「被害者」とは?

関連ニュース

【テレビ】<マツコ・デラックス>「ホタル族」の妻に苦言!「外で吸ってくれはエゴ」★2 - 05月24日(水)05:59 

22日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、番組コメンテーターのマツコ・デラックスが、自宅のベランダで喫煙する「ホタル族」の妻に対して苦言を呈した。 番組の「夕刊ベスト8」のコーナーでは、「ベランダ喫煙我慢できない『ホタル族』被害者会結成」と題し、東京新聞の記事を取り上げた。 記事では、マンションのベランダなどでたばこを吸う「ホタル族」による、受動喫煙の被害を訴える団体「近隣住宅受動喫煙被害者の会」が19日に結成したと報じている。現在の会員数は466名で、今後は各地の自治体にベランダでの喫煙禁止を求め...
»続きを読む
カテゴリー:

【事件】ワンピース姿で逃走も…被害女性みな「男と感じた」 女装の男?強盗・強制わいせつ連続犯行か さいたま市 - 05月24日(水)03:14 

 23日午前0時すぎ、さいたま市南区の路上で、10代の女性がバッグを奪われかけたり、体を触られたりするなどの事件が相次いだ。逃げたのは長髪でワンピース姿だったが、被害者はいずれも「男と感じた」と話しており、埼玉県警浦和署は女装した男による犯行の可能性もあるとみて強盗致傷や強制わいせつ容疑で調べている。  浦和署によると、23日午前0時5分ごろ、さいたま市南区辻の路上で、無職女性(19)が自転車ごと足蹴にされて転倒。バッグを取られそうになったが抵抗したため、何も取らず自ら乗ってきた自転車で逃げた...
»続きを読む
カテゴリー:

神戸連続殺傷:土師淳さん父「被害者支援、課題多く」 - 05月24日(水)03:08 

事件20年 参議院議員会館の院内集会に参加、コメント  神戸市須磨区で1997年に起きた小学生連続殺傷事件で、土師(はせ)淳さん(当時11歳)が殺害されて24日で20年となる。父の守さん(61)は23日、東京・永田町の参議院議員会館であった院内集会に参加し、国会議員らを前に「犯罪被害者に関する多くの問題が解決されないまま残っている。改善のために協力をお願いしたい」と訴えた。また、毎日新聞に弁護士を通じてコメントを寄せた。
カテゴリー:

20年「つかの間のよう」=被害者支援、なお改善を-土師守さん・神戸児童殺傷 - 05月24日(水)03:02 

 神戸連続児童殺傷事件で小学6年の土師淳君=当時(11)=が殺害されて20年となる24日、父親の守さん(61)が弁護士を通じてコメントを発表した。「長い年月のように思うが、過ぎてしまえばつかの間のようにも感じている」と心境をつづり、犯罪被害者の支援で改善すべき問題が残されていると強調した。 守さんは犯罪被害者を取り巻く環境について、「事件当時、私たち犯罪被害者・遺族には何の権利も支援もなかった」と指摘。事件後、全国犯罪被害者の会が設立され、犯罪被害者等基本法の成立や、犯罪被害者支援条例を制定する自治体が増えている状況を踏まえ、「この20年の間に環境は大きく変わってきた。被害者問題を改善しようという機運は続いていたと思う」と評価した。 一方で、医療費を含めた被害者への経済補償、加害者の手記に関する出版規制など、「犯罪被害者に関わる改善すべき問題はまだまだ残っている」と強調。「今後も被害者を取り巻く環境がさらに改善するように、行政および一般の方々に協力、支援をお願いしたい」と望んでいる。 【時事通信社】
カテゴリー:

クルマで帰ると分かっている人と一緒に飲酒したらどうなる…? - 05月23日(火)23:10 

5月12日、あるお笑い芸人が、酒気帯びの状態で路上に停車していた自動車に寝ているところを発見され、逮捕されるという事件が発生しました。 発見当時、同芸人が乗っていた自動車には右前輪・後輪がパンクしていたうえ、バンパーにも衝突痕とみられる傷があったことから、飲酒運転によって事故を起こしたものとみられています。 今回の件では、逮捕直前に一緒に飲酒していたとみられる女性がInstagramで画像を公開したことも、問題視されています。事の重大さがわからず軽い気持ちで公開したようですが、これは場合によっては罪に問われることがあるようです。   ■何人たりとも飲酒運転をする可能性のある人間に酒を勧めてはならない 道路交通法第65条に以下のような条文があります。 第65条 何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。 2 何人も、酒気を帯びている者で、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがあるものに対し、車両等を提供してはならない。 3 何人も、第一項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。 自動車で帰ることをはっきりと認識している状態で、一緒に酒を呑むことは3項に違反していますので、罪に問われる可能性が高いでしょう。 また、飲酒運転した者が事故を起こした場合「業務上過失致死傷罪」、重大事故の場合は...more
カテゴリー:

英テロを強く非難=「残忍で卑劣」-国連安保理 - 05月24日(水)05:38 

 【ニューヨーク時事】国連安保理は23日、英中部マンチェスターのコンサート会場で起きた爆弾テロを「最も強い言葉」で非難する報道機関向け声明を発表した。「残忍で卑劣なテロ攻撃」と批判し、被害者や家族に哀悼の意を表明した。 声明は、テロや過激主義に打ち勝つ努力を強化する必要性を強調。さらに容疑者らの責任追及に向けた英国政府への協力を国連全加盟国に要請した。 【時事通信社】
カテゴリー:

神戸連続殺傷20年で父親が手記 犯罪被害者支援、なお課題 - 05月24日(水)03:11 

1997年の神戸の連続児童殺傷事件で、小学6年土師淳君=当時(11)=が亡くなって24日で20年となるのに合わせ、...
カテゴリー:

土師守さんコメント全文=神戸児童殺傷20年 - 05月24日(水)03:04 

 土師守さんが弁護士を通じて発表したコメントの全文は次の通り。 淳が私たち家族の前から姿を消してから、この5月24日で20年という年月が経過したことになります。20年と聞けば長い年月のように思いますが、過ぎてしまえば、束の間のようにも感じています。 この20年の間に、犯罪被害者を取り巻く環境は大きく変わってきたと思います。20年前の事件当時は、私たち犯罪被害者・遺族には何の権利も支援もありませんでした。 2000年1月に全国犯罪被害者の会(あすの会)が元代表幹事の岡村勲弁護士を中心に設立され、5月からは私も活動に参加致しましたが、あすの会の署名活動等の活動と理解ある国会議員の先生方や一般の方々の支援のもとに、2004年に犯罪被害者等基本法が成立しました。翌年には基本計画が策定され、それ以降多くの法律の改正や新たな施策が施行されてきました。 また自治体においては犯罪被害者支援条例を独自に制定するところが徐々に増えてきている状況になってきました。 このように、基本法成立以降被害者問題を改善しようという機運は続いていたと思いますが、最近の状況はやや異なっているように感じています。 最近の警察庁での検討会の状況等を漏れ伺っていますと、犯罪被害者問題はもうこの程度で良いのではないかという雰囲気が出ているのではないかと勘ぐってしまうようなところがあります。 確かに20年前と比較しますと、被害者...more
カテゴリー:

被害者支援、道半ば 神戸連続殺傷20年に淳君の父訴え - 05月24日(水)03:01 

 1997年に神戸市で起きた連続児童殺傷事件で、土師(はせ)淳君(当時11)が亡くなって、24日で20年。淳君の父の守さん(61)が23日、東京・永田町で開かれた「犯罪被害者の声を国会に届ける院内集会…
カテゴリー:

いま北朝鮮とどう向き合うか 拉致被害の蓮池薫さん語る - 05月23日(火)21:18 

 北朝鮮の核やミサイルをめぐる緊張状態が続く中、韓国では北朝鮮との対話路線を主張する文在寅(ムンジェイン)氏が大統領に就任した。結成20年になる拉致被害者家族会が「年内解決」を求める中、現在の状況をど…
カテゴリー:

もっと見る

「被害者」の画像

もっと見る

「被害者」の動画

Wikipedia

被害者(ひがいしゃ)とは、刑事法学(刑法学、刑事訴訟法学)では、「犯罪により害を被つた者」(刑事訴訟法230条)をいう。

なお、「事件事故等の人災などの被害にあった者」を被害者と呼ぶが、そちらについては被災者を参照。

被害者の権利 親告罪における権利(告訴権)

告訴権とは、犯罪の被害者が、加害者に対する処罰を求める権利である。

犯罪の中には、裁判を行うにあたって被害者の告訴が必要なものがある(親告罪という)。これらの犯罪は、「事件を公にすることで被害者の不利益につながる恐れがあるもの(例:強姦罪)」、「軽微な被害が想定されているもの(例:器物損壊罪)」などがあり、それらについては被害者が自己の都合で加害者に対する処罰を求めるかどうかを決めて良いことになっている。親告罪では、被害者による告訴権の行使が必要である。

親告罪以外についても、被害者は告訴をすることができる(親告罪以外では、告訴がなくても検察が裁...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる