「複数回答」とは?

関連ニュース

それ要注意!独身の女友達と「疎遠になってしまう主婦の発言」TOP3 - 05月27日(土)21:00 

学生時代はとても仲が良かったのに、自分の結婚を機になんとなく疎遠になっている友達はいませんか? 疎遠になっている原因が環境の変化によるものではなく、実は相手を不快にさせる発言にあったとしたら……。 そこで今回『WooRis』は、独身女性363名に“結婚している女友達から言われて疎遠になる引き金となった言葉”について聞いてみました。同率3位:「結婚を勧めてくる」、「“あなたは独身だからいいよね”発言」 「既婚の女友達から言われてイラっとして、結果疎遠になってしまった相手の発言に当てはまるものをすべて選んでください(複数回答可)」と質問したところ、3位には同率8.3%で2つがランクイン。 まずは「結婚を勧めてくる」。心配しているからこその言葉かもしれませんが、言われた女性にしてみれば「余計な御世話ですっ!」と思ってしまう典型的な発言かも。 あえて言わないだけで密かに婚活しているかもしれませんし、本人から話題に出さないのであれば私生活に立ち入るような話は避けたほうがオトナですよね。 「“あなたは独身だからいいよね”と何かと羨む発言をされた」も、本当に羨んでいるからこその正直な気持ちだったとしても、人によっては嫌味に感じてしまうこともあるようなので、気をつけたい言葉です。   2位:「結婚すると変わるわよ~」「結婚しないとわからないと思うけど」などの上から目線発言 12.7%で2...more
カテゴリー:

「家の鍵、締めたっけ…?」ふと不安になったとき、家から何分以内だったら戻りますか? - 05月27日(土)14:00 

■「家の鍵、締めたっけ?」と不安になったとき、家から何分以内だったら戻る?を調査 あれ、家の鍵、締めたっけ。エアコン、消したっけ。水道、止めたっけ……? ひとり暮らしをしていると、そんな「留守中の自宅」にまつわる不安って、ふとしたときにやってきますよね。しかも確認できるのは自分だけ。家を出ていたら、戻るしかない。 そして戻ったら全然ちゃんとしてあって安心したけれど、往復のこの時間がちょっとムダ! ……まぁ、安心が買えたなら安いものかしら。そんなこと、ありますよね。 ということで今回は、株式会社レオパレス21で全国のひとり暮らしをしている入社5年目までの社会人男女計600名に調査した、「ひとり暮らしの不安・困りごと」の結果をご紹介します!     ■外出先で、留守中の自宅のことが不安になったことはありますか? (n=600) ある 40.3% ない 59.7% 約4割の人が外出先で、留守中の自宅のことが不安になったことがあるそうです。思ったよりも少なかったのが印象的でした。では実際に不安になったことはどんなことなのでしょうか? ■どのようなことが不安でしたか? (n=242、複数回答) 1位:家の施錠 77.7% 2位:窓の施錠 35.5% 3位:コンロの火の元の管理 35.1% 4位:照明のオン・オフ 32.2% 5位:エアコンのオン・オフ 29.3% 6...more
カテゴリー:

男子が超絶喜ぶのは…タオルよりも●●!「夏のデート」新3種の神器 - 05月27日(土)09:00 

すっかり夏っぽくなってきましたね。デートでも、暑さが気になるシチュエーションが増えてくるシーズンです。『Menjoy!』では男子500名に夏場のデートで彼女が持ってきてくれると嬉しいアイテムを大調査してみました。その結果、夏場デートでモテを発揮できる夏モテミラクル3種の神器が判明したのですッ! 早速結果をみていきましょう。3位:うちわじゃなくて“扇子”・・・13.8% 「暑い季節のデート中、場面に応じて彼女からサッと差し出してもらったら嬉しいアイテムをすべて選んでください(複数回答可)」との質問に対し、13.8%の男子が選び3位になったアイテムは「扇子」。 あっつい季節に、心地よい風を送ってくれる「扇子」が3位という結果に。 コンパクトに折りたためるから、“うちわ”よりもバッグに忍ばせやすいですし、ちょっとした女子らしさも演出できるアイテムです。 彼が暑そうにしていたら、バッグから出して仰いであげても喜ばれそうですよね! 【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You♡」   2位:結構かさばる“タオル”・・・27.6% 続いて、27.6%が選び2位になっていたのは「タオル」。 汗だくになりやすいシーズンだからこそ、「タオルがあると嬉しい」と思う男子が少なくありませんでした。 「なら、自分で持ってくればいいじゃん」という話はさておき、彼女のバッグから出てくると...more
カテゴリー:

2位ギャンブル!独女が許せない「結婚後のパートナーの変化」1位は… - 05月27日(土)07:45 

夫婦の3組に1組が離婚するという現代、もはや“バツ”が付いていることは珍しくなくなりました。離婚にはさまざまな原因が考えられますが、「結婚して夫が豹変した!」という予想不可能なパートナーの変化もあるでしょう。 では、世の独身女性たちは将来の結婚相手がどんなことをしたら「絶対許せない!」と思うのでしょうか? 今回はメディケア生命保険が、全国の20歳~39歳の結婚願望がある未婚の有職女性1,000人を対象に実施した「イマドキ女子の結婚観・仕事観に関する調査2017」の結果をご紹介します!   パートナーの結婚後の許せない変化1位は「浮気・不倫」 まず、「結婚後のパートナーの変化で許せないもの(複数回答可)」を尋ねた結果を見てみましょう。 5位・・・ケンカばかりする(65.9%) 4位・・・子どもがいても世話をしない、無関心(67.1%) 3位・・・口を開けば文句ばかり(67.8%) 2位・・・ギャンブルをする(68.2%) 1位・・・浮気・不倫をする(69.4%) 1位はやはり「浮気・不倫をする」でした。 結婚後、夫が急に他の女性に目を向け始めた……なんて状況は修羅場が確定的でしょう。また、結婚してから何年も経っている場合でも、浮気や不倫を許せる女性は多くないはず。 2位は「ギャンブルをする」。結婚前はギャンブル好きを隠していたのでしょうか。ストレス発散程度に適度にギャンブル...more
カテゴリー:

私だけじゃなかった…!「疲れが溜まったとき」ついやっちゃうコトTOP5 - 05月26日(金)20:00 

「仕事にも、人間関係にも疲れた……」と、落ち込んでしまうことはありませんか? 仕事で思うように結果が出せない、職場の誰かとの折り合いが悪い、恋人とケンカばかりで恋愛がうまくいかない……そんなとき、世の中の女性たちはどんな風に乗り越えていっているのか、気になりますよね。 そこで、『BizLady』では500名の女性に「あなたが仕事や恋愛、人間関係など生活に疲れると、ついやってしまうことをすべて選んでください(複数回答可)」と、質問をぶつけてみました。 人生や生活に疲れてしまったときに、女性たちがついやってしまうコトTOP5をご紹介しましょう。   自己嫌悪!? 生活に疲れるとついやってしまうコト…… まずは、5位と4位の結果を見てみましょう。 同率5位:アルコールの飲みすぎ・・・11.8% 同率5位:手抜きメイク・・・11.8% 4位:引きこもり・・・18.4% お酒に頼ってしまったり、いつものメイクをする気力が失せてしまったり……。出かけるのすら億劫に感じ、会社と家の往復だけで、外出したり誰かと遊んだりしなくなる女性も珍しくないようです。 後から自己嫌悪が襲ってきそうな行動でもありながら、疲れが溜まった時期にはついやってしまいがちな行動の典型かもしれません。 では、TOP3を順に見ていきましょう。   3位:寝付けなくて目がギンギン! 「夜更かし」20.2% イ...more
カテゴリー:

こんなヒトなら結婚したい! 最近の男は「○○が合う女」を求めてる - 05月27日(土)16:13 

男性が求める理想の結婚相手は「三等」から「三合」へ――。2012年、婚活支援サービスを展開する「パートナーエージェント」が独身男性に実施したアンケート調査では、「仕事・家事の機会は『平等』」「年収は『対等』」「身長・年齢は『同等』」の「三等女性」が理想のパートナー像であるという結果になりました。 それから5年が経過した今、男性が結婚相手の女性に求める条件は「三等」から「三合」に変化してきているようです。 今求められている女性は"三合女性" 同社が2017年4月20日から23日にかけ、結婚意思のある25~34歳の独身男性 360人を対象に調査したところ、結婚相手に求める条件は次のような順になりました(複数回答)。 1位 性格が合う 55.3% 2位 思いやりがある 51.9% 3位 価値観が合う 49.2% 3位 楽しい・明るい 49.2% 5位 信頼できる 47.2% 6位 好みが合う 46.9% 7位 金銭感覚が合う 42.5% なんと上位7項目中4項目が"○○が合う"という結果に。"性格・価値観・好み"の3項目については、男性の約2人に1人が条件として選んでいました。 「愛」だけじゃ無理だから...  アンケートでは、理想の結婚相手の条件の第1位「性格が合う」について、さらに詳しく調査。「愛があればどんな性格でも受け入れられる」のか「愛があっても性格が合わないと難...more
カテゴリー:

女性800人が選ぶこんな男とは結婚したくないランキング 一位童貞 二位無職フリーター - 05月27日(土)09:49 

http://toyokeizai.net/articles/-/173229 SPA!より抜粋 「10代~30代の女性800人が選ぶ、こんな男とだけは絶対結婚したくない!って男」 (複数回答可) ・1位:「彼女いない歴=年齢」の男  326票 「20代後半とかで恋愛経験がない人って人間として異常」(21歳・大学生) 「ちゃんと恋愛できない男は結婚を望むのはやめてほしい」(26歳・経理) 「いい歳して恋愛経験ない男って人間に余裕がないし、自己チューで最悪」(23歳・看護婦) ・2位:無職・定職についてない男 298票 「30過ぎてフリーターとかマジ痛すぎ」(...
»続きを読む
カテゴリー:

「仕事以外に家事、育児も全力なんてムリだ」共働きアラフォー世代の嘆き - 05月27日(土)08:56 

誰もがふと口にする「死ぬほど忙しい」というセリフ。単なる挨拶代りのこともあれば、実際に過労死寸前という場合もある。SPA!が35~45歳の男性サラリーマン1979人を対象にアンケートを取ると、実に8割以上が忙しさを実感していることが判明。では、なぜこんなにもアラフォー会社員は激務を強いられるのか? ◆仕事以外に家事・育児も全力なんてムリだ 「共働きで朝の子供の世話は自分の担当。6時前に起きて朝食を作り、保育園に送ってから出社するのですが、眠くて仕事が捗らない。結局、残業になって、帰宅して寝るのが午前1時すぎ。でも、また翌日は6時前に起きなきゃいけません。ほかの共働きの家庭はどう分担をしているのか、不思議でなりません」(武田博さん・仮名・40歳・IT)  世の中では“イクメンブーム”などと持て囃される一方、厳しい現実に直面しているアラフォー世代は少なくない。社会学者の田中俊之氏は、「イクメンの“功罪”の中で、“罪”が表面化している」と指摘する。 「たしかに、国際的に見れば日本の男性の家事・育児への参加時間は短い。しかし、それを覆して余りあるほど労働時間が長いので、プライベートの時間はほとんどなくなってしまう。そして、そのしわ寄せは主に睡眠時間の短さに繋がり、大きな負担となるのです」 「家事・育児は負担?」というアンケート結果を見ても、「おおいに負担」(96人)、「どちらかと...more
カテゴリー:

主婦485名に調査!実店舗よりネットの方が安いと思う商品TOP3 - 05月26日(金)21:00 

「同じものを買うなら、少しでも安く購入したい!」と考える主婦は少なくないですよね。家計を預かる身としては、節約しながら上手にお金を使いたいと思うものです。近年はネットショッピングも一般化しているなか、なんと実店舗よりネットのほうが安く買える! と定評のあるお買い物も。『WooRis』のリサーチをもとにお伝えします。3位:冷蔵庫や洗濯機などの大物家電 既婚女性500名に対し「“大型スーパーやデパートで買うよりもネットで買ったほうが安いのでネットで買う”と決めているものをすべて選んでください(複数回答可)」と質問しました。 その結果、12.0%が選んだアイテムは「冷蔵庫や洗濯機などの大物家電」でした。 大型家電店に行けば実機を確認することはできるものの、値段としては「ネット販売のほうが安い!」と感じている主婦も少なくない様子。 賢い主婦の中には、まずは実店舗で製品をチェックし、実際に買うのはネットショップという人もいそうです。   同率1位:洋服 続いて、同質問に対して15.9%が選び1位になったアイテムは二つあります。一つ目は「洋服」でした。 洋服は試着をしなければフィット感や素材などは確認することができないものの、「値段は、実店舗よりネットのほうがお買い得!」と感じている主婦も少なくなかったのです。 メーカーの洋服がセール価格で買えるファッションサイトや、実店舗をもたずネ...more
カテゴリー:

自分は棚アゲ!? 同性が呆れる女子の「図々しい理想」…3位は年収 - 05月26日(金)17:15 

恋愛に対して、自分のことを棚に上げすぎた理想を掲げる女子って、どう思いますか? 理想が高すぎるのも勿論ですが、自分は努力せずに棚上げをして相手にだけ高いスペックを求めるのは、男性はもちろん、同性からも「図々しい!」と失笑を買ってしまいそう。今回は、『Menjoy!』が女子500名に“棚上げ女子”に対するホンネを聞いちゃいました!3位:年収にまつわるアノ理想 今回は「あなたが“この子、自分のことを棚に上げて男性への理想が高すぎる”と呆れる女性の特徴に当てはまるものをすべて選んでください(複数回答可)」と、質問をしてみました。 その結果、23.8%が選び3位に選ばれてしまった“自分を棚上げした女子の図々しい理想”は……。 「自分は年収1,000万円未満なのに、年収1,000万円以上の男性にしか興味がない」 結婚相手の年収には手厳しい理想を掲げている女子も珍しくありません。 自分は仕事で大した成果もあげていないのに、「私は絶対に1,000万以上稼ぐ男子じゃないとねー。ムリだわー」なんて口走っている女子、いますよね。 そんな発言を繰り返す女子には、「そんなこと言ったって、自分の年収はかなり低いじゃん……」と、密かに呆れている人もいるのです。 なんともシビアですが、これも女子の心理ですよね。 もちろん、中には自分磨きや婚活パーティーに投資して、見事高収入男子をゲットする女子もいます。必ずしも...more
カテゴリー:

もっと見る

「複数回答」の画像

もっと見る

「複数回答」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる