「行動学」とは?

関連ニュース

『デザインの力は偉大だ』 スリッパが散乱する床に「あること」をしたら、すげえ!! - 04月17日(火)22:15 

Simon_Sin (@Simon_Sin)さんが投稿した、とあるトイレで採用されている「デザイン」を巡る呟きに、注目が集まっています! トイレに「スリッパはきれいに」と貼り紙をしても利用者はスリッパを揃えないが床に靴跡型のシールを貼るとなんとなくそこに揃えないといけないような気になる。操られている…! pic.twitter.com/lJE2HzRDPX— Simon_Sin (@Simon_Sin) 2018年4月14日 素晴らしいアイデア!!(*´∀`*) 確かに、コレがあるだけで揃えずにいられませんね! ネットの反応 ●こういうのを見るとデザインの力は偉大だと思います ●これほんと頭いいよねぇ…行動学とかそういう分野になるのかな? ●保育園でも貼ってました! 2歳児さんでも、みんな綺麗に揃えて脱いでくれてました ●食品工場とかだとさらにスリッパがピタリとハマる立体パズルになっている ちょっとした工夫が、見事に問題解決へとつながった一幕。 考案者の方に、脱帽です!
カテゴリー:

4/17は<恐竜の日>、『ジュラシック・ワールド』萌える新映像到着 - 04月17日(火)16:00 

 日本公開を7月に控える映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』から、4月17日の「恐竜の日」を記念して、萌えキャラ恐竜のブルーと主人公のオーウェン(クリス・プラット)が互いの絆を深め合う様子を収めた特別映像が到着した。【写真】第1弾『ジュラシック・ワールド』フォトギャラリー 前作で、ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT‐レックスの死闘によって崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」。そのテーマパークを有するイスラ・ヌブラル島では、火山の大噴火の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパートであるオーウェンは、テーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出そうと行動を起こす。2人が島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける。 シリーズ最多の恐竜が登場することで話題の本作では、前作公開時に萌えキャラ恐竜として観客の心を鷲掴みしたヴェロキラプトル4姉妹の長女・ブルーに注目だ。到着した映像では、ブルーの幼少期を思い出すオーウェンの姿が収められている。無邪気にはしゃぐ赤ちゃんのブルーと見つめ合い、喉を優しく撫でながら、愛情を注ぐオーウェン。劇中では、そんなブルーを火山噴火...more
カテゴリー:

日本初!【犬猫用】100%北海道産天然たもぎ茸栄養ドリンク~緑の森どうぶつ病院の獣医師、行動学・栄養学の専門家が開発~ - 04月17日(火)10:00 

ペットフード開発、販売をしているてとて、ぺっとのごはん(㈱やさしい森・旭川市)からこの度、犬猫用の”たもぎ茸100%天然栄養ドリンク”「エルゴチオネイン」が4月16日(月)に発売されました。 同院での現場や、ガンなどのペットの持病に悩むオーナーの「健康なうちに健康な体づくりを」「少しでも免疫力がつく、美味しくて体に良いものを与えたい」という声がきっかけとなり、“身体にいい・安心安全・美味しい”はそのままに、免疫力や抗酸化力等、”ペット自身がもつ力”を強力にサポートする商品を実現。 たもぎ茸に含まれる「エルゴチオネイン」の力に着目し、開発したこちらの商品。抗酸化・抗炎症作用に優れた水溶性のアミノ酸の一種で、他のキノコ類の約7倍の含有量があり、腸管からの吸収率も高いことから、全身のさまざまな臓器の活性に寄与する可能性があると学会でも注目の成分。 当社通販サイト及び、緑の森どうぶつ病院内にて販売。
カテゴリー:

人懐っこい子ラプトルは意外と萌えカワ?恐竜の日記念「ジュラシック」シリーズから特別映像や25周年記念情報が続々解禁に! - 04月17日(火)16:00 

スティーヴン・スピルバーグが恐竜たちに命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかった彼らの姿をスクリーンに蘇らせ、大ヒットを記録した『ジュラシック・パーク』(93)。続編『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(97)、『ジュラシック・パークIII』(01)と続いたシリーズの14年ぶりの復活作となった『ジュラシック・ワールド』(15)は、全世界のトータル興行収入は16億7000万ドルを突破。日本でも2015年度公開映画の年間興行収入No.1となるメガ・ヒットを記録した。 【写真を見る】大噴火で混乱するジュラシック・ワールド!恐竜はふたたび絶滅してしまうのか?/[c]Universal Pictures そんな「ジュラシック」シリーズ誕生25周年を迎える2018年、最新作となる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)に公開となる。前作に引き続き、恐竜と心を通わせる主人公・オーウェン役をクリス・プラット、「ジュラシック・ワールド」の運営責任者であったクレア役をブライス・ダラス・ハワードが続投。監督は『怪物はささやく』(16)でゴヤ賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが務める。前作の監督、コリン・トレボロウは本作では製作総指揮・脚本を務め、シリーズの生みの親であるスティーヴン・スピルバーグも製作総指揮で本作に参加! 本作では、前作で崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を...more
カテゴリー:

「ジュラシック・ワールド」続編、C・プラットとあの相棒の絆はより深まる! - 04月17日(火)16:00 

 4月17日が「恐竜の日」であることから、大ヒットSFシリーズ最新作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」の特別スポット映像が公開された。  科学の力で現代によみがえった恐竜たちを呼び物にしたテーマパークを舞台にしたSFエンタテインメント大作。全世界16億7000万ドルの記録的大ヒットを記録した「ジュラシック・ワールド」(2015)の続編で、シリーズ通算5作目にあたる本作では、テーマパーク“ジュラシック・ワールド”を有するイスラ・ヌブラル島に火山噴火の兆候が表れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちが判断を迫られる。  公開されたのは、前作でオーウェンの相棒的存在として観客の心をわしづかみにしたヴェロキラプトルのブルーとの絆を、主人公オーウェンが振り返る映像。赤ちゃん恐竜に愛情を注ぐオーウェンと、安心しきった様子で体を預けるブルーの信頼関係に心温まる内容となっている。  恐竜行動学のエキスパートであるオーウェン役で主演するクリス・プラットは、「これまでのような“恐竜を怖がって逃げる”という表現を超えて、今回の作品ではオーウェンとブルーの絆をさらに深くまで描いている」と明かし、「ブルーと僕の間には共感、同情、思いやり、そして愛情が存在している。それは言葉によるコミュニケーションを超えたものなんだ」と解説する。本編では、ピンチに見舞われたオー...more
カテゴリー:

【稚内】北海道稚内沖にトド 2000頭超現る - 03月29日(木)21:43  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180329/k10011384481000.html 北海道稚内市の沖合にある無人島では、この時期、越冬で南下していたトドがロシアへ戻る途中に集まり、2000頭を超える群れが過密した状態でとどまっています。 稚内市の宗谷岬から1キロほどの無人島の弁天島では、29日、2000頭を超えるトドが島の近くの海上に群れをなして浮かんだり、島の上に寝そべっている様子が確認できました。 弁天島では10年ほど前から、越冬で北海道に南下していたトドがロシア周辺の海域に戻る前のこの時期に多く集まるように...
»続きを読む
カテゴリー:

「行動学」の画像

もっと見る

「行動学」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 動物行動学...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる