...
»続きを読む
カテゴリー:

「西之島」の画像

もっと見る

「西之島」の動画

Wikipedia

西之島(にしのしま)は、小笠原諸島無人島で、海底火山の活動により生じた火山島。時には火山噴出物により海面近くの噴火口周辺に「新しい陸地」が生じたり、溶岩流などが海岸に達して島が広がったりすることもある。1973年と2013年に近傍で噴火し、それぞれ陸地を形成。誕生した新島は旧島と一体化した。2013年の噴火では、1年以上に渡り非常に活発な噴火活動が見られていた。2016年5月頃から地殻変動観測で火口周辺の沈降と考えられる変動がみられており、6月には火山ガスの放出量の低下も確認されていたが、2017年4月20日より再び噴火活動が活発化した西之島の火山情報。一方で波浪による侵食も受け、面積が頻繁に変動している(2017年5月時点で約275ha)。

英語でもと表記するが、とも呼ばれるFreeman, Otis W. (1951). ''Geography of the Pacific,'' pp. 229-235.。これは1702年にこの島を発見したスペイン帆船「ロザリオ号」による命名である。行政区画は、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる