「被害者」とは?

関連ニュース

テレ朝・2夜連続『そして誰もいなくなった』渡瀬恒彦さんの遺作に - 03月24日(金)17:30 

 あす25日・26日の2夜連続、テレビ朝日系で放送されるドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』(両日とも後9:00~)。今月14日に亡くなった俳優・渡瀬恒彦さん(享年72)の遺作となってしまったのは残念で仕方ないが、渡瀬さんを筆頭に、トップクラスの人気を誇る俳優たちの共演により、見応えのある作品に仕上がっている。原作は、1939年に英国で刊行された「ミステリーの女王」アガサ・クリスティの長編推理小説。意外なことに今作が日本初の映像化である。 テレビ朝日系ドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』予告編  絶海の孤島にあるホテルに招待された客がひとり、またひとりと殺されていき、ついには全員が殺され、後日10体の死体が発見される。その10人を、仲間由紀恵、向井理、柳葉敏郎、余貴美子、國村隼、藤真利子、大地真央、橋爪功、津川雅彦、そして渡瀬さんが演じた。  「クローズド・サークルミステリー」(外界から隔てられた“閉鎖空間”で起こる事件や謎を題材にした作品)の代表作といわれる原作は、英国をはじめ世界各国で、舞台や映画・テレビドラマとして上演、上映されてきた。日本でも“それっぽい”オマージュ作品はたくさんあり、原作ファン、アガサファンはもとより、原作を読んだことがなくてもなんとなくストーリーを知っているという人も多いだろう。  日本で映像化の企画が上がっても、実現に至らなかった『...more
in English
カテゴリー:

実力派俳優陣が火花!安部公房が描いた戦後に向き合う「城塞」 - 03月24日(金)16:40 

3人の30代の演出家が昭和30年代に書かれた戯曲に取り組む「かさなる視点―日本戯曲の力―」の第2弾として、上村聡史が安部公房の「城塞」に挑む。開幕まで1か月を切った3月中旬、稽古場に足を運んだ。【チケット情報はこちら】(PC)軍需産業で成り上がった“男”(山西惇)には、“拒絶症”を患う父(辻萬長)がいる。拒絶症とは、ある時から自分の中の時間を止めてしまう病。発作時だけかつてのように正気を取り戻す父に、男は妻(椿真由美)や従僕(たかお鷹)を巻き込み、終戦直後のある一日を再現してみせる。幾度も繰り返されるそんな芝居にうんざりした妻は、父を精神病院に送る計画を立てる。男は妻に代わりストリッパーの女(松岡依都美)を雇い、最後の芝居を打つが……。上村は「“戦後”と対峙したいという思いでいくつかの戯曲を読んだ中で、この作品から“いま”を感じた」と語る。「登場人物たちが、戦争の被害者意識と加害者意識を巧みに、無自覚に使い分けているさまが、すごく利己的であり、どこかで現代と繋がっている気がしました。“忘却”は日本人の特性かもしれないけど、終戦から時間を経て、僕らはどんどん忘れていく。そこでいま一度、この作品を通じて日本を批評したい」とこの戯曲を選んだ意図を明かす。稽古を見ると、上村はとにかく頻繁に芝居を止め、演出席から舞台へと足を運び、立ち位置、動き、セリフのニュアンスまで幾通りも試していく。「俳...more
in English
カテゴリー:

「殺さない自分に」=元名大生、主な法廷発言 - 03月24日(金)15:45 

 名古屋大の元女子学生(21)の法廷での主な発言を集めた。 -今も人を殺すという考えは。 まだ浮かんでくることはあるが、頻度は減ってきた。人を殺さないような自分になりたい。(1月19日被告人質問) -タリウム事件被害者らの話を生で聞いて。 早く反省しないといけないと思うが、心が追いついてこない。反省というのがぴんとこなくてもどかしい。(2月9日被告人質問) -事件の被害者の家族に謝罪したい気持ちは。 どの家族に対してもあるが、仕方が分からない。反省が何かも分からない。(3月7日被告人質問) -殺害された女性の夫は何にショックを受けたと思ったか。 女性がいなくなって生活の不便が出たからと思ったが、女性を失ったことそのものが怒りや悲しみにつながっていると聞き、びっくりした。(同) 自分がやったことの大きさを少しずつ実感している。反省、謝罪、償いも忘れずに、いろいろな人の助けを借りながら一生かけて考えていきたい。(3月10日最終意見陳述)。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

キャサリン妃、テロ翌日もロンドン市内で公務!被害者を追悼 - 03月24日(金)14:35 

ロンドンの国会議事堂とその周辺でテロ事件が発生した翌日、キャサリン妃は予定どおりにロンドン市内で公務を行った。メンタルヘルスの問題を取り上げた映画を集めた上映会に出席したキャサリン妃は、満員の観客を前にスピーチ。「みなさんも私と一緒に、昨日...続きを読む
in English
カテゴリー:

のん、本格時代劇アニメ『鬼平』にゲスト出演「いろんなことに挑戦したい」 - 03月24日(金)14:00 

 女優・のん(本名:能年玲奈)が、テレビ東京ほかで放送中のアニメ『鬼平』(毎週月曜 深2:05※放送局により異なる)の第12話「あきれた奴」(27日深夜)にゲスト出演する。2016年キネマ旬報ベスト・テン第1位を受賞するなど高い評価を受け、いまも公開中の映画『この世界の片隅に』(片渕須直監督)でヒロイン・すず役を演じ、彼女もまた高い評価を受けたが、テレビアニメでの声の出演は初めてとなる。 アニメの“鬼平”ビジュアル  『鬼平』は、池波正太郎の時代小説「鬼平犯科帳」シリーズが原作。江戸を舞台に現代の警察ともいえる「火付盗賊改方」の長である「鬼の平蔵」こと長谷川平蔵が、悪党たちを裁いていく姿を描いたもの。これまでに漫画、実写ドラマ、映画、舞台とさまざまな形で発表されてきたが、アニメ化は今回が初めて。  クリエイティブプロデューサーを務める丸山正雄氏は、『この世界の片隅に』の製作総指揮をとった人物でもあり、「のんちゃんに、何が何でも出てほしいとお願いした感じです(笑)」と冗談めかしていう。「親としては、いろんなことに挑戦してほしいから」と、自ら「親」と言ってしまうほど、のんにベタ惚れだ。  今回、のんが演じるのは、捕らえられた盗賊・又八の妻おたか。親子ともども身投げしようとしたところを火盗改・小柳に救われる。  丸山プロデューサーのラブコールを「すごくうれしかったです。ありがと...more
in English
カテゴリー:

事故加害者への請求せず=国保保険者の市区町村など-検査院 - 03月24日(金)17:03 

 交通事故の負傷者らが国民健康保険(国保)や後期高齢者医療制度で診療を受けた際、保険者の市区町村などが加害者に保険給付額を損害賠償請求する事務が実施されていない例があることが24日、会計検査院の調べで分かった。検査院は厚生労働省に対し、適切な方策の検討などを求めた。 本来は事故被害者らが加害者に直接請求する診療費に関し、国保などでは保険者が被害者らに保険給付した上で、この分の損害賠償請求権を取得。加害者に請求する。 ただ、交通事故では被害者の過失割合の調査や加害者との協議など、専門知識が必要な場合もあるため、保険者は各都道府県にある国民健康保険団体連合会(国保連)に求償事務を委託できる。 しかし、検査院によると、調査対象とした22都道府県の国保連のうち19国保連は不十分な実施体制などを理由に、自動車損害賠償責任保険などの対象にならない加害者らへの直接の求償事務の全部や一部を受託事務の範囲外としていた。この19国保連の管内の143保険者のうち88保険者は、国保連が求償事務を受託しなかった案件の9割超で自ら求償をしていなかった。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

日本の高校教科書で独島記述増加 韓国政府が強く抗議 - 03月24日(金)16:01 

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部は24日、日本で2018年度から使用する高校2年生の社会科教科書の約80%に独島を「わが国固有の領土」などと主張する記述が盛り込まれたことについて、「日本政府がわが固有の領土である独島に対する不当な主張を含め、歪曲(わいきょく)した歴史認識を盛り込んだ高校の教科書の検定を再び通過させたことに強く抗議し、速やかな是正を求める」とする報道官声明を発表した。  声明は「日本政府は誤った歴史観の最大の被害者は日本の未来世代であることを自覚し、歴史を直視する中、未来世代の教育で責
in English
カテゴリー:

アデル、コンサートで海外からテロ被害者を追悼し熱唱 - 03月24日(金)14:53 

英国人シンガーのアデルが、ニュージーランドで行われていたコンサートで、ロンドンのウエストミンスターでテロ事件が発生した3月22日の夜、被害者を追悼して熱唱した。「今日、私の故郷ロンドンでテロ攻撃が発生しました。私は地球の反対側にいますが、ロ...続きを読む
in English
カテゴリー:

日本平和団体が釜山の少女像訪問 慰安婦問題で謝罪促す - 03月24日(金)14:26 

【釜山聯合ニュース】日本の平和団体「日本平和委員会」のメンバー20人余りが23日午後、韓国市民団体が釜山の日本総領事館前に設置した旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像の元を訪れ、慰安婦問題に対する「まっとうな謝罪と賠償」を日本政府に促した。
in English
カテゴリー:

福山雅治×役所広司、初共演作の公開日決定! - 03月24日(金)12:00 

福山雅治と役所広司が初共演し法廷バトルを繰り広げる是枝裕和監督の最新作『三度目の殺人』の公開日が9月9日(土)に決定した。 第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞、2013年に全国公開し、国内興行成績32億円の大ヒットを記録した『そして父になる』から是枝監督と2度目のタッグとなる主演の福山演じる弁護士・重盛に対峙する殺人犯・三隅を、是枝組初参加の名優・役所が演じることが大きな話題となり、2人の初共演にますます注目が集まる本作。 また、第2弾キャストとして、物語の鍵を握る少女で被害者の娘役に、『海街diary』以来、是枝作品2作品目の出演となる広瀬すず、被害者の妻役に斉藤由貴、重盛と事件解明に奔走する司法修習の同期弁護士に吉田鋼太郎、重盛の事務所に所属する若手弁護士に満島真之介、重盛の弁護士事務所の事務員に松岡依都美、本事件の担当検察官に市川実日子、重盛の父親役で、30年前に三隅が関わった事件の裁判長だった橋爪功と、日本映画界を代表する名優たちが本作を彩る。 1月17日に北海道にてクランクインした本作は、3月に無事クランクアップ。是枝監督が近年描いてきたホームドラマとは一転、かねてより挑戦したいと考えていたという法廷心理ドラマはどのような仕上がりとなるのか注目だ。 【関連リンク】 福山雅治×役所広司、初共演で壮絶法廷バトル! キンタロー。、ウェディングドレス着てもブスはブ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「被害者」の画像

もっと見る

「被害者」の動画

Wikipedia

被害者(ひがいしゃ)とは、刑事法学(刑法学、刑事訴訟法学)では、「犯罪により害を被つた者」(刑事訴訟法230条)をいう。

なお、「事件事故等の人災などの被害にあった者」を被害者と呼ぶが、そちらについては被災者を参照。

被害者の権利 親告罪における権利(告訴権)

告訴権とは、犯罪の被害者が、加害者に対する処罰を求める権利である。

犯罪の中には、裁判を行うにあたって被害者の告訴が必要なものがある(親告罪という)。これらの犯罪は、「事件を公にすることで被害者の不利益につながる恐れがあるもの(例:強姦罪)」、「軽微な被害が想定されているもの(例:器物損壊罪)」などがあり、それらについては被害者が自己の都合で加害者に対する処罰を求めるかどうかを決めて良いことになっている。親告罪では、被害者による告訴権の行使が必要である。

親告罪以外についても、被害者は告訴をすることができる(親告罪以外では、告訴がなくても検察が裁...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる