「複式簿記」とは?

関連ニュース

神奈川県8町村が、県内初の「複式簿記・日々仕訳」による処理採用へ。県内12町村によるTKC公会計システムの共同利用で - 10月12日(木)09:00 

[TKC] これは、神奈川県町村情報システム共同事業組合(管理者:大矢明夫 清川村長/人口合計約30万人)が共同利用する財務会計システムを、TKCのクラウドサービスへ移行することによるものです。 12団体のう...
カテゴリー:

「複式簿記」の画像

もっと見る

「複式簿記」の動画

Wikipedia

複式簿記(ふくしきぼき、)とは、簿記において、全ての簿記的取引を、その二面性に着眼して記録していき、貸借平均の原理に基づいて組織的に記録・計算・整理する記帳法のことをいう。

概要

取引の二面性というのは、簿記的取引には原因としての側面と結果としての側面があること、例えば建物の現金による購入という1つの取引においては、建物の増加(資産の増加)という側面と現金の減少(資産の減少)という2つの側面があることを意味する。複式簿記ではこの取引の二面性に着眼し、資産負債純資産費用又は収益のいずれかに属する勘定科目を用いて借方と貸方に同じ金額を記入する仕訳と呼ばれる手法により記帳がなされる。

複式簿記では1つの取引における取引金額を、取引の原因と結果の観点から借方貸方借方・貸方という用語は、単純に借方とは「左側」、貸方とは「右側」を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる