「裁判員裁判」とは?

関連ニュース

遺族「苦しみずっと胸に」 女性暴行殺人、被告の元米軍属、再び黙秘 第2回公判 - 11月18日(土)06:00 

 2016年4月に沖縄県で発生した米軍属女性暴行殺人事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた元海兵隊員で事件当時軍属の被告(33)の裁判員裁判第2回公判が17日、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)で開かれた。前日の初公判に続き被告は「黙秘権を行使する」と供述を拒否した。被害者の父親は法廷で「...
カテゴリー:

黙秘続ける被告、遺族は「極刑を」 うるま女性殺害公判 - 11月17日(金)20:40 

 沖縄県うるま市の女性(当時20)を殺害したとして、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた元米軍属のケネフ・フランクリン・シンザト被告(33)の裁判員裁判が17日も那覇地裁であり、女性の両親が「…
カテゴリー:

【裁判】中国の打撃武器「狼牙棒」でバングラデシュ人男性(32)を殴打 殺人未遂罪に問われた被告(54)「殺意なかった」…千葉地裁初公判 - 11月17日(金)18:36  newsplus

中国武器・狼牙棒で男性殴打 被告「殺意なかった」 千葉地裁初公判 11/17(金) 10:51配信 中国の打撃武器「狼牙棒」(ろうげぼう)でバングラデシュ人男性=当時(32)=の 頭を殴り殺害しようとしたとして、殺人未遂の罪に問われた住所不定、無職、岡村隆被告(54)の 裁判員裁判の初公判が16日、千葉地裁(金子武志裁判長)で開かれ、 岡村被告は「殺意はなく、危害を加えるつもりはなかった」と殺意を否認した。 検察側の冒頭陳述によると、岡村被告は、近隣に住む男性のアパートの大家が男性方を訪れた後、 近くの駐車場で...
»続きを読む
カテゴリー:

犯行時間帯に別の車目撃=一審死刑の干物店2人強殺-東京高裁 - 11月17日(金)13:18 

 静岡県伊東市の干物店で2012年、女性社長ら2人を殺害したとして強盗殺人罪に問われ、一審静岡地裁沼津支部で死刑判決を受けた元従業員肥田公明被告(65)の控訴審第1回公判が17日、東京高裁(大島隆明裁判長)であった。弁護側は、犯行時間帯に同被告のものと異なる車が現場で目撃されていたことが明らかになったとして、改めて無罪を主張。検察側は控訴棄却を求めた。 肥田被告は逮捕時から一貫して犯行を否認。直接証拠はなかったが、同支部の裁判員裁判は16年11月、状況証拠から有罪とし、死刑を言い渡した。 弁護側によると、控訴審で検察側が新たに開示した捜査報告書には、2人が殺害された時間帯に肥田被告のものと異なる車が店の駐車場から走り去るのを、通行人が目撃していたとの記載があった。その2時間後にも駐車場にライトをつけた車が止まっており、2人組が立っているのが目撃されていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

法医学の専門家が証言 元米軍属事件の第2回公判 被害者父親の意見陳述も - 11月17日(金)10:29 

 2016年4月に発生した米軍属女性暴行殺人事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪で起訴された元米海兵隊員で事件当時軍属の被告(33)の裁判員裁判第2回公判が17日午前10時、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)で開廷した。  法医学の専門家が証人尋問で、司法解剖の結果や推察される被告の行為などについて...
カテゴリー:

母親「私の心は地獄の中に」 軍属事件の裁判員裁判 第2回公判 - 11月18日(土)06:00 

 沖縄県の那覇地裁で17日にあった米軍属女性暴行殺人事件の裁判員裁判第2回公判で、被害者参加制度を使い意見を述べた女性の父親の発言と代理人が代読した母親の陳述は次の通り。 ◇父親意見陳述全文  私から被告人に言う事は何もありません。  私たち遺族は、被告人を許す事は出来ません。  いかなる言い訳も通...
カテゴリー:

「極刑望む」と父親陳述、沖縄 女性殺害の裁判員裁判 - 11月17日(金)19:32 

沖縄県うるま市で昨年4月、女性会社員=当時(20)=を暴行し殺害したとして、殺人などの罪に問われた元米海兵隊員で軍...
カテゴリー:

被害者遺族「極刑望む」=元米軍属、目を合わせず-沖縄女性殺害・那覇地裁 - 11月17日(金)17:45 

 沖縄県うるま市で昨年4月、女性会社員=当時(20)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われた元米海兵隊員で軍属だったケネフ・シンザト被告(33)の裁判員裁判の第2回公判が17日、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)であった。被害者の両親が出廷し、「極刑を望みます」などと意見を述べた。 両親は被害者参加制度に基づき、意見陳述を行った。父親は「命をもって償ってください」と述べた。母親は代理人弁護士と証言台に立ち、代理人が「一人娘を失い、無念で胸が張り裂ける思い」と意見書を代読した。 母親は終始、シンザト被告に視線を向けていたが、被告は目を合わせず、不安そうな様子で、通訳の声を聞くイヤホンに手を当てていた。 意見陳述に先立ち、被告人質問が前日の初公判に続いて行われたが、シンザト被告は「黙秘権を行使します」と述べ、供述を拒否した。24日に検察側の論告求刑と弁護側の最終弁論が行われ、結審する予定。 【時事通信社】
カテゴリー:

鑑定医「刃物が骨を貫通」元軍属は黙秘 女性殺害公判 - 11月17日(金)13:10 

 沖縄県うるま市の女性(当時20)を殺害したとして、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた元米海兵隊員で元米軍属のケネフ・フランクリン・シンザト被告(33)の裁判員裁判が17日、前日に続いて那覇…
カテゴリー:

琉球新報「黙秘権行使するやつは順法精神と人権意識が欠けている」 - 11月17日(金)07:41  news

将来ある20歳の女性の命が奪われた痛ましい事件である。被告の権利とはいえ、黙秘権行使は許し難い。 うるま市で昨年4月、女性会社員を暴行し殺害したとして、殺人罪などに問われた元海兵隊員で当時軍属だったケネス・フランクリン・シンザト(旧姓ガドソン)被告の裁判員裁判初公判が那覇地裁で始まった。 被告は罪状認否で「殺すつもりはなかった」と述べ、殺人罪の起訴内容を否認した。強姦致死と死体遺棄の罪は認めた。 その後の被告人質問で、被告は黙秘権を行使した。少なくとも被害女性、遺族に謝罪すべきである。事件...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「裁判員裁判」の画像

もっと見る

「裁判員裁判」の動画

Wikipedia

  • 転送 裁判員制度...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる