「裁判所」とは?

関連ニュース

元労働者へ賠償請求 不当として逆に支払命令 横浜地裁 - 04月28日(金)10:00 

 情報通信業の㈱プロシード(神奈川県鎌倉市)が、うつ病と偽り就業規則上の引継ぎをせずに退職され、取引先との契約を履行できなかったとして元労働者に約1271万円の損害賠償を請求した裁判で、横浜地方裁判所(石橋俊一裁判長)は、逆に同社に110万円の支払いを命じた。労働者も不当訴訟と反訴していたもの。 平成26年4月に入社した20代の労働者は、同社の取引先でシステム開発業務に従事していたが、12月に退職……[続きを読む]
in English
カテゴリー:

コンサートに行ったら混み過ぎで熱中症に…治療費は請求できる? - 04月27日(木)21:30 

ロックバンド「ONE OK ROCK」が4月8日に幕張メッセで開催したコンサートで、熱中症や過呼吸などの体調不良を起こす観客が続出したそうです。50人以上が症状を訴え、21人が病院に搬送されました。 このように、コンサート会場で熱中症や怪我などの事故があった場合、観客は治療費などを支払ってもらうことはできるのでしょうか? あすみ法律事務所の高野倉勇樹弁護士にお伺いしました。   ■主催者には観客の安全確保義務がある 「“事故が起きる可能性を予測できたのに、対策しなかった”という場合には、請求できます。コンサートの主催者は、観客との間で、コンサートを提供することを内容とする契約を結びます(=チケット購入)。 この契約には、契約条項として明示されていなくても、観客の安全を確保する義務が付随します。 “事故が起きる可能性を予測できた”場合において、“対策しようと思えばできたのに、対策しなかった(=過失がある)”というときは、この義務に違反したということで、損害賠償責任が発生します。 ただし、以下のふたつの問題があります。 (1)どのような場合に「事故が起きる可能性を予測できた」と言えるのか。 (2)対策はとれたのか(対策できるような事故だったのか) 例えば、“野外や熱のこもりやすい構造の建物内での開催”“気象庁から「高温注意情報」が発表されていた”“熱中症を発症しても非難できな...more
in English
カテゴリー:

無線LANただ乗りは無罪「電波法違反にあたらず」 - 04月27日(木)19:13 

他人の家に設置された無線LANの通信を暗号化する鍵を解読し、無断でインターネットを使う、いわゆるただ乗りが、電波法違反の罪にあたるかどうかが争われた裁判で、東京地方裁判所は、鍵を解読することは電波法で罰せられる行為ではないとして、無罪を言い渡しました。
in English
カテゴリー:

アパートの隣人がうるさい! 「戦争」になるかもしれません - 04月27日(木)17:00 

騒音の「隣人トラブル」に悩んでいます。 相手は、70代男性のお年寄りです。 わたしが住んでいる賃貸住宅は、とても壁が薄いので、住人たちはお互いに気をつかって暮らしています。 しかし、隣のお年寄りだけは、朝4時から夜に眠るまでのあいだ、大きな声の「ひとりごと」や「長電話」を繰り返して、ほかの部屋の住人に遠慮しようとしません。 みんな迷惑しています。 ずっとガマンしてきましたが、もう耐えられません。 隣りの騒音おじいさんに迷惑であることを自覚させて、安らかな生活を取り戻したいのです。 隣人は「筋金入りのクレーマー」 わたしは、隣りに住んでいる騒音おじいさんに対して、まだ一度も抗議行動を起こしていません。 なぜなら、騒音おじいさんがクレーマー気質であることを知っているからです。 ほぼ毎日、訪問介護の会社や最寄りの小売店に対して、神経質な内容のクレーム電話をかけています。 たちの悪い人間には、できることなら関わりたくありません。 壁が薄く、おじいさんの声が大きすぎるので、電話内容がはっきり聞こえます。 「従業員の態度が悪かった」「安い商品が売り切れていた」などのクレームをしつこく繰り返して、かならず罵声を発してから通話を終えるのです。 「誠意をみせろ」「慰謝料を支払え」という声が聞こえたこともあります。 隣人トラブルは「戦争」である 隣りに住んでいる騒音おじいさんは「筋金入りのクレーマー...more
in English
カテゴリー:

【社会】新聞業界に走る激震・・・最大のタブー「残紙・押し紙」問題、訴訟本格化で業界崩壊も★2 - 04月27日(木)16:21 

●「詐欺同然」残紙訴訟の本格化で新聞業界崩壊も ――翻って日本では、新聞の販売部数減少が伝えられています。 渡邉 今、新聞業界には激震が走っています。かつて消費者金融業者のグレーゾーン金利に関する過払い金返還訴訟に 尽力した弁護士や地方議会議員の方々が中心となり、「NO!残紙キャンペーン」が展開されているのです。 「残紙」とは、売れる見込みがないのに新聞社が新聞販売店に強制的に押しつけている「押し紙」と、 販売店が折り込みチラシの広告代を稼ぐために、自発的に新聞社から余分に仕入れている「積み紙」...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

伝記著者らに1億円超賠償命令=「許可なく出版」訴え-コール元独首相 - 04月28日(金)05:51 

 【ベルリン時事】DPA通信などによると、ドイツ西部ケルンの裁判所は27日、東西ドイツ統一を実現したコール元首相(87)が許可なく伝記を出版されたと訴えていた裁判で、著者2人と出版社に計100万ユーロ(約1億2000万円)の損害賠償金支払いを命じた。著者らは上訴する方針。 伝記はジャーナリストのヘリベルト・シュワン氏が2001~02年に行ったインタビューを基に14年に出版され、メルケル首相やゴルバチョフ旧ソ連大統領を批判する内容が含まれていた。裁判所はコール氏のプライバシーが侵害されたと認め、伝記の内容の一部はインタビューの発言記録から見つからなかったなどと指摘した。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

無線LAN「ただ乗り」無罪判決|NHK 首都圏のニュース - 04月27日(木)19:15 

無線LAN「ただ乗り」無罪判決|NHK 首都圏のニュース他人の家に設置された無線LANの通信を暗号化する「鍵」を解読し、無断でインターネットを使ういわゆる「ただ乗り」が電波法違反の罪にあたるかどうかが争われた裁判で、東京地方裁判所は、「鍵」を解読することは電波法で罰せられる行為ではないとして、無罪を言い渡しました。 松山市の無職、藤田浩史被告(31)は、他人の家に設置された無線LANの通信を傍受して、暗号化する「鍵」を解読し、無断でインターネットを使う...
in English
カテゴリー:

オリンパス損失隠し 歴代経営陣に賠償命じる判決 - 04月27日(木)17:44 

6年前に発覚した、大手精密機器メーカー、オリンパスの巨額の損失隠しをめぐって、会社や株主が起こした裁判で、東京地方裁判所は、歴代の経営陣に対して、総額で580億円余りを会社に賠償するよう命じる判決を言い渡しました。
in English
カテゴリー:

【海外こぼれ話】罰金の理由 警察官の隣でげっぷして… - 04月27日(木)17:00 

オーストリアの首都ウィーンで昨年、男性が警察官の隣でげっぷし、公序良俗を乱したとして70ユーロ(約8200円)の罰金を科された。男性は提訴し、裁判所は嫌がらせの…
in English
カテゴリー:

宮城・東松島市 津波訴訟、仙台高裁 女児遺族への賠償命じる - 04月27日(木)12:53 

 東日本大震災で宮城県東松島市の小学校に避難したあと津波の犠牲になった児童と住民の遺族が市に賠償を求めた裁判の控訴審で、仙台高等裁判所は27日、遺族側の訴えの一部を認め、2600万円の支払いを命じた一審の判決を支持し、市などの控訴を棄却しました。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「裁判所」の画像

もっと見る

「裁判所」の動画

Wikipedia

裁判所(さいばんしょ、英:Law court)は、日本国憲法 に特別の定のある場合を除いて一切の法律上の争訟を裁判し、その他法律において特に定める権限を有する裁判所法第3条第1項国家機関である。

定義

多義的に用いられるが、概ね、国法上の裁判所(官署としての裁判所)、裁判機関としての裁判所、庁舎としての裁判所に区別される。

; 国法上の「裁判所」・官署としての「裁判所」

  • (用例)「各裁判所に廷吏を置く。」「訴えは、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する。」

; 裁判機関としての「裁判所」

  • (用例)「裁判所は、審尋をする場合には、受命裁判官にこれを行わせることができる。」

; 庁舎としての「裁判所」

  • (用例)「法廷は、裁判所又は支部でこれを開く。」

法令においては、いずれかの意味で用いられる。

「裁判所」という用語は、1890年に公布された裁判所構成法(明治23年法律第6号)から一般的な呼称になった。それ以前における同様の裁判機関は、時代によって様々な名称を有する。

日本国憲法 通常裁判所

日本国憲法の下、「すべて...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる