「衛星画像」とは?

関連ニュース

ミサイル基地で建設活動=北朝鮮 - 05月19日(金)07:42 

 【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は18日、北朝鮮北西部・東倉里のミサイル基地「西海衛星発射場」の最新の人工衛星画像を公開した。新しい道路や観測施設が建設され、発射台付近では掘削が行われていることが分かった。ただ、新たなエンジン燃焼試験やミサイル発射実験の明確な兆候はないという。画像が撮影されたのは4月22日。 発射場では過去数カ月間、新たな道路の建設が続いている。 【時事通信社】
カテゴリー:

北朝鮮核施設、屋根が迷彩色に=上空からの監視妨害か-米研究所 - 05月11日(木)10:08 

 【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は10日、北朝鮮北東部・豊渓里の核実験場を撮影した最新の人工衛星画像で、司令センターの建物3棟のうち2棟の屋根が、迷彩色に塗り直されていることが分かったと明らかにした。 画像は2日と3日に撮影された。重要人物訪問時の宿舎に使われていたとみられる残りの1棟の屋根は青みがかった色のままだが、周囲の森と見分けがつきにくくなる塗装が施されていた。 同研究所は「上空から認識されづらくし、空爆の際に標的となるのを防ぐのが目的ではないか」と分析。「北朝鮮当局が監視に敏感になっていることを示している」と解説した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【大学】「旧7帝大」という言葉が使われなくなる!「指定国立大」が確固たるブランドに★4 - 05月06日(土)14:53 

世界最高水準の研究・教育・社会連携を実現する文部科学省の「指定国立大学法人」制度で、指定を目指して東京大学や京都大学など7大学が応募した。 どこが選ばれ、指定によって可能になる規制緩和を活用し、改革をどう進めるのか―。各大学の戦略は秘中の秘だが、ポイントの一つは産学連携といわれる。 応募大学の最新事例から、世界トップクラスの大学と社会のこれからのつながりを推し量る。 ■高いハードル、北大も九大も断念  今夏に数大学が決まる指定国立大に選ばれれば、その狭き門を通った大学のブランド価値は確固たるも...
»続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮「衛星画像で核実験場だと言ってるが、あれはバレーボール場。みんなでバレーボールしよう」 - 05月03日(水)12:55 

核実験場で再びバレーボール 欺きと活発化宣伝か(2017/05/03 10:30) http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000099920.html 画像 北朝鮮の核実験場の衛星画像にバレーボールをしている人の姿が再び写り、 アメリカの研究グループは、衛星を使って監視している側を「欺こうとしている」と分析しました。 北朝鮮研究グループ「38ノース」は、先月25日に撮影された北朝鮮の北東部・豊渓里(プンゲリ)にある 核実験場の画像を公開しました。38ノースによりますと、坑道の近くでは水がくみ上げられた跡が見つ...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】日本が資金提供のシリア発電所、化学兵器による空爆の拠点に給電か 人道支援、使途に危うさ - 04月24日(月)11:40 

シリアのアサド政権軍が今月、化学兵器による空爆の拠点にしたとされる中部ホムス県のシャイラト空軍基地に、 日本政府が整備資金を提供中の火力発電所が電力を供給していた可能性があることが、西日本新聞の取材で分かった。 空爆では猛毒サリンが使われたとみられ、子どもを含め少なくとも87人が死亡。米軍が巡航ミサイルでこの基地を攻撃した。 政府は「人道目的」として発電所を支援しているが、虐殺や国際紛争に間接的に関与している恐れが出てきた。 政府が資金提供をしているのは「ジャンダール火力発電所」。シャイラト...
»続きを読む
カテゴリー:

KDDI∞Labo第11期デモデイ開催――ハイテク聴診器のAMIが優勝 - 05月18日(木)22:02 

KDDIが手がけるスタートアップ・エンジニア向けアクセラレータプログラム「KDDI∞Labo」。通算第11期を数えるこのプログラムのデモデイが、5月18日に開催された。 本デモデイでは、第11期プログラムに採択された4チーム、第10期から継続して活動中の4チーム、そしてKDDIが全国で展開するピッチ大会「KDDI MeetUP!」から選抜された3チームの合計11社がプレゼンテーションを行った。その様子をお伝えしよう。 第11期チーム 1.AMI AMI代表の小川晋平氏 AMIが開発する医療デバイスの「超聴診器」は、従来の聴診器に自動診断アシスト機能などを加えたハイスペック聴診器だ。AMI代表の小川晋平氏は「200年前にフランスで開発された聴診器は、その後ほとんど進歩していない」と話す。 超聴診器の特徴は大きく3つある。1つ目は、音の解析に心筋活動電位の発生タイミングと聴診音を合成して精度の高い解析を可能にした”自動診断アシスト機能”。震災地などでの利用も可能なように小型化された”携帯性”。そして、遠隔地の医師も接触を感知できる機能などを追加した”遠隔医療への対応”だ。 2.TeNKYU TeNKYU代表の管英規氏 TeNKYUは、インターネットから得た情報をユーザーに光で伝える電球型IoTデバイス。本体には人感...more
カテゴリー:

【大学】「旧7帝大」という言葉が使われなくなる!「指定国立大」が確固たるブランドに★5 - 05月08日(月)07:03 

世界最高水準の研究・教育・社会連携を実現する文部科学省の「指定国立大学法人」制度で、指定を目指して東京大学や京都大学など7大学が応募した。 どこが選ばれ、指定によって可能になる規制緩和を活用し、改革をどう進めるのか―。各大学の戦略は秘中の秘だが、ポイントの一つは産学連携といわれる。 応募大学の最新事例から、世界トップクラスの大学と社会のこれからのつながりを推し量る。 ■高いハードル、北大も九大も断念  今夏に数大学が決まる指定国立大に選ばれれば、その狭き門を通った大学のブランド価値は確固たるも...
»続きを読む
カテゴリー:

【大学】「旧7帝大」という言葉が使われなくなる!「指定国立大」が確固たるブランドに★3 - 05月05日(金)21:38 

世界最高水準の研究・教育・社会連携を実現する文部科学省の「指定国立大学法人」制度で、指定を目指して東京大学や京都大学など7大学が応募した。 どこが選ばれ、指定によって可能になる規制緩和を活用し、改革をどう進めるのか―。各大学の戦略は秘中の秘だが、ポイントの一つは産学連携といわれる。 応募大学の最新事例から、世界トップクラスの大学と社会のこれからのつながりを推し量る。 ■高いハードル、北大も九大も断念  今夏に数大学が決まる指定国立大に選ばれれば、その狭き門を通った大学のブランド価値は確固たるも...
»続きを読む
カテゴリー:

【歴史】国土地理院、戦前に撮影した東京23区の航空写真を公開 写真519枚をつなぎあわせる - 04月28日(金)19:20 

国土地理院は28日、戦前に撮影した東京23区の航空写真519枚をつなぎあわせ、 同院のウェブサイトで公開した。 この広さの戦前の航空写真が見られるのは、国内では例がないという。 公開を始めたのは、1936年ごろに撮影された世田谷区の一部を除く23区の航空写真。 これまでは1枚ずつ公開していたが、ずれがないようにつなぎ合わせ、広域的に見られるようにした。 現在の同じ場所の写真とも比較でき、JR東京駅東側の道路が当時は皇居の外堀として残っていたことが分かる。 同院情報サービス課によると、戦前の航...
»続きを読む
カテゴリー:

「衛星画像」の画像

もっと見る

「衛星画像」の動画

Wikipedia

衛星画像(えいせいがぞう)とは、地球観測衛星に搭載されるセンサの観測データを画像化したものである。

なお、観測データの画像化には地球自転による誤差を補正する必要があり、画像に利用する光(電磁波)の波長帯(バンド)によって種類がある。インターネットの衛星画像配信では、広域にナチュナルカラー合成画像を使用し、詳細部にトゥルーカラー合成画像を使用する傾向がある。

カラー合成の種類 トゥルーカラー合成

可視域のバンドを用いて画像化したもの。ディスプレイのRGBに対し,R:可視赤色域,G:可視緑色域,B:可視青色域の割り当てを行うカラー合成。

空気の層が写りこみ画像が青っぽくなるものもあるが、衛星を傾けずに真上から観測すると航空写真の色合いに近くなる。

可視域の3バンドをレベル補正して画像化する手順はデジタルカメラRAW画像現像に似ている。ただし、可視域のセンサは反射光を利用しているため、雲の反射率の高さを考慮する必要がある。 赤外カラー合成

可視域と近赤外域のバンドを用い...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる