「製品群」とは?

関連ニュース

開発・販売したソフトの更新を管理、ジェムアルトが新ソフト「Sentinel Up」を販売 | IT Leaders - 04月17日(火)18:35 

ジェムアルトと日本セーフネットは2018年4月17日、ソフトウェアのライセンス(利用権)を管理/制御する仕組みを提供する製品群「Sentinel」を構成する新製品として、ソフトウェアを自動で更新する仕組みを提供する「Sentinel Up」を発表した。2018年7月に出荷する予定である。価格は個別見積もり。開発会社は、2015年3月に米SafeNetを買収したオランダのGemalto。
カテゴリー:

MoMA Design Store、本体が合成コンクリートのスピーカーなど「NEW TECH」アイテムを多数発売 - 04月16日(月)10:15 

「MASTER & DYNAMIC MA770 ワイヤレス コンクリートスピーカー」 ニューヨーク近代美術館MoMAのミュージアムショップであるMoMA Design Storeは、先端技術を駆使している「NEW TECH」アイテムを多数入荷したことを発表した。実生活を想定した商品テストを受け、MoMAのデザインキュレーターによって「このデザインは本当に役立つものなのか」「もし、この商品が存在しなかったら、世の中は困るだろうか」といった基準を設けてアイテムを厳選。ラインナップされた製品は、いずれもデザイン性とテクノロジーを兼ね備え、日々の暮らしをより良くするために役立つ。 今回入荷された商品の販売店舗は、「MoMA Design Store」の表参道店および京都店と、オンラインショップの「MoMA Design Store」で、ショップインショップ「MoMA Design Store at ロフト」の渋谷 / 池袋 / 札幌 / 仙台 / なんば / 神戸でも一部商品のみ展開される。1600万色の表現が可能なLEDランプとBluetoothスピーカーを融合させた「CROMATICA」、磁気の仕組みで空中に浮遊するライトの「FLYTE ライト ニコラ」、手軽に360°のVR体験ができるスマートフォン用のミニゴーグル「HOMiDO VRグラス MINI」、エレガントな美しさを感じさせる...more
カテゴリー:

Microsoftが新しいIoTサービスのために独自のLinuxカーネルを作った - 04月17日(火)10:58 

今日(米国時間4/16)サンフランシスコで行われた小規模なプレスイベントでMicrosoft は、マイコンを使用するデバイスを対象とする、安全なエンドツーエンドIoTプロダクトのローンチを発表した。それらは、小型で消費電力の少ないマイコン(micro control unit, MCU)を使って最小限のコントロールやネットへの接続を行うデバイスだ。そのようなデバイスは、玩具や家庭用品、産業向けアプリケーションなど、さまざまなところで使われているが、頻繁なアップデートは行われず、セキュリティに不安のあるものが多い。 今回のAzure Sphereと呼ばれるプロダクトは、機能性能等が一定の基準を満たす一連の証明済みのMCUsを対象とする。そしてMicrosoftの法務部門のトップBrad Smithが今日の発表で強調しているのは、チップに対するAzure Sphereの認定ライセンスを無料にして、そのエコシステムの立ち上げに勢いをつける、という点だ。 アップデートや遠隔測定が困難なデバイスはセキュリティも困難だから、まずそれがインターネット接続機能を内蔵していることが重要だ。そしてその接続機能により、Azure Sphereのクラウド上のセキュリティサービスにもアクセスする。 ということは、それらのデバイスではWindowsが動くのだろうか? いや、違う。Microsoftはこのプロ...more
カテゴリー:

「製品群」の画像

もっと見る

「製品群」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる