「衛星画像」とは?

関連ニュース

政府、民間に衛星画像を無料提供 宇宙ビジネス育成後押し - 05月21日(月)05:00 

 政府は、保有する観測衛星の画像データなどを民間企業に無料提供するシステムを整備する。宇宙から撮影したデータを農作物の生育管理やマーケティングなど商業目的で活用することを促す。海外に比べ出遅れている宇宙関連ビジネスの育成を後押しする狙いだ。
カテゴリー:

北朝鮮、核実験場の廃棄に着手か 分析サイトが衛星画像分析 - 05月16日(水)14:19 

北朝鮮が同国北部の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場について、廃棄作業に着手した可能性が出てきたことが16日までにわかった。北朝鮮分析サイトの「38ノース」が人工衛星の画像を分析した。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長はこれより前、豊渓里の核実験場を閉鎖する考えを明らかにしていた。 38ノースによると、5月7日に撮影された画像を分析したところ、一部の建物が破壊されていたほか、トンネ...
カテゴリー:

北朝鮮、23~25日に核実験場廃棄 - 05月13日(日)09:28 

北朝鮮外務省は12日、北部の核実験場を廃棄する式典を23~25日の間に、気象条件を考慮して行うと発表した。写真は豊渓里にある核実験場の衛星画像=2017年10月30日撮影、エアバスDS・38ノース提供
カテゴリー:

【北朝鮮】核実験場は「健在」 使用不能の観測否定-米研究所 - 05月01日(火)11:11  newsplus

【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は30日、北朝鮮北東部にある豊渓里核実験場について、「いまだ地下核実験を実施できる状態にある」とする分析を発表した。同実験場をめぐっては、昨年の核実験の影響で一部が崩落し、使用不能になったとの観測が流れていた。 米韓研究所が入手した地形データによると、北朝鮮が昨年9月に6回目の核実験を実施した北側坑道付近の山肌は、土砂崩れや崩落などで大きく「変形」していた。ただ、西側、南側両坑道付近の山には異変は見られなかった。 今...
»続きを読む
カテゴリー:

西表島周辺のサンゴ激減=08年比、大規模白化が影響-環境省 - 05月17日(木)18:15 

 環境省は17日、沖縄県の石垣島と西表島周辺の海域に生息するサンゴが、2008年と比べ大きく減ったとする調査結果を発表した。特に西表島周辺では、サンゴで50%以上が覆われている海底の面積が、97ヘクタールから2ヘクタールと約98%減少。同省は「16年夏に発生した大規模な白化の影響が考えられる」と分析している。 同省は16年10月から18年1月にかけ、衛星画像の分析や現地調査を実施。石垣島周辺ではサンゴの密度が50%以上の海底が64ヘクタール(08年は57ヘクタール)と大きな回復が見られず、5~50%の海底も452ヘクタールと、08年の879ヘクタールからほぼ半減した。 【時事通信社】
カテゴリー:

北朝鮮、核実験場閉鎖へ着々=建物解体、線路も撤去-米分析サイト - 05月15日(火)07:59 

 【ワシントン時事】米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は14日、北朝鮮が北東部にある豊渓里核実験場の閉鎖に向け、着々と準備を進めているとの分析を発表した。北朝鮮外務省は23~25日の間に外国メディアを同実験場に招いて廃棄式典を行うと表明しており、その意思が行動で裏付けられた形だ。 7日に撮影された衛星画像によると、北朝鮮が昨年9月に6回目の核実験を実施した北側坑道付近では、エンジニア用とみられる建物のほか、複数の建造物が取り壊された。西側坑道や南側坑道付近でも建物が解体され、採掘用トロッコの線路が撤去された。先月20日撮影の画像では、こうした建造物は残っていたという。 指令本部とみられる大きな建造物はいまだ健在で、坑道の入り口がふさがれた形跡もない。ただ、38ノースは「核実験場の廃棄が進められているという初めての決定的証拠だ」と説明した。 【時事通信社】
カテゴリー:

フィリピン政府、衛星画像で公共事業を監視 進捗状況追跡 - 05月11日(金)05:58 

フィリピン政府は、衛星画像やジオタグ(位置情報)機能といった最新技術を活用し、大型公共事業の進捗(しんちょく)状況を追跡すると発表した。プロジェクトの迅速化とコ…
カテゴリー:

「衛星画像」の画像

もっと見る

「衛星画像」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる