「裁判員裁判」とは?

関連ニュース

オウム裁判終結:松本教祖ら死刑囚13人 死刑執行焦点に - 01月20日(土)08:30 

裁判員裁判・被害者参加 司法も変化  社会を震撼(しんかん)させたオウム真理教による一連の事件の刑事裁判は、高橋克也被告(59)の上告棄却により開始から22年で終幕を迎えることになった。起訴された教団関係者192人は法廷で応酬を繰り広げ、この間、裁判員制度施行をはじめ刑事司法を巡る環境も大きく変わった。今後、松本智津夫教祖(62)をはじめとする死刑囚13人の執行に焦点が移り、元弁護人らは法務当局の動向を注視している。【伊藤直孝、鈴木一生、巽賢司】
カテゴリー:

【裁判】老人ホームの3人転落死、被告が無罪主張へ 川崎の事件 - 01月19日(金)08:05  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASL1K33S6L1KULOB002.html  川崎市の有料老人ホームで2014年、入所者の男女3人が相次いで転落死した事件で、3件の殺人罪で起訴された元職員の今井隼人被告(25)が、23日から横浜地裁で始まる裁判員裁判で無罪を主張する見通しであることが関係者への取材で分かった。検察側は、捜査段階で今井被告が犯行を認めた様子を撮影した録画映像を証拠提出するなどして立証する方針という。  事件は川崎市幸区の「Sアミーユ川崎幸町」で起きた。14年11月に入所者の男性(当時87)が4階の...
»続きを読む
カテゴリー:

老人ホームの3人転落死、被告が無罪主張へ 川崎の事件 - 01月18日(木)13:41 

 川崎市の有料老人ホームで2014年、入所者の男女3人が相次いで転落死した事件で、3件の殺人罪で起訴された元職員の今井隼人被告(25)が、23日から横浜地裁で始まる裁判員裁判で無罪を主張する見通しであ…
カテゴリー:

浜名湖切断2遺体事件 初公判で無罪主張 - 01月16日(火)15:21 

おととし、静岡県浜松市の浜名湖やその周辺から男性2人の切断された遺体が相次いで見つかった事件で、2人を殺害したなどとして強盗殺人や殺人などの罪に問われている男の裁判員裁判が静岡地方裁判所で始まり、男の弁護士が無罪を主張しました。
カテゴリー:

浜名湖死体遺棄:被告は認否黙秘 静岡地裁初公判 - 01月16日(火)11:37 

 浜松市の浜名湖で2016年7~8月、切断された男性2人の遺体が相次いで見つかった事件で、強盗殺人や死体損壊、死体遺棄などの罪に問われた宅地建物取引士、川崎竜弥被告(34)の裁判員裁判の初公判が16日、静岡地裁(佐藤正信裁判長)で開かれた。川崎被告は起訴内容の認否について問われ、「黙秘」とだけ述べた。弁護側は「無罪を主張する」とした。
カテゴリー:

「恐ろしさ改めて感じた」=裁判終結にオウム事件遺族 - 01月19日(金)21:30 

 オウム真理教の地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさん(70)が19日、元信者高橋克也被告(59)の上告棄却を受け東京都内で記者会見し、「一連の裁判に時間がかかり、多くの事件を起こしたオウム真理教の恐ろしさを改めて感じた」と振り返った。 長年にわたり裁判の傍聴を続け、東京地裁で開かれた高橋被告の裁判員裁判では、被害者参加制度を利用。法廷で直接質問する機会を得た。 遺族への思いを尋ねたところ、高橋被告は「深いところまで考えることが必要」と回答した。二審では被告人質問が行われず、シズヱさんへの返答はないままだ。「最高裁で答えを見届けたかったが、かなわなかったのが残念だ」と話した。 一連の事件では元教団幹部13人の死刑が確定しており、シズヱさんは元代表松本智津夫死刑囚(62)の早期執行を望んでいる。拘置所で米国の科学者との面会を重ね、猛毒VXなどに詳しい中川智正死刑囚(55)に対しては、「後世のために残したいことがあれば話してほしい」と求めた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【兵庫】バーベキューでけんか、同級生(28)死なす 初公判で起訴内容を認める - 01月18日(木)21:32  newsplus

バーベキュー中にけんかとなった中学時代の同級生を暴行し死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた兵庫県西宮市の無職の男(29)の裁判員裁判初公判が16日、神戸地裁(芦高源裁判長)であった。被告の男は「間違いない」と起訴内容を認めた。  起訴状によると、昨年4月16日夕、芦屋市内のバーベキュー場で、同市業平町の男性=当時(28)=の顔を数回殴るなどの暴行を加え、同月24日夜に死亡させたとされる。  検察側は「周囲の制止を振り切り、男性が倒れるまで執ように暴行を加えた。男性の落ち度もない」と指摘。...
»続きを読む
カテゴリー:

【裁判】謎の中国人が現れ殺害、と被告 遺体に巻かれていたものと同じ粘着テープや現場にあった鍬やスコップ購入してるやーん、と検察 - 01月17日(水)04:18  newsplus

強盗殺人事件 被告一部無罪主張 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20180116/1100001252.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を おととし、借金の返済を免れるために埼玉県春日部市の男性を殺害したとして 強盗殺人などの罪に問われている男の裁判員裁判が始まり、男は 「遺体は群馬県の山中まで運んだが、殺害はしていない」 と述べ、強盗殺人の罪については無罪を主張しました。 埼玉県春日部市の不動産コンサルタント、宮口義弘被告(58)は、おととし2月...
»続きを読む
カテゴリー:

【福岡地裁】八女市男児2人殺害初公判 次男の障害責められ、夫は遺産浪費「将来を悲観し心中を決意」 - 01月16日(火)14:35  newsplus

 福岡県八女市で2016年6月、車内から男児2人の遺体が見つかった事件で、殺人罪に問われた中下麻子被告(38)(山口県光市)の裁判員裁判の初公判が15日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった。  中下被告は起訴事実を認めた。  起訴状などでは、中下被告は16年6月7日夜から8日未明、熊本県内に駐車した車の中で、次男結弦ゆづるちゃん(当時3歳)の首をベルトで絞めて殺害。その後、約8キロ離れた場所の車内で、長男で小学6年の龍之介君(同11歳)の首をロープで絞め、殺害したとしている。  検察側冒頭陳述...
»続きを読む
カテゴリー:

弁護側が無罪主張=浜名湖の切断遺体-静岡地裁 - 01月16日(火)10:47 

 浜松市の浜名湖で男性2人の切断遺体や骨の一部が見つかった事件で、殺人や死体損壊・遺棄などの罪に問われた無職川崎竜弥被告(34)の裁判員裁判の初公判が16日、静岡地裁(佐藤正信裁判長)で開かれた。罪状認否で川崎被告は黙秘し、弁護人は無罪を主張した。 起訴状によると、川崎被告は2016年1月29日ごろ、浜松市西区の無職須藤敦司さん=当時(62)=を殺害して遺体を焼き、キャッシュカードなどを奪った上、マンションの所有権を自分名義に変更。同年7月5日ごろには、北海道美唄市出身の工員出町優人さん=同(32)=を殺害して遺体を切断し、浜名湖周辺に遺棄したとされる。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「裁判員裁判」の画像

もっと見る

「裁判員裁判」の動画

Wikipedia

  • 転送 裁判員制度...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる