「裁判員裁判」とは?

関連ニュース

牛島殺人未遂事件、被告は殺意否認 秋田地裁で初公判 - 09月20日(水)08:00 

 4月に秋田市牛島東の住宅敷地内で、この家の70代男性を刃物で殺害しようとしたとして、殺人未遂と銃刀法違反の罪に問われた無職三浦利之被告(31)=同市牛島東3丁目=の裁判員裁判初公判が19日、秋田地裁…
カテゴリー:

青酸検出なし、4件目の審理始まる 連続不審死 - 09月19日(火)14:50 

 京都、大阪、兵庫で起きた連続不審死事件で、殺人罪などに問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)=京都府向日市=の裁判員裁判が19日、京都地裁であり、交際相手だった兵庫県伊丹市、日置稔さん(当時75)が…
カテゴリー:

東京・目黒 池に女性切断遺体、被告の男 初公判で強盗は否認 - 09月19日(火)12:35 

 東京・目黒区の公園の池で切断された女性の遺体が見つかった事件で、強盗殺人などの罪に問われている男の裁判員裁判の初公判が開かれ、男は殺人などは認めた一方、「金銭は奪っていない」と強盗について否認しました。
カテゴリー:

碑文谷殺害:被告「金銭は奪っていない」 東京地裁初公判 - 09月19日(火)11:29 

 東京都目黒区立碑文谷(ひもんや)公園の池で昨年6月、無職の阿部祝子(ときこ)さん(当時88歳)の切断遺体が見つかった事件で、強盗殺人や死体損壊などの罪に問われた無職、池田徳信(やすのぶ)被告(29)は19日、東京地裁(石井俊和裁判長)の裁判員裁判の初公判で「殺害は認めるが、金銭は奪っていない」と述べ、起訴内容を一部否認した。
カテゴリー:

29歳男、起訴内容を一部否認=公園の女性切断遺体で初公判-東京地裁 - 09月19日(火)10:23 

 東京都目黒区の碑文谷公園で、高齢女性の切断遺体が見つかった事件で、強盗殺人などの罪に問われた池田徳信被告(29)の裁判員裁判の初公判が19日、東京地裁(石井俊和裁判長)で開かれた。池田被告は「現金は奪っていません」と述べ、起訴内容の一部を否認した。 起訴状によると、池田被告は2016年6月、世田谷区の阿部祝子さん=当時(88)=の自宅マンションに侵入して首を絞めて殺害し、現金約35万円を強奪。浴室で遺体を切断して公園の池に遺棄したとされる。 捜査段階で池田被告は「金に困り盗みに入った。騒がれそうになったので、首を絞めた」と供述していた。阿部さんと面識はなかったという。 【時事通信社】
カテゴリー:

【裁判】碑文谷強盗殺人事件 池田容疑者、一部を否認…「金銭奪ってない」 - 09月19日(火)17:08  newsplus

女性を殺害して現金を奪った上、切断した遺体を東京都目黒区の池に捨てたとして、強盗殺人や死体損壊などの罪に問われた無職池田徳信やすのぶ被告(29)の裁判員裁判の初公判が19日、東京地裁(石井俊和裁判長)で開かれた。  罪状認否で池田被告は、「殺人や死体損壊は認めるが、金銭は奪っていない」と起訴事実を一部否認した。弁護側は、強盗殺人罪は成立せず、殺人罪などにとどまると主張した。  起訴状などでは、池田被告は2016年6月20日未明、世田谷区のマンションの自宅で寝ていた阿部祝子ときこさん(当時88...
»続きを読む
カテゴリー:

青酸殺人:千佐子被告側、4件目も無罪主張 京都地裁公判 - 09月19日(火)13:54 

 近畿3府県で起きた青酸化合物による連続殺人事件の裁判員裁判で、筧(かけひ)千佐子被告(70)=京都府向日市=が内縁の夫の日置稔さん(当時75歳)=兵庫県伊丹市=を殺害したとされる事件の審理が19日、京都地裁(中川綾子裁判長)で始まった。冒頭陳述で検察側は「遺産目当てで青酸を飲ませ毒殺した」と主張。弁護側は「遺体から青酸が検出されておらず、病死などの可能性がある」と無罪を訴えた。
カテゴリー:

【大阪地裁】「乳幼児揺さぶられ症候群」で死亡の孫への傷害致死、祖母「暴力的行為、一切やってない」と否認 - 09月19日(火)11:33  newsplus

 生後2カ月だった孫の女児を暴行し死亡させたとして、傷害致死罪に問われた祖母の無職、山内泰子被告(67)=大阪市東淀川区=は19日、大阪地裁(飯島健太郎裁判長)で開かれた裁判員裁判の初公判で「暴力的な行為は一切やっていない」と無罪を主張した。  起訴状などによると、山内被告は昨年4月6日午後、東淀川区の集合住宅で孫の佐伯彩希ちゃんの頭部に強い衝撃を与える暴行を加え、同7月23日に脳機能不全で死亡させたとしている。  大阪府警によると、彩希ちゃんは山内被告が1人で世話をしていた約2時間の間に体...
»続きを読む
カテゴリー:

内縁夫殺害の審理開始=連続不審死、4件目-京都地裁 - 09月19日(火)11:08 

 京都や大阪などで起きた連続不審死事件で、男性4人に対する殺人罪などに問われた筧千佐子被告(70)の裁判員裁判の公判が19日、京都地裁(中川綾子裁判長)であった。内縁関係にあった兵庫県伊丹市の日置稔さん=当時(75)=に対する殺人事件の審理が始まり、検察側は筧被告が遺産目当てで毒殺したと主張した。 検察側は冒頭陳述で、日置さんが救急搬送された時の所見が青酸中毒と一致すると指摘。筧被告が事件の3週間前、全財産を遺贈する公正証書を書かせたなどと主張した。 一方、弁護側は日置さんの体内から青酸が検出された証拠はないと反論した上で、筧被告は事件当時から認知症で刑事責任能力がないと訴えた。 公判はこれまでに、殺人2件と強盗殺人未遂1件の審理が終了している。 起訴状によると、筧被告は2013年9月20日、伊丹市のレストランで日置さんに致死量の青酸化合物を飲ませ、青酸中毒に陥らせて殺害したとされる。 【時事通信社】
カテゴリー:

【千葉地裁】元交際相手両親宅放火、被告(24)に懲役5年 千葉地裁「一線越えた行為」 - 09月17日(日)00:41  newsplus

 千葉市内の民家で1月、外壁などが焼けた火災で交際していた女性の両親宅に放火したとして現住建造物等放火罪に問われた同市花見川区、無職、大石絵梨紗被告(24)の裁判員裁判で、千葉地裁(市川太志裁判長)は15日、「一線を越えた行為で動機は身勝手」などとして、懲役5年(求刑・同7年)の判決を言い渡した。  市川裁判長は判決で「交際相手との思い出を消してしまいたい、つらい思いをすっきりさせたいという思いから放火を決意し実行した。ガソリンやガスボンベなど燃焼力の高いものを大量に使用し危険性が高く結果も重...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「裁判員裁判」の画像

もっと見る

「裁判員裁判」の動画

Wikipedia

  • 転送 裁判員制度...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる