「衛星画像」とは?

関連ニュース

Google Earthが秘境探検ツアーとそれらのレッスンプランを加えて教育指向に大変身 - 06月27日(火)13:08 

4月にGoogleは、Google Earthの機能や画像を一新した。機能面では地図や衛星画像を使ってこの惑星を視覚化するにとどまらず、ユーザーが世界各地を探検して学ぶことができるようになった。そして今日(米国時間6/26)は、Google Earthの教材向け機能が新たに拡充された。 その新しい機能は総称的にVoyagerと呼ばれ、いろんな科学者や非営利団体、ストーリー作者、企業団体などによるガイド付きツアーを体験できる。それらのツアーは、一つまたは複数の地域を探検し、写真や360度ビデオ、Google Mapsのストリートビューなどを使ってお話を構成する。今日のローンチの時点で、BBC Earth, Jane Goodall, Sesame Street, NASAなどが作ったツアーが提供される。 今日のISTE(International Society for Technology in Education)のカンファレンスでGoogleは、近く教材を意識した新しいストーリーを10本提供する、と発表した。これらの制作パートナーは、National Geographic Society, PBS Education, HHMI Biointeractive, Mission Blueなどだ。 Googleによると、これらのストーリーを加えたGoogle Earthで、児童生...more
カテゴリー:

ミサイル基地に新施設建設か=北朝鮮 - 06月17日(土)05:53 

 【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は16日、北朝鮮北西部・東倉里のミサイル基地「西海衛星発射場」の最新の人工衛星画像を公開し、発射台の南側の空き地で新たな施設の建設とみられる作業が行われていると指摘した。画像は10日に撮影された。 空き地では2014年から掘削作業が行われていたが15年半ばに中断。今年に入って再開していた。画像では基礎工事のためとみられる掘削作業が確認された。米韓研究所は「施設の建設目的は不明だが、発射台に近いことから発射実験の支援に関連しているとみられる」と分析している。 【時事通信社】
カテゴリー:

人工衛星が南極の古代ピラミッドからのマイクロ波放射を観測 - 06月19日(月)04:23 

南極からまた「謎のマイクロ波」が放射されたことが衛星画像で発覚! 人工地震を引き起こす恐れ、発信源は南極ピラミッド ? あらゆるミステリーが眠る「南極大陸」から、またしても驚きのニュースが舞い込んできた。 なんと、とある南極基地から原因不明のマイクロ波が放射されていることが判明したというのだ! 「人工地震を誘発しているのではないか?」とも指摘され、ネット上で大きな話題となっている。 ■南極から「謎のマイクロ波」が放射されていた!  4月2日、超常現象研究ブログ「Underground World News」が、米ウ...
»続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮核施設、待機状態続く=衛星画像で大きな動きなし-米研究所 - 06月14日(水)07:09 

 【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は13日、北朝鮮北東部・豊渓里の核実験場を撮影した最新の人工衛星画像に基づき、新たな核実験に向けた「待機状態」が継続していると分析した。 10日撮影の画像によると、核実験の準備が進んでいるとみられる北側坑道では、坑道から水流があり、技術棟付近にトロッコ2台が置かれている以外、新たな活動は確認されていない。管理区画でも、人や車両の明確な動きはない。 一部メディアの「核実験場での動きが緊迫してきた」という報道について、同研究所は「衛星画像を分析する限り、通常と異なる観察可能な活動は見られない」と主張した。ただ、待機状態に入ったと考えられる4月半ばまでの動きを踏まえ、「北朝鮮指導部が決断を下せば、いつでも新たな実験が可能」な状態に変わりはないとも指摘した。 【時事通信社】
カテゴリー:

「衛星画像」の画像

もっと見る

「衛星画像」の動画

Wikipedia

衛星画像(えいせいがぞう)とは、地球観測衛星に搭載されるセンサの観測データを画像化したものである。

なお、観測データの画像化には地球自転による誤差を補正する必要があり、画像に利用する光(電磁波)の波長帯(バンド)によって種類がある。インターネットの衛星画像配信では、広域にナチュナルカラー合成画像を使用し、詳細部にトゥルーカラー合成画像を使用する傾向がある。

カラー合成の種類 トゥルーカラー合成

可視域のバンドを用いて画像化したもの。ディスプレイのRGBに対し,R:可視赤色域,G:可視緑色域,B:可視青色域の割り当てを行うカラー合成。

空気の層が写りこみ画像が青っぽくなるものもあるが、衛星を傾けずに真上から観測すると航空写真の色合いに近くなる。

可視域の3バンドをレベル補正して画像化する手順はデジタルカメラRAW画像現像に似ている。ただし、可視域のセンサは反射光を利用しているため、雲の反射率の高さを考慮する必要がある。 赤外カラー合成

可視域と近赤外域のバンドを用い...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる