「行政処分」とは?

関連ニュース

外国為替及び外国貿易法に基づく行政処分を行いました - 04月24日(火)15:26 

経済産業省は、朱 柏橋(ジュ バイチャオ)による外国為替及び外国貿易法違反事件に関し、同法第53条第1項に基づき、朱柏橋に対し、輸出禁止3か月の行政処分を行いました。
カテゴリー:

静岡の工場に労働者供給 派遣業者を行政処分 大阪労働局 - 04月24日(火)05:01 

実態は二重派遣、偽装請負   大阪労働局(田畑一雄局長)は1年半近くに渡り二重派遣による労働者供給事業と偽装請負を行ったとして、労働者派遣事業許可事業主の㈱キャリアシップ(大阪府大阪市淀川区、入山洋和代表取締役)に2カ月の事業停止と事業改善を命令した。労働者供給は静岡県内の工場に対して行われており、同労働局と静岡労働局(高森洋志局長)の合同調査で違反の実態が明らかになった。……[続きを読む]
カテゴリー:

【KDDI】WiMAXの無制限プラン…実は制限ありで訴訟 UQに「2万円」の賠償命令 - 04月22日(日)21:50  newsplus

UQ「ギガ放題」広告で賠償命令 04月19日 20時16分 「データ量制限なし」、「速さもデータ量もギガヤバだ!」などの広告をもとにインターネットの通信サービスを契約したのに、実際には速度制限があったのは不当だとして利用者が通信会社などを訴えた裁判の2審で、東京高等裁判所は1審とは逆に会社側に慰謝料などの支払いを命じました。 千葉県内に住む男性は、3年前、東京の通信会社、「UQコミュニケーションズ」が提供しているインターネットの無線データ通信サービスで「ギガ放題」というプランを契約しました。 この際、...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】ネット通信サービス「ギガ放題」、UQに賠償命じる逆転判決 広告とは異なり実際には速度制限 - 04月20日(金)05:12  newsplus

インターネットの通信サービスで「ギガ放題」というプランを契約した男性が広告とは異なり、 実際には速度制限があったとして通信会社などを訴えた裁判で、 東京高等裁判所は1審とは逆に会社側に対し賠償を命じる判決を言い渡しました。 千葉県内に住む男性は3年前、東京の通信会社、 「UQコミュニケーションズ」が提供しているインターネットの無線データ通信サービスで「ギガ放題」というプランを契約しました。 この際、広告では「データ量制限なし」「速さもデータ量もギガヤバだ!」などと、 通信量が増えても通信速度...
»続きを読む
カテゴリー:

過労関係の処分強化 自動車運送向け通達改正 国交省 - 04月16日(月)08:11 

 国土交通省は、過労防止関連項目に違反したトラック・タクシーなど自動車運送事業者に対する行政処分を強化する。関係通達を改正し、1カ月の拘束時間や休日労働の限度などを定めた乗務時間等告示の遵守違反や健康診断未受診、社会保険未加入に対する車両停止などの処分量定を大幅に引き上げる。施行日は今年7月1日。 自動車運送事業者の運転者は、全職業平均と比較して労働時間が1~2割長く過労死の認定件数も職種別で最も……[続きを読む]
カテゴリー:

仮想通貨交換業者、団体を統一 自主ルール作成へ - 04月24日(火)08:16 

 金融庁に登録する仮想通貨交換業者が加盟する業界団体が23日、発足した。コインチェックの不正流出問題をきっかけに他の業者の態勢不備も露呈し、行政処分を受けるケースが続出。業界としても自主規制に取り組み…
カテゴリー:

「日本仮想通貨交換業協会」が正式発足、ルール整備で信頼回復を目指す - 04月23日(月)22:13 

この日開催した記者発表会には、仮想通貨交換業の登録を受けた16社のうちテックビューロを除く15社の代表が集まった。記者会見の質疑のほとんどは奥山会長が答え、技術的な内容の一部を加納副会長が補足した 2018年4月23日、金融庁から仮想通貨交換業の登録を受けた16社が集まり一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会を設立した。業界団体として仮想通貨の取り扱いに関する各種ルールを整備し、金融庁から自主規制団体として認定されることを目指す。今年3月に新団体設立を目指すとの発表を行っているが(関連記事)、今回は正式な旗揚げということになる。 設立と同時に臨時社員総会および第1回理事会を開催。会長にはマネーパートナーズ代表取締役社長の奥山泰全氏、副会長としてbitFlyer代表取締役の加納裕三氏およびビットバンク代表取締役社長の廣末紀之氏が就任。また理事として、以上の3氏に加えSBIバーチャル・カレンシーズ代表取締役執行役員社長 北尾吉孝氏とGMOコイン代表取締役社長 石村富隆氏が選任された。 後手に回っていた自主規制作りを急ぐ 2018年1月に起きたコインチェックからの仮想通貨NEM大量盗難事件を受けて、金融庁は仮想通貨取引所/販売所を営む仮想通貨交換業への監督を強化した。事業者への立ち入り検査や行政処分が相次ぎ、登録を受けないまま事業を続けていた「みなし事業者」が撤退する事例も出ている。こうし...more
カテゴリー:

Web上の情報を活用したAI与信管理サービス「アラームボックス」が1億円を調達 - 04月20日(金)14:02 

インターネット上の情報を活用したAI与信管理サービス「アラームボックス」を提供するアラームボックスは4月20日、ナントCVC(ベンチャーラボインベストメントと南都銀行が共同で設立)、GMOペイメントゲートウェイ、西武しんきんキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、池田泉州キャピタルを引受先とする第三者割当増資により、総額1億円を調達したことを明らかにした。 南都銀行とは事業提携契約も締結し、関西圏の地域企業へアラームボックスの提供を進めていくという。アラームボックスは2016年6月の創業。2017年2月にみずほキャピタル、KLab Venture Partners、デジタルハリウッドらから、同年8月にも日本ベンチャーキャピタルらから資金調達を実施している。 アラームボックスはSNSや口コミサイト、ブログやニュースメディアなどオンライン上にあるデータを活用した与信管理サービスだ。取引先を登録しておけば、リスクや状況の変化を自動で収集・通知する。たとえばネガティブな口コミ、評価ランクの急降下、行政処分といった出来事を自分に変わって収集し、知らせてくれるというわけだ。 2017年2月のリリースから約1年が経ち、現在約700社が導入。半数以上は東京以外の地域の企業であり、3分の2以上が年商10億円未満の中小企業だという。 「新規の取引をする際に与信調査をすることはあっても、取引先のモニ...more
カテゴリー:

【通信】通信サービス「ギガ放題」広告 東京高裁が賠償命じる逆転判決 - 04月19日(木)23:24  bizplus

インターネットの通信サービスで「ギガ放題」というプランを契約した男性が広告とは異なり、実際には速度制限があったとして通信会社などを訴えた裁判で、東京高等裁判所は1審とは逆に会社側に対し賠償を命じる判決を言い渡しました。 千葉県内に住む男性は3年前、東京の通信会社、「UQコミュニケーションズ」が提供しているインターネットの無線データ通信サービスで「ギガ放題」というプランを契約しました。 この際、広告では「データ量制限なし」「速さもデータ量もギガヤバだ!」などと、通信量が増えても通信速度は変わら...
»続きを読む
カテゴリー:

スルガ銀に立ち入り検査 金融庁、シェアハウス運営会社破綻で - 04月13日(金)22:27 

 女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社が経営破綻した問題で、金融庁は13日までに、物件所有者(オーナー)の大半に購入資金を融資していたスルガ銀行(静岡県)への立ち入り検査に乗り出した。営業やローン審査の体制などに問題がなかったかなどを把握する必要があると判断した。金融庁は、調査結果に基づき行政処分を検討する。
カテゴリー:

もっと見る

「行政処分」の画像

もっと見る

「行政処分」の動画

Wikipedia

行政処分(ぎょうせいしょぶん)とは行政庁(行政機関)がその権限を作用させることである。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる