「衛星画像」とは?

関連ニュース

スカパーJSAT、衛星画像を活用したデータ分析技術(ITpro EXPO 2017速報) - 10月13日(金)18:32 

 通信衛星事業を手掛けるスカパーJSATは2017年10月13日まで東京ビッグサイトで開催された「ITpro EXPO 2017」に出展。同社が日本で提供を検討する衛星画像を使ったデータ分析技術を紹介した。
カテゴリー:

Mark ZuckerbergがVRのアバターになってFacebookのプエルトリコ救難活動を説明 - 10月10日(火)09:52 

FacebookのCEO Mark Zuckerbergが今日(米国時間10/9)、同社がアメリカの赤十字と協働してプエルトリコの災害救助に取り組み、とくに人工知能と衛星画像を利用して、援助を届けるべき地域を同定している、と発表した。 Zuckerbergは曰く、“人工知能を利用して‘人口地図’というものを作り、それを参照しながら衛星画像を見ると、各地の人口密度とその地域のインフラの被害状況が分かる。それにより赤十字は、救助を必要としている人びとの所在が分かる”。 この発表が一風変わっているのは、それが、Ocluls Riftのヘッドセットを利用する同社の仮想現実アプリSpacesから、Mark Zuckerbergの漫画のアバターが語る、という形で行われたことだ。 今週はOculusのデベロッパーカンファレンスが行われるので、まったく突飛な試みとは言えないが、NPRが製作した360度ビデオがプエルトリコの状況を映す中で、現地の人びとが家の被害状況を調べて歩いている映像を背景とする、漫画のアバターの登場は、あまり適切とは思えない。 しかしともかくZuckerbergは、Facebookを利用して友だちに安否を伝えるSafety Check so機能や、現地の人びとが救援組織を作るためのCommunity Help機能などを紹介した。...more
カテゴリー:

【北朝鮮】SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射台で作業確認、目的は不明=南浦の海軍造船所 - 09月29日(金)12:15  newsplus

【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は28日、北朝鮮西部・南浦の海軍造船所にある潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験用の発射台で、何らかの作業が行われていると発表した。 21日に撮影された衛星画像では、発射台の一部が防水シートのようなもので覆われ、クレーンを使った作業が行われている様子が確認された。発射実験の準備なのか、発射台の改造ないし解体が目的なのかは不明という。 北朝鮮西部・南浦の海軍造船所にある潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験用の発射台...
»続きを読む
カテゴリー:

SLBM発射台で動きなし=米研究所 - 10月12日(木)07:32 

 【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は11日、北朝鮮東部・新浦造船所の最新の衛星画像を公表し、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験用の発射台について「新たな動きはない」と指摘。発射実験は差し迫っていないと分析した。画像は9月21日撮影。 一方、停泊中のSLBM搭載可能な新浦級潜水艦を覆っていたネットが取られていたことが分かった。8月7日撮影の衛星画像では潜水艦はネットで覆われていた。潜水艦での何らかの作業が終わったとみられるという。 【時事通信社】
カテゴリー:

【速報】 北朝鮮、潜水艦発射弾道ミサイル発射台で動き、マジで太平洋で水爆実験か - 09月29日(金)13:06  news

米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は28日、北朝鮮西部・南浦の海軍造船所にある潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験用の発射台で、何らかの作業が行われていると発表した。  21日に撮影された衛星画像では、発射台の一部が防水シートのようなもので覆われ、クレーンを使った作業が行われている様子が確認された。 発射実験の準備なのか、発射台の改造ないし解体が目的なのかは不明という。 https://www.jiji.com/sp/article?k=2017092900266&g=prk ...
»続きを読む
カテゴリー:

「衛星画像」の画像

もっと見る

「衛星画像」の動画

Wikipedia

衛星画像(えいせいがぞう)とは、地球観測衛星に搭載されるセンサの観測データを画像化したものである。

なお、観測データの画像化には地球自転による誤差を補正する必要があり、画像に利用する光(電磁波)の波長帯(バンド)によって種類がある。インターネットの衛星画像配信では、広域にナチュナルカラー合成画像を使用し、詳細部にトゥルーカラー合成画像を使用する傾向がある。

カラー合成の種類 トゥルーカラー合成

可視域のバンドを用いて画像化したもの。ディスプレイのRGBに対し,R:可視赤色域,G:可視緑色域,B:可視青色域の割り当てを行うカラー合成。

空気の層が写りこみ画像が青っぽくなるものもあるが、衛星を傾けずに真上から観測すると航空写真の色合いに近くなる。

可視域の3バンドをレベル補正して画像化する手順はデジタルカメラRAW画像現像に似ている。ただし、可視域のセンサは反射光を利用しているため、雲の反射率の高さを考慮する必要がある。 赤外カラー合成

可視域と近赤外域のバンドを用い...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる