「西ドイツ」とは?

関連ニュース

サッカー日本代表監督交代劇の既視感 ビールで祝杯の6月に! - 04月13日(金)11:00 

 バヒド・ハリルホジッチ監督の解任劇には驚いた。サッカーW杯ロシア大会開幕まであと2カ月。いかにも間が悪く、「最悪のタイミング」と報じる口さがないメディアもあった。  記者会見した日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「今年3月のマリ戦、ウクライナ戦の後、選手とのコミュニケーション、信頼関係が多少薄れた」など解任理由を挙げた。  会見をテレビで見てかれこれもう24年前のことを思い出した。日本代表の監督が、ジーコらと黄金の中盤を組んだ元ブラジル代表・ファルカン氏から日本人の加茂周氏に替わった。その際も「日本人でなければコミュニケーションがとれない」という理由を挙げていたと記憶する。ハリル氏の後任は日本人の西野朗氏。どこか既視感をおぼえる交代劇だ。  もちろん、ハリル氏と選手との関係は外部からうかがい知るところではないが、W杯出場という「結果」を出したハリル氏にとっては、解任は無念の極みだろう。日本語に堪能なら「トンビに油揚げをさらわれた」とその心境を表現したかもしれない。  田嶋会長が記者会見で触れたウクライナ戦は、1対2で日本の負け。「試合の(単なる)勝ち負けだけで(解任を)決めたわけではない」(田島氏)と強調したが、解任に向け背中を押したことは否定できないだろう。  マリ戦は国際親善試合で、ウクライナ戦はキリンチャレンジカップ。東京都内で4月12日開かれた「キリン のどこし〈生〉」リニ...more
カテゴリー:

核だけじゃない!朝鮮半島統一に潜むもう1つのリスクとは - ビジネスマン注目!来週の経済、ここがポイント - 04月07日(土)05:00 

朝鮮半島をめぐって、米国と北朝鮮のトップ会談が5月にも実現する可能性が高まる中、北朝鮮と中国の再親密化の動きが出てきています。一方、北朝鮮と直接向き合っている韓国については、文在寅大統領の言動以外はあまり報道されていません。今回は、韓国の経済状態と、仮に朝鮮半島が統一された場合の経済動向について、東西ドイツ統一の例を参考に検討します。
カテゴリー:

今日の歴史(4月9日) - 04月09日(月)00:00 

1898年:朝鮮初の日刊紙「毎日新聞」が創刊 1949年:カナダが韓国を承認 1962年:イスラエルと国交樹立 1965年:西ドイツと貿易協定を締結 1975年:北朝鮮の指令を受けた地下組織として検挙された「人民革命党」の関係者8人に対し死刑確定、執行 1983年:忠清南道瑞山郡(現瑞山市)の泰安半島沖で1000点余りの陶磁器を発掘 1991年:新民主連合党結成 2003年:在韓米軍竜山基地の早期移転で米国と合意 2008年:第18代国会議員選挙を実施
カテゴリー:

「西ドイツ」の画像

もっと見る

「西ドイツ」の動画

Wikipedia

建国時期 = 同じ1960年代の学生運動のうち、過激化した運動家らが1968年以降ドイツ赤軍(Rote Armee Fraktion、RAF)を結成し、1970年代の間、西ドイツの政治家や財界人に対するテロ攻撃を加え続けた。特に1977年の「ドイツの秋」と呼ばれる一連の事態(ドイツ経営者連盟会長のハンス=マルティン・シュライヤーに対する誘拐殺人、およびルフトハンザ航空181便ハイジャック事件など)は西ドイツを震撼させた。

1969年の選挙でヴィリー・ブラントが党首を務める社会民主党は大きな議席を確保し、自由民主党との連立で政権を獲得することに成功し政権交代が起きた。ブラント政権は1974年まで続き東方外交など外交上の成果をあげたが、彼の秘書が東ドイツ国家保安省(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる