「衝突事故」とは?

関連ニュース

車載カメラは「立体画が苦手」 距離を錯覚、悪用し衝突事故につながる恐れ - 04月23日(月)16:11 

 自動車に搭載されている距離測定用のカメラが、立体的に見える特殊な画像で「錯覚」を起こす可能性のあることが横浜国立大の研究で分かった。悪用されると衝突事故につながる恐れがあり、自動運転車などの新たなリスクとして対策を考える必要がありそうだ。
カテゴリー:

【国土交通省】ビデオ公開…衝突被害軽減ブレーキは事故を回避できない - 04月23日(月)11:41  newsplus

国土交通省は、自動ブレーキの機能を過信して事故が発生するのを防ぐため、衝突被害軽減ブレーキでも衝突を回避できない場合があることを理解してもらうための啓発ビデオをウェブサイトに公開した。 衝突被害軽減ブレーキの普及が進んでいるが、装置が正常に作動していても、滑りやすい濡れた路面など、走行時の周囲の環境によっては障害物を正しく認識できないことや、衝突を回避できないケースがあり、実際に衝突被害軽減ブレーキを過信したことによる衝突事故も発生している。 これを受けて国土交通省では、衝突被害軽減ブレーキ...
»続きを読む
カテゴリー:

中央道が「中央高速道路」から「中央自動車道」に格下げになったのはなぜ? - 04月21日(土)08:52 

◆~不定期連載「あの日、あの道、そしていま」~  ユーミンの名曲『中央フリーウェイ』で知られる中央自動車道は、難産の末生まれ、現在も難題を抱えつつ、最初の開通(1967年の調布-八王子間)から50周年を迎えた。  中央道が難産になったのは、最初に計画された東京-名古屋間を結ぶ高速道路のルートが、東名ではなく中央道だったからだ。正確には、建設が始まったリニア新幹線同様、南アルプスをトンネルでブチ抜いて最短距離を結ぶ予定だった。  が、現在の東名ルートを推す意見も強く、中央道派と激しい論争になった末敗れ、南アルプスを貫く長大トンネルも技術的に困難ということで断念。現在の諏訪回りに変更された。その混乱により、全線開通は1982年と、東名の全線開通の13年遅れとなってしまった。  しかも部分開通当初は、八王子以西は暫定2車線の対面通行で、追い越しも可であったことから正面衝突事故が多発。その結果、当初は通称名が「中央高速道路」だったのが、高速道路の名前が外れ、「中央自動車道」に格下げ(?)された。  実は日本の高速道路で、通称名に「高速道路」が付くのは東名と名神だけ。他はほぼすべて「自動車道」なのは、中央道が先駆けだ。ちなみに新東名・新名神は、後から完成した路線の中で唯一「高速道路」を名乗っている。  私が免許を取ったのは1980年。その当時はすでに八王子-大月間は4車線化されて...more
カテゴリー:

藤岡弘、さん運転の車 タクシーと衝突事故 4/19 15:10更新 - 04月19日(木)15:10 

18日、東京・世田谷区で、俳優の藤岡弘、さんが車を運転中に、タクシーと衝突する事故を起こしていたことが分かった。
カテゴリー:

役者バカがタクシーに衝突事故 - 04月19日(木)13:59  news

俳優の藤岡弘、さん運転の車、タクシーと衝突事故 警視庁 4/19(木) 12:44配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000543-san-soci  東京都世田谷区成城の路上で、俳優の藤岡弘、さん(72)が乗用車を運転中にタクシーと衝突事故を起こしていたことが19日、警視庁成城署への取材で分かった。藤岡さんにけがはなく、タクシーの運転手の男性が首を捻挫する軽傷を負った。同署が詳しい事故原因を調べている。  同署によると、18日午前7時45分ごろ、藤岡さんの車両が一時停止後に信号のない交差点に進入。...
»続きを読む
カテゴリー:

【レンタカー】本物?ニセモノ? 謎の「国際免許(フィリピン発行)」を持つ中国人観光客の運転が危ない - 04月23日(月)15:30  newsplus

関西の観光地などで横行する違法な「中国式白タク」。警察が取り締まりを強化する中で、中国人観光客の間では新たな移動手段として、レンタカーが人気を集めています。国際免許証があれば、外国人でも気軽に利用できるとあって、利用者が急増。しかし、そのレンタカーをめぐって「ある違法行為が繰り返されている」との情報が取材班に寄せられました。 . ■謎の「国際免許証」  関西空港にあるレンタカー会社のカウンターに、車を借りようとしている中国人男性の姿がありました。男性は妻と幼い子ども2人とともに、中国の東北部にあ...
»続きを読む
カテゴリー:

【千葉】「前日の飲酒後寝たのに」酒気帯び運転の疑いで出勤途中の男逮捕 - 04月23日(月)10:43  newsplus

 22日朝、千葉県鴨川市で酒気帯び運転をした疑いで出勤途中の男が逮捕されました。前日の夜に飲酒した後、午前0時すぎに寝たということですが、基準値以上のアルコールが残っていました。  自称会社員・川名健治容疑者(68)は午前7時50分ごろ、鴨川市での路上で酒気帯びの状態で車を運転したとして現行犯逮捕されました。警察によりますと、川名容疑者は通勤途中で他の車と衝突事故を起こしていました。駆け付けた警察官が酒のにおいがしたため川名容疑者の呼気を調べたところ、基準値以上のアルコールが検出されたということです。...
»続きを読む
カテゴリー:

シチュエーション・スリラー『インサイド』、音がなくなる予告編解禁 - 04月19日(木)18:00 

 音のない世界で正体不明の女に襲われるエクストリーム・シチュエーション・スリラー『インサイド』が、7月13日に全国公開されることが決定。併せて緊迫感に満ちたビジュアルと音がなくなる予告編が解禁された。【写真】「レイチェル・ニコルズ」フォトギャラリー 本作は、幸せ絶頂の夫婦を襲った不運な車の衝突事故から物語がはじまる。夫は帰らぬ人となり、妻サラには補聴器が必要となる耳の障害が残った。一緒に生き残ったお腹の子の誕生だけを心の支えに暮らしているサラだったが、ある晩、見知らぬ女が家に侵入し、彼女を殺そうと襲いかかってくる。逃げ惑うなか、陣痛が始まりサラは窮地に追い込まれる…。 解禁された予告編は、包丁を手に突如侵入してきた女から逃げ惑うサラの補聴器が壊れた瞬間、音声が耳鳴りと心音だけになるという斬新な構成。補聴器が壊れ音のない世界で、正体と目的が不明の女に襲われる紙一重の緊張感と恐怖が伝わる仕上がりとなっている。また、ポスタービジュアルも、子供を宿したお腹に手をやるサラと、その背後で今にも襲いかかろうと狂気に満ちた女が描かれた緊迫感に満ちた構図となっている。 主人公のサラを演じるのは地下駐車場を舞台にしたスリラー『P2』のレイチェル・ニコルズ。執拗にサラを殺そうと迫りくる正体不明の女をデヴィッド・リンチ監督作『マルホランド・ドライブ』のローラ・ハリングが怪演。『スペイン一家監禁事件』のミゲ...more
カテゴリー:

藤岡弘、さん 交差点でタクシーと衝突事故 - 04月19日(木)14:15 

 俳優の藤岡弘、さんが乗用車を運転中に東京・世田谷区の交差点で、タクシーと衝突事故を起こしていたことがわかりました。
カテゴリー:

俳優の藤岡弘さんが衝突事故 相手のタクシー運転手は軽傷 - 04月19日(木)13:18 

俳優の藤岡弘さん(72)が18日に東京都世田谷区で乗用車を運転中に衝突事故を起こしていたことが19日、警視庁成城署...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

もっと見る

「衝突事故」の画像

もっと見る

「衝突事故」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる